2017年4月30日日曜日

FJネクストは障害

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は消費者や住民の障害である。迷惑勧誘電話でワンルームマンションを販売することはフィデューシャリー・デューティー(Fiduciary duty)に違反する。ワンルームマンションは住環境を破壊する。東京都千代田区の「六番町奇数番地地区計画」は「ワンルーム形式の集合住宅が集中することを避け、定住を目的とした住宅を供給するよう誘導する」と定める。

オラガ総研の牧野知弘社長は不動産が負債になると指摘する。「価格が一定以上下がってしまい、売ることもできず、貸すこともできず、かといって誰も使わないということになれば「負債」といっても過言ではありません」(柳生譲治「「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も」日経ビジネスOnline 2017年4月18日)

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設には暗黒的な邪悪さがある。迷惑勧誘電話の声の色は邪欲に満ちた鉛色である。目に見えるような邪悪な気配に包まれている。それは貪欲の子であり、不公正の兄弟であり、危難の父である。FJネクストのように消費者や住民を不幸にしながら、生き急ぐことに一体どのような価値があるというのか。短期間で金を稼ごうとすると、色々な人に負荷がかかる。

FJネクストの消費者感覚の欠如は異常である。あまりに悪徳不動産業者の常識を固持し続けている。全ての面において消費者感覚と正反対である。FJネクストの消費者無視の体質は、自社社員を乗せるために搭乗していた乗客を無理やり引きずり降ろした米ユナイテッド航空と重なる。迷惑電話や悪質マンション建設を繰り返すFJネクストに親切にする必要はない。
http://www.hayariki.net/poli/marx.html
[asin:B00OWSLBUE:detail]
[asin:B00P6L27O0:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01N3BVU29/

2017年4月29日土曜日

共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法

共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法
インターネット動画放送局「日本海賊TV」では共謀罪(テロ等準備罪)の特集番組を放送します。私は「共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法」を担当します。
http://www.hayariki.net/poli/kanshi.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」

希望のまち東京in東部読書会第38回「「世界史の構造」を読む」
希望のまち東京in東部は2017年4月29日(土)、読書会第38回「「世界史の構造」を読む」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『「世界史の構造」を読む』から「生産点闘争から消費者運動へ」を取り上げる。
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

以下は予定ですが、テーマが差し替えられる可能性があります。

希望のまち東京in東部第39回読書会「世界共和国へ」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」を取り上げます。いよいよ最終章です。
日時:2017年5月13日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」
希望のまち東京in東部の原点である空き家の活用を議論します。
▼とき:2017年5月11日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月28日金曜日

FJネクスト迷惑電話

#書評 #レビュー #ビジネス
FJネクスト迷惑電話に比べれば、縁日の香具師の方が真面目である。ガーラ・プレシャス東麻布やガーラ・グランディ木場などのFJネクストの悪質マンション建設は地域を劣化させる。悪徳不動産営業は目がぎらついて、汗の臭いが臭い。

Re: 再配達問題、ヤマト運輸の疲弊

林田です。
昨日はプレ・プレミアムフライデーということにして、国土交通省にて外環道の意見陳述をしてきました。

一昨日は下記のように書きました。
> 外環道の陳述は明日も行いますが、そこでは再発立つ問題の取り組みを評価するスタンスは維持しつつも、そのあたりも触れたいと思います。

以下が陳述内容です。
***
環境省は再配達の負担を減らすために「COOL CHOICEできるだけ一回で受け取りませんかキャンペーン〜みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト」を始めました。そのキックオフイベントを2017年3月29日に開催しました。環境省に比べると、環境破壊の外環道建設に固執する国土交通省の古さが際立ちます。外環道は土地の合理的な利用ではなく、都市計画法に違反します。

再配達問題解決の取り組みは、外環道を建設して渋滞を解消しようとする国土交通省に比べれば、はるかに的を射ています。それでも現在の対策は、宅配ボックスを個人宅に設置させる、消費者に駅などの宅配ボックス設置場所に取りに来させるなど、消費者の負担と努力で問題を解決させようとしています。この点で依然として日本の官僚的な発想です。
これに対して企業間取引のEDIの世界ではAdvanced Shipping Notice; ASNというものがあります。従来は企業間の取引では商品と伝票が同時に送られていました。これに対してASNは事前出荷通知で、納品内容や納品日時を商品搬送前に電子的に送付します。商品を受け取る企業は納品内容と納品日時を把握できるため、事前に要員計画や準備ができ、効率的な商品搬入が可能となります。
個人宅への再配達が負担になっているならば、このようなシステムを消費者取引にも応用することで解決していくべきです。社会問題は、国民に理解と協力を一方的に求める官僚的な発想ではなく、サービス業の精神で解決していくべきです。
***

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急建設の瀬上沢の自然破壊

東急建設の瀬上沢の自然破壊について話がありました。
過去に書いた記事です。

FJネクストと東急建設・上郷開発の自然破壊
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)のガーラ・グランディ木場新築工事(江東区東陽)と東急建設の上郷開発(横浜市栄区上郷町猿田地区)は自然を破壊する。ガーラ・グランディ木場新築工事は緑地を10階建てワンルームマンション、上郷開発は里山を住宅地や商業地として開発する。
http://tokyufubai.web.fc2.com/kamigo.htm

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月27日木曜日

どんなメールを書いているのか

#書評 #レビュー #ビジネス
『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』は仕事を速く進めるためのメールの書き方を解説した書籍である。本書から最も感じたことはパソコンのメールと携帯電話のメールは全く異なるということである。携帯メールの感覚でメールを書くと大失敗する。ここは押さえておかなければならない。

2017年4月26日水曜日

再配達問題、ヤマト運輸の疲弊

前回の読書会では再配達問題、ヤマト運輸の疲弊に言及されました。

希望のまち東京in東部読書会第37回「つぎのヘゲモニー国家」
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

私は3月に実施した外環道の意見陳述で、この問題に言及しました。
そこでは物流問題の解決は再配達問題の取り組みのように的を射た解決をすべきで、外環道のような昭和の大型開発に固執することは時代遅れというスタンスです。
そのため、再配達問題の取り組みを評価しました。
特に官業独占・民業圧迫問題でヤマト運輸と官僚が対立していた過去からすると、ヤマト運輸と政府が再配達問題の解決に一緒に取り組むことを胸が熱くなる展開です。

以下が陳述の文章です。
***
ヤマト運輸は2017年3月7日、自宅以外で荷物を受け取れる宅配ロッカーの配備を前倒しする方針を明らかにしました。時事通信の2017年3月7日付記事「ヤマト、宅配ロッカー前倒し=再配達削減が急務—各社」が報道しました。
日本政府は駅や商業施設など外出先で荷物を受け取れる「宅配ロッカー」の普及を促す方針を出しました。平成29年度から、ロッカーを設置した事業者に対し、他の業者も使用できることを条件に費用の50%を補助する制度を開始します。平成29年度予算案に設置促進費として5億2千万円を計上しました。産経新聞の2017年3月9日付記事「宅配ロッカー設置に補助金 政府、予算案5.2億円計上 29年度」が報道しました。
ヤマト運輸と日本政府が同じ方向を向いて物流のボトルネック解消に取り組みます。ヤマト運輸と政府は、かつて郵便という独占事業による民業圧迫の問題で対立していました。その過去を踏まえると、驚くべき展開です。時代は動いています。社会は動いています。官僚が一方的に決定する官僚主導経済の時代ではなくなりました。外環道のような土建国家の残滓は見直しを求めます。
***
一方で読書会で指摘された、政府や企業の裏の思惑を見る視点もあると思います。
外環道の陳述は明日も行いますが、そこでは再発立つ問題の取り組みを評価するスタンスは維持しつつも、そのあたりも触れたいと思います。

時下の読書会は以下です。

希望のまち東京in東部第38回読書会「「世界史の構造」を読む」
日時:2017年4月22日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ブランズシティ世田谷中町抱き合わせ

#東急不買 #遠隔医療 #遠隔診療
日本海賊TVで東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売を取り上げる。
東急不動産の遠隔医療サービス導入は抱き合わせ販売である。これは遠隔医療サービスの普及を逆に阻害する。東急不動産は2017年4月から分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」で遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を導入する。購入者はマンション購入者向けサービス「BRANZサポート」の居住者専用サイト「BRANZ SUPPORT WEB」を通じて小児科オンラインに接続し、自宅から小児科医に相談できる。
医師への相談料は東急不動産が負担する(「LINEで医師に相談できる「小児科オンライン」マンション業界で導入」アスキー2017年3月29日)。これはマンション販売価格にコストが上乗せされていることを意味する。つまり、抱き合わせ販売である。購入者は小児科オンラインを利用してもしなくても、小児科オンライン利用料相当のコストを上乗せされたマンション販売価格で購入しなければならない。
http://www.hayariki.net/poli/torigoe4.html

