2017年10月31日火曜日

佼成病院の医療ツーリズムと問題点

立正佼成会附属佼成病院は2017年9月から医療ツーリズム(医療観光)の受け入れを開始した。総合健診(人間ドック)を希望する中国人観光客を中心に対応している(「佼成病院の医療観光受け入れ 中国から病院経営者らが視察」佼成新聞2017年10月19日)。

医療ツーリズム受け入れに対しては様々な問題点が指摘されている。まず国内の医療需要を満たせていない状態で海外の需要に対応することの是非がある。富裕層の外国人が最先端医療を受ける一方で、日本人の医療が置き去りにされる医療格差の懸念がある。

さらに医療費不正受給の問題がある。治療目的であるのに経営・管理ビザや就労ビザで来日し、健康保険に加入し、治療費用を安くする(「来日中国人が日本の医療費を不正受給している…国民健康保険に加入できる「経営・管理ビザ」を悪用!?」日刊SPA 2016年12月9日)。これは日本国民の税金が外国人の治療に使われることになる。これでは医療ツーリズムは一部の病院や旅行業者を儲けさせるだけで、日本経済のプラスにならない。経済振興にならなくなる。

医療を需要と供給の市場原理で見ることは否定しないが、規制産業であることも事実である。規制によって保護されていながら、儲かる分野だけ手を出す「つまみ食い」は不公正である。佼成病院事件を起こすような佼成病院が医療ツーリズムに力を入れることは危険である。
http://www.hayariki.net/poli/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『だまし売り』

林田力『だまし売り』(Amazon Kindle 2017年10月7日)は東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りなど東急グループの問題を中心に取り上げた電子書籍である。東急リバブル東急不動産は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした。

東急不動産だまし売りマンションには石10個の価値もない。東急不動産だまし売りが生み出したものは無意味性(ミーニングレスネス)だけであった。東急リバブル東急不動産はどうしようもないところまで堕ちてしまった。

東急不動産だまし売りは意図的なものである。マンションだまし売りは意図の程度が異なるだけで、全て意図的なものである。だまし売り営業のひん曲がった根性を治す薬はない。暗くて深いところには、もっと東急不動産の悪行が隠されているだろう。

東急不動産だまし売り裁判は人間か、人間でないかの問題である。消費者が東急リバブル東急不動産を糞溜めから拾い上げる必要はない。東急不動産の踵で踏みにじられてたまるものか。

東急不動産だまし売り裁判で何が起きたか話したいという欲求を抑えつけることはできない。東急不動産だまし売り裁判で何が起きたか知りたいという人に話したい。それを止めるつもりはない。東急不買運動には何か大きなものが始まる時に人が持つ激しい情熱と願望がある。東急リバブル東急不動産不買運動は新たな知識や発見を得る機会になる。
http://book.geocities.jp/hedomura/fjnext.html
Review about Karatani Kojin (Japanese Edition) Version Kindle
https://www.amazon.es/dp/B01N7H46SN/

立正佼成会附属佼成病院裁判

#立正佼成会附属佼成病院裁判 #自己決定権 #医療
立正佼成会附属佼成病院裁判の上告理由書を日本海賊TVで取り上げる。上告理由は大きく三点である。最善の医療を受ける権利の侵害、自己決定権の侵害、審理不尽である。前二者は新しい人権である。

2017年10月30日月曜日

佼成病院裁判の上告理由書提出

佼成病院裁判の上告人は2017年10月25日に上告理由書を提出した。上告理由書では最善の医療を受ける権利や自己決定権の侵害、審理不尽を主張する。

憲法13条及び憲法25条違反(最善の医療を受ける権利)

最高裁昭和44年2月6日判決(最高裁判所民事判例集23巻2号195頁)「医師としては、患者の病状に十分注意しその治療方法の内容および程度等については診療当時の医学的知識にもとづきその効果と副作用などすべての事情を考慮し、万全の注意を払って、その治療を実施しなければならない」

尚、多くの病院では患者の権利章典を定め、そこで最善の医療を受ける権利を保障している。北関東循環器病院「患者は、適切で最善の医療を受ける権利があります」

佼成病院では患者の長男が勝手に経鼻経管栄養の速度を速め、それを病院が把握できなかった。これに対して上告理由書は「患者には、少なくとも経鼻経管栄養の開始時間及び終了時間を記録するなどして流入速度が管理された医療を受ける憲法上の権利があると言うべきである」と主張する(5頁)。

佼成病院では長男の「延命につながる治療を全て拒否」に従い、Div(抹消点滴)を中止して経鼻経管栄養を再開した。しかし、経管栄養には吐瀉物が気管に入ることによる誤嚥性肺炎発症の危険がある。静脈栄養法に切り替え、回復が確認できるまでは経鼻経管栄養法を再開してはならないものであった(7頁)。

憲法13条違反(自己決定権)

最高裁平成18年10月27日判決(判時1951号59頁)「医師は、患者の疾患の治療のために手術を実施するに当たっては、診療契約に基づき、特別の事情のない限り、患者に対し、当該疾患の診断(病名と病状)、実施予定の手術の内容、手術に付随する危険性、他に選択可能な治療方法があれば、その内容と利害得失、予後などについて説明すべき義務」

佼成病院は回復可能性や余命についての的確な判断をしていない。利害得失の説明や家族の意思の確認など適切な説明を尽くしていない。キーパーソンと認識した者の意見を聴取するだけでは足りず、上記の通り、的確な情報を提供した上で、容易に聴取できる範囲の家族の意見を多く聴取して患者の真意を探求していない(11頁)。

憲法32条違反(裁判所における裁判を受ける権利、審理不尽)

裁判所が心証を得ても被上告人提出の唯一の反証の申出を却下することは違法である(大判明治33年6月30日民録6.6.174)。

高裁は上告人の証人申請を却下した。陳述書提出者を証人尋問して、その陳述書を弾劾することは唯一の証拠方法であった。それを却下し、陳述書に基づいた認定をしたことは偏頗な判断であり、公平な裁判所とは言えない。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/demo.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ナルト13巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』13巻は中忍選抜試験の第三の試験の本選である。奈良シカマルとテマリの対決は意外な決着であったが、好意的に評価された。忍者は戦いに勝つことが目的ではなく、任務を達成することが目的である。

2017年10月29日日曜日

お好み焼き

埼玉県さいたま市桜区の道とん堀でお好み焼きです。

湖の男

#書評 #小説 #推理小説
『湖の男』はアイスランドの推理小説である。湖から骸骨が発見される。骸骨にはソ連製の盗聴機がくくりつけられていた。殴られた跡があり、警察は殺人事件として捜査する。

