2017年6月25日日曜日

マンション投資の迷惑電話

#マンション投資 #不動産投資 #迷惑電話
エブジェーネクストなどのマンション投資の迷惑勧誘電話営業は使い捨ての箱の中にいるような人間である。迷惑電話営業は胡散臭いから何を言っても胡散臭くなる。

2017年6月24日土曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第152回「ハイエク」

希望のまち東京in東部市民カフェ第152回「ハイエク」
フリードリヒ・ハイエクの思想を議論します。希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「新自由主義」では新自由主義に歯止めをかけることが提起されました。これに対してハイエクのような新自由主義思想は個人を抑圧する全体主義への批判として生まれたものとの評価もなされました。ハイエクは『隷属への道』でファシズムやソ連型社会主義を根源的に批判しています。
新自由主義思想は個人を抑圧するものか、解放するものか。批判者が新自由主義と批判しているものがハイエクなどの新自由主義思想と同じものか異なるものか。新自由主義という言葉は何に対して用いるべきかを議論します。
▼とき:2017年6月29日(木)午後6時30分~8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部市民カフェ第15x回「ブラック企業ノルマ」の日程が都合により、一週間遅れました。
▼とき:2017年7月22日(土)午後2時~4時

希望のまち東京in東部市民カフェ第151回「都議選争点・開発・国際金融都市」のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/koe2.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年6月22日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「新自由主義」

希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「新自由主義」
希望のまち東京in東部市民カフェ第150回が2016年6月22日(木)、東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催された。今回は新自由主義などを議論した。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe78.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第151回「都議選争点・開発・国際金融都市」
土曜日に市民カフェを開催します。市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」で議論になった、小池都政・都民ファーストの会の開発政策・国際金融都市政策を中心に議論します。
小池都政の開発政策や国際金融都市を目指す政策は、古い昭和の開発優先・経済成長優先政策と同じものでしょうか、それとも異なるものでしょうか。これは東京都民が住み続けられる街にする上でプラスになるでしょうか、マイナスになるでしょうか。産業界は自動運転やドローン、フィンテックなど大きな変革期にあります。政治は、この動きに対応できるでしょうか。
今回はビットコイン購入経験者も話題提供者に招き、ビットコインとは何か、それが金融や経済に及ぼす影響、乗り遅れるとどうなるかなどについて生の話を聞きます。
▼話題提供:水原剛守(投資家)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)
▼日時:2017年6月24日(土)午後2時~4時
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年6月21日水曜日

豊洲市場移転問題

小池百合子東京都知事が豊洲市場移転問題に結論を出した。豊洲移転としつつ、築地に戻る含みを持たせたことは開発政策の転換の可能性を含むものと評価する。これまでの開発は元からの住民を追い出すものであった。ダム建設が典型である。東急電鉄や東急不動産中心の再開発・二子玉川ライズも同じである。

2017年6月20日火曜日

日本海賊TVで立正佼成会関係都議の話題

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年6月15日、「山さんの選挙ウォッチ」を放送した。ホストは山内和彦(元川崎市議)。ゲストは田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)。

番組では東京都議会議員選挙情勢やフランス総選挙を取り上げた。都議選情勢では偽装ファーストの話題で盛り上がった。都民ファーストの会所属ではないのに都民ファースト所属のような表現をする予定候補のことである。東急不動産だまし売り裁判原告としては、消費者を欺くものであり、問題である。有権者ファーストで考えなければならない。

たとえば大津ひろ子(大津浩子)東京都議会議員(渋谷区)のポスターは最下部に「都民ファーストのTOKYO」と書き、都民ファーストの会所属と紛らわしい。大津都議は推薦議員であって、都民ファーストの会所属ではない。さらに民進党の山口拓前東京都議会議員(世田谷区)は「都民第一。」のたすきをかけている。

番組では大津都議と立正佼成会の関係も指摘された。この問題は立正佼成会附属佼成病院家族として関心のあるところである。この問題は以前から日本海賊TVが指摘していた。立正佼成会は民進党の蓮舫代表を看板候補にするなど政治に影響を及ぼしている。有権者の判断材料として明らかにする意義のある問題である。

週刊ポストでも大津ひろ子都議と立正佼成会の関係を報じた(「小池新党の異色女性候補 過去の言動に公明党が神経尖らす」NEWSポストセブン2017年6月16日)。記事では立正佼成会が大津都議を支援したことがあるとする。大津都議は否定するが、記事は大津都議の回答から大津都議が立正佼成会の内情に詳しいと判断している。
http://www.hayariki.net/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者

『私はサラリーマンになるより、死刑囚になりたかった』

松本博逝『私はサラリーマンになるより、死刑囚になりたかった』(ロックウィット出版、2017年)はニートを主人公とし、ニートの心理構造を描いた小説である。主人公はニートであって、引きこもりではない。ニートと引きこもりは混同されるが、同じではない。主人公は家から出られない心理的制約がある訳ではない。引きこもりではないのにニートである点は感情移入しにくい要素である。

序盤は会社人間(社畜)の生き方に適応できないニートの意識が語られる。ここは理解できる。私も子どもの頃の「モーレツ社員」「24時間働けますか」という労働環境に嫌だと思ったものである。だから主人公がブラック企業を否定する点(97頁)は心地よい。「サイレントテロ」という言葉があるが、ニートこそ日本の会社主義を打破する思想と考えたくなる面もある。

一方で主人公に感心できない面は酒で紛らわせていることである。二次元の世界に入り浸る現代のニートとギャップを感じる。働かず昼間から酒浸りになる人生の落伍者は過去にも一定数存在した。主人公は、それと変わらなくなる。主人公自身、そのような自覚を有している(98頁)。

さらに悪いことに主人公は「酒で満足できなければ、薬物」というルートも見据えている。それは「便所の底の底、つまり下水管の糞だめへと転落する事になる」と理解しているが(99頁)、危険ドラッグ(合法ドラッグ)を否定しきれない弱さも持っている。このようなものがニートならば、会社主義に対するオルタナティブな生き方として評価できない。

この点で私は主人公に対して否定的であり、本書をニート論として位置付けるならば、それが本当のニートではないと主張したくなる。しかし、これは物語として読む上で本書の欠点ではない。批判できる主人公だからこそ本書のような展開があり得る。逆に共感できる主人公が本書のような結末に至る方が大変である。
http://hayariki.sa-kon.net/
[asin:B00RPD93PI:detail
]
[asin:B00RS5LJ5U:detail]
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle-editie
https://www.amazon.nl/dp/B06XQTKM1D/
東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV (林田力)(Kindle)
https://bookmeter.com/books/11820905

東急不動産だまし売り裁判

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #東急不買
東急不動産不買運動が人に与える力の何と不思議なことか。「たまにマンションだまし売りがある」ではなく、一生に一度あるかないかの買い物でマンションだまし売りである。東急リバブル東急不動産を使いたくなるわけがない。

2017年6月18日日曜日

白戸太朗が江東区北砂で街頭演説

都民ファーストの会の白戸太朗・都政改革委員(江東区担当)が2017年6月18日、東京都江東区北砂のアリオ北砂前で街頭演説を行った。雨の中を街頭演説した。小池百合子東京都知事との二連の幟旗と、緑の背景に白字で「都民ファーストの会」と書かれた幟旗が林立した。

街頭演説では東京都議会を変えていくと訴えた。東京オリンピックではコストの話ばかりがなされているが、何のためのオリンピックを開催するかが議論されていない。税金を使うところには使うと述べた。ここはアスリートの思いが込められていると感じた。

もともと都民ファーストの会は「単なる削減・縮小から賢い支出(ワイズスペンディング)に転換します」を公約に掲げている。スポーツを楽しむ人の視点から東京オリンピック・パラリンピックに賢い支出(ワイズスペンディング)を期待する。
http://www.hayariki.net/kibou.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年6月17日土曜日

共謀罪の現実と行動

共謀罪の現実と行動
インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年6月11日、共謀罪(テロ等準備罪)特集番組として「共謀罪の現実と行動」を放送した。講師は斎藤まさし(MPD・平和と民主運動(市民の党)代表)、聞き手は山内和彦(元川崎市議)、林田力(希望のまち東京in東部代表)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。

斎藤氏は静岡市長選挙を巡る公職選挙法違反で逮捕され、未必の故意による黙示的な共謀で有罪判決を言い渡された。事件は現在、上告中である。斎藤氏は、この経験を踏まえて共謀罪の問題を指摘した。

私も日本海賊TVの共謀罪特集番組で「共謀罪と著作権法」を担当した。そこでは共謀罪以前に共謀共同正犯という行為者ではない人物が正犯として罰される司法実務が問題と指摘した。単に新しい法律にばかり反対する左派市民運動の傾向には疑問を抱いている。それは個別的な現実の問題に対応できない。これに対して未必の故意の共謀共同正犯の刑事訴訟を闘う人物の言には耳を傾ける価値がある。

番組では他にも興味深い点が二点あった。第一に野党共闘に批判的なことである。今や野党共闘は民進と共産の枢軸を目指しているが、それを悪手という。現実に野党共闘は普通の現役世代の問題意識から離れているところがある。昭和の五五年体制を懐かしむだけではない人の言葉は聞くことができる。

第二に戦後の総評中心の労働運動に批判的なことである。何でも陰謀で説明する傾向がいただけないが、総評から連合への流れを堕落とみなす左翼運動家が多い中でユニークな視点である。戦後の歴史について解説番組を作ると面白いのではないか。
http://www.hayariki.net/index.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者

Re: 消え続ける中吊り広告

林田です。
地下鉄と私鉄は乗り入れているので、地下鉄のある車両に雑誌の宙吊り広告があるとして、それは乗り入れの私鉄が掲載したものかもしれません。
ないとして、乗り入れの私鉄が不掲載にしたかもしれません。
逆に地下鉄が不掲載にした場合でも、乗り入れの私鉄が掲載した広告を地下鉄の区間で見ることができるのかもしれません。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部市民カフェ第151回「都議選争点・開発・国際金融都市」

都議選をはさみ、希望のまち東京in東部のスケジュールが変則的になっているため、整理してご案内します。

希望のまち東京in東部市民カフェ第150回
▼とき:2017年6月22日(木)午後6時30分~8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。