東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売

東急不動産の遠隔医療サービス導入は抱き合わせ販売である。これは遠隔医療サービスの普及を逆に阻害する。東急不動産は2017年4月から分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」で遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を導入する。購入者はマンション購入者向けサービス「BRANZサポート」の居住者専用サイト「BRANZ SUPPORT WEB」を通じて小児科オンラインに接続し、自宅から小児科医に相談できる。

医師への相談料は東急不動産が負担する(「LINEで医師に相談できる「小児科オンライン」マンション業界で導入」アスキー2017年3月29日)。これはマンション販売価格にコストが上乗せされていることを意味する。つまり、抱き合わせ販売である。購入者は小児科オンラインを利用してもしなくても、小児科オンライン利用料相当のコストを上乗せされたマンション販売価格で購入しなければならない。

遠隔医療自体は普及が歓迎できることである。3時間待ちの3分診療という無駄を避ける上で有効である。また、立正佼成会附属佼成病院で医師が入院患者の死因が多剤耐性緑膿菌の院内感染であると証言したような、病院で病気をもらうことを避ける上で有効である。

しかし、遠隔医療のメリットは距離の制約を取り去れることにある。消費者の選択肢が広がったことにある。消費者が主体的に選択できることに意味がある。東急不動産のサービスを利用しない自由もあるが、コストはマンション価格に上乗せされる。

抱き合わせ販売が問題となる理由は消費者の選択権を奪うことに加えて、市場を阻害することにもある。ブランズシティ世田谷中町購入者は無料で利用できるということは、遠隔医療サービスに直接対価を払わないことになる。このような抱き合わせが横行すると遠隔医療サービスが育たなくなる。
http://www.hayariki.net/poli/torigoe4.html
マンション抱き合わせの遠隔医療サービスは、子どもの自立にも逆効果である。マンション育ちの子どもの課題は、1階まで降りることが面倒で出不精になることである。運動不足やストレスがたまる。外出する機会が少なくなることで、親の干渉を受けやすくなり、自立が遅れる。意識的にマンションから離れることが必要であり、マンション備え付けのサービス利用は逆効果になる。
[asin:B00OGGS2TU:detail]
[asin:B00ON4V1YS:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B01N3BVU29/

2017年4月22日土曜日

希望のまち東京in東部第38回読書会「「世界史の構造」を読む」

希望のまち東京in東部第38回読書会「「世界史の構造」を読む」
柄谷行人『「世界史の構造」を読む』を取り上げます。
【内容紹介】『世界史の構造』刊行以降の思想の深化を踏まえ、3・11原発震災後に直面した新たな状況と終焉に向かう資本主義を眼前にして、いち早く著者自身によって読み返された『世界史の構造』とその後の思考の展開。大澤真幸、苅部直、岡崎乾二郎、奥泉光、佐藤優、島田雅彦、高澤秀次、山口二郎らとの、『世界史の構造』をめぐる徹底討議七本を併録した、著者自身による『世界史の構造』読本であり、同時に、反原発闘争に方向性を与えるアクチュアルな指針を提示。「震災後に読む『世界史の構造』」(書き下ろし150枚)収録。
日時:2017年4月22日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。
http://www.hayariki.net/tobu/
ゴールデンウィークなどで、しばらく市民カフェや読書会をお休みします。ご注意ください。
2017年4月27日はゴールデンウィーク及びプレ・プレミアムフライデーのため、市民カフェをお休みします。
2017年5月4日はゴールデンウィークのため、市民カフェをお休みします。
2017年5月6日はゴールデンウィークのため、市民カフェをお休みします。

希望のまち東京in東部は2017年4月22日(土)、読書会第37回「つぎのヘゲモニー国家」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」の後半を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回
▼とき:2017年5月13日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』

林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』(枕石堂、2017年3月27日)はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」のレポートを中心に収録する。林田力は「金八アゴラ」にコメンテーターとして出演し、東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の立場から東急グループの問題を紹介している。

東急不動産だまし売り被害は氷山の一角である。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は消費者の苦しみを全くわかってない悪い企業である。自分達だけの利益追求、周りは損をしても構わない。そのような商売は長続きできない。開発、人口増加、経済成長という浅い考えから抜け出せていない。

東急不動産だまし売りは特殊詐欺と変わらない。東急不動産だまし売りの手口は巧妙である。ブローカーが暗躍する。東急不動産だまし売りのような詐欺が許されるなら日本株に投資する外国投資家は居なくなる。21世紀にもなって、これほど品性下劣な悪徳不動産業者を野放しにしていることは、ただただ日本の恥である。
http://www.hayariki.net/
東急不動産だまし売り裁判が広がることは、マンションだまし売りの抑止力になる。東急不動産マンションは買わないことが一番である。悪徳不動産業者の世界では無理かもしれない。しかし、東急不動産不買運動の世界では、しばしば物事が単純に運ぶものである。
[asin:B00OE5VRUO:detail]
[asin:B00OF2T2HG:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.uk/dp/B01N3BVU29/

2017年4月21日金曜日

都民ファーストの会豊島区議団の活動報告会

都民ファーストの会豊島区議団の活動報告会が開催されます。

小池百合子東京都知事並びに高野之夫豊島区長をお招きし、「都民ファーストの会豊島区議団」の活動報告会を開催する運びとなりました。本橋弘隆幹事長からもお話しをさせて頂きます。
公私ともにお忙しいとは存じますが、是非ともご出席賜り、皆様方の力強いご支援を賜りますようお願い申し上げます。
◆日時:5月8日(月)18:30〜(開場時間18:00)
◆会場:ホテルメトロポリタン3階「富士」 
◆会費:2,000円(資料代)
◆問合せ先: 都民ファーストの会 豊島区議団

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月20日木曜日

書評『青年将校ジョージ・ワシントン』

西川秀和『アメリカ人の物語1青年将校ジョージ・ワシントン』(悠書館、2017年)はジョージ・ワシントンの青年時代と独立戦争勃発に至るアメリカ植民地の歴史を描く書籍である。アメリカ史に登場する魅力的な人物を取り上げるシリーズの第1巻である。

ワシントンは有名な人物であるが、アメリカ独立戦争の指導者で初代大統領ということくらいしか知られていない。本書は青年時代のワシントンを詳しく述べている。著者はワシントンに傾倒し、体型まで近づけようとトレーニングに励んでいると紹介されるが、本書は偉人伝のような書き方ではなく、批判精神を持っている。

たとえば奴隷制度への記述がある。また、ワシントンはフレンチ・インディアン戦争では軍人として命令違反とも評価できるようなイケイケドンドン的なことをしている。ワシントンを無条件に賛美すると、日本の戦前戦中の関東軍将校を批判できなくなる。

ワシントンに限らず、独立戦争に至るアメリカ植民地人には危うい熱狂が感じられる。日本の幕末の尊皇攘夷や戦前のファシズムのような。良くも悪くも近現代の日本と関係の深い国は米国である。意外と日本人と米国人は似ているところがあるかもしれない。

米国が独立に至る背景として、フレンチ・インディアン戦争がある。戦争に主体的に参画したという経験が独立の原動力になる。これは一つの歴史的な真実である。古代ギリシアのポリスの参政権は戦争への参加の義務と対になっていた。そのために自前で武装する財力のない平民には参政権がなかったが、軍船の漕ぎ手として参戦することで参政権が認められた。第一次世界大戦後にヨーロッパ諸国で女性の参政権が認められるようになったが、それは総力戦下における軍需物資生産など女性の戦争協力が背景にある。

それにしても、アングロサクソンの底力には恐ろしさを感じる。序盤はフランスが優勢であった。イギリス側はどうしようもない状態であった。しかし、最後には逆転し、圧倒的な勝利にまで持っていく。日本が太平洋戦争で敗北したことも納得してしまうような底力である。

本書では、先住民のインディアンが虐げられるだけの存在でも、平和的な部族でもないことが描かれている。頭の皮を剥ぐという残酷な行為が普通に行われている。捕虜の扱いというような論理も通用しない。最近はインディアンの思想を高く評価する向きもあるが、ここでは非文明的な未開の部族の印象を受ける。

