2017年5月29日月曜日

Re: 追伸: 小池都知事 二子玉川の演説- 保育園の件

林田です。
コメントありがとうございます。
窓については東急不動産だまし売り裁判原告として一家言あります。

新築マンション購入失敗とトラブル共有の重要性
http://npn.co.jp/article/detail/16779626/

東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)では東急不動産が隣地建て替えで塞がれてしまうマンションの窓を「眺望、採光、景観等企図していない」とデタラメな主張をしました(被告準備書面2005年7月8日)。
裁判では窓が眺望、採光、景観等を企図したものであることを、辞書の定義「部屋の採光・通風などのために壁や屋根の一部にあけてある穴」(大辞泉)を引用して反論しました(林田力『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』「眺望、採光、景観等の企図」)。

窓が重要という点はご指摘の通りと思います。
その上で記事には「東京都は窓のない事務室などを含め、隣り合った複数の部屋を1部屋とみなした上で、条件を満たせば転用できるようにすることなどを求めている」とあります。
隣り合った窓のある部屋と窓のない部屋を一つの空間として使うことが趣旨です。
杓子定規な規制に対して実質的な判断を求めるものです。

勿論、規制の趣旨を免れる貧困ビジネスのゼロゼロ物件のような保育園は論外です。
私もインターネット動画放送局・日本海賊TVで東急電鉄らの駐車場の上に建設した「すこやか小杉保育園」の問題を取り上げたことがあります。
ここは園庭がないどころか地面が駐車場になっています。

東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か
http://www.hayariki.net/poli/abeno.html
スライドショー
https://www.youtube.com/watch?v=8kwuiRJ0I_A

都民ファーストの会は保育政策について「保育士の更なる待遇改善、保育サービスの拡充、規制緩和などにより待機児童ゼロをめざします」と掲げています。
その背景には以下の点があると考えます。
http://www.hayariki.net/kibou.html
小池百合子政経塾「希望の塾」第四回講義
***
鈴木亘「東京の待機児童問題」は需要と供給の観点から待機児童問題を説明しており、説得力があった。保育料が安いことは消費者にとって良いことであるが、公共セクターが政策的に安く抑えるならば供給不足という歪みが生じる。認可保育園に入れた人はいいが、入れなかった人は不幸である。認可保育園の質の高さは保育園を落とされた人々の犠牲の上に成り立っている面があることは直視しなければならない。
***

小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説
***
日本の半分は女性なのに女性の力を活かせない。働く意欲を持つ女性が会社を辞めなければならない。女性の問題を一つ一つ丁寧に、時には大胆に解決していかなければならない。東京ドームのような巨大な保育所を作っても仕方がない。細かいことを一つ一つ解決していく。

私は今回の話を聞いて小池知事を素晴らしいと感じた理由を再確認した。小池知事以前も保育問題などを声高に唱える政治勢力は存在した。しかし、それらは画一的な解決策を押し出すばかりで、仮にそれが通ったとしても個々人の困ったことが解決されるような現実感を得られにくかった。

問題を抱える人は個別的なニーズがある。待機児童問題では土日の保育が必要な人がいる。保育料が割り増しでもいいからピンポイントで保育を求めるニーズがある。画一的な制度設計ではカバーしにくい問題である。

小池知事の「一つ一つ丁寧に」という話からは個別の問題に向き合う姿勢を実感する。「東京ドームのような巨大な保育所」が否定的な例として出されたが、集権的・集中処理的な制度を押し付けても上手くいかないことを物語る。
***

どのように待機児童を解消するかは4年前の都議選の際も議論がありました。都議選予定候補を集めて「都政わいわい勉強会in東部地区」という集まりを開催しました。そこで以下の感想を残しました。
http://www.hayariki.net/tosei/report.html
***
勉強会で大きく浮かび上がった争点は保育政策である。待機児童を解消するために保育所を増設しなければならないという点は多数の一致するところであるが、保育所を認可保育所中心とするか、認証保育所やスマート保育所中心とするかで意見の対立が顕著であった。
問題意識を持っている人の中には、認可保育所の増加や都立小児病院の存続など結論に固執する傾向が見られた。安心で廉価で高品質な保育や医療を提供するためにはどうすればいいかが本来の問題である。最初から認可保育所や都立病院でなければならないとの結論を押し付けるならば議論にならない。ここは立候補予定者に同情したくなったところである。
***

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