2017年10月28日土曜日

ナルト12巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』12巻は中忍選抜試験の第三の試験の本選である。うずまきナルトと日向ネジの対決である。日向の分家と本家の因縁が明かされる。ネジの恨みは必ずしも正しいものではなかった。しかし、分家が可哀想な存在であることは変わらない。父の死の真相を知ったネジは気持ちを新たにしたが、それでいいのかと思ってしまう。

2017年10月25日水曜日

ナルト11巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』11巻は中忍選抜試験の第三の試験の本選前から始まる。予選と本選の間に期間が置かれる。ナルトにとっては修行ができる。ナルトが本選で活躍するためにはパワーアップが必要であり、上手い展開である。

ナルト9巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』9巻は中忍選抜試験の第三の試験の予選である。サクラと山中いのの対決の続きである。サクラにはカマトトぶった表面とは別の内なるサクラの声がある。これはギャグパートで使われるネタであった。

2017年10月23日月曜日

東急ハンズ過労死と小池百合子知事の希望演説

希望の党代表の小池百合子・東京都知事は2017年10月15日、東京都町田市で東急ハンズには希望が足りないと演説した。東急不動産だまし売り裁判原告としては小池知事に同意見である。

東急ハンズは心斎橋店でパワハラ過労死事件を起こした(林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』Amazon Kindle)。心斎橋店の店員は「しんどい、もう限界や」との言葉を遺して亡くなった。東急ハンズはブラック企業大賞にもノミネートされた。この意味でも東急ハンズに希望が足りないとの指摘は正当である。

東急ハンズはTwitterで「東急ハンズでは、お客様の「希望」を叶えたいと、スタッフ一同がんばっています」と反応した。希望がないとの指摘に「頑張っている」と答える。根性論の特殊日本的精神論の世界である。過労死事件を起こす会社らしい反応である。頑張れば何とかなるという発想が過労死を生む。

小池知事の演説は以下の内容である。「この東急ハンズにもニトリにもいろんなもの売ってますけれども、ちょっと足りないのが希望。昨日よりも今日、今日よりも明日がきっといいと、そうみんなが思える希望」

もともと小池知事は2016年10月30日に小池百合子政経塾「希望の塾」開塾式で「東京には何でもある、ただ希望だけがない」と発言している。この発言自体も村上龍『希望の国のエクソダス』が元ネタである。過剰反応するような発言ではない。

文脈的には物質が溢れていても希望がないとの指摘であり、真っ当なものである。一億総中流的なものを豊かさと見る固定観念への強烈なアンチテーゼになる。このような思想は反体制を標榜するような政治勢力からも出てこなかった。自称反体制も体制内批判派に過ぎず、就職氷河期のような新しい問題に対して既得権維持で振る舞う傾向がある。私が小池知事の改革に期待した理由は、ここにある。私の判断が間違っていなかったことを再確認した。

小池知事は演説で安倍一強を批判したが、実は安倍晋三首相と東急には徒ならぬ関係を感じさせる。東急グループのキャッチコピーは「美しい時代へ」、安倍首相の著書タイトルが「美しい国へ」である。安倍首相は昭恵夫人とともに東急百貨店本店で買い物をしている。

安倍首相は公邸入りした2006年11月26日には東急ハンズでシャンプーや入浴剤、セロハンテープ、筆ペンを購入した。これは「東急ハンズなどで文具、入浴剤などの日用品を買いそろえるなどし、庶民派をアピールした」と報道された(「安倍首相が買い物パフォーマンス」スポニチ2006年11月27日)。東急ハンズでの買い物で庶民派を気取れると思っている神経が信じ難い。庶民は日用品を購入するために東急ハンズに行くことはない。

また、東急ハンズと一緒に希望が足りないと挙げられたニトリは安倍晋三首相らに総額2170万円もの政治献金をしている(鈴木祐太「あのニトリが安倍首相ら閣僚6人に連続献金 11年から4年間で総額2170万円」アジアプレス・ネットワーク2016年6月21日)。
http://www.hayariki.net/poli/tochiji2.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ナルト8巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』8巻は中忍選抜試験の第二の事件が終わる。次は最終試験である。最終試験に進めた受験者はルーキーばかりである。これからナルトと仲間達の活躍を描いていく以上、仕方のない展開であるが、非現実的である。中忍試験は何度受けても中々受からない難関試験である。ルーキーばかり通過することは作品展開上の御都合主義でなければ問題がある。里にとって世代間の戦力バランスを欠くためである。

2017年10月21日土曜日

ボルト

#ボルト #ナルト #漫画
『ボルト』は『ナルト』の続編漫画である。ナルトとヒナタの息子のボルトが主人公である。ナルト以外のキャラクターの多くにも子どもがいる。二世漫画である。ナルトは火影になっている。ナルト自身の少年時代とは比べものにならないほど恵まれているが、ボルトは荒れている。

佼成病院事件記者会見

立正佼成会附属佼成病院事件記者会見が2017年10月26日(木)午後2時から東京地裁・高裁2階の司法記者クラブで開催されます。加盟社以外の取材も歓迎します。佼成病院裁判の上告人及び訴訟代理人が会見します。佼成病院裁判は、自己決定権と生命尊重を訴えています。

佼成病院事件は患者の長男が勝手に患者の経鼻経管栄養の流入速度を速めたり、治療を拒否したりするなど医療への不当介入がありました。それに対して担当医師は、専門家の立場で治療の必要性や生命尊重について説明・説得することをしませんでした。また、担当医師が長男との話し合いで「自然死の方針」を採り、治療をせずに死ぬがままにしたことを問題としています。

上告人は佼成病院が適切な治療をしなかったから死亡したと主張します。8月21日に点滴を中止して経鼻経管栄養に切り替えたことは嘔吐を引き起こし、病状を悪化させました。患者の医療を受ける権利が奪われました。

東大病院輸血梅毒事件の最高裁昭和36年2月16日判決は以下のように指摘します。「いやしくも人の生命及び健康を管理すべき業務(医業)に従事する者は、その業務の性質に照し、危険防止のために実験上必要とされる最善の注意義務を要求されるのは、やむを得ないところといわざるを得ない」