アメリカで独立運動が盛り上がった背景として、独立前から植民地議会があり、一定の自治があったことが挙げられる。絶対王政の下ならば、どれほど圧政であったとしても独立の動きは遅れたのではないか。そのように考えると皮肉である。

また、これは次巻以降で詳述されるだろうが、独自の議会を持っていた十三州がまとまったことが力になった。一般に独立は分散化をもたらすことが多いため、これは世界史的に珍しい。それが米国を超大国にさせるまでの強みになったと言えるが、それは規模の経済が機能した19世紀や20世紀の強みである。スロベニアは分離独立して経済発展した。依然として、スコットランド独立運動など分散化の独立運動が活発である。ダウンサイジングの現代は分散することの強みもあるだろう。

米国の独立が世界史的に見て稀有なことであることは経済構造にもある。植民地時代の米国はモノカルチャーであり、英国商人が価格決定権を握っていた。これは世界中の植民地と同じである。ほとんどの植民地は独立後もモノカルチャーは変わらず、経済的には先進国に従属し続けている。

これに対してワシントンは植民地時代から農場主として、モノカルチャー脱却を進めていた。現在でも多くの旧植民地がモノカルチャーで不安定な経済であることを踏まえれば、恐るべき慧眼である。ここにも米国が単に独立しただけでなく、超大国になる要因がある。

そして経済面で植民地人が英国に抵抗する手段には英国製品不買運動があった。英国製品不買運動は、最初の大規模な大衆による政治運動と評されている(357頁)。不買運動の強みは製品を購入しないという日常的な行動で参加できることである。政治運動と言えばデモや集会のイメージが強いが、むしろ不買運動こそ強力である。現代日本でも不買運動のアプローチを活用すべきだろう。

米国植民地の英国製品不買運動によって、英国の工場は閉鎖され、多数の労働者が失業した。失業者は不買運動をした植民地人を恨むのではなく、植民地人の求める印紙法を撤廃するよう英国政府に圧力をかける側で動いたと見られた(358頁)。この心理構造は興味深い。

日本では雪印食中毒事件など企業不祥事で経営が苦境に陥った場合でさえ、食中毒になる食品を食べるかもしれない消費者よりも、失業する労働者に同情が集まりがちである。日本は消費者よりも生産者の論理を優先する。この時代のイギリス労働者の方が会社人間ではなく、生活者感覚を持っている。
http://www.hayariki.net/poli/shiminha.html
最後に本書は植民地人の宗教観についても述べている。これは当時の人々の考え方を知る上で有益である。植民地時代のアメリカではクリスマスは宗教的な儀式であり、厳粛なものであったという(289頁)。最近の日本はクリスマスだけでなく、ハロウィンまで馬鹿騒ぎイベントとして導入されているが、由来を真剣に考えなければ冒涜になる。
[asin:B06XVXM8YH:detail]
[asin:B06XZ1N4B6:detail]
[asin:B06Y57XQ7W:detail]
投資マンション不買運動 (枕石堂) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B01N3BVU29

希望のまち東京in東部市民カフェ第142回「北朝鮮ミサイル発射」

希望のまち東京in東部市民カフェ第142回「北朝鮮ミサイル発射」
希望のまち東京in東部は2017年4月20日(木)、希望のまち東京in東部第142回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は北朝鮮のミサイル発射などをテーマとした。東急不動産だまし売り裁判も紹介した。
東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)では東急不動産(販売代理:東急リバブル)が、隣地が建て替えられることを隠して新築分譲マンションをだまし売りした。東急リバブル東急不動産は隣地建て替えによって日照や眺望、通風がなくなることを知っていながら、それを説明せずに販売した。それは人として問題であるとの感想が寄せられた。この希望のまち東京in東部事務所の直ぐ南側に問題のマンションがある。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe86.html

市民カフェで言及された十条駅西口再開発です。
東急不動産の十条駅西口再開発は街壊し
http://book.geocities.jp/hedomura/jujo.html

希望のまち東京in東部事務所蔵書の書評です。
アメリカ人の物語
http://www.honzuki.jp/book/245826/review/170373/
旧神郷エリシア (邪神王クトゥルー煌臨! ) (創元推理文庫)
http://www.honzuki.jp/book/246020/review/170380/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月19日水曜日

『旧神郷エリシア 邪神王クトゥルー煌臨!』

ブライアン・ラムレイ著、夏来健次訳『旧神郷エリシア 邪神王クトゥルー煌臨!』(創元推理文庫、2017年)はSFファンタジー小説である。クトゥルー邪神群との最終決戦である。タイタス・クロウ・サーガの完結編である。タイタス・クロウ・サーガと銘打っているが、本書の実質的な主人公はタイタス・クロウよりも、ド・マリニーがふさわしい。

本書は神話的なファンタジーの世界観であるが、科学技術が発達した世界でもある。優れた魔術師が有能な数学者でもある(317頁)。科学が進むと魔術と変わらないように見えることは面白い。19世紀的な科学万能主義からのオカルト排斥は時代遅れである。

量子力学の不確定性原理を知ったならば、物理法則で説明できないことは存在しないという教条的な科学万能論こそが非科学的になる。昭和の科学少年はラジオを分解して構造を確認したかもしれないが、現代のスマホなどはブラックボックスであることを問題なく受け入れられている。
http://hayariki.sa-kon.net/
哲学者のカントは他人を単に手段として扱ってはならないと指摘した。主神クダニドがド・マリニーに期待したことは、カント流の倫理観では許されないことであった。彼を手段として扱うことにであった。神話的な神は人間臭く、倫理的に完璧でないことが多いが、それにしても褒められたものではない。本書では事前にクロウに相談し、彼に許しを求めているところ(60頁)が救いである。主神に恥じない倫理性を発揮している。
[asin:B00NLFO07U:detail]
[asin:B00O59KIW2:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01N3BVU29/

お大事に

お大事になさって下さい。読書回は、しばらくは世界共和国のような政治体制の話になると思います。アソシエーションから具体的に今の生活を変える話に進めれば良かったのですが、それは後回しになりそうですので、体調が良くなってから出られると丁度良いと思います。

2017年4月18日火曜日

東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV

#東急リバブル不買運動 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」のレポートを中心に収録する。林田力は「金八アゴラ」にコメンテーターとして出演し、東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の立場から東急グループの問題を紹介している。

【書名】東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV/トウキュウフドウサンダマシウリサイバントニホンカイゾクテレビ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

東急不動産だまし売り裁判提訴12周年
日本海賊TVで東急電鉄ヒール女性蔑視広告
楽天の復活策は二子玉川ライズ本社脱却
日本海賊TVで二子玉川ライズ本社脱却
二子玉川ライズ本社企業社員が覚醒剤密輸で逮捕
日本海賊TVで二子玉川ライズ本社社員の覚醒剤事件
二子玉川ライズ本社企業に中国で不買運動か
日本海賊TVで二子玉川ライズ本社企業不買運動
東急田園都市線の車内で男性が暴れて死亡
東急建設らの外環道工事に住民避難計画なし
世紀東急工業らアスファルトのカルテル容疑で立ち入り検査
日本海賊TVで世紀東急工業カルテル
日本海賊TVで豊洲市場予定地を国際展示場にと提言
中央卸売市場
民泊は東京都議選争点
二元代表制
百条委員会
都政
開塾式
地方自治の実態
都市経営
自治体首長
21世紀
江戸東京
希望のまち東京in東部市民カフェ第132回「宮沢賢治」
希望のまち東京in東部市民カフェ第133回「共謀罪と働き方改革」
希望のまち東京in東部市民カフェ第134回「築地市場」
希望のまち東京in東部市民カフェ第135回「最低賃金と中小企業問題」
希望のまち東京in東部市民カフェ第137回「森友学園」
希望のまち東京in東部市民カフェ第138回「三島由紀夫と東大全共闘」
希望のまち東京in東部読書会第30回「労働力の商品化」
希望のまち東京in東部読書会第30回「労働力の商品化」評
希望のまち東京in東部読書会第31回「会社はだれのものか」
希望のまち東京in東部読書会第33回「道徳感情と美学」
希望のまち東京in東部読書会第34回「アソシエーショニズム」
希望のまち東京in東部研究会「トランプ流の製造業の復活はあるか?」
『国家とハイエナ』
『"悪夢の超特急"リニア中央新幹線』
『ヒール 先生はいつだって上田馬之助だ!』
『笑いと涙を届ける「結婚式の司会」という仕事』
『百億の昼と千億の夜』
『へうげもの 2』
『ONE PIECE 84』
『鋼の錬金術師』
『アルキメデスの大戦』
『おんな城主直虎』第7回「検地がやってきた」
東芝
統計値
教育問題