希望のまち東京in東部市民カフェ第151回「都議選争点・開発・国際金融都市」
土曜日に市民カフェを開催します。市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」で議論になった、小池都政・都民ファーストの会の開発政策・国際金融都市政策を中心に議論します。
小池都政の開発政策や国際金融都市を目指す政策は、古い昭和の開発優先・経済成長優先政策と同じものでしょうか、それとも異なるものでしょうか。これは東京都民が住み続けられる街にする上でプラスになるでしょうか、マイナスになるでしょうか。産業界は自動運転やドローン、フィンテックなど大きな変革期にあります。政治は、この動きに対応できるでしょうか。
今回はビットコイン購入経験者も話題提供者に招き、ビットコインとは何か、それが金融や経済に及ぼす影響、乗り遅れるとどうなるかなどについて生の話を聞きます。
▼話題提供:水原剛守(投資家)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)
▼日時:2017年6月24日(土)午後2時~4時
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部市民カフェ第152回
▼とき:2017年6月29日(木)午後6時30分~8時30分

2017年7月1日の読書会はお休みします。

希望のまち東京in東部市民カフェ第153回「都議選結果」
東京都議会議員選挙結果を語ります。
▼とき:2017年7月6日(木)午後6時30分~8時30分

希望のまち東京in東部市民カフェ第154回「東芝問題のその後と、半導体業界の働き方」
▼とき:2017年7月8日(土)午後2時~4時

希望のまち東京in東部市民カフェ第155回
▼とき:2017年7月13日(木)午後6時30分~8時30分

希望のまち東京in東部市民カフェ第155回「ブラック企業ノルマ」
▼とき:2017年7月15日(土)午後2時~4時

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

慶応で朝鮮脅威論・負債経済論

慶応で朝鮮脅威論・負債経済論
慶応大学三田キャンパスで社会主義理論学会第74回研究会が開催されます。
報告:
●鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)「朝鮮脅威論を糺す──朝鮮民主主義人民共和国がめざすのは──」
●境毅(ルネサンス研究所研究員) 「負債経済論」
日時:2017年6月25日(日) 午後2時~5時
会場:慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟A会議室 
田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分
資料代:500円(会員は無料)
主催:社会主義理論学会
※事前申込や予約等は必要ありません。
※会員でない方も、研究者でない方も自由にご参加できますので、ご関心のあります方はぜひご参加ください。
[asin:B00RCJI3SS:detail]
[asin:B00RJUMA6G:detail]
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Edicion Kindle
https://www.amazon.com.mx/dp/B06XQTKM1D/

2017年6月16日金曜日

上田令子都政報告会

上田令子都政報告会が2017年6月16日、東京都江戸川区のタワーホール船堀大ホールで開催された。

最初に若狭勝衆議院議員が話した。都民ファーストの会の名前はファーストペンギンから来ているのではないか。安倍政権は加計学園問題など誤魔化してウヤムヤにしようとしている。それは危険である。危機意識を持っているからこそ、都民ファーストが頑張らなければならない。都民ファーストの会は情報公開を公約に掲げる。都民ファーストの会だから安倍一強の政治と対峙できる。汗水垂らして働く人が馬鹿をみてはならない。

松本武洋・和光市長からはメッセージが寄せられた。

続いて上田都議である。江戸川区で組織をバックとしない予定候補であると自己紹介した。会社員時代にはマタハラを受けた。江戸川区議会議員時代には区議会議員の長男の所有地にコミュニティ会館を建築した問題を追及した。年間賃料約2400万円が30年間も江戸川区議の長男に払われることになる。この問題は「確かな野党」も取り上げていなかったという。

最後に小池百合子都知事が駆けつけた。小池知事は都知事選の公約で空き家を保育士の住居として活用することを掲げたが、それを実現する仕組みを組み立て中という。上田都議には「女性議員のリーダーになって欲しい」と激励した。

会場からは令子コールや百合子コールがわき起こった。緑のサイリウムライトが振られ、大盛り上がりであった。
http://www.hayariki.net/kibou.html

ブランズ二子玉川テラス不買運動

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #二子玉川
ブランズ二子玉川テラスは失敗の声がある。経営陣は戦後高度成長期、その後のバブル感覚のままでいる。二子玉川ライズ問題を思いだそう。

2017年6月15日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第149回「加計学園問題と私利私欲」

希望のまち東京in東部市民カフェ第149回「加計学園問題と私利私欲」
希望のまち東京in東部市民カフェ第149回「加計学園問題と私利私欲」が2016年6月15日(木)、東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催された。今回は改正組織犯罪処罰法可決、東京都議会議員選挙、加計学園問題などを議論した。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe85.html

「どうする?どうなる?東京都議選」の感想を追記しました。
「どうする?どうなる?東京都議選」評
希望のまち東京in東部市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」(2016年6月10日)で印象に残った話は、派遣会社が労働組合や職業訓練所の代替になっているとの指摘である。
http://www.hayariki.net/tobu/koe2.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第147回「働き方改革」
希望のまち東京in東部は2017年6月8日(木)、希望のまち東京in東部市民カフェ第147回を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は都議選情勢と加計学園問題などを議論した。今回は小池都政、加計学園問題、働き方改革などを議論した。http://www.hayariki.net/tobu/cafe85.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「都議選争点・開発・国際金融都市」
土曜日に市民カフェを開催します。市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」で議論になった、小池都政・都民ファーストの会の開発政策・国際金融都市政策を中心に議論します。
小池都政の開発政策や国際金融都市を目指す政策は、古い昭和の開発優先・経済成長優先政策と同じものでしょうか、それとも異なるものでしょうか。これは東京都民が住み続けられる街にする上でプラスになるでしょうか、マイナスになるでしょうか。産業界は自動運転やドローン、フィンテックなど大きな変革期にあります。政治は、この動きに対応できるでしょうか。
今回はビットコイン購入経験者も話題提供者に招き、ビットコインとは何か、それが金融や経済に及ぼす影響、乗り遅れるとどうなるかなどについて生の話を聞きます。
▼話題提供:水原剛守(投資家)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)
▼日時:2017年6月24日(土)午後2時~4時
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東京都議選

#都議選 #都議会議員選挙 #江東区
希望のまち東京in東部市民カフェ「どうする、どうなる東京都議選」で最も印象に残った話は、派遣会社が労働組合や職業訓練所の代替になっているとの指摘である。派遣会社には使用者としての一定の責任を負っており、ブラック企業に直接雇用されることに比べて、まともな職場環境が期待される。派遣会社では教育もしており、スキルを身に付けることができる。

2017年6月13日火曜日

上田令子後援会事務所開き

上田令子後援会事務所開き
上田令子後援会事務所開きが2017年6月10日、東京都江戸川区東小松川で開催された。上田都議は2016年の東京都知事選挙で最初に小池百合子都知事を応援した都議であり、都民ファーストの会の予定候補である。

事務所開き神事は午前11時に始まった。若狭勝衆議院議員が挨拶し、しがらみ政治を批判した。小池知事のメッセージも読み上げられた。都知事選での上田都議ら3名の都議の応援は心強かったとする。

上田事務所の看板には「生きてるだけで楽しい日本に」とのコピーがある。最も基本的なことであるが、政治の世界では中々出てこない発想である。このようなことを主張する政治家がいることは素晴らしい。私は政治というものを難しく考えすぎていたかもしれない。小難しく考えず、素直に楽しくなれる人を応援したい。
http://www.hayariki.net/kibou.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

小池百合子知事・西郷あゆみ演説会

小池百合子知事・西郷あゆみ演説会
中央区での街頭演説会です。
6月16日(金)
18時20分 銀座数寄屋橋交差点付近
6月17日(土)
10時15分から10時30分 月島ムーンアイランド前
10時45分から11時 勝どき駅前交差点
11時30分から11時45分 銀座4丁目交差点
12時15分から12時30分 人形町の甘酒横丁
予定は変更されることがあります。最新情報はTwitterやFacebookでご確認ください。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ガーラ・シティ新丸子駅前

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #FJネクスト不買運動
ガーラ・シティ新丸子駅前を買ってはいけない。ガーラ・シティ新丸子駅前不買運動を優待しよう。FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い。FJネクスト迷惑電話は、すっかり嫌われ者になっている。FJネクストは旅館業にも進出しているが、会社の体質のために別の業界に進出しても俺様ルールで嫌われていくだろう。

2017年6月11日日曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「都議選争点・開発・国際金融都市」

希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「都議選争点・開発・国際金融都市」
土曜日に市民カフェを開催します。市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」で議論になった、小池都政・都民ファーストの会の開発政策・国際金融都市政策を中心に議論します。
小池都政の開発政策や国際金融都市を目指す政策は、古い昭和の開発優先・経済成長優先政策と同じものでしょうか、それとも異なるものでしょうか。これは東京都民が住み続けられる街にする上でプラスになるでしょうか、マイナスになるでしょうか。産業界は自動運転やドローン、フィンテックなど大きな変革期にあります。政治は、この動きに対応できるでしょうか。
今回はビットコイン購入経験者も話題提供者に招き、ビットコインとは何か、それが金融や経済に及ぼす影響、乗り遅れるとどうなるかなどについて生の話を聞きます。
▼話題提供:水原剛守(投資家)、林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)
▼日時:2017年6月24日(土)午後2時~4時
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年6月10日土曜日

市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」

希望のまち東京in東部市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」
希望のまち東京in東部市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」が2016年6月10日(土)、東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催された。林田力が都民ファーストの会の政策を報告し、それに基づいて議論した。
http://www.hayariki.net/tobu/koe2.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第147回「働き方改革」
希望のまち東京in東部は2017年6月8日(木)、希望のまち東京in東部市民カフェ第147回を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は都議選情勢と加計学園問題などを議論した。今回は小池都政、加計学園問題、働き方改革などを議論した。http://www.hayariki.net/tobu/cafe85.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第149回
希望のまち東京in東部市民カフェ第148回は番外編として土曜日に開催します。希望のま▼とき:2017年6月15日(木)午後6時30分~8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急不動産だまし売りは騎士団長殺しよりも

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #FJネクスト不買運動
東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話は騎士団長殺しよりも悪質である。迷惑勧誘電話は嫌がらせもいいところである。まるでストーカーである。

2017年6月8日木曜日

FJネクスト迷惑電話は騎士団長殺しよりも

#マンション投資 #不動産投資 #FJネクスト不買運動
FJネクスト迷惑電話は騎士団長殺しよりも悪質である。買ってはいけないガーラ・レジデンス平井。

政策はバランスのとれたものと評価する。左翼教条主義的な立場からは新自由主義とラベリングされがちであるが、それほどでもない。もっとも反新自由主義に偏った立場からは、新自由主義的要素があるというだけで新自由主義そのものとラベリングするかもしれない。しかし、もっと大胆に規制緩和一辺倒の政治勢力もある。あまりに新自由主義的と思う人は是非聞き比べて欲しい。
ペット殺処分ゼロの公約は着実に成果を出している。保護猫保護犬譲渡など。ペット引き取り屋が社会問題になったが、悪質な動物ビジネスの摘発も進んでいる。