医師には、患者を守るために自己になしうるすべてのことをする義務があります。患者の長男が治療を拒否したことは、医師が治療を止めて良い理由にはなりません。

「1940年ライヒ裁判所刑事判決では、医師は患者側の医学的に不合理な治療の拒絶を無視しうるとした。医師の合理的な治療を父親が拒否して、幼児を死亡させた事件では、「父親の行為は監護権の濫用であるから、医師はそれに対して、簡単に退くようなことがあってはならな いのであって、そのような監護権の濫用の結果から子供を守るために、自己になしうるすべてのことをする法的な義務がある。父親が治療に反対したことは、医師の責任を免れしめるものではない。」として、子供の死に対して父親と医師の両方に刑事責任(過失致死罪)を認めた。」(町野朔『患者の自己決定権と法』東京大学出版会、1986年、60頁)

患者や家族と医師には情報の非対称性があります。医師はプロフェッショナルとして、治療をする利益、治療をしないことの不利益を説明しなければなりません。何故、長男が治療を拒否するのか、その理由は一体何なのか。治療をしなければやがて患者が被るであろう苦痛・身体的不利益をどのように説明したのか、肝心なことがカルテには何も書かれていません。

佼成病院は緩和ケアも不十分でした。苦痛緩和の措置は死期を延長するだけの措置には含まれません。苦痛を除き、人間らしい尊厳を保ちつつ安らかな死を迎えられるようにすることが望まれており、ホスピスや緩和ケアに対する関心も広がっています。

佼成病院はインフォームド・コンセントができていません。インフォームド・コンセントとは事情に通じた上での承諾、説明を受けた上での同意です。単に情報を与えるという意味ではなく、その事情によく通じさせるという意味です。医者が患者に治療の内容、目的を熟知させることが必要で、単に告知するだけでは不十分です。異議を申し立てなかったからOKとはなりません。真にメリットやデメリットを理解した上で同意することが必要です。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年10月20日金曜日

小池百合子知事が数矢小学校

#小池百合子 #希望の党 #衆院選
小池百合子東京都知事が東京都江東区の数矢小学校で柿沢候補の応援演説をする。上田埼玉県知事も応援演説した。日本のシナリオで外交防衛政策を動かさなければならない。日本ファーストである。アメリカのシナリオで外交防衛政策が動いている。
都民ファーストの会の白戸太郎東京都議会議員も応援演説をした。

小池百合子都知事が東急ハンズに希望が足りない

小池百合子都知事が東急ハンズに希望が足りない
希望の党代表の小池百合子・東京都知事は2017年10月15日、東京都町田市で東急ハンズには希望が足りないと演説した。東急ハンズは心斎橋店でパワハラ過労死事件を起こした(林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』Amazon Kindle)。この意味でも東急ハンズに希望が足りないとの指摘は正当である。東急不動産だまし売り裁判原告としては小池知事を強力に支持する。

東急ハンズはTwitterで「東急ハンズでは、お客様の「希望」を叶えたいと、スタッフ一同がんばっています」と反応した。希望がないとの指摘に「頑張っている」と答える。根性論の特殊日本的精神論の世界である。過労死事件を起こす会社らしい反応である。頑張れば何とかなるという発想が過労死を生む。

小池知事の演説は以下の内容である。「この東急ハンズにもニトリにもいろんなもの売ってますけれども、ちょっと足りないのが希望。昨日よりも今日、今日よりも明日がきっといいと、そうみんなが思える希望」

もともと小池知事は2016年10月30日に小池百合子政経塾「希望の塾」開塾式で「東京には何でもある、ただ希望だけがない」と発言している。この発言自体も村上龍『希望の国のエクソダス』が元ネタである。過剰反応するような発言ではない。

文脈的には物質が溢れていても希望がないとの指摘であり、真っ当なものである。一億総中流的なものを豊かさと見る固定観念への強烈なアンチテーゼになる。このような思想は反体制を標榜するような政治勢力からも出てこなかった。自称反体制も体制内批判派に過ぎず、就職氷河期のような新しい問題に対して既得権維持で振る舞う傾向がある。私が小池知事の改革に期待した理由は、ここにある。私の判断が間違っていなかったことを再確認した。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年10月19日木曜日

小池百合子知事が東急ハンズに希望が少ない

#東急不買 #東急電鉄 #東急不買運動
小池百合子東京都知事が町田市での演説で東急ハンズには希望が少ないと指摘した。東急不動産だまし売り裁判原告としては諸手を挙げて小池百合子知事を支持する。東急ハンズではパワハラ過労死事件が起きており、ブラック企業大賞にもノミネートされた。その点でも東急ハンズに希望がないは正しい。

2017年10月18日水曜日

東急電鉄が写真無断使用

#東急不買 #東急電鉄 #東急不買運動
日本海賊TVが東急電鉄の写真無断使用を取り上げる。東急電鉄が写真を無断使用した。自社の車両の写真を自社で撮影しない点で一般の無断使用以上に悪質である。
同じグループの東急不動産はマンションをだまし売りしました。マンションをだまし売りするような企業グループだから、他人の権利も無視する。東急の体質が現れている。東急グループらしい事件である。

ナルト4巻は中忍選抜試験に入る。テンポが早い。オムニバス的な任務の話が幾つかあっても良さそうである。ブリーチの序盤はオムニバス的な話の積み重ねであったこととは対照的である。名探偵コナンならばオムニバス的な事件が繰り返されるだろう。
ナルトはキャラクターの多さも特徴である。この中忍選抜試験でサスケやサクラ以外の忍者達が登場する。

東名高速の夫婦死亡の痛ましい事件に激しい憤りを覚えます。殺人罪を適用したいくらいです。
週刊少年サンデーで連載していた漫画『マギ』が最終回を迎えた。

林田力『だまし売り』は東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りなど東急グループの問題を中心に取り上げる。今や、だまし売りと言えば、東急不動産だまし売りを指すようになっている。東急不動産だまし売りは叩けばいくらでも埃が出る。上場企業らしい振る舞いではない。
東急リバブル東急不動産だまし売りは消費者を愚弄する非常に由々しき問題である。消費者にとってメリットとなる情報は強く説明するが、説明を聞いたら購入意欲が減退するようなデメリットについては伝えない。実に巧妙に相手を信用させる手口である。嘘を作り出して、消費者を騙すことが楽しくて仕方がないようである。楽しいし、面白いからと嘘で塗り固めたマンションだまし売りを繰り返す。その手が汚れていることは明らかである。
東急不動産だまし売り営業はビジネスパーソンとして致命的なほどの非論理の中に生きている。東急不動産だまし売り営業は違法スレスレを合法と開き直る。それは「決められたことには疑問を持つな」と思考停止する阿呆である。東急不動産は東急不動産だまし売り裁判で恥をさらすどころか上塗りした。東急リバブル東急不動産は歴史を学ばないことに定評がある。東急不動産だまし売りをリセットしよう。

【書名】だまし売り/ダマシウリ/Cheating Sale
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido

東急不動産だまし売り裁判
東急電鉄・東急不動産トラブル
『東急不動産登記トラブル』
『東急不動産だまし売り裁判51ル・サンク』
東急不動産FJネクスト迷惑電話
東急不動産・老人ホーム消費者契約法違反訴訟
ブランズシティ久が原は縁起が悪い
アルス横浜台町だまし売り
山王プレイスで既存不適格説明せず
東急不動産、日照0時間になるマンションを販売
東急不動産プライヴブルー東京は江東区無視
東急不動産、江東区との覚書を無視
東急不動産、チバリーヒルズ(千葉リーヒルズ)でトラブル
東急不動産の販売時説明でトラブル
チバリーヒルズは価格下落の最たる所
千葉リーヒルズが東日本大震災で廃虚の街並み
東急不動産、中央林間のマンションでトラブル
ブランズ本郷台に違法建築の指摘
東急不動産、土壌汚染と反対運動でマンション建設中止
東急不動産の不誠実な対応
川崎市、東急電鉄を提訴
シーサイドコート鎌倉若宮大路に反発
シーサイドコート鎌倉若宮大路は墓地
地上げ疑惑
東急不動産物件に酷評・低評価
ブランズ宮崎台オンザテラスに低評価
ブランズ大宮宮原サンマークスに低評価
センターフィールド浦和美園に低評価
センターフィールド浦和美園のガスレンジはパロマ工業製
東急リバブルCMの欺瞞
東急電鉄の天然アロマは消費者無視
二子玉川ライズ本社企業が英国撤退
二子玉川ライズの不吉が楽天に
日本海賊TVで二子玉川ライズ楽天問題
日本海賊TVで東急電鉄の経営危機
『FJネクスト不買運動と書評』
『FJネクスト不買運動と選挙』
『FJネクスト不買運動と外環道』
FJネクストの品質管理に疑念
ガーラ・レジデンス亀戸セントラルパーク不買運動
日本海賊TVで解散総選挙

2017年10月17日火曜日

ナルト7巻

#漫画 #書評 #ナルト
ナルト7巻は中忍選抜試験の第二の試験の続きである。ナルトが蚊帳の外に置かれる。主人公に向かない存在と言われてしまう。自虐的作品である。ブリーチも主人公に華がないと言われた。

都営大江戸線の冷房が寒い。

地理

#地理 #書評 #防災
雑誌『地理』は防災を特集する。アメリカの洪水は原因が明確である。あんきょを人工物で塞いだことである。日本では土地の高度利用の建前により、地下空間の利用が活発である。外環道のように外国では採算がとれず、検討もされない大深度地下利用の計画もある。

2017年10月15日日曜日

ナルト6巻

#FJネクスト不買運動 #林田力 #Amazon
ナルト6巻は中忍選抜試験の第二の試験である。しかし、単なる試験で終わらず、陰謀の動きがある。本来はナルト達にとって中忍選抜試験を受けるだけでも大変なことである。それだけでもドラマになる。

買ってはいけないFJネクスト

#東急不動産だまし売り裁判 #林田力 #アマゾン
林田力『買ってはいけないFJネクスト』はFJネクスト問題を取り上げる。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ・グランディ木場は隣接地ギリギリに高層マンションを建設し、住環境を破壊する。
FJネクストの物件を買ってはいけない。ワンルームマンション投資・資産運用は危険性が高い。FJネクストのCMやIRに釣られてはいけない。FJネクストがどのような企業であるか知る必要がある。FJネクスト不買運動で検索しよう。

【書名】買ってはいけないFJネクスト/カッテハイケナイエフジェーネクスト/Do Not Buy from FJ next
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido

FJネクスト東陽3丁目計画問題
ワンルームマンションの規制強化を求める陳情
壁面後退距離の拡大を求める陳情
空き家活用と投資用マンション問題
『月刊まなぶ』にFJネクスト問題
ガーラ・グランディ木場は投資対象外
ブランズ文京本駒込とガーラ・グランディ木場に酷評
ガーラ・グランディ木場とブランズ宮崎台オンザテラスの欺瞞
就職活動生の親にもFJネクスト勧誘電話
FJネクスト・リアルユナイテッド迷惑電話
FJネクスト・ニッテイ迷惑電話
FJネクストNTG迷惑電話
FJネクストの品質管理に疑念
FJネクスト賃貸物件に注意
FJネクスト仲介に注意
FJネクストCMに釣られるな
FJネクスト資産運用は危険
FJネクストIRライブラリーに釣られるな
FJネクスト口コミは悪評判
FJネクスト不動産管理事業振るわず
FJネクスト住環境破壊と板橋区
FJネクスト高層マンションの健康リスク
ガーラ・レジデンス亀戸セントラルパーク不買運動
グランド・ガーラ門前仲町の話題は禁止
ガーラ・グランディ木場反対
ガーラ・グランディ木場問題動画
FJネクスト江東区東陽マンション建設工事騒音
FJネクスト杭工事騒音・振動とパークシティLaLa横浜
FJネクスト迷惑電話と杭工事データ偽装
FJネクスト江東区東陽マンション杭工事被害
FJネクスト・ガーラ木場の粗末な仮囲い
FJネクスト・ウラタ住環境破壊
ガーラ・プレシャス東麻布反対運動
ブランズ市川レフィールとガーラ・プレシャス東麻布
ガーラ・プレシャス東麻布と危険ドラッグ
ガーラ・レジデンス西葛西不買運動
伊東遊季亭・玉峰館不買運動
投資用マンション業者が脱税容疑で刑事告発
『FJネクスト迷惑電話2グランド・ガーラ門前仲町不買』
『FJネクスト迷惑電話3ガーラ・プレシャス東麻布不買』
『FJネクスト迷惑電話4ガーラ・レジデンス西葛西不買』
『FJネクスト反対運動』
『FJネクスト不買運動と書評』
『FJネクスト不買運動と選挙』
『FJネクスト不買運動と外環道』
FJネクスト不買運動診断メーカー

2017年10月14日土曜日

市民カフェ第169回「ハウスクリーニング」

希望のまち東京in東部市民カフェ第169回「ハウスクリーニング」
ハウスクリーニング事業「東陽ハウスクリーニング」の事業プランがテーマです。具体的なチラシ案を用意して議論します。前回まで便利屋事業を
検討しましたが、ハウスクリーニングに特化することにしました。屋内清掃、カーペット清掃、トイレ掃除、浴室掃除、窓掃除、カビ取り、換気扇
清掃、草刈りなどを行います。ゴミの引き取りは行いません。日用品の買い物代行や空き家の巡回(目視点検、写真撮影)も可能です。
ちょっとしたお手伝いならば何でもします。しんどくないですか。大変ではないですか。「自分でやる」から依頼するという選択肢を増やします。
もっと楽に生きられるよう、あなたの生活をサポートします。
▼とき:2017年11月2日(木)午後6時30分〜9時00分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある
方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。途中入退室も自由で
す。
※10月19日と26日の市民カフェはお休みします。
http://www.hayariki.net/tobu/