築地市場改修案と東急不動産の乱開発

東京都の市場問題プロジェクトチーム(小島敏郎座長)の築地市場改修案は東急不動産の乱開発と同じになる危険がある。2017年4月8日の市場業者との意見交換会で、豊洲市場予定地の施設を解体し、高層マンションなどの開発業者に売却する考え方を示したためである(「「築地改修費734億円」提示 東京都の市場PT座長が意見交換会 業界トップは欠席」産経新聞2017年4月8日)。解体費用は約150億円、売却額は3200億円から4370億円と試算する。

これに対して江東区の山崎孝明区長は猛反発する。「豊洲市場を解体して売るとはとんでもない考え方。寝耳に水の話。マンション業者に売ることがあるとすれば学校はどうする、公共施設はどうする、交通はどうする。さまざまな問題を江東区が抱える。そういった相談なしに提案すること自体、非常に憤慨している」(「東京・江東区長 都PTの"豊洲売却案"に憤慨」Tokyo MX News 2017年4月11日)

山崎区長の憤慨には一定の理がある。江東区はマンションの乱開発で苦しめられた経緯があるためである。江東区は学校の準備が間に合わないなどとして豊洲の分譲マンションの販売延期を求めたことがある。ところが、東急不動産は無視して「プライヴブルー東京」の建設や分譲を強行した。そのために江東区はプライヴブルー東京に入居しても児童らの学校への受入れが困難であると公表した(「江東区の協力要請に応じないマンション事業計画に係る公表について」2003年12月3日)。

この問題は同じ江東区で起きた東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)とも接点がある。東急不動産だまし売りマンションを販売した東急リバブル営業はプライヴブルー東京を担当していた。マンションをだまし売りする営業は他の物件の販売でも問題がある。東急不動産の消費者無視、住民無視を示す話である。

豊洲市場移転反対論が江東区民から支持されるためには、豊洲市場予定地の魅力的な活用案を提示する必要がある。このために2017年2月10日の日本海賊TV「金八アゴラ」では国際展示場とすることを提言した。豊洲を軽視した移転反対論は弱い。日頃は大型開発や高層化を批判する政治勢力が豊洲市場予定地をマンション業者に売却する案に諸手を挙げて賛成するならば欺瞞である。

このテーマは東京都豊島区の「みらい館大明」で希望の塾塾生有志が2017年4月15日に開催したイベントで発表した。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)、門前仲町と浅草の違い、ワンルームマンション規制、中央卸売市場移転問題を話した。このイベントでは私のテーマ曲「江戸の空」も演奏された。記して感謝する。
http://www.hayariki.net/koto/nuke.html
投資マンション不買運動 (枕石堂)(Kindle)
http://bookmeter.com/b/B01N3BVU29

2017年4月17日月曜日

エフジェーネクストは障害

#FJネクスト不買運動 #迷惑電話 #不動産投資
エフジェーネクストは消費者や住民の障害である。迷惑電話や悪質マンション建設を繰り返すFJネクストに親切にする必要はない。FJネクスト不買運動の炎は静かに、そして確実に人々の胸の中で煽り立てられる。

2017年4月16日日曜日

東京外郭勘定道路陳述

#外環道 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東京外環道と自動運転車』は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年2月15日に東京都千代田区の経済産業省で行った。
意見陳述は今回で四回目になる。情報通信革命による自動運転や行動の変化、物流の変化などの未来像から外環道が巨大なお荷物になることを論じた。

【書名】東京外環道と自動運転車/トウキョウガイカンドウトジドウウンテンシャ/Tokyo Outer Ring Road and Autonomous Car
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

はじめに
シールドマシン発進式
旧都市計画法違反
政治リスク
撤退
説明責任
1940年体制
道路需要
弥富相生山線の中止
交通政策の見直し
自動運転車
実現性
受容
日本企業の動き
海外の動き
部品メーカーなど
小括
ラストワンマイル
移動需要
テレワーク
遠隔診療
VR
ドローン
小括
完工リスク
水害
建設事故続発
博多駅前道路陥没
おわりに

2017年4月15日土曜日

希望のまち東京in東部第37回読書会「つぎのヘゲモニー国家」

希望のまち東京in東部第37回読書会「つぎのヘゲモニー国家」
柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」を取り上げます。
日時:2017年4月22日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部読書会第36回「世界資本主義」
希望のまち東京in東部は2017年4月15日(土)、読書会第36回「世界資本主義」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/work2.html

東京都豊島区の「みらい館大明」で希望の塾塾生有志が2017年4月15日に開催したイベントで発表したスライドです。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)、門前仲町と浅草の違い、ワンルームマンション規制、中央卸売市場移転問題を話しました。
https://www.youtube.com/watch?v=JrRgRmkwm5Y
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

FJネクストは障害

#FJネクスト不買運動 #迷惑電話 #不動産投資
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は消費者や住民の障害である。FJネクストの消費者感覚」の欠如は異常である。あまりに悪徳不動産業者の常識を固持し続けている。全ての面において消費者感覚と正反対である。

2017年4月14日金曜日

東京外郭勘定道路

#外環道 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東京外郭環状道路陳述』は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年2月24日に東京都千代田区の経済産業省で行った。
意見陳述は今回で5回目になる。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の経験などを踏まえて外環道の問題を指摘する。

【書名】東京外郭環状道路陳述/トウキョウガイカクカンジョウドウロチンジュツ/Statement against Tokyo Outer Ring Road
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。


自己紹介
外環道との関係
旧都市計画法違反
『アルキメデスの大戦』
都市計画法第79条違反
石原慎太郎リスク
完工リスク
陥没事故
東急建設問題
建設費
維持管理費
老朽化対策
道路公団民営化の不徹底
市場性
快適性
道の駅
生活
環境破壊
大気汚染
景観
グリーンインフラ
談合
東急建設の談合
世紀東急工業の談合
無責任体制
アスベスト
排水通気管の欠陥施工
生産性革命
結語

2017年4月13日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第141回「希望の江東区」

希望のまち東京in東部市民カフェ第141回「希望の江東区」
希望のまち東京in東部は2017年4月13日(木)、希望のまち東京in東部第141回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は4月15日の希望の塾有志のイベントで発表予定の「希望の江東区」を先行公開した。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe89.html
希望の江東区スライドです。
https://www.youtube.com/watch?v=z4cMReTxko8

希望のまち東京in東部市民カフェ第142回
▼とき:2017年4月20日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。
http://www.hayariki.net/tobu/

市民カフェで韓国の財閥と政府の癒着が取り上げられました。
以下に書きましたが、韓国の癒着は日本の政官財の癒着のような利権の再配分とは様相が異なる面があると思います。

韓国社会運動の「いま」を知ろう
http://www.hayariki.net/poli/korea.html

市民運動家的な視点とは異なりますが、日本企業は韓国企業に学ぶ点もあるとは思います。

書評『トヨタVS現代』韓国企業はトヨタを超えるか
http://hayariki.sa-kon.net/toyota.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月11日火曜日

江東区の素敵ポイント

富岡八幡宮例大祭(深川八幡祭り)
富岡 門前仲町駅
赤坂の日枝神社の山王祭や神田明神の神田祭とともに江戸三大祭の一つに数えられる。「神輿深川、山車神田、だだっ広いのが山王様」と言われ、神輿が自慢の祭りである。掛け声は「ワッショイ、ワッショイ」という伝統的なもので、担ぎ手は沿道から清めの水を浴びせられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がる。水掛けは活発に行われ、別名「水掛け祭」と呼ばれるほどである。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)
平野 清澄白河駅
日本1号店は2014年2月6日に江東区の清澄白河にオープンした。創業者のジェームス・フリーマン氏は、初出店の場所に清澄白河を選んだ理由について、「高い建物が少ない」ことをあげた。

東京ビッグサイト(東京国際展示場)
有明 国際展示場正門駅
日本最大のコンベンション施設。ビジネス展示会からコミケまでさまざまなイベントが開催される。2020年東京オリンピック・パラリンピックで専有されることで展示会ビジネスへの打撃が懸念される。

