2017年7月2日日曜日

キヤノン電子労組地位確認請求訴訟の第5回口頭弁論

キヤノン電子労組地位確認請求訴訟の第5回口頭弁論
キヤノン電子の労組「キヤノン電子労働組合」専従書記が会社と労組による退職強要に対して地位確認を求める訴訟です。
退職勧奨では労組の委員長が以下のように説明しました。「会社役員が、専従書記を雇う余裕があるなら組合員全員の一時金をカットするから組合で補填しろ、専従書記を続けるのなら組合事務所は会社構内から出て行ってもらう、と言っている」(林克明「キヤノン電子と労組の共同不法行為を東京高裁が認定 職員解雇めぐり、一時金減額分310万円支払いの仮執行命令も」MyNewsJapan 2015年7月5日)
日時:平成29年10月2日(月) 午後1:30開廷
場所:さいたま地方裁判所熊谷支部 401号法廷(4階)
裁判所に対して,本事件の公共性を強く示すと同時に,公正な審理を強く求めるためにも皆様の傍聴支援を賜りますよう宜しくお願い致します。
裁判終了後,報告集会及び意見交換会を熊谷コミュニティセンターにて行う予定です。
ひき続きご支援を賜りますようどうぞ宜しくお願い致します。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/kosei1.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