******
林田力 『東急不動産だまし売り裁判』著者
http://www.hayariki.net/

『銀魂—ぎんたま— 70』

空知英秋『銀魂—ぎんたま— 70』(ジャンプコミックス、2017年)は地球存亡のバ
トルが続く。解放軍は地球侵入を阻むナノマシンウイルスを止めさせるため、開発者
の源外を攫う。バトルの連続の中でギャグやシリアスを挟む。新たに鬼兵隊や夜兎が
活躍する。
高杉晋助と来島また子の出会いは響く。何が何でも高杉についていくことが納得でき
るエピソードである。来島また子は武市変平太を先輩と呼ぶが、鬼兵隊での活動歴は
変わらない。それでも先輩を立てる謙譲の美徳がある。
徳川喜喜が覚悟を示す。喜喜は最後の将軍・徳川慶喜に因むキャラクターである。史
実の慶喜は二心殿の呼び名も定着し、肝心なところでフラフラすると評価が下がって
いる。ところが、銀魂の喜喜は裏切らない覚悟を見せた。史実以上のキャラクターに
なった。
同じような例に真選組動乱篇がある。史実の伊東甲子太郎の分裂騒動を下敷きにした
話である。ここで登場する伊東鴨太郎は、最後は潔さを見せた。真選組から仲間と認
められた。史実を下敷きにしながら、史実以上のドラマを描いている。

日本海賊TVで佼成病院事件記者会見

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」は20171011日、立正佼成会附属佼成病院事件記者会見などを取り上げた。コメンテータは小野寺通(緑のハーモニー調布代表)、澤田石順(医師)、鈴木俊介(株式会社経営技法社長)、田淵隆明(公認システム監査人)、石川公彌子(政治学者)、林田力(東急不動産だまし売り裁判原告)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。

佼成病院裁判の上告人・上告受理申立人が2017年10月26日(木)午後2時から司法記者クラブで記者会見を開催する。佼成病院事件では脳梗塞の治療で入院していた患者はリハビリを始め施設に転院を予定していた。患者は、終末期でもなければ延命治療をしていたのでもないが、治療を中止されて死に至らしめられた。

日本海賊TV「金八アゴラ」は記者会見の結果も取り上げる予定である。

佼成病院は宗教団体が経営している。一般に宗教団体の事業運営は営利のためである。番組では宗教団体が経営するから患者に優しいということはないと指摘された。佼成病院では小児科医の過労死が起きた。コメンテータの澤田石さんは小児科医の過労死裁判の支援者だったという。

佼成病院裁判では患者の自己決定権を訴えている。患者は自分の体は自分で治すという気持ちで積極的に自分の体に向き合って、医療に参加して、医師より治療方針の説明を受けて納得できなければ転院も含めて決定する権利がある。これまでは医師にお任せの医療になっており、患者の権利が無視されてきた。しかし、医師には、患者の同意のない治療は「やってはいけない」という責任がある。患者は医師の治療の対象物ではない。医療の主体は患者である。

辛い思いは一個人としての思いだけではない。全国の辛い思いをしている人を代表して発信していることと同じである。従って世間に公表することは大切なことである。声をあげなければ世の中は変わらない。

http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

2017年10月13日金曜日

だまし売り

#東急不動産だまし売り裁判 #林田力 #アマゾン
週間少年サンデーで連載していた漫画『マギ』が最終回を迎えた。

林田力『だまし売り』は東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りなど東急グループの問題を中心に取り上げる。今や、だまし売りと言えば、東急不動産だまし売りを指すようになっている。東急不動産だまし売りは叩けばいくらでも埃が出る。上場企業らしい振る舞いではない。
東急リバブル東急不動産だまし売りは消費者を愚弄する非常に由々しき問題である。消費者にとってメリットとなる情報は強く説明するが、説明を聞いたら購入意欲が減退するようなデメリットについては伝えない。実に巧妙に相手を信用させる手口である。嘘を作り出して、消費者を騙すことが楽しくて仕方がないようである。楽しいし、面白いからと嘘で塗り固めたマンションだまし売りを繰り返す。その手が汚れていることは明らかである。
東急不動産だまし売り営業はビジネスパーソンとして致命的なほどの非論理の中に生きている。東急不動産だまし売り営業は違法スレスレを合法と開き直る。それは「決められたことには疑問を持つな」と思考停止する阿呆である。東急不動産は東急不動産だまし売り裁判で恥をさらすどころか上塗りした。東急リバブル東急不動産は歴史を学ばないことに定評がある。東急不動産だまし売りをリセットしよう。

【書名】だまし売り/ダマシウリ/Cheating Sale
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido

東急不動産だまし売り裁判
東急電鉄・東急不動産トラブル
『東急不動産登記トラブル』
『東急不動産だまし売り裁判51ル・サンク』
東急不動産FJネクスト迷惑電話
東急不動産・老人ホーム消費者契約法違反訴訟
ブランズシティ久が原は縁起が悪い
アルス横浜台町だまし売り
山王プレイスで既存不適格説明せず
東急不動産、日照0時間になるマンションを販売
東急不動産プライヴブルー東京は江東区無視
東急不動産、江東区との覚書を無視
東急不動産、チバリーヒルズ(千葉リーヒルズ)でトラブル
東急不動産の販売時説明でトラブル
チバリーヒルズは価格下落の最たる所
千葉リーヒルズが東日本大震災で廃虚の街並み
東急不動産、中央林間のマンションでトラブル
ブランズ本郷台に違法建築の指摘
東急不動産、土壌汚染と反対運動でマンション建設中止
東急不動産の不誠実な対応
川崎市、東急電鉄を提訴
シーサイドコート鎌倉若宮大路に反発
シーサイドコート鎌倉若宮大路は墓地
地上げ疑惑
東急不動産物件に酷評・低評価
ブランズ宮崎台オンザテラスに低評価
ブランズ大宮宮原サンマークスに低評価
センターフィールド浦和美園に低評価
センターフィールド浦和美園のガスレンジはパロマ工業製
東急リバブルCMの欺瞞
東急電鉄の天然アロマは消費者無視
二子玉川ライズ本社企業が英国撤退
二子玉川ライズの不吉が楽天に
日本海賊TVで二子玉川ライズ楽天問題
日本海賊TVで東急電鉄の経営危機
『FJネクスト不買運動と書評』
『FJネクスト不買運動と選挙』
『FJネクスト不買運動と外環道』
FJネクストの品質管理に疑念
ガーラ・レジデンス亀戸セントラルパーク不買運動
日本海賊TVで解散総選挙

