2018年6月11日月曜日

もみの木は残った

山本周五郎『もみの木は残った』は江戸時代前期の伊達騒動を描いた長編時代小説である。悪役に位置付けられがちな原田甲斐を主人公とする。

0 件のコメント:

コメントを投稿