2018年11月12日月曜日

ギャラリーフェイク5巻

ギャラリーフェイク5巻は公立美術館の話が印象に残る。学芸員は真面目に働いているが、館長は学芸員資格を持たず、美術に関心の低い他部署の人間が就いている。業者にリベートを当然のように要求する腐敗した公務員である。

0 件のコメント:

コメントを投稿