2017年5月26日金曜日

回想録

八十年代の東京が舞台である。バブルの時代であるが、書生と芸者という一時代前のような物語である。バブルと異なり、慎ましやかな生活である。私の中の八十年代イメージに新たなイメージを追加させた。
一方で時代らしさが表れている内容もある。書生はサッカー部出身で、日本でのサッカーの普及に情熱を持つ。

0 件のコメント:

コメントを投稿