2017年1月6日金曜日

『FJネクスト不買運動と外環道』

林田力『FJネクスト不買運動と外環道』(枕石堂)はFJネクスト問題と外環道の問題を取り上げる。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)はマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。FJネクストは迷惑勧誘電話や悪質マンション建設によって悪評判を自分で補強している。

FJネクストにはグランド・ガーラ門前仲町やガーラ・プレシャス木場、ガラ・ステーション木場、ガーラ・シティ東陽町、ガーラ・グランディ木場などの物件がある。赤羽橋のガーラ東麻布新築工事や江東区東陽のガーラ木場新築工事は隣接地ギリギリに建設する非常識な高層マンションである。FJネクストは、消費者や住民と本質的に対立する存在である。迷惑勧誘電話や住環境破壊のFJネクストは市民の敵である。故にFJネクスト不買運動である。

マンション投資は断崖への疾走である。マンション投資の破綻は時間の問題である。マンション投資の迷惑勧誘電話は家賃保証であたかも利回りが預金のように保証されているかのように錯覚させる。脈絡のない迷惑勧誘電話も増えている。単発型の迷惑勧誘電話は愉快犯の可能性がある。消費者を困惑させることを目的とする。

投資用ワンルームマンションは本来の賃貸ニーズの無い場所に無理やり建設し、住環境を破壊する。投資用ワンルームマンションは都市の過密化を招き、住環境の悪化や住宅地全体の価値の下落にもつながりかねない。周辺住民との協議なしに、近隣の住宅イメージにそぐわない住宅を建ててしまい、住民との摩擦を生むケースも少なくない。

投資用マンションは値引きしないし、営業マンが横柄。デザインが悪すぎ。誰が買うのか。投資用ワンルームマンションは洗練されていない。とにかくペタペタと貼り付けているような印象が拭えない。卑小に過ぎる建物である。敬意の対象にはなりえない。侮蔑や嘲笑、そして嫌悪といった感情しか抱きえない。FJネクスト問題を語り続けることが大切である。
http://hayarikit.dousetsu.com/ring2.html
FJネクスト不買運動は浪費よりも素朴な生活を好む。FJネクスト不買運動は多くの人々の心に生き続け、語り継がれる。FJネクスト不買運動は静かに広がっていく。FJネクスト不買運動は悪徳不動産業者を堕落の淵から救いだす。FJネクスト不買運動は真実らしく装ったりしない。ありのままを描く。
[asin:B00DXMMA6Y:detail]
[asin:B00DY7796O:detail]
ガーラ・グランディ木場迷惑(Kindle)
http://bookmeter.com/b/B01N3QVQCD
Nuisance Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01N3QVQCD/

0 件のコメント:

コメントを投稿