2017年6月6日火曜日

東急不買運動

#裁判 #病院 #医療
林田力『東急不買運動と日本海賊TV』はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」で取り上げた東急グループの問題を収録する。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト)などの投資用マンション問題や立正佼成会附属佼成病院裁判の記事も収録する。

【書名】東急不買運動と日本海賊TV/トウキュウフバイウンドウトニホンカイゾクテレビ/Boycott TOKYU and Japan Pirate TV
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

東急不動産の合コン最悪と痴漢申告で青葉台駅人身事故
日本海賊TVで東急不動産の合コン悪評判
東急電鉄がランサムウェアに感染
日本海賊TVで東急電鉄ランサムウェア感染
東急リバブル渋谷センターから情報流出か
東急バスが世田谷区池尻でひき逃げか
『東急不動産だまし売り裁判17』
『東急不動産ホールディングス不買運動』
『東急不動産だまし売り裁判と共謀罪』
FJネクストは障害
『FJネクスト不買運動旅行記』
『投資マンション迷惑電話』
『投資マンション不買運動』
『佼成病院裁判と院内感染』
佼成病院で経管栄養が速められる
準備書面提出
佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論
佼成病院裁判高裁判決言い渡し
日本海賊TVで佼成病院裁判結審
小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説
小池百合子都知事が二子玉川などで演説
なりきよりさ子事務所開き
『都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い』
保育園と窓
東京都議選と保育政策
保育と権利の視点
憲法座談会
『たたみかた 創刊号 福島特集』
『ルネサンスの偉大と退廃』
『ニューヨークの妖精物語』
『Timjinの回想録 I』
『ONE PIECE 9』
おんな城主直虎
希望のまち東京in東部市民カフェ第144回「小池都政と都議選」
希望のまち東京in東部市民カフェ第145回「テロ等準備罪」
希望のまち東京in東部読書会第40回「カントの「永遠平和」」
希望のまち東京in東部読書会第41回「諸国家連邦」
希望のまち東京in東部読書会第42回「都政大改革」
働き方改革
無電柱化
辺野古違法確認訴訟
家計簿2017年4月

2017年6月5日月曜日

立正佼成会附属佼成病院裁判

#裁判 #病院 #医療
立正佼成会附属佼成病院裁判の控訴審第二回口頭弁論が東京高裁で開かれた。日本海賊TVで取り上げた。判決は7月31日に言い渡される。番組では病院が酷いと指摘された。

2017年6月4日日曜日

憲法座談会

インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年5月18日と6月1日に「日本憲吉の「憲法座談会」安倍首相の改憲発言を受けて」を放送した。コメンテーターはジョー 無頼 栗原、新界明一、森田龍、須澤秀人、林田力。

私は東急不動産だまし売り裁判原告の立場から押し付け憲法論の議論に疑問を提起した。護憲派は押し付け憲法論を否定するために日本国憲法に日本側の意見が通ったことを指摘する。しかし、連合国軍総司令部の命令があってのもので、日本の自由意思で日本国憲法を作ったとは言えない。それを押し付けではないと強弁するならば、マンションだまし売りなども自由意思にされかねない。

私見は無条件降伏の結果として押し付け憲法は当然との立場である。連合国は日本を平和的な民主国家にすることを求めており、それが大日本帝国憲法では実現できない以上、憲法改正は無条件降伏に含まれており、押し付けに何も問題ない。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急不動産だまし売り裁判と共謀罪

林田力『東急不動産だまし売り裁判と共謀罪』(枕石堂、2017年5月13日)は東急不動産問題や共謀罪(テロ等準備罪)を取り上げる。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急不動産だまし売りは卑しい。何もかもが偽りの姿である。東急不動産だまし売り営業は東急不動産だまし売りにきちんと向き合わないことには、これから先の人生を上手く前に進めていくことができなくなる。

共謀罪についての論稿はインターネット動画放送局「日本海賊TV」の共謀罪特集番組「共謀罪と著作権法」の資料である。人身売買や薬物犯罪対策は必要である。著作権をそれらと同列に論じることができるかという点が議論になる。番組の議論でも共謀罪という犯罪類型そのものの是非よりも、これが論点になった。

二次創作の是非は著作権法の問題であるが、文化の発展のために著作者の権利を抑制することは個人主義に反するのではないかと問題提起した。番組のコメンテーターは須澤秀人・日本海賊党代表と岩井努・千葉海賊党代表である。著作権に抑制的な海賊党の方を前にして挑発的な問題提起であったが、意外にも海賊党の二方とも著作者の意思に反する二次創作には否定的であった。個人主義の立場から興味深い。
http://www.hayariki.net/
[asin:B00R4RSMZW:detail
]
[asin:B00R9PCNBI:detail]
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com.au/dp/B06XQTKM1D/

日本海賊TVで佼成病院裁判結審

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年6月2日、立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論を取り上げた。コメンテーターは飯田佳宏(地方議員ゼロの会代表)、山内和彦(元川崎市議会議員)、石川公彌子(政治学者)、田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(希望のまち東京in東部代表)。司会は須澤秀人。

立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審(平成28年(ネ)第5668号)第2回口頭弁論は収録日の午前中の2017年5月31日に開かれた。控訴審は結審し、判決は2017年7月31日(月)午後1時10分から東京高裁424法廷で言い渡される。

番組では佼成病院の問題を話した。佼成病院の対応は、インフォームド・コンセントの視点からも、QOLの意味からも全く基本を守っていない。人の生死を画する重大問題が簡単な手続きで実行されたことに驚きを禁じ得ない。これでは、まだ生きられる高齢者まで殺されてしまう。高齢者は、ひそやかに死んでいる。

呼吸ができずに喘いでいる患者の姿を見ながら「苦しそうに見えますが今お花畑です」と患者を見捨てる担当医師の言動は、許しがたい。患者に苦痛を与える対応をしたことに対し、「なんて恥ずかしい仕事をしているのか」と、怒りを持つ医療関係者がいる。立正佼成会が「すべてのいのちを守るために」との声明文を出していることは矛盾ではないか。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

陳述録取書

林田です。
2017年4月27日の陳述の録取書原稿が届きました。
内容を確認し、今回のものは指摘事項がありませんでした。

談合などの入札不正については総合評価方式の弊害が大きいと思います。
価格競争優先の弊害から総合評価すると言えば聞こえは良いですが、恣意が入る余地があり、不正に悪用されます。

入札不正と言えば談合が連想されますが、最近の入札不正は業界横並びではなく、一社が発注者の担当者を丸め込み、予定価格や評価点を聞き出す「出し抜き」型の傾向になっています(Cf.日経コンストラクション2017年4月24日号「入札犯罪の"新潮流"」)。

本来ならば「価格競争だけで業者を選定すべきではない」「中小業者や地元業者にも受注させるべき」という政治勢力が、談合追及にも最も熱心という状況にアンビバレントな思いを抱いています。
市場のルールをきちんと守らせるということを重視する政治勢力も必要ではないかと感じる昨今です。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急バスが世田谷区池尻でひき逃げか

東急バスが世田谷区池尻でひき逃げか
東急バス株式会社の路線バス(等々力線)が、ひき逃げが疑われる交通事故を起こした。東急バスが東京都世田谷区池尻で2017年6月2日午後7時頃に男性と接触し、負傷させた。ところが、東急バスは走り過ぎた。被害者男性は横断歩道で倒れている状態であった。頭などの骨を折る重症であった。

警視庁は目撃情報などからひき逃げ事件として捜査を開始した。現場付近を走行していた東急バスの左側後方に接触痕が発見された(「路線バスがひき逃げか 警察が運転手から話聞く」NHK 2017年6月4日)。

東急バスは2017年6月3日付で「弊社路線バス事故に関するお詫び」をWebサイトに掲載したが、不誠実である。交通事故が起きたことを報告するが、東急バスが事故を通報しなかった事実を説明していない。

東急バスは「お詫び」で「歩道から車道へ倒れ込んだ男性とバスの左側面部が接触し負傷」とし、自社の責任を少なくするための説明には余念がない。運転手が事故を認識せず、悪意はなかったというのが東急バスの言い分であるが、事故を通報しなかった事実も書かなければ公正ではない。

都合の良い事実は説明するが、不都合な事実を説明しないならば、東急不動産消費者契約法違反訴訟と同じである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。東急不動産や東急バスには冷酷非道な空気を感じる。まるで消費者や住民の存在理由が自分の気まぐれに従うためと思っているような。

Twitterでは以下のように指摘された。「やっぱ東急バスヤバイな...人轢いて気がつかないなんて...同じドライバーか」

「東急バスの運ちゃん、発車時に大袈裟に注意確認してるけど、やっぱりカタチだけだったのね。あの動作ワザとらしいもんな」
http://tokyufubai.web.fc2.com/bus.htm

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年6月3日土曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」

希望のまち東京in東部読書会第42回「都政大改革」のレポートです。
希望のまち東京in東部は2017年6月3日(土)、読書会第42回「都政大改革」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。野田数『都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い』 (扶桑社新書、2016年) を取り上げまた。
http://www.hayariki.net/tobu/koe2.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」
希望のまち東京in東部市民カフェ第148回は番外編として土曜日に開催します。希望のまち東京in東部読書会第42回「都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い」の続きとして、東京都議会議員選挙を特集します。話題の都民ファーストの会を中心に東京都議選ににどのような人が出て、どのような対決軸になっているかを議論します。お薦めの予定候補者の紹介も大歓迎です。
▼とき:2017年6月10日(土)午後2時~4時
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部市民カフェ第147回
▼とき:2017年6月8日(木)午後6:30~8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

なりきよりさ子事務所開き

都民ファーストの会・なりきよりさ子(成清梨沙子)予定候補の事務所開きが2017年6月3日、東京都墨田区東向島で開かれた。事務所からあふれるほどの盛況な事務所開きになった。小池百合子東京都知事、若狭勝衆議院議員、おときた駿東京都議会議員らが挨拶した。

小池知事は箱物を作るだけで持続可能性を考えない従来のあり方を批判し、なりきよ予定候補の公認会計士としてのスキルに期待した。若狭議員は本籍が墨田区という。若狭議員は「しがらみ政治」を批判した。「しがらみ政治」の問題は良いものも悪いものも一緒にする点にある。