2017年10月12日木曜日

立正佼成会附属佼成病院裁判

#立正佼成会附属佼成病院裁判 #医療 #裁判
立正佼成会附属佼成病院裁判の記者会見が司法記者クラブで開催される。日本海賊TVで取り上げた。番組では記者会見の結果も取り上げる予定である。
立正佼成会附属佼成病院は宗教団体が経営している。一般に宗教団体の事業運営は営利のためである。番組では宗教団体が経営するから患者に優しいということはないと指摘された。立正佼成会附属佼成病院では小児科医の過労死が起きた。

ナルト。スリーマンセルのチーム分けは実力を均等になるようにしたという。最優秀のサスケと最下位のナルトを同じチームにした。そうなると残るサクラは、ちょうど平均のレベルだろうか。しかし、3巻ではチャクラのコントロールが上手である。

2017年10月10日火曜日

ナルト

#漫画 #書評 #週刊少年ジャンプ
ナルト第1巻は第1話が惹き付ける。第1話で読み続けるか決めるというシビアな世界にふさわしい作品である。疎外されていた人が活躍する物語は、似たような境遇の人々に勇気を与える。この時点では実は貴種の生まれであったとは想像つかなかった。不幸な生い立ちの人が実は貴種であったという展開は日本の物語の一つのステレオタイプである。

フェイトゼロ

#レビュー #書評 #ゲーム
フェイトゼロはフェイトシリーズの一作品。第四次聖杯戦争を描く。この作品の恐ろしいところは、最大多数の最大幸福の欺瞞を明らかにしたことである。多数の幸福を選択することで、少数は切り捨てられる。それでも、より多くの幸福を実現したと自己正当化を図るかもしれないが、次は多数派の中の少数派が切り捨てられ、最後は僅かになる。

2017年10月9日月曜日

長宗我部元親

#漫画 #書評 #戦国時代
長宗我部元親の漫画である。怪しげな勢力を心服させ私兵とすることで強力な軍事力を持つ展開は、織田信長を描く『いくさの子』に重なる。但し、四国では半農半武が強さを発揮したが、上方では職業軍人の時代になっていった。後の豊臣秀吉の四国平定では、その差が明らかになる。

2017年10月8日日曜日

日本海賊TVで解散総選挙

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」は2017年10月4日、解散総選挙などの話題を取り上げた。コメンテータは小野寺通(緑のハーモニー調布代表)、小林哲雄(小林ビルオーナー)、田淵隆明(公認システム監査人)、石川公彌子(政治学者)、林田力(希望の塾第一期生)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。

私は「今週の江東区」第2回「中央防波堤埋立地の領土問題調停案」を取り上げた。ここで使用した資料は林田力TV第4回「中央防波堤埋立地の領土問題調停案」(日本海賊TV 2017年10月3日)でスライドショートしている。

番組では希望の党が民進党の予定候補を選別したことについて評価が分かれた。私は以下のように指摘した。民進党が2017年9月28日の第50回常任幹事会で決めたことは、公認候補を立てず、出馬希望者は個々に希望の党に公認申請することである。希望の党が民進党予定候補をまとめて引き受けるという話はない。希望の党が公認したい人を公認することは自由であり、信義に反するものではない。

排除という表現に引っ掛かりを覚える向きもあるが、民主党も排除の論理で出発した歴史がある。何より大組織を向こうに回して当選した小池百合子都知事の新しさに期待した向きには希望の党が既成政党に飲み込まれるならば失望する。それ故に排除という表現は、むしろ好感を高めている。

番組では「だまされる側が悪い」との考えが批判された。私も東急不動産だまし売り被害者として、そこは全面的に支持する。東急不動産だまし売りはパンフレットなどで採光や眺望、通風などの利益となる事実を明記しながら、隣地建て替えという不利益事実を明記しないことが問題である。

ここから、だまさされたと言えるためには常任幹事会で全予定候補が希望の党の公認になると約束されていたならば問題になる。ところが常任幹事会の決議は個々人が希望の党に公認申請するというものであった。表向きはそうであるが、裏では別の話になっていたという主張が通るだろうか。それは透明性を重視し、裏取引を嫌う東急不動産だまし売り裁判原告の好むところではない。

また、番組では個人主義と集団主義の議論にも気付きがあった。私は個人主義の立場から議論するが、集団主義側の反論に噛み合わないものを感じることがあった。それは助け合いの価値である。自立した個人が相互主義の下で助け合うことは喜ばしいことである。選択と集中は分業による協力関係があって成り立つ。自給自足の状態では選択と集中は困難である。

助け合いは個人主義を否定するものではなく、協調主義か孤立主義か、または協調主義か競争主義かという別の論点になる。もし孤立主義を批判したいならば、そこで対立することはないが、個人主義の問題意識とは噛み合わない。助け合いに相互主義が成り立つならば結構である。しかし、一方だけが我慢を強いられたり、奉仕を強いられたりする関係は公正ではない。ところが、再配分という形で相互主義の逸脱を積極的に肯定する議論がある。集団主義の議論は相互主義の助け合いと再配分をごっちゃにして都合の良い時に都合の良い物を持ち出す御都合主義に陥りやすい。論点の明確化の必要性を感じた。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

記者会見のお知らせ 立正佼成会附属佼成病院事件は、最高裁へ

記者会見のお知らせ 立正佼成会附属佼成病院事件は、最高裁へ
10月26日(木)2時~ 東京地裁・高裁2階 司法記者会

世間では、「無駄な延命」「老人はいつまでも生きていなくていい」等の風潮になっています。本件の患者の長男も「親の介護は地獄だ」「母親の延命はしなくていい」と親の生命維持に消極的でした。

確かに介護は、大変です。
患者の長男は、母親が人工呼吸器に繋がれるのを恐れたのでしょうか?