亀戸天神社
亀戸 亀戸駅
天満大神(菅原道眞公)と天菩日命(菅家の祖神)を奉祀し、学問の神として親しまれている。亀戸の地名は亀井戸に由来する。亀戸天神社には亀井戸跡がある。

アーバンドック ららぽーと豊洲
豊洲 豊洲駅
造船所の跡地に建設されたショッピングモールである。建物の外観は決してスタイリッシュではないが、むしろ無骨さが造船所だったイメージを伝えている。「ららぽーと豊洲」に来たら、シネコン「ユナイテッド・シネマ豊洲」で映画を観賞するもよし、浮世絵美術館で絵画を鑑賞するもよし、「ドゥ・スポーツプラザ」で汗を流すもよい。さまざまな店舗で買い物するだけでも1日中楽しめる。

中央卸売市場予定地
豊洲 市場前駅
中央卸売市場移転予定地。すっかりマイナスイメージが付いてしまった。2016年7月に豊洲公園にて開催予定の「豊洲オクトーバーフェスト2016」も開催中止になり、豊洲は不運が続いている。しかし、問題の本質は卸売市場のガバナンスの問題であり、豊洲問題というよりも中央卸売市場問題である。

洲崎神社
木場 木場駅
海難除けの神社。江戸時代は、この辺りが海岸線であった。厳島神社の御分霊祭神・市杵島比売命を斎祀する。生類憐れみの令で有名な江戸幕府五代将軍・徳川綱吉の生母・桂昌院が守り神としていた元弁天社を1700年(元禄13年)、江戸城中の紅葉山から遷したことが起源。

洲崎遊郭
東陽 木場駅
1888年(明治21年)6月に根津遊郭が移転し、吉原や大阪松島と共に日本三大遊廓の一つになった。戦後は洲崎パラダイスと呼ばれる歓楽街になった。小説『忍ぶ川』や映画『洲崎パラダイス・赤信号』の舞台になった。

深川神明宮
森下 森下駅
天照大御神を祀る。慶長年間に深川を開拓した深川八郎右衛門らが創建した。夏の風物詩に森下商店街振興組合の主催する森下朝顔市がある。境内には行灯造りの朝顔の鉢が所狭しと置かれる。

都立木場公園
木場 木場駅
約24万平方メートルの広大な公園。東京現代美術館、野外ステージ、テニスコート、ジャブジャブ池、ドッグランなどがある。「江東区民まつり中央祭り」や「ゴールデンフェスタin木場」、木場ストックなどのイベントの会場にもなる。「ゴールデンフェスタin木場」や木場ストックはゴールデンウィークに開催される。「ゴールデンフェスタin木場」では歌謡ショーなどのイベントや陶器市・東京地酒即売会(東京地酒と酒器うつわ祭り)が行われる。

がすてなーに ガスの科学館
豊洲 豊洲駅
ガスやエネルギーを学べる入館無料の体験型学習施設。東京ガスが運営する。大地が隆起したようなカマボコ型の建物が印象的である。

洲崎川緑道公園
東陽 木場駅
遊歩道状の公園。永代通りの南側に平行して東西に走っている。遊歩道の周囲は桜並木である。春には近所の住民を中心として花見が行われる。

横十間川親水公園
千石など 東陽町駅
横十間川を埋め立てて造られた公園。貸しボート場や水上アスレチック、野鳥の島、花菖蒲園などがある。

若洲ゴルフリンクス
若洲 新木場駅
東京屈指の本格的ゴルフコース。三方を海に囲まれた美しいロケーション。2020年東京オリンピックのゴルフ競技会場は埼玉県川越市笠幡の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」であるが、江東区若洲の「若洲ゴルフリンクス」への変更要望論が出ている。もともと2016年招致活動では若洲が会場予定地であった。この変更経緯が不透明であり、若洲が会場として相応しいと主張される。
http://www.hayariki.net/koto/plan.html
[asin:B06XVXM8YH:detail]
[asin:B06XZ1N4B6:detail]
[asin:B06Y57XQ7W:detail]
投資マンション不買運動 (枕石堂)
http://www.honzuki.jp/book/245948/

東急不動産だまし売り裁判と外環道

#外環道 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東急不動産だまし売り裁判と東京外環道』(枕石堂)は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年3月27日に東京都千代田区の国土交通省合同庁舎2号館で行った。意見陳述は今回で6回目になる。
外環道は工夫で何とかなるレベルではない。外環道は負の遺産となる。住民説明会の応酬をもっと表舞台で実施し、世論がどちらの味方に付くか見てみたら良い。政府は外環道を強行することより、自動運転車やドローンなどの成長分野にパラダイムシフトする様な政策を取らなければ日本社会は錆びて崩れ落ちてしまうだろう。

【書名】東急不動産だまし売り裁判と東京外環道/トウキュウフドウサンダマシウリサイバントトウキョウガイカンドウ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Tokyo Outer Ring Road
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。


東急不動産だまし売り裁判
ESG投資
外環道のESG欠如
説明責任
適正手続
石原慎太郎問題
財政
節約志向
産業構造の転換
電子商取引
小型モビリティー
自動運転車
日本の自動運転動向
海外の自動運転動向
ジュネーブモーターショー
ドローン
VR
働き方改革
遠隔診療
ラストワンマイル
快適性
環状道路の必要性
完工リスク
東急建設問題
避難計画の欠如
無責任体制
アスベスト
排水通気管の欠陥施工
談合体質
世紀東急工業の談合
結語

青年将校ワシントン

アメリカ独立に至る背景として、フレンチインディアン戦争が重要であることが理解できる。それにしても、アングロサクソンの底力には恐ろしさを感じる。序盤はフランスが優勢であった。イギリス側はどうしようもない状態であった。しかし、最後には逆転し、圧倒的な勝利にまで持っていく。日本が太平洋戦争で敗北したことも納得してしまうような底力である。
本書では、先住民のインディアンが虐げられるだけの存在でも、平和的な部族でもないことが描かれている。

2017年4月10日月曜日

東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か

東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か
東急電鉄らの駐車場上保育園は安全・安心な保育園と言えるだろうか。東京急行電鉄株式会社と株式会社フィル・カンパニーは川崎市中原区新丸子東のコインパーキング上部を利用した空中保育園施設「すこやか小杉保育園」を2017年8月頃に開設する。
コインパーキングは東急電鉄子会社の東急ライフィア株式会社が運営し、7台分ある。最寄りは武蔵小杉駅。その上に鉄骨造地上4階建ての保育園を建設する。敷地面積327.23平米、延床面積543.45平方米。1階が駐車場、2階から4階が保育所となる。定員数は60名。運営は社会福祉法人尚栄福祉会。
地上階に設置しない保育園は、子どもの安心・安全面から批判がある。高所平気症など発育上の問題も指摘される。映画『天空の城ラピュタ』では「土から離れては生きられない」との名台詞がある。これに加えて「すこやか小杉保育園」では地上階がコインパーキングという問題がある。
コインパーキングは月極駐車場と異なり、不特定多数が利用し、住環境を悪化させる。コインパーキングでは騒音や排気ガスも発生する。車の扉を閉めるだけで音が響く。深夜も含む24時間、頻繁な出入りがある。不特定多数が入ることは防犯面の不安もある。実際、世田谷区等々力ではコインパーキング建設反対運動が起きた(林田力『二子玉川ライズ反対運動5』「等々力2丁目コインパーキング建設計画に批判」)。
ニュースリリースは東急の狙いを「駐車場機能を残したまま上部を保育園とすることで、駐車場運営を続けたい土地所有者と保育園新設を望む地域の両方の要望に応える」(東京急行電鉄株式会社、株式会社フィル・カンパニー「コインパーキング上部を活用した空中保育園施設を武蔵小杉に新設」2017年4月6日)。あくまで駐車場運営ファーストでしかない東急電鉄の発想が透けて見える。
http://www.hayariki.net/poli/abeno.html
Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues (Japanese Edition) eBook Kindle
https://www.amazon.com.br/dp/B01MZ7EBYM/

2017年4月8日土曜日

杉戸天然温泉 雅楽の湯

杉戸天然温泉 雅楽の湯
希望のまち東京in東部第16回温泉部は2017年4月8日(土)、埼玉県北葛飾郡杉戸町の「杉戸天然温泉 雅楽の湯」に出かけた。箱根湯本温泉・天成園に行く予定であったが、急遽変更した。

