2017年11月5日日曜日

ボクの針は痛くない

#エッセイ #書評 #レビュー
『ボクの針は痛くない』はハリネズミを主人公としたフォトエッセイである。本書のハリネズミは自分には針があるために周囲から嫌われていると思っていた。それから家族ができ、自己肯定に至る物語である。ハリネズミを擬人化して考えると救いの物語になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