私は若狭議員の「しがらみ政治」批判が印象に残った。ここに改革が中々進まない理由があると考える。現状に苦しんでいる人が何らかの改革を提案する。それに対して既得権益擁護の抵抗勢力は従来の良い点が壊されると反対する。このような「しがらみ政治」の論理は一定の説得力があることは事実である。その結果、何も変わらないままになってしまう。

「しがらみ政治」の論理に取り込まれないためには現状が問題であるという出発点に立つことが大切である。既存の良い点というものがあるとして、それを守るために現状に苦しめられる人が苦しめられたままでいいのかという視点を大切にしたい。
http://www.hayariki.net/kibou.html

2017年6月1日木曜日

佼成病院裁判高裁判決言い渡し

お忙しい中また朝早くから傍聴して下さり有難うございました。

予想通り結審になりました。

判決は、2017年7月31日(月)13:10 東京高裁424法廷です。

立正佼成会附属佼成病院裁判は、人工呼吸器をつけるかつけないかではありません。担当医師は、患者本人に治療方針を説明せず、意思を確認しませんでした。そして患者の長男の要望を安易に受け入れ誤嚥性肺炎になった患者に通常行われる治療をしなかった為、病状を悪化させました(そもそも、誤嚥性肺炎は、長男が、母親の経鼻経管栄養を速めた後で嘔吐したものです)。

また長男が酸素投与を拒否すれば担当医師は、呼吸が苦しくて喘いでいる患者に酸素マスクすらつけずに死に至らしめました。

毎日のようにお見舞いに通っていた長女の私は、母親の死から2年後にカルテを見て初めて母親の治療が中止されて命を絶たれたことを知りました。しかも残酷な死なせ方でした。

仮にも人の生死を画する重大問題の手続きの方法が、病院によって違っていたり佼成病院のように簡単に実行されたことに驚きを禁じ得ません。これでは、まだ生きられる患者まで殺されてしまいます(実際には、家族の依頼があれば行われている。今まで裁判にならなかっただけ)。

医療は、患者の幸せのためにあるもので、患者の一番のみかたは担当医師でなければなりません。そうでなければ患者は、安心して入院していられないです。

法廷終了後の報告集会では、傍聴の皆様より「裁判をすることで今までと変わることがある。そこがだいじだ」「声をあげなければ何も変わらない」など説得力のあるご意見をいただき、気が楽になりました。有難うございます。

引き続きよろしくお願いします。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

Re: 追伸: 小池都知事 二子玉川の演説- 保育園の件

権利という視点で考えることは素晴らしいことです。権利の視点で考えて発信することを肝に銘じたいと思います。私は消費者の権利という視点で東急不動産だまし売り裁判に取り組みました。権利という視点の素晴らしい点は、権利者である個人を出発点とすることです。

東急不動産だまし売り裁判では売買契約の取り消しを貫きました。売買契約の取り消しは、契約を白紙にすることで自然な解決策ですが、実際には登記や引渡しが済んでおり、それを白紙にすることは手間がかかることです。登記簿を白紙にすることはできません。

そのために売買契約取り消し以外の解決策を勧める動きがありました。それは契約を維持できるために東急不動産にとっては都合のよい解決策です。腹立たしいことは、それが全関係者にとって合理的な解決策であると正当化する向きがあることです。このような発想は普段は「弱者のため」を掲げる進歩派・左派・革新の側にも見られます。それらは無視し、消費者の権利の問題として売買契約取り消しを貫きました。

保育についても権利として考えることは大切です。「女性を労働力として活用しなければ社会経済の損失であるから待機児童を解消しなければならない」という類の考え方は全体主義的です。20世紀のソビエト連邦などの社会主義国は21世紀の日本よりも保育所の整備や女性の社会進出で進んでいたかもしれませんが、それが魅力的とは思いません。

個々人の権利を出発点とすることで多種多様な保育ニーズに応えることができます。行政の画一的なサービスの押し付けでは実現できません。ポストを設置するように遍く保育所を整備するようなユニバーサルサービス的な発想では個別にニーズに応えられません。

私が都民ファーストの会に魅力を感じる理由は、ここにあります。小池百合子都知事が「一つ一つ丁寧に」と話し、都民ファーストの会の綱領が「一つひとつの灯りが揺らいではいけない」と書くように個人と向き合います。ここは「弱者のため」と言いながら集団的に見がちな既存の政治勢力には欠けています。


■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年5月31日水曜日

グランド・ガーラ白金高輪�不買運動

#FJネクスト不買運動 #マンション #迷惑電話
買ってはいけないグランド・ガーラ白金高輪�。マンションは現在高値圏にあるとも思えるため、ここから買いで入るのはどうかなと思う。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の痛みは何度でもぶりかえしてくる。

Re: 追伸: 小池都知事 二子玉川の演説- 保育園の件

ビジネス的な発想を保育に適用することの是非論は「保育とPDCAサイクル」で検討したことがあります。
「何でもダメとは断言」するようなスタンスが反対側に力を与えることになると思います。
http://www.hayariki.net/koto/hoiku.html
「民間企業で採用されているもので、公共性ある事業には馴染まない」とする考えである。しかし、これは理由にならない。PDCAサイクルは計画を立てて終わりではなく、実施し、評価し、見直す活動である。売上などの明確な目標のない公共部門こそ有意義な活動である。

「公務労働は民間とは異なる。特別だ」という聖域論は大多数の民間労働者に支持されるものではなく、公務員バッシングに力を与えてしまう。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

日本海賊TVと都民ファーストの会

林田力です。
今週の日本海賊TV「金八アゴラ」の私のテーマは「佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論」と「日本海賊TVと都民ファーストの会」です。
本日午前に東京高等裁判所で開かれた佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論の内容を報告します。
また、日本海賊TVで指摘された内容と関係する都民ファーストの会の動きを説明します。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年5月30日火曜日

日本海賊TVで東急電鉄ランサムウェア感染

日本海賊TVで東急電鉄ランサムウェア感染
インターネット動画放送局・日本海賊TVは2017年5月26日に「金八アゴラ」を放送し、東急電鉄のランサムウェア感染を取り上げた。コメンテーターは田淵隆明、石川公彌子、山内和彦、佐野秀光、森田龍、林田力。司会は須澤秀人。東京急行電鉄は暗号化型ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)「WannaCry」に感染した。

インターネットを当たり前のツールと見る海賊党らしいテーマになった。また、生活保守の問題意識とも重なる。東急電鉄自身は感染したことを発表していない。石井国土交通大臣が記者会見で発表した。情報開示を業者の自由に委ねるのではなく、業者に情報を提出させ、国が積極的に開示するという生活保守にも重なる話になる。
http://tokyufubai.web.fc2.com/wannacry.htm
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

Re: 追伸: 小池都知事 二子玉川の演説- 保育園の件

人権という理念は、とても大切なことと思います。私は東急不動産だまし売り裁判原告として消費者の権利を拠り所とし、追求してきました。待機児童が生まれる状態は権利が保障されていません。それを何とかしなければならないという点は多くの人が考えていることで、どのように実現するかが問題です。

理念を呪文のように唱えても、それで問題が解決する訳ではありません。人権を保障するためにもサービスの拡充が求められます。公共的なサービスの従事者も公共性から特別視するのではなく、一般のサービス業の精神をもっと持って欲しいと感じることは多々あります。別の分野ですが、希望の塾のレポートでも書きました。
http://www.hayariki.net/kibou.html
***
私は江東区役所の支所で住民票などを取得した経験があるが、昼休み時間帯は利用者が多く、行列ができているにも関わらず、窓口職員は一斉休憩を頑なに守り、不便な思いをした経験がある。民間のサービス業では考えられない対応である。
何も昼休みを返上して働けと言うつもりはない。かきいれ時に一斉休憩を重ねる不合理を問題視している。労働基準法は休憩の一斉付与の原則を定めているが、昭和の工場労働者を対象とした休憩の一斉付与を頑なに守ることが21世紀の労働者の福利厚生に直結する訳ではない。このようなレベルから改革しなければならないところが日本の行政の実態である。だからこそ東京大改革が必要と考える。
***

何か問題を解決する上で、既存の規制が障害になっている場合に、その規制が意味のあるものか、規制によって実現しようとした趣旨が本当に規制によらなければ達成できないか、規制という手段が目的化していないかを考え、規制の見直しを求めることはオーソドックスな手法です。それをせず、既存の規制を否定せずに問題を解決しようとするならば選択肢が狭まります。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論

佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論
立正佼成会附属佼成病院裁判は、患者本人の承諾がなく患者の長男の要請だけで患者を死に追いやったとして、患者の長女が裁判を起こしました。佼成病院裁判は、高齢者の命の尊厳を訴えています。「医師の説明義務」「患者の自己決定権」等を訴えています。人として一番大事な最期の場面をどう迎えるかは自分で決めたいです。
立正佼成会が運営する佼成病院では、高齢者の命を絶つ決定も手続きも簡単で裁判になりました。原告は母の死後カルテを見ることができたから分かったものの佼成病院のやりかたでは、長男だけに患者の生死が握られてしまい危険過ぎます。佼成病院の手法では、まだ生きられる患者まで死んで行く危険があります。患者に死んで欲しい家族にとっては、都合の良い殺人が出来てしまいます。
2017年5月31日(水)10:00 東京高裁424法廷(霞ヶ関A1出口1分) 
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
公正な裁判が行われますよう心静かに見守っていただければ幸いです。ぜひ傍聴のご支援をお願い申し上げます。不安定な気候ですのでお体をご自愛ください。 

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

保育政策と東京都議選

#保育 #待機児童 #都議選
人権という理念は、とても大切なことです。私も東急不動産だまし売り裁判原告として消費者の権利を拠り所とし、追求してきました。待機児童が生まれる状態は権利が保障されていません。それを何とかしなければならないという点は多くの人が考えていることで、どのように実現するかが問題です。
理念を呪文のように唱えても、それで問題が解決する訳ではありません。

2017年5月29日月曜日

Re: 追伸: 小池都知事 二子玉川の演説- 保育園の件

林田です。
コメントありがとうございます。
窓については東急不動産だまし売り裁判原告として一家言あります。

新築マンション購入失敗とトラブル共有の重要性
http://npn.co.jp/article/detail/16779626/

東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)では東急不動産が隣地建て替えで塞がれてしまうマンションの窓を「眺望、採光、景観等企図していない」とデタラメな主張をしました(被告準備書面2005年7月8日)。
裁判では窓が眺望、採光、景観等を企図したものであることを、辞書の定義「部屋の採光・通風などのために壁や屋根の一部にあけてある穴」(大辞泉)を引用して反論しました(林田力『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』「眺望、採光、景観等の企図」)。