長男は、医師が患者の肺炎を治す為に行っていた酸素吸入(鼻カニューレ)等を拒否しました。担当医師は、長男の要望を受け入れて酸素吸入などの治療をやめてしまいました。

命を助けるのが使命の医師がなぜ入院患者の治療をやめたのでしょうか? 長男の治療拒否の理由は何だったのでしょうか? 担当医師は、酸素が足りないこと、人間息ができないことが、どれほど苦しい事か説明したのでしょうか? 呼吸苦にあえぎながらも手当をしてもらえない患者は、徐々に死に近づいていきました。

担当医師は、「酸素吸入等はやらなくてもいいのか?呼吸ができないと苦しむがそれでもいいのか?」等治療方針の変更を患者や家族達に説明しませんでした。患者は、何も知らされないまま死んで行きました。

もともと脳梗塞で入院した患者は、快方に向かいリハビリを始めました。安定期に入ると病院には、事実上90日までしかいられませんので施設に転院を予定していました。しかし長男夫婦の治療拒否により入院から83日で命を絶たれました。

仮にも人一人の命が絶たれたのですが、佼成病院の手続きは簡単でした。
これが許されるのなら、まだ生きられる高齢者まで死んでしまいます。また病院は、「姥捨て」に悪用されかねません。

人として生まれて、かけがえのない人生を生き抜いて、最後の締めくくりとして患者は、死の迎え方を自己決定できます。患者の尊厳、医療のあり方、医師の説明義務と患者の自己決定権を訴ったえています。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年10月7日土曜日

パレス・メイヂ

『アメリカ帝国衰亡論・序説』はトランプ大統領を生んだアメリカを分析し、日本の採るべき方向性を論じた書籍である。
本書はアメリカ化されることは植民地になることよりも恐ろしいと指摘する。この指摘は納得できる。圧制の下にいる以上にアイデンティティーを失うことは許しがたい。

パレス・メイヂ

#レビュー #書評 #漫画
『パレス・メイヂ』は明治時代をモデルとした架空の国家を舞台とした漫画である。主人公は没落貴族の少年である。家計のために宮中に出仕する。
本書はデザイン面で明治時代をモデルにするが、精神文化面では全く異なる。主人公の同年代の侍従達は遊びたい盛りである。

2017年10月6日金曜日

佼成病院裁判記者会見

立正佼成会附属佼成病院裁判の記者会見のお知らせです。佼成病院裁判の上告人・上告受理申立人が2017年10月26日(木)午後2時から司法記者クラブで記者会見を行います。上告理由書・上告受理申立書の論点や東京地裁・高裁判決の問題点、高齢者医療に及ぼす影響などを説明します。

司法記者クラブは東京高裁・地裁合同庁舎の2階にあります。裁判所の表門から入って正面の受付に向かって右の階段を上がるとすぐに司法記者クラブの部屋があります。資料をお渡しするので、フリージャーナリストの方が参加される際は、当日でいいですから「参加します」と連絡ください。

上告人の母親は、病気を治すための治療をしていましたが、長男(被上告人)は点滴や酸素吸入(酸素マスク)などすべての治療を拒否しました。カルテには「family son(注:家族・息子)は延命につながる治療を全て拒否 現在Div(注:抹消点滴)で維持しているのも好ましく思っていないようである」と書かれています。この長男の要請だけで佼成病院はDivを中止し、酸素吸入を止め、9月7日には自然経過を見るとして治療をしませんでした。母親は、まもなく施設に転院の予定でしたが入院から83日で命を絶たれました。人として一番大事な命を処分する手続きが簡単でした。

人として生まれて、たった一度だけのかけがえのない人生を生き抜いてきたのです。その人生の締めくくりである最期の大事な場面でどう生きるか、死の迎え方は、患者本人が決めなければなりません。家族と言えども他者が決めることではありません。本人が生命を放棄していないのに、他者が死を与える決定は許されません。人には、法的に守られている人権があるのに、患者になると権利は優先されなくなります。このままでは病院が「姥捨て」に悪用されかねません。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

市民カフェ第168回「便利屋の七つ道具」

希望のまち東京in東部市民カフェ第168回「便利屋の七つ道具」
便利屋の七つ道具をテーマとします。「東陽便利屋サービス」開業に向け、備品を揃え始めます。「ちょっとしたお手伝いならば何でもします」。家事代行、家の掃除、浴室のカビ取り、草むしり、蜂の巣などの害虫駆除、庭木の手入れ、日用品の買い物代行、空き家の巡回(目視点検)などを行います。
▼とき:2017年10月12日(木)午後6時30分~9時00分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。途中入退室も自由です。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

転生したらスライムだった件

#小説 #書評 #ラノベ
『転生したらスライムだった件』は流行りの転生物のライトノベルである。転生物では転生者がチート的に大活躍することが定番である。ところが、本作品では最弱のモンスターであるスライムに転生したところが意表を突く。とはいえ本作品は漫画『カメレオン』のように弱者が幸運と綱渡りで成り上がる話ではない。チート的な大活躍という転生物の王道は抑えている。

個人主義

#林田力 #日本海賊TV #個人主義
日本海賊TVでは個人主義と集団主義の議論にも気付きがあった。私は個人主義の立場から議論していて、集団主義側の反論に噛み合わないものを感じることがあった。それは助け合いの価値である。
日本海賊TVでは「騙される側が悪い」との考えが批判された。私も東急不動産だまし売り被害者として、そこは全面的に支持する。東急不動産だまし売りはパンフレットなどで採光や眺望、通風などの利益となる事実を明記しながら、隣地建て替えという不利益事実を明記しないことが問題である。ここから騙されたと言えるためには常任幹事会で全予定候補が希望の党の公認になると約束されていたならば問題になる。ところが常任幹事会の決議は個々人が希望の党に公認申請するというものであった。表向きはそうであるが、裏では別の話になっていたという主張が通るだろうか。それは透明性を重視し、裏取引を嫌う東急不動産だまし売り裁判原告の好むところではない。

2017年10月4日水曜日

韓国ドラマレビュー

#林田力 #働き方改革 #労働
林田力『韓国ドラマレビュー』は東急不動産だまし売り裁判原告の立場からの韓国ドラマのレビューである。韓国の書籍の書評や社会運動の記事も収録した。

【書名】韓国ドラマレビュー/カンコクドラマレビュー/Korean Drama Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido

『大長今テジャングム』過去の因縁をテーマにした歴史ドラマ
『タムナ』異文化交流の時代劇
韓国ドラマのラブコメに浸る
『ファンタスティック・カップル』(2006年)
『華麗なる遺産』(2009年)
『僕の彼女は九尾狐(クミホ)』(2010年)
『アクシデント・カップル』格差カップルの韓流ラブコメ
『ベートーベン・ウイルス』毒舌の指揮者
『マイ・プリンセス』深みを増した韓国皇室物
『お嬢様をお願い!』ワガママな大財閥のお嬢様
『18・29〜妻が突然18才?〜』新鮮な記憶喪失物
『ラスト・スキャンダル』格差カップルのラブコメ
『パラダイス牧場』開発反対がラブコメを深める
『私に嘘をついてみて』
『ロマンスタウン』金持ち連中の卑劣さ
『女の香り』ソ・ヒョリムが印象的
『美男<イケメン>ラーメン店』
『ボスを守れ』
韓国ドラマのヒロインのファッション
『ドリームハイ2』
韓流を少女にまで広げた人気ドラマ原作『らぶきょん』が完結
『美男ですね』第1話
『美男ですね』第2話
『美男ですね』第3話
『美男ですね』第4話
『美男ですね』第5話
『美男ですね』第6話
『美男ですね』第7話
『美男ですね』第8話
『美男ですね』第9話
『美男ですね』第10話
『美男ですね』最終話
勢いに乗る韓流
『おり姫の日記帳』
『ハピネス』悲しくも優しい純愛
『景福宮の秘密コード』東洋のダ・ヴィンチ・コード
『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』韓国の度量と日本の狭量
『憤怒の王国』韓国社会の貧困や苦しみと怒り
『最後の証人』歴史に翻弄された悲劇では済まない社会悪
『歌集 一族の墓』
『韓国現代史60年』
『在日一世の記憶』
『裁判の中の在日コリアン』
フジテレビ抗議デモ主催者が交際を理由に活動終了を表明
高岡蒼甫が韓国ゴリ押し批判後にTwitter削除
韓国の市民運動の現状と課題
韓国調査報告会
韓国社会運動の「いま」を知ろう
日本と韓国の保守層の落差
参与連帯
参与連帯とは
ソウル市
清渓川

2017年10月2日月曜日

中央防波堤埋立地の領土問題調停案

10月4日放送予定の日本海賊TV「金八アゴラ」のテーマは「今週の江東区」第2回「中央防波堤埋立地の領土問題調停案」です。

中央防波堤埋立地の領土問題調停案
東京都は2017年9月29日、臨海部の「中央防波堤埋立地」帰属問題で埋立地の86%を江東区、14%を大田区に帰属させるとする都の調停案の原案をまとめ、両区に伝達した。江東区にはボートや馬術などの東京オリンピック・パラリンピック競技会場が設けられる部分、大田区には整備が進められているコンテナふ頭の部分が帰属する。
江東区と大田区は埋立地の帰属を主張して対立していた。江東区は長年ゴミを処理してきた負担を根拠にする。大田区は区の漁民が海苔養殖をしていた歴史を根拠とする。両区は2017年7月に東京都に地方自治法に基づく調停を申請した。
私は江東区民として、江東区への帰属を支持する。埋立地の帰属は土地の帰属であり、海面の利用よりも、埋立地を作ったことの負担が反映されるべきである。それ故に86%帰属でも不満を抱きたくなる。しかし、区民にとっては同じ人工島に大田区と共存することは悪政・善政を比較しやすいという利点がある。13号埋立地は港区と江東区、品川区で分けられたが、港区が設置した駐輪場は無料で利用できる(お台場海浜公園駅暫定自転車等置場)。
調停案は両区の強みを活かした解決策と見ることもできる。五輪熱のある江東区には競技会場のある部分を帰属させる。羽田空港を抱える大田区にはコンテナ埠頭を帰属させる。このように見ると大田区は割合的には不満だろうが、ピンポイントで羽田空港と相乗効果のある場所を獲得したと見ることができる。逆に江東区は割合的には多いものの、アフター五輪を見据えると、お荷物になる危険がある。
区民が身近にスポーツを楽しめるようにするスポーツ政策や競技会場を文化イベントや産業展としても活用する文化政策・産業政策の充実を訴えたい。
http://www.hayariki.net/koto/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

働き方改革

#林田力 #働き方改革 #労働
林田力『働き方改革』(枕石堂)は東急不動産だまし売り裁判原告の立場から働き方改革を論じる。希望のまち東京in東部市民カフェや読書会の議論も収録した。解散総選挙によって後景に追いやられた感があるが、本来ならば内閣が最大のチャレンジと位置付けた働き方改革を評価する選挙になる。

【書名】働き方改革/ハタラキカタカイカク/Work Style Reforms
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

働き方改革
希望のまち東京in東部市民カフェ第133回「共謀罪と働き方改革」
希望のまち東京in東部市民カフェ第147回「働き方改革」
運行管理から見る運送業界のブラック労働
希望のまち東京in東部市民カフェ第160回「働き方改革」
働き方改革とロスジェネ世代
次回の市民カフェは働き方改革
働き方改革の良い点
自由に物が言える
政治が社会に与える影響
希望のまち東京in東部研究会「トランプ流の製造業の復活はあるか?」
東芝問題のその後と、半導体業界の働き方
「東芝問題のその後と、半導体業界の働き方」を聞いて
東芝
新自由主義とゲーム
ゲームの理論
『ワーキングプア原論』
どうする?どうなる?ワーキングプア
ワーキングプア勉強会議論
ワーキングプア勉強会感想
「どうする?どうなる?ワーキングプア」第2回
ワーキングプア勉強会議論
ブラック企業大賞2015
ブラック企業大賞2016
ブラック企業と左翼教条主義
ロスジェネ世代の問題意識と人間の不完全性
格差と分断
大艦巨砲主義の失敗に学ぶ
選択と集中
ハイエクと柄谷行人
農協パワハラ休業訴訟は565万円支払い
『働き方、考え方、生き方。』
『マイベンチャービジネス』
『異世界コンサル株式会社』
『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』
『笑いと涙を届ける「結婚式の司会」という仕事』

2017年10月1日日曜日

市民カフェ第167回「便利屋開業」

希望のまち東京in東部市民カフェ第167回「便利屋開業」
「ちょっとしたお手伝いならば何でもします」という便利屋の事業計画を考えます。家の掃除、家事代行、草むしり、庭木の手入れ、日用品の買い物代行、空き家の巡回(目視点検)など何ができるかを考えます。事業を行うためにどのような道具が必要か、いくらかかるかも考えます。
▼とき:2017年10月5日(木)午後6時30分~9時00分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。途中入退室も自由です。
http://www.hayariki.net/tobu/

尚、希望のまち東京in東部Webサイトから検索窓を除去しました。
これはChromeが10月から開始するセキュリティ警告を回避するためです。

Chrome のセキュリティ警告を http://www.hayariki.net に表示します
http://www.hayariki.net の所有者様
2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、「保護されていません」という警告が表示されるようになります。また、シークレット モードを使用している場合は、HTTP ページにアクセスするだけで「保護されていません」と表示されます。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/