2017年7月10日月曜日

都議選後の市民社会論

希望のまち東京in東部市民カフェ第155回「都議選後の市民社会論」
7/13は本物の「市民社会」について、思想信条を問わず真剣に語ってみましょう!
都議選の結果は、ご存知のとおり、「都民ファーストの会」の圧勝でした。
しかも、「市民連合」等の野党支持者中心の市民がここ数年掲げ実現しようと奮闘したが結果に結びつかなかった「自民を削る」ことを、小池都知事が前代表の「都民ファースト」が比較的容易に実現してしまいました。
この「都民ファースト」の躍進については、大きく分けて①単に既存の保守政党がそのまま形を変えただけだという見方、②「都民ファースト」こそ、ダイバーシティーを尊重する新しい政党であるという見方に分かれ、両者の間に新しい対立が生じているため、これは「市民社会」にとって望ましくないことと存じます。もちろん、新代表への不信感や国政進出による危機感も十分尊重しなければならないのは言うまでもありません。
そこで、今回は小生が所属する学会でもお世話になっている関西大学法学部教授の坂本治也先生が編集した「市民社会論ー理論と実証の最前線」と先生の最新の論文をもとに、市民社会と、市民の意見表明手段を整理することで、今後のあり方について議論したいと存じます。
https://www.facebook.com/events/114109399212530/
▼とき:2017年7月13日(木)午後6時30分~8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