2017年1月6日金曜日

ワンルームマンション対策は都議選争点

ワンルームマンション対策は東京都議会議員選挙の争点の一つです。ワンルームマンションは騒音やゴミ出しルール無視、共用部分の喫煙など周辺住民とのトラブルが急増しています。何よりも大切なことは都民一人ひとりが悪質マンション建設に患わされずに安心して生活を送ることです。ワンルームマンションは後代の恥になります。

投資用ワンルームマンションが迷惑勧誘電話で販売されていることも問題です。迷惑勧誘電話をかけることに真っ当な理由があるとは誰も信じないでしょう。迷惑勧誘電話営業は知的な会話ができません。迷惑勧誘電話営業の「ちょっと待ってくれ」は「永遠に待ってくれ」になります。告発者は工作員の姑息な嫌がらせには怯みません。クレーマーと言われようと、ふざけた態度の迷惑勧誘電話営業に対しては相応の態度で返します。

ワンルームマンションが違法民泊に使われる問題もあります。新宿区は2016年11月18日の定例会見で民泊規制条例案を提案する方針を明らかにしました。民泊営業を行っていることを周知する標識の設置や管理者の配置を義務付けます。吉住健一区長は「人口密度が高い都市部ではテロや犯罪に利用されるリスクなどを考える必要がある」と説明します(「民泊条例案来年めどに」都政新報2016年11月22日)。
http://www.hayariki.net/home/nst2.html
街づくりでは木造文化や路地の魅力を活かします。歩道空間を拡張します。一過性ではない賑わいを創出します。
[asin:B00DFJ2D6W:detail]
[asin:B00DLC2PDE:detail]
Stop Gala Grandy Kiba (Japanese Edition) eBook Kindle
https://www.amazon.com.br/dp/B01M3WRCPF/
ガーラ・グランディ木場迷惑
http://www.honzuki.jp/book/242364/
買ってはいけないガーラ・グランディ木場

0 件のコメント:

コメントを投稿