窓が重要という点はご指摘の通りと思います。
その上で記事には「東京都は窓のない事務室などを含め、隣り合った複数の部屋を1部屋とみなした上で、条件を満たせば転用できるようにすることなどを求めている」とあります。
隣り合った窓のある部屋と窓のない部屋を一つの空間として使うことが趣旨です。
杓子定規な規制に対して実質的な判断を求めるものです。

勿論、規制の趣旨を免れる貧困ビジネスのゼロゼロ物件のような保育園は論外です。
私もインターネット動画放送局・日本海賊TVで東急電鉄らの駐車場の上に建設した「すこやか小杉保育園」の問題を取り上げたことがあります。
ここは園庭がないどころか地面が駐車場になっています。

東急電鉄らの駐車場上保育園は安心か
http://www.hayariki.net/poli/abeno.html
スライドショー
https://www.youtube.com/watch?v=8kwuiRJ0I_A

都民ファーストの会は保育政策について「保育士の更なる待遇改善、保育サービスの拡充、規制緩和などにより待機児童ゼロをめざします」と掲げています。
その背景には以下の点があると考えます。
http://www.hayariki.net/kibou.html
小池百合子政経塾「希望の塾」第四回講義
***
鈴木亘「東京の待機児童問題」は需要と供給の観点から待機児童問題を説明しており、説得力があった。保育料が安いことは消費者にとって良いことであるが、公共セクターが政策的に安く抑えるならば供給不足という歪みが生じる。認可保育園に入れた人はいいが、入れなかった人は不幸である。認可保育園の質の高さは保育園を落とされた人々の犠牲の上に成り立っている面があることは直視しなければならない。
***

小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説
***
日本の半分は女性なのに女性の力を活かせない。働く意欲を持つ女性が会社を辞めなければならない。女性の問題を一つ一つ丁寧に、時には大胆に解決していかなければならない。東京ドームのような巨大な保育所を作っても仕方がない。細かいことを一つ一つ解決していく。

私は今回の話を聞いて小池知事を素晴らしいと感じた理由を再確認した。小池知事以前も保育問題などを声高に唱える政治勢力は存在した。しかし、それらは画一的な解決策を押し出すばかりで、仮にそれが通ったとしても個々人の困ったことが解決されるような現実感を得られにくかった。

問題を抱える人は個別的なニーズがある。待機児童問題では土日の保育が必要な人がいる。保育料が割り増しでもいいからピンポイントで保育を求めるニーズがある。画一的な制度設計ではカバーしにくい問題である。

小池知事の「一つ一つ丁寧に」という話からは個別の問題に向き合う姿勢を実感する。「東京ドームのような巨大な保育所」が否定的な例として出されたが、集権的・集中処理的な制度を押し付けても上手くいかないことを物語る。
***

どのように待機児童を解消するかは4年前の都議選の際も議論がありました。都議選予定候補を集めて「都政わいわい勉強会in東部地区」という集まりを開催しました。そこで以下の感想を残しました。
http://www.hayariki.net/tosei/report.html
***
勉強会で大きく浮かび上がった争点は保育政策である。待機児童を解消するために保育所を増設しなければならないという点は多数の一致するところであるが、保育所を認可保育所中心とするか、認証保育所やスマート保育所中心とするかで意見の対立が顕著であった。
問題意識を持っている人の中には、認可保育所の増加や都立小児病院の存続など結論に固執する傾向が見られた。安心で廉価で高品質な保育や医療を提供するためにはどうすればいいかが本来の問題である。最初から認可保育所や都立病院でなければならないとの結論を押し付けるならば議論にならない。ここは立候補予定者に同情したくなったところである。
***

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

Re: 忖度の何が問題なのかの一考察

林田です。
似たようなことは私も考えていました。

立憲主義
http://www.hayariki.net/poli/rikken.html

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ジョイフルインベストメント迷惑電話

#FJネクスト不買運動 #マンション #迷惑電話
FJネクストやジョイフルインベストは迷惑勧誘電話で評判が悪い。旧態依然としたワンルームマンション投資は失敗する。
買ってはいけないグランド・ガーラ白金高輪�。買ってはいけないガーラ・レジデンス平井。買ってはいけないガーラ・シティ新丸子。買ってはいけないガーラ・グランディ木場。

おんな城主直虎

ドラマがどのようにまとめるかに興味が出ます。徳川家康の配下になることは、これまでの半独立的な井伊家にとって好ましいことかという問題があります。当主を家康の小姓に差し出し、虎松を竹千代にならって万千代と改名することは、徳川家の下で出世するならば良いですが、国人領主としては今川配下にいる時よりも屈辱的です。

2017年5月28日日曜日

小池百合子都知事が二子玉川などで演説

小池百合子東京都知事は2017年5月28日、東京都世田谷区の三軒茶屋駅世田谷通り口と二子玉川駅西口、杉並区の荻窪駅北口などで演説した。三軒茶屋と二子玉川は福島りえこ予定候補、木村基成都議会議員が弁士。司会は伊藤ゆう元都議会議員。荻窪では、あかねがくぼ嘉代子予定候補、鳥居こうすけ予定候補が弁士。

小池知事は健全な危機感を抱いている。東京の少子高齢化は他の地域以上にスピードが速く。人口ボーナスの反対の人口オーナスを迎え、空き家も益々増加する。今適切な対策をとらなければ大変なことになると実感した。

二子玉川の演説ではフランスのエマニュエル・マクロン大統領についても触れた。マクロン大統領はパリを国際金融都市にしようとしているという。EU離脱によるロンドンの地盤沈下にパリが取って代わろうとする。フランス大統領という都政と縁遠そうな話題から国際金融都市の話題を持ってくる点は視点が広い。

これは応援する福島予定候補、木村都議に合っている話題でもある。福島予定候補は企業研究員出身であり、木村都議は東京が世界各都市のGDPランキングで1位であることを演説で強調している。小池知事は船堀の演説では保育政策が中心であった。応援する上田令子東京都議会議員と田の上いくこ元都議は共に母親であり、保育政策を重視していることにあわせている。

小池知事は都知事選の公約でペット殺処分ゼロを掲げたが、犬の殺処分ゼロは達成したという。猫の殺処分ゼロも保護猫の普及などによって実現を目指すとする。マスメディア報道では中央卸売市場や五輪に関心が偏るが、小池都政は地道に政策を実現している。

小池知事は、お祭りや餅つきには顔を出し、業界の方ばかり見ている議員では東京大改革はニッチモサッチもいかなくなると批判した。これは直接的には自民党都連への批判であるが、国政野党の政治家にも祭りや町会行事の顔出しに熱心な人がいる。昭和の古い政治そのものへの批判になっており、都民ファーストの会の新しさを期待できる。

荻窪の演説では中央卸売市場問題に触れた。豊洲か築地かAかBかではなく、持続可能性ある市場のあり方を考えなければならないと訴えた。市場経由の流通量は落ちており、新たな形態のB2C取引が成長している。豊洲でも築地でもない第三の選択肢が現実味を帯びてきた。
http://www.hayariki.net/kibou.html

希望のまち東京in東部読書会第41回「諸国家連邦」

希望のまち東京in東部読書会第41回「諸国家連邦」
希望のまち東京in東部は2017年5月27日(土)、読書会第41回「諸国家連邦」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』の最終章の最終節「世界共和国へ」「5 贈与による永遠平和」「6 世界システムとしての諸国家連邦」を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/2015.html

北條智彦さんと語ろう
希望のまち東京in東部市民カフェ第146回は、北條智彦(きたじょう ともひこ)民進党・東京都第13区総支部長を迎えます。希望のまち東京in東部は若者の自立支援のための空き家の有効活用を求めています。「若い力。」を掲げる北條さんを迎えて、若者が希望を持てる街づくりを議論します。
北條さんは1982年11月24日生まれ、群馬県太田市出身です。慶應義塾大学経済学部を卒業。三井物産株式会社で機械・輸送システム本部航空交通部航空エンジン事業室プロジェクトマネージャーなどを経験しました。
▼とき:2017年6月1日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所

希望のまち東京in東部第42回読書会「都政大改革」
野田数『都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い』 (扶桑社新書、2016年) を取り上げます。本書は2016年末の刊行ですので、本書を導入部として2017年に入ってからの都政の動きや都議選に向けた都政の政策を中心に議論したいと思います。
日時:2017年6月3日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部事務所の蔵書の書評です。
ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)
http://www.honzuki.jp/book/248137/review/175462/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

バブル経済の害悪

バブル経済は害悪である。バブルとその後の不景気をセットで考えられない愚者が少なくない。たった数年のバブルのためにその後数十年不景気が続く。
急性期を過ぎた後のリハビリの場所が少ない。行政の決めた結果だけが伝えられてきた。受動喫煙防止に取り組む。

2017年5月27日土曜日

小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説

小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説
都民ファーストの会街頭演説会が2017年5月27日(土)11時15分から11時45分まで都営新宿線・船堀駅南口で開催された。弁士は小池百合子東京都知事、上田令子東京都議会議員、田の上いくこ元東京都議会議員。司会は星京子豊島区議会議員。
http://www.hayariki.net/kibou.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

小池百合子都知事の演説

小池百合子都知事。自民ファーストの都政ではなく、都民ファーストの都政にする。日本の半分は女性なのに女性の力を活かせない。働く意欲を持つ女性が会社を辞めなければならない。女性の問題を一つ一つ丁寧に、時には大胆に解決していかなければならない。熱意が伝わったと思っている。
田の上さんは自分の子どもの待機児童問題を語る。
上田令子都議。劣悪な動物虐待の猫カフェを中止。
改革は改革したことがある人しかできない。

2017年5月26日金曜日

読書会「都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い」

希望のまち東京in東部第41回読書会「都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い」
野田数『都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い』 (扶桑社新書、2016年) を取り上げます。本書は2016年末の刊行ですので、本書を導入部として2017年に入ってからの都政の動きや都議選に向けた都政の政策を中心に議論したいと思います。
日時:2017年6月3日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。参加者には「空き家活用と投資用マンション問題」などの資料を配布しています。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部市民カフェ第145回「テロ等準備罪」
希望のまち東京in東部は2017年5月25日(木)、希望のまち東京in東部市民カフェ第145回を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回はテロ等準備罪、中央卸売市場移転問題、都民ファーストの会予定候補の政策、ネット右翼の変質、小早川秀秋などを話題にした。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe85.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

