2017年3月12日日曜日

3月13日10:30東京高裁控訴審第一回傍聴お願い

3月になり春がやってきます。

いつも佼成病院裁判のご支援有難うございます。

母の治療を中止した佼成病院の経営主体である立正佼成会と、治療を拒否した私の兄夫婦を一緒に訴えた裁判です。

佼成病院裁判控訴審 第一回
2017年3月13日(月)10:30 東京高裁424 法廷(4階)霞ヶ関A1出口1分

本裁判は、植物状態で息が出来ない患者に人工呼吸器をつけるか否かではありません。
患者の長男は、その前の段階の治療の数々を拒否しました。肺炎で息が苦しい母親の酸素マスクも拒否しました。
担当医師は、息が苦しい患者に自力呼吸をさせて、ことさら苦しめて死に至らしめました。
病院は、患者の幸せのためを考えて24時間最善の医療を提供するのではないのでしょうか。

佼成病院では、患者の経鼻経管栄養を無資格者の長男が勝手に速める、という杜撰な管理状態が暴露されましたが、佼成病院では、高齢者の治療中止の決定や手続きも簡単でした。
人として一番大事な生死を画する命の処分を佼成病院では、長男の要望だけで簡単に実行されました。
母は、何も知らされないまま入院から83日で命を絶たれました。毎日のようにお見舞いに通っていた長女の私は、母の死後カルテを見て初めて治療中止を知り驚きました。

これでは、秘密裏に殺人ができてしまいます。また病院は「姥捨て」に悪用されてしまいます。

あまりにも高齢者の命が軽すぎます。
「自分の最期は自分で決める」患者の「自己決定権」、高齢者の命の尊厳を守る裁判の傍聴をお願い申し上げます。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