この日の雅楽の湯は女性が順番待ちになるほど盛況であった。また、雅楽の湯は高濃度炭酸温泉をセールスポイントとしているが、この日は炭酸装置の不具合で炭酸はなかった。
http://www.hayariki.net/tobu/senju.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

杉戸天然温泉 雅楽の湯

希望のまち東京in東部第16回温泉部は2017年4月8日(土)、埼玉県北葛飾郡杉戸町の「杉戸天然温泉 雅楽の湯」に出かけた。箱根湯本温泉・天成園に行く予定であったが、急遽変更した。

この日の雅楽の湯は女性が順番待ちになるほど盛況であった。また、雅楽の湯は高濃度炭酸温泉をセールスポイントとしているが、この日は炭酸装置の不具合で炭酸はなかった。

雅楽の湯は地下1.5kmから湧出した天然温泉である。ナトリウム塩化物温泉のため、しょっぱい。乳白色の湯のシルク風呂もある。露天風呂は広大である。ここには湯温が熱い「源泉あつ湯」があり、身体を芯から温める。露天風呂に出るには少し寒い季節であるが、この「源泉あつ湯」によって急速に温まった。

露天風呂には寝ながら入れる寝湯や寝ころび湯がある。寝ころび湯は横になると体の下半分だけ浸かるくらいの浅さである。体の上半分は外気にあたるため、長く浸かっていられる。但し、寒く感じる人もいるかもしれない。寝湯は体全体を湯に浸かることができる。私は文庫本を持ち込み、本を読みながら湯に浸かった。

食事処はビュッフェレストラン「いろどり」と和食レストラン「みやび」がある。「いろどり」は満員であったために、「みやび」で食べた。デザートのカボチャプリンはカボチャの味が濃厚であった。「みやび」は杉戸町の食材を使うなど御当地もののメニューが多かった。「たまふわ杉農カレーうどん」は杉戸農業高校との共同開発である。江戸時代に杉戸宿で食されていた「ふわふわの玉子料理」を現代風にアレンジした。

これに対して土産物店は岩手の牛乳や鳥取の温泉饅頭など地域と無関係なものが多かった。御当地物は杉戸町の米くらいであった。中庭にはヤマコウバシなどの樹木が植えられている。

雅楽の湯は旧地名の杉戸町大字杉戸字雅楽に因む。雅楽と書いて「うた」と読ませることは、酒井雅楽頭などと同様である。雅楽の湯という名前からは歴史を感じさせるが、開湯は2012年4月11日と新しい。運営は三和興産株式会社である。

一方で雅楽の湯のある杉戸町は日光街道の杉戸宿唐の歴史を持つ。私は中山道の宿場町である浦和で育ったために親近感を持った。杉戸町は春日部市との合併構想を住民投票で拒否した経緯がある。独自性のある地域として存在感を示してほしい。

【費用】
入館料 1150円
スタミナ御前 950円
カボチャプリン 380
合計 2480円
http://www.hayariki.net/tobu/senju.html
Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com.au/dp/B01MZ7EBYM/

2017年4月7日金曜日

FJネクスト迷惑お知らせ

FJネクスト勧誘電話は迷惑なお知らせである。迷惑勧誘電話を許容している企業は大きなリスクを追っているだけでなく、個人情報管理に対して無策と言われても仕方がない状況にある。

投資用ワンルームマンションの迷惑勧誘電話は自己評価が異様に高過ぎる。市場が急速に縮小しているのに自らを客観視出来ていない。徹底的にバッシングされても仕方がない。反省がないから新たな被害者が生まれていく。抜き打ち検査をしなければならない。

「2009年頃、2千万円のワンルームマンション2部屋を購入した。月々の家賃収入各7万8千円に対して、ローンの返済額、管理会社への代行手数料、管理費、修繕積立金などを差し引くと1部屋あたり年2万円、合計4万円の赤字が出た」(村田くみ「大流行のマンション投資は本当に大丈夫か、赤字物件にならない方法」dot 2017年4月2日)

「ただでさえ空き家が多いところに新築物件の供給を続ければ、家賃水準の下落→不動産価格の下落→固定資産税収入の下落という連鎖が、早晩不可避になる」(藻谷浩介「お台場の超高層マンションが「負け組」になる日」中央公論2017年4月号83頁)

「ワンルームマンション自体が、需要を見極めながら建設されることよりも、節税対策などを理由に建設されることから、次々と供給される節税用ワンルームマンションにより、競合が激しくなって、結果として空室率が高まっているのだ」(牧野知弘「こんな時代の住まいの選び方」中央公論2017年4月号93頁)

「住宅資金の新規貸出額の急増という動向は、もし実需に見合わない住宅の供給過剰が加速化した場合、日本でもリーマンショックと同じ事態が起こるのではないかと心配になるほどである」(野澤千絵「産官民がつくり出した「住宅過剰社会」の歪み」中央公論2017年4月号101頁)

FJネクストを批判する書き込みはインターネット上にあふれている。これは驚くことである。日本人はクレームを表に出さないと指摘されるためである。クレームは実際の不満の2〜3%に過ぎない(CA Technologies「サイレント・クレームを可視化するアジャイルな運用とは」IT Pro Active 2017年1月31日)。故にFJネクストの悪評はインターネットに現れているものの50倍くらい存在すると見ていい。
http://www.hayariki.net/fes.html
[asin:B00N03IWRC:detail]
[asin:B00N414DUK:detail]
Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues (Japanese Edition) Edicion Kindle
https://www.amazon.com.mx/dp/B01MZ7EBYM/
投資マンション不買運動
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N3BVU29/

江東区豊洲でVIVELATINO JAPAN

江東区豊洲でVIVELATINO JAPAN
VIVELATINO JAPAN IN TOYOSU
TIMBA SON & ESTRELLAS MAGOS ライブ ダンスイベント
SALSA第2の聖地となりつつある豊洲シビックセンターで2つのラテンバンド出演する生ライブイベントを開催します。
SALSA・BACHATA・CUBAN・REGGAETONの最新videoも堪能できます。
ライブの前にYASUJI先生によるキューバンサルサレッスンがあります。
キューバンサルサのステップを覚えてライブで踊って楽しみましょう!
まだ豊洲レクホールにいらしたことがない方もこれを機会に是非お越しください 
広くて夜景が最高にキレイなホールです 皆さんお待ちしています!
☆ 飲食持ち込み自由ですが、持ち込んだゴミは各自お持ち帰りください
☆ 貴重品の管理は各自お願いしますロッカーはホール待合広場に完備
☆ マナーを守って楽しくパーティしましょう
2017年5月14日(日)18:15〜21:15
主催 : LATINOCHANELL
*会場:豊洲文化センター(シビックセンター)
〒135-0061 東京都江東区豊洲 2-2-18 豊洲シビックセンターレクホール 7F
最寄り駅:東京メトロ有楽町線「豊洲」駅 7番出口より徒歩1分、新交通ゆりかもめ「豊洲」駅
18:15〜OPEN
18:20〜18:50 キューバンサルサレッスン by YASUJI 先生
別途 500円 当日 受付にていただきます。
キューバンサルサ未経験の方も安心してご参加ください
18:50〜19:10 DJ TIME ( All salsa, Bachata など )
19:10〜19:20 ダンスショー by M-Style Dance Company  
19:20〜20:00 ライブ ESTRELLAS MAGOS LIVE (Bachata,Merengue,Salsa)
20:00〜21:15 ライブ TIMBA SON (Timba,Cuban,Colombian Salsa,Latin Jazz)
21:15 終了 
ワイン 飲み放題 ( 限定24本 )
* チケット購入◆インターネット PEATIX
http://vivelatino.peatix.com/
*設備:更衣室・ロッカーあり

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月6日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第140回「小池都政の評価」

希望のまち東京in東部市民カフェ第140回「小池都政の評価」
希望のまち東京in東部は2017年4月6日(木)、希望のまち東京in東部第140回市民カフェ「小池都政の評価」を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。小池都政への支持は高い。一般会計予算案が全会一致で議決された。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe89.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第141回
▼とき:2017年4月13日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。
http://www.hayariki.net/tobu/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

FJネクスト不買運動

#不動産投資 #マンション #FJネクスト不買運動
マンション投資は先の見えない真っ暗トンネルである。先はどん詰まりのトンネルである。マンション投資は失敗に向けて爆進中である。中身も知らずに話は独り歩きして期待だけ膨らましながら、肝心のものは空っぽである。

