2017年6月4日日曜日

東急不動産だまし売り裁判と共謀罪

林田力『東急不動産だまし売り裁判と共謀罪』(枕石堂、2017年5月13日)は東急不動産問題や共謀罪(テロ等準備罪)を取り上げる。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急不動産だまし売りは卑しい。何もかもが偽りの姿である。東急不動産だまし売り営業は東急不動産だまし売りにきちんと向き合わないことには、これから先の人生を上手く前に進めていくことができなくなる。

共謀罪についての論稿はインターネット動画放送局「日本海賊TV」の共謀罪特集番組「共謀罪と著作権法」の資料である。人身売買や薬物犯罪対策は必要である。著作権をそれらと同列に論じることができるかという点が議論になる。番組の議論でも共謀罪という犯罪類型そのものの是非よりも、これが論点になった。

二次創作の是非は著作権法の問題であるが、文化の発展のために著作者の権利を抑制することは個人主義に反するのではないかと問題提起した。番組のコメンテーターは須澤秀人・日本海賊党代表と岩井努・千葉海賊党代表である。著作権に抑制的な海賊党の方を前にして挑発的な問題提起であったが、意外にも海賊党の二方とも著作者の意思に反する二次創作には否定的であった。個人主義の立場から興味深い。
http://www.hayariki.net/
[asin:B00R4RSMZW:detail
]
[asin:B00R9PCNBI:detail]
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com.au/dp/B06XQTKM1D/

0 件のコメント:

コメントを投稿