2017年5月4日木曜日

日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発

日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発
インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年4月21日、「築地市場改修案と東急不動産の乱開発」を取り上げた。コメンテーターは山内和彦(元川崎市議会議員)、石川公彌子(政治学者)、田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(希望のまち東京in東部共同代表)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。他には以下の話題を取り上げた。
・蜂蜜業界に激震、乳児ポツリヌス症
・英国で解散総選挙
・衆議院選挙区割り見直し
・イースター休暇に緊張高まる朝鮮半島
・トルコで大統領独裁体制
・台湾で日本人技師像の頭部切断
・米抜きTPP推進

東京都の市場問題プロジェクトチームの築地市場改修案への風当たりが強い。江東区にとって市場移転はメリットが乏しく、だからこそ千客万来施設を求めた。しかし、地下水を使った温泉には抵抗があり、千客万来施設は難しくなっている。

豊洲移転されたとしても、赤字を縮小するためには市場が使う部分を縮小する必要がある。そこで国際展示場案が活かせる。番組では新東京ビッグサイトとの命名が提案された。東京五輪のメディアセンターを豊洲市場予定地にするとの案も出た。

番組では消費者問題も取り上げた。騙される人が悪いは詐欺師の論理である。消費者に自己責任を押し付け、悪徳業者の利益を擁護する。消費者の目線に立てない人は政治家になるべきではない。弁護士としてもブラック弁護士になるだろう。
http://www.hayariki.net/koto/nuke.html
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com.au/dp/B01N3BVU29/
東京外環道と自動運転車 (枕石堂)
http://www.honzuki.jp/book/245949/

0 件のコメント:

コメントを投稿