2017年4月5日水曜日

佼成病院裁判ニコニコ動画

佼成病院裁判ニコニコ動画
希望のまち東京in東部TV 第122回 「立正佼成会病院で院内感染の証言」がニコニコ動画にも掲載されました。
佼成病院裁判は、高齢化社会そして人生の最後をいかに旅立つかの老若を問わずの問題です。医療のあり方と患者の自己決定権、家族とは、親子とは、そして看取りとは、人間的であるためにはどうあるべきかを問う裁判です。患者本人の知らないところで、家族であっても他者によって死に方が決められるのは、恐ろしいことです。病院内の衛生状態が心配です。

希望のまち東京in東部TV 第122回 「立正佼成会病院で院内感染の証言」
立正佼成会附属佼成病院で多剤耐性緑膿菌(multidrug resistance Pseudomonas aeruginosa; MDRP)の院内感染が起きたと証言された。問題の証言は立正佼成会附属佼成病院裁判(平成26年(ワ)第25447号 損害賠償請求事件)第10回口頭弁論(2016年6月1日(水)、東京地方裁判所610号法廷)でなされた。カルテ「病歴要約」の「入院病歴」欄は入院患者の死因について、「Aspiration pneumonia→Sepsis→MOFという経過を取り」と書かれている。これは誤嚥性肺炎、敗血症、多臓器不全multiple organ failureを意味する。ところが、そのカルテを書いた医師が証人尋問では誤診であり、多剤耐性緑膿菌の院内感染であると証言した。立正佼成会代理人の尋問によって佼成病院医師が答えたものである。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30965133

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月4日火曜日

日本弁護士連合会が空き家対策シンポジウム

日本弁護士連合会が空き家対策シンポジウム
空き家対策シンポジウム〜全国実態調査を踏まえて〜
全国的に空き家が増加し社会問題となって以来、自治体においては、それぞれの地域の実態を踏まえた条例を続々と制定し、空き家等の適正な管理に積極的に取り組んで来ました。
その後、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が2015年5月に施行されましたが、法律施行後においても、地域の実情に応じた条例制定は続いています。また、空き家対策としては、空き家の適正な管理のみならず、空き家の再生、利活用への取組とともに、空き家を発生させる原因への対処も重要となっています。
日弁連では、自治体の空き家対策の実態を明らかにすべく、全国実態調査を実施したところですが、この結果を踏まえ、空き家対策の実効性を高めるためには、どのような取組が必要であるのかについて考えます。
日時 2017年5月22日(月) 13時00分〜17時00分
場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」ABC
参加費 無料
内容・講師
【基調講演】 空き家対策を解決する上での法的諸課題(30分)
 講 師: 北村 喜宣氏 (上智大学法科大学院教授)
【基調報告】 全国実態調査の分析(30分)
 報告者: 伊藤 義文弁護士(法律サービス展開本部自治体等連携センター委員、千葉県弁護士会)
【報告】 空き家再生の取組事例(30分)
 報告者: 渡邉 義孝氏 (NPO法人尾道空き家再生プロジェクト理事、一級建築士)
【パネルディスカッション】 空き家の解消のために、いま必要な取組は何か(120分)
 パネリスト: 北村 喜宣氏 
田處 博之氏 (札幌学院大学法学部教授)
小島 延夫弁護士 (公害対策・環境保全委員会副委員長、東京弁護士会)
伊藤 義文弁護士
コーディネーター: 幸田 雅治弁護士 (法律サービス展開本部自治体等連携センター条例部会長、第二東京弁護士会)
申込方法は以下にあります。
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2017/170522.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月3日月曜日

佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論

立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審が始まりました。佼成病院裁判は、患者本人の承諾がなく患者の長男の要請だけで患者を死に追いやったとして、患者の長女が裁判を起こしました。佼成病院裁判は、高齢者の命の尊厳を訴えています。「医師の説明義務」「患者の自己決定権」等を訴えています。人として一番大事な最期の場面をどう迎えるかは自分で決めたいです。

立正佼成会が運営する佼成病院では、高齢者の命を絶つ決定も手続きも簡単で裁判になりました。原告は母の死後カルテを見ることができたから分かったものの佼成病院のやりかたでは、長男だけに患者の生死が握られてしまい危険過ぎます。佼成病院の手法では、まだ生きられる患者まで死んで行く危険があります。患者に死んで欲しい家族にとっては、都合の良い殺人が出来てしまいます。

長女の原告は、母の死後カルテを見て初めて母の治療が中止されたことを知りました。母は、呼吸が苦しそうでしたが、生きようと頑張って息をしていました。原告は、母が肺炎であることも、治療が中止されていることも、長男が酸素投与を拒否したから担当医師は、母に、酸素マスクもしてあげず、自力呼吸をさせて、死ぬがままにしたことを知りませんでした。長男が酸素マスクを拒否したから担当医師は、母に自力呼吸をさせていたことを知りました。酸素マスクは他者の要望で外すのでしょうか。

酸欠状態でもがき苦しむ患者の姿を目にしながら「苦しそうに見えますが今お花畑です」と言って何の措置もしない医療者がいます。高齢者に対して憐みの情も尊厳のかけらもない残酷な死なせ方には、恐怖を感じます。怒りを覚えました。医療従事者として許されるものではない。患者の苦しみをあらゆる手段を尽くして取り除く努力をするのが医師の使命では。何もせず、死ぬがままにした行為は、医療の本旨から逸脱していると思いますが、どうでしょうか。

欧米は個人主義ですので、戦前より「患者の自己決定権」が優先されていましたが、日本では昭和40年に唄孝一教授の論文が発表されました。日本の医療現場では、医師は患者を抜きにして家族と治療方針を相談していましたが、本来の医療は、患者が主体であり最終決定は患者が決めるべきです。法的には、家族に代行する権限はなくあくまでも自己決定権が優先されます。

日時:2017年5月31日(水)10時開始
場所:東京高裁424法廷(地下鉄・霞が関駅A1出口1分)
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月2日日曜日

日本海賊TVで佼成病院の院内感染

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年3月31日、「立正佼成会附属佼成病院で院内感染の証言」を取り上げた。コメンテーターは岩井努(千葉海賊党党首)、山内和彦(元川崎市議会議員)、石川公彌子(政治学者)、田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(希望のまち東京in東部共同代表)、日本憲吉(アーティスト)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。収録は3月29日。他に以下の話題を取り上げた。

・森友学園問題で昭恵夫人、証人喚問?土地購入前に賃貸契約?、こども園認定取り消し
・高浜原発再稼働認める判決
・核兵器禁止条約に日本不参加
・ドイツ海賊党、州議会レベルで壊滅寸前
・千葉県知事選挙、森田健作氏が3選
・3月29日に英国、EU離脱を正式通告、EUの今後はどうなる?
・格安旅行会社「てるみくらぶ」破綻
・東京五輪提供食材基準決定とGAP認証取得支援、農業体験と食への意識の高まり
・ジャガイモ食中毒、9割が学校菜園
・ツタヤ図書館、相模原障害施設と指定管理者制度の関係

立正佼成会附属佼成病院で多剤耐性緑膿菌の院内感染が起きたと証言された。番組では深刻な問題との感想が出た。石川さんは過労自殺した小児科医も病院が利益優先で小児病棟に高齢者を受け入れ、院内感染を懸念していたと指摘した。利益優先で人件費を削減し、そのしわ寄せは患者にくる。

このような病院にかかりたいとは思わない。下北沢辺りの救急患者は佼成病院に搬送される可能性がある。佼成病院裁判原告の母も救急搬送された。廃止された都立梅ヶ丘病院の復活が必要ではないか。これは東京都議会議員選挙の争点になる。

佼成病院裁判は、患者の長男が経鼻経管栄養の滴下速度を無断で速めたことから始まっている。長男は、あまりにも遅すぎると患者の滴下速度を速めた。滴下速度は、医師が患者の病状によって調整するものである。無資格者の患者の長男が、速いか遅いか判断する資格はない。

患者の長男が経鼻経管栄養を速めた後母親は、嘔吐して具合が悪くなった。母親は、誤嚥性肺炎になった。その後、長男は、母親の治療を拒否した。呼吸が苦しい母親の酸素投与も拒否した。担当医師は患者に酸素マスクをしないでことさら苦しめて命を縮めた。

原告は母の死後カルテを見て初めて治療が中止されて命を絶たれたことを知った。しかも母は、安らかに死んだのではない。担当医師は、呼吸が苦しい母に、自力呼吸をさせてことさら苦しめて死に至らしめた。佼成病院の担当医師と患者の長男との話し合いでなされた残酷な死なせ方が問題である。