回想録

八十年代の東京が舞台である。バブルの時代であるが、書生と芸者という一時代前のような物語である。バブルと異なり、慎ましやかな生活である。私の中の八十年代イメージに新たなイメージを追加させた。
一方で時代らしさが表れている内容もある。書生はサッカー部出身で、日本でのサッカーの普及に情熱を持つ。

FJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #マンション #迷惑電話
東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話、悪質マンション建設に黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではない。それは臆病者の道である。勧誘電話は、いかにも怪しげでマンション投資に手を出そうとは思わない。

2017年5月25日木曜日

市民カフェ

林田です。
本日の市民カフェで話題になった『都政大改革』の書評です。
市民カフェでの私の話よりも、こちらの方が綺麗にまとまっています。

都政大改革-小池百合子知事&「チーム小池」の戦い
http://www.honzuki.jp/book/248818/review/175808/

市民カフェではヘイトスピーチが話題になりました。
私のスタンスは以下です。

『ONE PIECE』第65巻、排外主義者の思想に迫る - リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/02413281/
世界 2014年 11月号
http://www.honzuki.jp/book/222011/review/129276/
主権回復を目指す会が在日特権を許さない会(在特会)を批判
http://www.hayariki.net/poli/zainichi.html

一方で、アンチヘイトの側にも以下で書いたように支持できない要素があります。

ヘイト・スピーチに抗する人びと
http://www.honzuki.jp/book/223233/review/134449/

本日問題提起された正しいと考えた方向に暴走し、自省しないという点は、私はむしろアンチヘイト側に感じています。
それはどっぷり浸かっていたから、そちら側の駄目なところばかり気がつくという面があるかもしれません。その意味でもデトックスした方がいいかもしれません。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年5月23日火曜日

FJネクスト不買運動

#FJネクスト不買運動 #マンション #迷惑電話
FJネクスト迷惑電話で無駄にした時間は、ブラジルから帰国した時の時差ぼけよりも酷い疲労をもたらしている。マンション投資の迷惑電話は、ところどころに事実を織り交ぜることで、何となく話の筋が通っているように見せているだけである。

2017年5月22日月曜日

希望のまち東京in東部第41回読書会「諸国家連邦」

希望のまち東京in東部第41回読書会「諸国家連邦」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章の最終節「世界共和国へ」「5 贈与による永遠平和」「6 世界システムとしての諸国家連邦」を取り上げます。
一年以上続けてきた「世界史の構造」もいよいよ今回で最後になります。次の社会はどの様な世界になるのでしょう?柄谷のビジョンとは?どうぞご参加ください。
日時:2017年5月27日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。参加者には「空き家活用と投資用マンション問題」などの資料を配布しています。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部市民カフェ第145回
▼とき:2017年5月25日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。

希望のまち東京in東部事務所蔵書の書評です。
たたみかた 創刊号 (福島特集)
http://www.honzuki.jp/book/247333/review/174102/
ノスタルジック・オデッセイ
http://www.honzuki.jp/book/247330/review/173978/
都政大改革-小池百合子知事&「チーム小池」の戦い
http://www.honzuki.jp/book/248818/review/175808/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

私的権力が公的権力を支配するアメリカ

希望のまち東京in東部市民カフェ第140回「小池都政の評価」に参加された方からのイベントの案内です。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe89.html

「私的権力が公的権力を支配するアメリカ」櫻井ジャーナル
2017年6月11日 13:30 - 16:30
玉川学園コミュニティセンター
https://www.facebook.com/events/644695965715952/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

中央卸売市場移転問題

#築地市場 #豊洲 #中央卸売市場
小池都政の中央卸売市場移転問題解決案ですが、移転推進派と反対派の共倒れ説の可能性があると思います。決められない政治ではなく、あえて決めない深謀遠慮です。中央卸売市場は築地でも豊洲でもなく、別の場所に縮小移転するという第三の案があります。中央卸売市場自体がタックスイーターの存在であり、税金の使い方の見直しを掲げるならば中央卸売市場そのものを考える必要があります。このように考えると市場問題プロジェクトチームの

2017年5月20日土曜日

ルネサンスの偉大と退廃

#書評 #レビュー #哲学
清水純一『ルネサンスの偉大と退廃』(岩波新書)はジョルダーノ・ブルーノを中心として、十六世紀のイタリア・ルネサンスの円熟と衰退を描く書籍である。
十六世紀のイタリアの衰退の要因は都市国家が分立し、外国軍の侵攻に統一国家として対抗できなかった点にある。しかし、だからダメであったとは言えない。

希望のまち東京in東部第41回読書会「諸国家連邦」

希望のまち東京in東部第41回読書会「諸国家連邦」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章の最終節「世界共和国へ」「5 贈与による永遠平和」「6 世界システムとしての諸国家連邦」を取り上げます。
日時:2017年5月27日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。参加者には「空き家活用と投資用マンション問題」などの資料を配布しています。
http://www.hayariki.net/tobu/
Facebookイベント
https://www.facebook.com/events/1711712892467756/

希望のまち東京in東部読書会第40回「カントの「永遠平和」」
希望のまち東京in東部は2017年5月20日(土)、読書会第40回「カントの「永遠平和」」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」「3 カントの「永遠平和」」以降を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/2015.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

日本海賊TVで東急不動産の合コン悪評判

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年5月20日、「東急不動産の合コン最悪と痴漢申告で青葉台駅人身事故」を取り上げた。コメンテーターはマック赤坂、増井麻理子、山内和彦、石川公彌子、田淵隆明、林田力。司会は須澤秀人。

東急不動産の合コンでは会計を下っぱに払わせる。東急不動産の合コンは体育会系のノリであるにも関わらず、セコい。東急不動産と付き合うことはフライパンの上から火の中に身を投じるようなものである。東急不動産に甘い顔をすれば付け上がるだけである。強く出る相手には土下座し、優しい相手には付け上がる。

青葉台駅人身事故は東急田園都市線の満員電車が問題である。東急田園都市線の混雑は最悪である。東急電鉄は多摩川の砂利を運んでいる感覚で人を運んでいるのではないか。東京メトロ東西線の門前仲町辺りの方が数値上は混雑率が高いとされるが、体感的には東急田園都市線の方が酷い。番組では東急電鉄が基準を都合よく扱って良い数字を出しているのではないかとの疑念が提示された。

東急不動産のマンションは、ディストピア感が溢れている。東急不動産だまし売りは残忍で、貪欲で、極めて非道徳的である。大手不動産会社の有利子負債が増えている。今後、不動産は半値八掛け二割引の世界になるだろう。「今が買い時」は意訳すると「今売りたい」になる。

タワーマンションを販売する連中は自分達では絶対に住まないとの指摘がある。マンション上層階居住者には高層階症候群と呼ばれる、様々な健康障害が起きることがある。高層階よりも低層階が住みやすい。高層階は不便である。まずエントランスまでが遠い。ちょっとコンビニが面倒である。立体駐車場はボタンを押して待つ時間が長い。夏と冬は特にきつい。

マック赤坂さんは東京都議会議員選挙で世田谷区から出馬を表明している。番組ではマック赤坂さんが政策を披露した。私は「うつ病・自殺対策として有害な抗うつ薬の使用禁止と悪徳精神科医の免許取り消し」が印象に残った。
http://www.hayariki.net/poli/hibiya.html
危険ドラッグ犯罪者が「抗うつ薬の副作用でブクブク太りました」と自白するように抗うつ薬と危険ドラッグは紙一重のところにある。危険ドラッグへの規制が強まり、向精神薬が合法ドラッグとして抜け穴になっている。この政策は過去の東京都知事選挙でも提唱されたが、タイムリーである。

Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.uk/dp/B06XQTKM1D/
東京外郭環状道路陳述 (林田力)(Kindle)
https://bookmeter.com/books/11820904

東急電鉄がランサムウェアに感染

東京急行電鉄は暗号化型ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)「WannaCry」に感染した。「WannaCry」は2017年5月12日夜から世界各地で急速に感染拡大したランサムウェアである。東急電鉄のパソコンには金銭を要求する画面が表示されたという(「サイバー攻撃 東急電鉄でもウイルス感染」NHK 2017年5月16日)。石井啓一国土交通相が2017年5月16日の閣議後記者会見で明らかにした(「石井国交相:東急でもPCウイルス被害」時事通信2017年5月16日)。

東急電鉄は社内のネットワークに接続されていないと説明するが、感染したということは、メールやWebブラウザでインターネットに接続されていたことを意味する。東急の言い訳体質は東急不動産消費者契約法違反訴訟と同じである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

東急の衰退を示すニュースもある。東京急行電鉄子会社の東急ホテルズは2018年1月末、成田エクセルホテル東急(千葉県成田市大山)の営業を終了する(「東急ホテルズ、成田撤退へ 価格競争激化影響か」日本経済新聞2017年5月19日)。成田国際空港の旅客数が過去最高で推移する中での撤退で、東急の競争力のなさを象徴する。

東急では過去にもセキュリティ事故が起きている。東急不動産の物件情報提供サイトは2010年1月20日13時13分に改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性が生じた(「東急不動産の関連サイトが改ざん - 複数の物件紹介ページが被害」Security NEXT 2010/01/22)。対象ページの閲覧者は「Gumblar」(ガンブラー)亜種に感染した可能性がある。

改ざんが発生したのは、「東急不動産の住まい」や「東急不動産の住まい・関西エリア」など複数のサイトである。「ブランズ川口栄町パークフロント」をはじめ、「Osaka福島タワー」「ブランズ西大津レイクテラス」「ブランズガーデン王寺スカイヒルズ」「ブランズタワー香里園ロジュマン」「VOX-City」など物件紹介ページが改ざんされた。また同社の商業施設「阿倍野プロジェクト」のページも含まれる。

東急リバブル株式会社渋谷情報開発センターからは2007年2月23日にAntinny(キンタマウイルス)に感染して、不動産査定報告書、下期活動方針、施設サービス計画書が流出した。

東急不動産らのマンション「幕張ベイタウンマリンフォート」の見込み客情報2549名分がWinny上に流出した(「マンション購入者情報など8100件がWinny上へ流出 - 広告代理店」IT保険ドットコム2006年4月14日)。

