2017年7月9日日曜日

日本海賊TVで東急バス交通事故

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年7月7日、東急バス交通事故を取り上げた。コメンテータは田淵隆明(公認システム監査人)、山内和彦(元川崎市議会議員)、石川公彌子(政治学者)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟)。遅れて斎藤一恵(希望ファーストの会代表)、松本肇(教育ジャーナリスト)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。

「金八アゴラ」で東急問題を取り上げるのは約1ヶ月ぶりである。東急バスはひき逃げを疑われる事故を起こした。東急バスは過去にも事故を起こしている。渋谷の死亡事故では、東急バスの運転手を名乗るブロガーが暴言を吐いて炎上した。東急バスの右翼団体幹部が病院を恐喝した。

番組では東京都議会議員選挙結果の分析もなされた。期日前投票が増えており、選挙戦終盤の自民党の不祥事続発が都民ファーストの会の勝利の主因ではない。有権者の関心は福祉などであって、中央卸売市場問題の関心は低い。

番組ではマスメディアの切り取り対策が紹介された。マスメディアは悪意だけではなく、能力不足で発言をねじ曲げることがある。その対策として、マスメディアに発言要旨200字を配布する。テレビにはテロップ用のメモ、15字2段を用意する。

他には以下のテーマを論じた。
・小林麻央さん逝去
・首相「日欧EPA,G20の際に大筋合意目指す」
・カルフォルニア州、モンサント除草剤を発がん性認定へ
・給食費、区が徴収業務
・野田数、都民ファースト代表へ復帰
・安倍首相、改憲行程変えず
・小池新党、国政へ進出か
・北朝鮮ICBM発射成功
http://www.hayariki.net/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者

0 件のコメント:

コメントを投稿