2017年1月31日火曜日

Re: 「働き方改革」

林田です。
> 日本型雇用形態(=メンバーシップ型)が、変わってきたのは世界経済の変化によります。
この情況の変化を捉えた上で表面的でない、本当の「働き方改革」ができるのなら期待します。

その通りと思います。
その上で温度差があるとすれば、既存の働き方を変えなければという思いが強いのだと思います。
私が社会人になったのは今世紀になってからで、前世紀のことは直接見聞きしていません。
子どもの耳に入ったものは「24時間戦えますか」や「過労死」であり、そこが問題という意識が強いです。
因みに植木等「サラリーマンは気楽な稼業と来たもんだ」は生まれる前の話であり、当然知りません。

だから、勉強会の場では付き合い残業の面などでも昔に比べて今の方が厳しいと指摘されましたが、正直なところ、ピンと来ません。

その時代に比べれば、パワハラ、セクハラ、ブラック企業という言葉が生まれただけでも良い時代になったと思っており、この変化を肯定するスタンスがもともとあります。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