東急不動産から個人情報(顧客2名・取引先担当者24名の名前と電話番号)が2007年10月14日に漏洩した。本社従業員が会社貸与の携帯電話を紛失したことが原因である。発表は紛失の半月後であった(「個人情報の漏洩についてのお知らせとお詫び」2007年11月2日)。都合の悪い情報の開示を遅らせる点は東急不動産だまし売り裁判と共通する。
http://tokyufubai.web.fc2.com/wannacry.htm
[asin:B00R08OVGY:detail]
[asin:B00R1NR53O:detail]
東京外郭環状道路陳述 (林田力)
http://www.honzuki.jp/book/248620/
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B06XQTKM1D/
[asin:B071LD5TDT:detail
]

2017年5月18日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第144回「小池都政と都議選」

希望のまち東京in東部市民カフェ第144回「小池都政と都議選」
希望のまち東京in東部は2017年5月18日(木)、希望のまち東京in東部市民カフェ第144回
を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は「小池都政と五
輪」をテーマとしたが、都議選情勢が中心になった。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe86.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第145回
▼とき:2017年5月25日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、
1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒
歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加
できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。
軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びくださ
い。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年5月17日水曜日

日本海賊テレビで東急不動産合コン悪評判

#東急不買 #マンション #不動産
日本海賊TVで東急不動産合コン悪評判を取り上げた。東急不動産の合コンは体育会系のノリであるにも関わらず、会計を下っぱに払わせることはセコい。
東急電鉄の満員電車は最悪である。東京メトロ東西線の門前仲町辺りの方が数値上は混雑率が高いとされるが、体感的には東急田園都市線の方が酷い。

2017年5月16日火曜日

青葉台駅で飛び降り

#東急不買 #マンション #不動産
15日の20時過ぎ、東急田園都市線の青葉台駅で、痴漢申告を受けたとされる男性が線路に飛び降り電車に跳ねられ死亡する事故が発生した。根本的な問題は、東急電鉄の混雑である。
東急不動産だまし売りはイメージを壊して自分で自分のブランド価値を破壊する行為である。悪徳不動産業者に在籍したことは自慢にも箔にもならず逆にマイナスである。

2017年5月15日月曜日

東急不動産との合コンは最悪

東急不動産との合コンが最悪との評価がTwitterで2017年5月12日に呟かれた。
「今日の合コンがクソすぎて…東急不動産とは二度と合コンしない」
「本社が渋谷にあるって感じの民度でした。清楚でかよわそうな子にも飲ませてくるし」
「男だけで盛り上がるコミュ障。幹事以外結構な遅刻。その合コンを可愛い子達が気遣って盛り上げたのに割り勘」
「東急不動産は後輩がカードで支払う文化が根付いており、下っ端の幹事がとりあえずお会計した事が原因だと思うの。翌日先輩のデスクに集金行くんだって。あの文化なんなんだよ」

ネット記事でも不動産男子は会社名と年収で勘違いしていると指摘される。全くモテていないのに上から目線で残念という(「酒豪ガールが行く!合コン男子図鑑 15話:上から目線な不動産男子にイラッ!」ハウコレ2017年5月12日)。

マンションだまし売りの東急不動産らしい対応である。東急不動産だまし売り裁判でも消費者トラブルに際して一番下っ端を消費者対応させていた。東急不動産の担当者の質の悪さは、住環境破壊が批判されたマンション「ブランズ市川真間」「ブランズ市川レフィール」周辺住民からも指摘された。

東急不動産と関わると不幸になる。東芝も2007年に銀座東芝ビルを1610億円で売却した(東芝「銀座東芝ビル及び同土地の売却について」2007年9月19日)。東芝は原子力事業に経営資源を集中し、失墜した。銀座東芝ビルは爆買い終了で閑古鳥が鳴く東急プラザ銀座になった。これは2016年8月5日の日本海賊TV「金八アゴラ」で取り上げた。
http://www.hayariki.net/poli/hibiya.html
Tokyo Outer Ring Road and Autonomous Car (Makuraishido) (Japanese Edition) eBook Kindle
https://www.amazon.com.br/dp/B06XFHLT1Z/
[asin:B071RPGJYJ:detail
]
[asin:B0722QDRVW:detail]

2017年5月14日日曜日

日本海賊TVでブランズ六番町の住環境破壊

日本海賊TVでブランズ六番町の住環境破壊
インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年5月12日、「ブランズ六番町の住環境破壊」を取り上げた。コメンテーターは山内和彦、石川公彌子、田淵隆明、林田力。司会は須澤秀人。

東急不動産のブランズ六番町は住環境破壊が批判されている。近所の人が困っている。住民無視は東急不動産の体質である。東急不動産は破壊しかしないと番組では評された。
http://www.hayariki.net/poli/chii.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部市民カフェ第144回「小池都政と五輪」

希望のまち東京in東部市民カフェ第144回「小池都政と五輪」
東京都の小池百合子都知事は2017年5月11日、東京都が500億円とされる仮設施設整備費を負担すると表明しました。自民党都連の下村博文会長や五輪組織委の森喜朗会長は「決断が遅すぎる」と批判しますが、そもそも五輪はオールジャパンで取り組むものではないでしょうか。
内容
◯小池都政と五輪
◯フランス、韓国大統領選挙
◯その他
▼とき:2017年5月18日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/
希望のまち東京in東部の三つ折パンフレットは以下からダウンロードできます。
http://www.hayariki.net/tobu/hope.pdf

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ONE PIECE 6

尾田栄一郎『ONE PIECE 6』(集英社、1998年)は海上レストラン「バラティエ」の話の続きである。東の海最強の海賊艦隊の首領クリークが襲いかかる。ものすごい強敵になる筈であるが、そのような感じがない。海賊王を目指すルフィにとってはライバルにもならない存在である。

首領クリークが小物感を漂わせる理由は「ダマシ討ちのクリーク」の二つ名を持つように卑怯であるためである。白旗を上げる、海軍船を装うなどの騙し討ちを繰り返して成り上がった海賊である。東急不動産だまし売り裁判原告として最も嫌いなタイプである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

しかも、クリークには卑怯者の癖にプライドだけは英雄的という矛盾がある。偉大なる航路からの落ち武者にも関わらず、食料を得た途端に「これでまた再び、偉大なる航路を目指せる」と言ってしまう。鷹の目ミホークに壊滅状態にされて逃げてきたにも関らず、帰ろうとするミホークに喧嘩を売る。態度だけは、死ぬとしても立ち向かうゾロと同じである。

道化のバギーも非道なキャラクターであったが、自分の分を踏まえて必死に生きていた。だからバギーは悪役ながら愛される。表紙連載で再登場したほどである。それに比べるとクリークはマイナス評価しかない。
http://www.hayariki.net/onepi.html
[asin:B00Q0C1PCE:detail]
[asin:B00QPB0J2C:detail]
Why We Should Make the most of Vacant Houses (Japanese Edition) Kindle-editie
https://www.amazon.nl/dp/B00ON4V1YS
Tokyo Outer Ring Road and Autonomous Car (Makuraishido) (Japanese Edition) Version Kindle
https://www.amazon.es/dp/B06XFHLT1Z/

2017年5月13日土曜日

北條智彦さんと語ろう

北條智彦さんと語ろう
希望のまち東京in東部市民カフェ第146回は、北條智彦(きたじょう ともひこ)民進党・東京都第13区総支部長を迎えます。希望のまち東京in東部は若者の自立支援のための空き家の有効活用を求めています。「若い力。」を掲げる北條さんを迎えて、若者が希望を持てる街づくりを議論します。
北條さんは1982年11月24日生まれ、群馬県太田市出身です。慶應義塾大学経済学部を卒業。三井物産株式会社で機械・輸送システム本部航空交通部航空エンジン事業室プロジェクトマネージャーなどを経験しました。
▼とき:2017年6月1日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
▼主催:希望のまち東京in東部
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。
http://www.hayariki.net/tobu/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部第40回読書会「カントの「永遠平和」」

希望のまち東京in東部第40回読書会「カントの「永遠平和」」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」「3 カントの「永遠平和」」以降を取り上げます。
日時:2017年5月20日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。参加者には「空き家活用と投資用マンション問題」などの資料を配布しています。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部読書会第39回「世界共和国へ」
希望のまち東京in東部は2017年5月13日(土)、読書会第39回「世界共和国へ」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」を取り上げた。最終章の「1 資本への対抗運動」「2 国家への対抗運動」を扱った。
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

希望のまち東京in東部事務所蔵書の書評です。
仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
http://www.honzuki.jp/book/246670/review/171757/
アメリカ人の物語
http://www.honzuki.jp/book/245826/review/170373/
旧神郷エリシア (邪神王クトゥルー煌臨! ) (創元推理文庫)
http://www.honzuki.jp/book/246020/review/170380/

日本海賊TVのFacebookページがスポットとして公開されました。
チェックインできるようになりました。
https://www.facebook.com/japanpiratetv/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年5月12日金曜日

東急不動産だまし売り裁判

#東急不買 #マンション #不動産
東急不動産だまし売り営業やFJネクスト迷惑電話営業には現実の人間とは思えない空虚さがある。東急不動産だまし売りには反省なく、希望もない。

2017年5月11日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe86.html

市民カフェで議論になった共謀罪(テロ等準備罪)に対する管見です。
共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法
http://www.hayariki.net/poli/kanshi.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第144回
▼とき:2017年5月18日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。時間がある方は参加よろしくお願いします。軽食をご用意しておりますので、お気軽にご参加ください。皆様、是非足をお運びください。

希望のまち東京in東部第39回読書会「世界共和国へ」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」を取り上げます。いよいよ最終章です。
日時:2017年5月13日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。参加者には「空き家活用と投資用マンション問題」などの資料を配布しています。
http://www.hayariki.net/tobu/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年5月10日水曜日

ブランズ六番町不買運動

#東急不買 #マンション #不動産
日本海賊TVでブランズ六番町の住環境破壊を取り上げる。東急不動産のブランズ六番町は住環境破壊が批判されている。近所の人が困っている。
東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした。マンション購入は究極の買い物である。

ブランズ六番町不買運動

#東急不買 #マンション #不動産
日本海賊TVでブランズ六番町の住環境破壊を取り上げる。東急不動産のブランズ六番町は住環境破壊が批判されている。住民無視は東急不動産の体質である。
日本海賊TVでは共謀罪と著作権法の番組も放送した。日本海賊党と千葉海賊党の方と話した。

2017年5月8日月曜日

ワンピース9巻

#ワンピース #マンガ #レビュー
ワンピース9巻はアーロンパーク編の続きである。ナミの辛い過去と真意が明らかになる。それは壮絶なものであったが、さらにアーロン一味の裏切りが加わる。これは全てを御破算にするものであり、許し難い。実際、村人達に死を決意させるものであった。アーロンは嘘をついていないと開き直るだろうが、卑怯卑劣な行為には変わらない。