患者の安全を確保する病院として管理が杜撰であった。担当医師が、肺炎を見間違えたり、院内感染や点滴管理がずさんだったり、高齢者の治療中止の手続きは簡単など、問題が多発している。佼成病院のやり方では、長男一人に患者の生死が握られてしまい危険である。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/kosei10.html
Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues (Japanese Edition) Version Kindle
https://www.amazon.es/dp/B01MZ7EBYM/

江東区豊洲でSALSA AMIGOS

SALSA AMIGOS IN 豊洲
2017年4月9日(日)18:15 〜 21:30
* ENTRANCE 1500円 レッスン&ワイン飲み放題付き! 
  (赤ワイン12本 白ワイン12本 限定)
* ENTRANCE 1000円 (19:00からPARTYのみ)
豊洲シビックセンター7Fレクホール 
東京メトロ有楽町線 豊洲駅から1分
主催者   LatinoChanelI
メインDJ   DJ ルイス
18:20〜19:00 レッスン ON1 & キューバンをあわせたレッスンでとても魅力のある内容でHIDE&PEKO)の HIDE先生がご指導します。   
ワイン飲み放題 (赤ワイン12本 白ワイン12本限定) 
SALSA 第2の聖地となりつつある 豊洲シビックセンターで LATINOCHANELLの陽気なDJ ルイスが イベントやります
7階のレクホールからパートナーの肩越しに美しい夜景を眺めて 最高の選曲とサウンドで 3時間 踊りましょう
レッスンは若手No.1 イケメン ダンサーHIDE先生です
SALSA・BACHATA・CUBAN・REGGAETON  最新videoも堪能できます 
SALSA始めたばかりの方も安心です  陽気で親切がモットーのDJ ルイスに声をかけてください
まだ豊洲レクホールにいらしたことがない方もこれを機会に是非お越しください 
広くて夜景が最高にキレイなホールです   皆さんお待ちしています!
☆ 飲食持ち込み自由ですが、持ち込んだゴミは各自お持ち帰りください
☆ 貴重品の管理は各自お願いします
☆ マナーを守って楽しくパーティしましょう
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

江東区亀戸で韓国若者の意識と今後の展望

江東区亀戸で韓国若者の意識と今後の展望
<イ・ヨンチェ講演会>
「大統領弾劾の原動力200万人キャンドルデモ」
〜韓国若者の意識と今後の展望〜
パククネ大統領への弾劾議案を可決させた200万人のキャンドルデモの主人公は若者たち。昨年4月の総選挙で野党を勝利させた韓国の若者たちの戦略的選択とは何だったのか。韓流映画・ドラマなど映像を通して現代を語るイ・ヨンチェさんに現在の韓国情勢、若者の意識、キャンドルデモを分析し、映像を交えて今後の展望を語っていただきます。質疑応答後、日本の変革に関する自由討論を予定しています。
講師:イ・ヨンチェ(恵泉女学園大学教員)
日時:4月8日(土)午後2時開会
場所:亀戸文化センター6階第3研修室
   JR総武線「亀戸駅」北口 徒歩2分
主催:金東日さんと交流する会、法政大学�部九条の会

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月1日土曜日

映画『Dave』

『Dave』は1993年に公開された米国の政治コメディ映画である。アイヴァン・ライトマンが監督、ケヴィン・クラインが主演した。大統領とそっくりな容姿を持つ男が影武者を演じる物語である。チャップリンの『独裁者』を想起するが、ハートフルタッチの作品である。

公開当時の米国の大統領はビル・クリントンであった。映画の大統領もビルである。映画にはモニカ・ルインスキー事件や金権スキャンダルに重なる描写があり、21世紀のテン年代から振り返ると一層クリントンのイメージを強くする。ファーストレディーを演じるシガニー・ウィーバーは『エイリアン』のリプリー役で有名である。『Dave』では知的なファーストレディーを演じている。

庶民感覚を持った人物が大統領と入れ替わり、政治に良い影響を与えていく。福祉のための予算捻出では二つの案が提言される。第一に進捗のない工事代金の支払いの停止である。これは日本の無駄な公共事業の中止と重なる。

第二に国産車販売促進のための補助金である。これは一見すると消費者向けの施策に見えるが、実は自動車メーカーの支援策である。主人公は「自動車を買える国民よりも、ホームレスの子どもを助けることに予算を使いたい」と主張する。

これは日本でも重要である。たとえば日本の住宅政策は住宅ローン減税など持ち家優遇か公営住宅に偏っているが、本当に困っている住民は民間の賃貸住宅の賃借人である。住宅ローン減税は住宅購入者支援に見せかけて、マンション分譲業者や金融機関を儲けさせる施策ではないか。

日本は再配分後の方が格差は拡大しているとの指摘さえある。貧しい人から税金を取り、既得権保持者に配分する不公正が起きている。誰のために税金を使うかという優先順位を考える必要がある。

映画では主人公がワシントンの政界の人間も魅了していく。この点はトランプ現象やサンダース現象が象徴するように、エスタブリッシュメントと国民の断絶が明確なテン年代から見ると牧歌的に見える。現代ならば主人公の敵はもっと多くなるだろう。

主人公が打ち出した政策には驚かされる。映画内では議員や評論家の賛否両論を紹介するが、主人公に打ち出させる点で映画制作側は好ましい政策という価値判断を有している筈である。しかし、現代の政治常識に当てはめるならば批判一色になりそうなものである。

国家が何らかの財の供給に責任を持つことは市場原理の否定であり、その種の発想にはソ連のような体制に対するものと同じような嫌悪感を覚える。この点は米国では日本以上に厳しいというイメージがあるため、この映画で良い政策と好意的に描かれていることに驚かされた。
http://www.hayariki.net/poli/sanyo2.html
私は映画公開後の20世紀末に高等教育を受け、新自由主義的な社会科学に触れている。そのために主人公の政策は政治常識的にあり得ないと感じてしまうが、20年前はそれ程あり得ない考えではなかったかもしれない。実際、米国では映画公開の翌年の1994年に共和党が議会を制し、ギングリッチが時の人になる。それに対応してクリントン政権も財政赤字削減などを重視していく。その意味では『Dave』はリベラルが完全に退潮する前の最後の時代の作品と言えるかもしれない。
[asin:B06XQTKM1D:detail]
[asin:B06XVXM8YH:detail]
Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.in/dp/B01MZ7EBYM/

東急不動産だまし売り裁判と東京外環道

林田力『東急不動産だまし売り裁判と東京外環道』(枕石堂)は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年3月27日に東京都千代田区の国土交通省合同庁舎2号館で行った。意見陳述は今回で6回目になる。
外環道は工夫で何とかなるレベルではない。外環道は負の遺産となる。住民説明会の応酬をもっと表舞台で実施し、世論がどちらの味方に付くか見てみたら良い。政府は外環道を強行することより、自動運転車やドローンなどの成長分野にパラダイムシフトする様な政策を取らなければ日本社会は錆びて崩れ落ちてしまうだろう。

【書名】東急不動産だまし売り裁判と東京外環道/トウキュウフドウサンダマシウリサイバントトウキョウガイカンドウ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Tokyo Outer Ring Road
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。


東急不動産だまし売り裁判
ESG投資
外環道のESG欠如
説明責任
適正手続
石原慎太郎問題
財政
節約志向
産業構造の転換
電子商取引
小型モビリティー
自動運転車
日本の自動運転動向
海外の自動運転動向
ジュネーブモーターショー
ドローン
VR
働き方改革
遠隔診療
ラストワンマイル
快適性
環状道路の必要性
完工リスク
東急建設問題
避難計画の欠如
無責任体制
アスベスト
排水通気管の欠陥施工
談合体質
世紀東急工業の談合
結語
http://hayariki.zero-yen.com/tokyu57.html
[asin:B00MS9NKXK:detail]
[asin:B00MWKT36S:detail]
Tokyo Metropolitan Assembly Election Issues (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01MZ7EBYM/

希望のまち東京in東部第36回読書会「世界資本主義」

希望のまち東京in東部第36回読書会「世界資本主義」
柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」を取り上げます。
日時:2017年4月15日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部読書会第35回「柄谷行人の福祉国家」のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/work2.html
希望のまち東京in東部市民カフェで言及された書籍の書評です。
尚武のこころ—三島由紀夫対談集
http://www.honzuki.jp/book/246128/review/170578/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/