2017年5月6日土曜日

東京外環道と東急不買運動

#外環道 #東急不買運動 #都市計画
林田力『東京外環道と東急不買運動』(枕石堂)は2017年4月27日に実施した東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。今回は7回目で最後の意見陳述になる。会場の東京都千代田区の国土交通省(合同庁舎2号館)では鯉のぼりが泳いでいた。陳述には東急グループの問題も盛り込んでいる。
外環道は住民を元気付けるような希望を与えてきたと言えるだろうか。狡猾な笑いと共に住民の要求はあしらわれるばかりである。最近になってオリンピック競技場や東京都中央卸売市場、森友学園など土建国家・利権の問題が注目されるようになった。外環道も本質的に同じである。

【書名】東京外環道と東急不買運動/トウキョウガイカンドウトトウキュウフバイウンドウ/Tokyo Outer Ring Road and Boycott Tokyu
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。


東急不動産だまし売り裁判
旧都市計画法違反
外環ノ2練馬裁判
説明責任
財産権侵害
土地の合理的な利用
新しいモビリティー
空飛ぶモビリティー
自動運転車
自動運転車の動き
上海モーターショー2017
IT業界の動き
自動運転車の事故
ラストワンマイル
ドローン
移動需要の減少
VR
遠隔診療
節約志向
無責任体制
アスベスト
排水通気管の欠陥施工
完工リスク
東急建設リスク
談合体質
世紀東急工業の談合
結語

最近の漫画と格差社会

林田です。前々回の読書会で以下の話題が出ました。

希望のまち東京in東部読書会第37回「つぎのヘゲモニー国家」
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html
> 最近の漫画の主人公は大人物の息子になっている。どこの馬の骨か分からない人物が努力によって、のし上がるというストーリーは流行らなくなっている。

最近の漫画の傾向について書いた記事です。
『FAIRY TAIL』第31巻、格差社会では修業よりも仲間との絆 - リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/29053770/

次回読書会は以下です。
希望のまち東京in東部第39回読書会「世界共和国へ」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」を取り上げます。いよいよ最終章です。
日時:2017年5月13日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。
http://www.hayariki.net/tobu/

2017年5月5日金曜日

果鋭

『果鋭』は勧善懲悪のカタルシスはない。主人公が正義とは言えない。巨悪を滅ぼすことを目的としていない。それが逆に現実の深刻さ、救いがたさを示している。
主人公側も全て思い通りではなく、ヤクザが意地を通した面もある。その意味では御都合主義ではなく、物語のバランスが取れている。

2017年5月4日木曜日

日本海賊TVで東急不動産の遠隔医療抱き合わせ

インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年4月28日、「東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売」を取り上げた。コメンテーターは新界明一、山内和彦、石川公彌子、田淵隆明、林田力。司会は須澤秀人。

東急不動産の分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」の遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」は抱き合わせ販売になる。番組では東急不動産はマンションを売ろうと必死になっていると指摘された。余計なサービスを色々付ける。パソコンを購入したら、余計なサポートがついてくるPCデポとの類似性が指摘された。

抱き合わせ販売と言えば人気商品と不人気商品の抱き合わせをイメージしがちであるが、消費者本位で考えるものである。消費者にとって不要なものが付されるならば抱き合わせ販売になる。東急不動産は消費者ファーストが不徹底である。東急不動産には不透明な実態がある。首をかしげることが続いている。

東急不動産だまし売り被害は自己責任とは言えない。企業は都合の悪い情報も含めて出さなければならない。騙される方が悪いは詐欺師の詭弁である。東急不動産だまし売り営業がしたことは、気に入らなければ説明しなくていいということである。これは、気に入らないなら殺しても良いという思想に行き着く。消費者へのケアが必要である。消費者保護は規制強化が必要である。
http://www.hayariki.net/poli/torigoe4.html
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Edicion Kindle
https://www.amazon.com.mx/dp/B01N3BVU29/
東京外環道と自動運転車 (枕石堂)(Kindle)
https://bookmeter.com/books/11686099

日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発

日本海賊TVで豊洲問題と東急不動産の乱開発
インターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」が2017年4月21日、「築地市場改修案と東急不動産の乱開発」を取り上げた。コメンテーターは山内和彦(元川崎市議会議員)、石川公彌子(政治学者)、田淵隆明(公認システム監査人)、林田力(希望のまち東京in東部共同代表)。司会は須澤秀人(日本海賊党代表)。他には以下の話題を取り上げた。
・蜂蜜業界に激震、乳児ポツリヌス症
・英国で解散総選挙
・衆議院選挙区割り見直し
・イースター休暇に緊張高まる朝鮮半島
・トルコで大統領独裁体制
・台湾で日本人技師像の頭部切断
・米抜きTPP推進

東京都の市場問題プロジェクトチームの築地市場改修案への風当たりが強い。江東区にとって市場移転はメリットが乏しく、だからこそ千客万来施設を求めた。しかし、地下水を使った温泉には抵抗があり、千客万来施設は難しくなっている。

豊洲移転されたとしても、赤字を縮小するためには市場が使う部分を縮小する必要がある。そこで国際展示場案が活かせる。番組では新東京ビッグサイトとの命名が提案された。東京五輪のメディアセンターを豊洲市場予定地にするとの案も出た。

番組では消費者問題も取り上げた。騙される人が悪いは詐欺師の論理である。消費者に自己責任を押し付け、悪徳業者の利益を擁護する。消費者の目線に立てない人は政治家になるべきではない。弁護士としてもブラック弁護士になるだろう。
http://www.hayariki.net/koto/nuke.html
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com.au/dp/B01N3BVU29/
東京外環道と自動運転車 (枕石堂)
http://www.honzuki.jp/book/245949/

2017年5月3日水曜日

佼成病院裁判と院内感染

林田力『佼成病院裁判と院内感染』(枕石堂、2017年4月29日)は立正佼成会附属佼成病院裁判と裁判の証人尋問で証言された多剤耐性緑膿菌(multidrug resistance Pseudomonas aeruginosa; MDRP)の院内感染の問題を取り上げる。

立正佼成会附属佼成病院に入院後に死亡した患者の長女は、患者の死から2年後にカルテを見て患者の長男の意思で治療が中止されて母親は命を絶たれたことを知った。カルテを見ていなければ知らないままになるところであった。患者の長男が酸素マスクを拒否したから、呼吸が苦しくて喘いでいる患者に酸素マスクをしてあげずに、ことさら苦しめて死に至らしめた。

法的には家族には治療中止を代行する権限はない。あくまでも患者の自己決定権が優先される。病院は、入院患者のためを考えて24時間最善の医療を提供するものではないか。医療は、家族の都合で行われるものではなく患者の幸せを考えて行われるべきものである。「医療は患者の為にある」ことを見失っている。「命の大切さ」を議論して欲しい。

京都府・公益社団法人京都府看護協会『介護職員等喀痰吸引等京都府研修手順書(演習及びプロセス評価用)平成28年5月改訂版』「経管栄養の評価項目、評価の視点、実施手順」には「評価の視点」として「意識レベルの低い場合でも、利用者に処置の説明を行っているか」と記載する。患者の意識レベルが低くても本人に説明しなければならないものである。
http://www.hayariki.net/
[asin:B06XZ1N4B6:detail
]
[asin:B06Y57XQ7W:detail]
[asin:B071RPGJYJ:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.in/dp/B01N3BVU29/

ブランズ六番町は住環境破壊

東急不動産の新築分譲マンション「ブランズ六番町」は住環境を破壊する。ブランズ六番町は地上15階建て39戸のペンシルマンションであり、地域にそそぐわない。ブランズ六番町は東京都千代田区六番町2-4などに位置する。江戸時代から屋敷地としての歴史がある住宅地である。

同じ六番町の奇数番地には「六番町奇数番地地区地区計画」があり、建築物の高さも規制している。「六番町奇数番地地区地区計画」は「地区の街並みから突出した高層建築物の立地を制限することにより、地区内街区の居住環境の維持・創出を図る」と定める。

地区計画のある場所に接した高層マンション建設は脱法的である。東急不動産の計画には謙虚さというものが欠けている。東急不動産の姿勢は東急不動産だまし売り裁判から基本的に変わっていない。東急不動産は、憤慨している消費者や住民の感情を逆撫ですることを止めなければならない。消費者や住民を無視する偏狭な姿勢では上手くいくものも上手くいかなくなる。自由を志す者であれば誰でも東急不動産のやり方を甘受できない。

ブランズ六番町建設地は賃貸住宅であった(「【売買】六番町の賃貸住宅を取得、東急不動産が開発用に」日経不動産マーケット情報2016年12月20日)。事業主は東急不動産株式会社住宅事業ユニット首都圏住宅事業本部、設計者は株式会社熊谷組一級建築士事務所、施工者は株式会社熊谷組首都圏支店。着工は2017年3月15日、完成は2019年3月31日予定とする(「千代田区 東急不動産が六番町計画」建通新聞2017年2月28日)。

インターネット掲示板ではブランズ六番町は惨敗確実と見られている。囲まれ感のある立地であり、南道路が狭めである。あの間口の狭さでは車寄せは無理そうである。管理費も高そうである。いかなる力であろうとも、たとえどのような大きな力であろうとも、消費者や住民の意見自体を変えさせることはできない。

東急リバブル東急不動産の不誠実は東急不動産だまし売り裁判で明らかになった。彼らは嘘をつくだけでなく、もっと悪いことに嘘がばれても全然恥ずかしいとすら思わない。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは異常なことである。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは消費者にとってカタストロフィーである。

東急不動産だまし売りは消費者を直接痛めつける。消費者は東急リバブル東急不動産に振り回された。東急リバブル東急不動産は消費者契約法を分かっていないのではないか。東急リバブル東急不動産営業は無礼であり、人間的にさもしい。東急不動産だまし売り裁判では地上げブローカーという暴力団みたいなものも登場した。北朝鮮のような存在である。
http://www.hayariki.net/poli/chii.html
東急の消費者無視や住環境破壊は東急電鉄の満員電車の無策にも重なる。東急東横線の通勤で消耗したと指摘された。「わずか20分足らずの通勤電車で私は毎朝グッタリと疲れてしまった。電車に揺られている間、片時も気を抜くことが許されないと感じさせられたからである」(山田泰司「東横線の乗客は上海にいる怖い顔の自分そっくり」日経ビジネスOnline 2017年3月30日)

Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Formato Kindle
https://www.amazon.it/dp/B01N3BVU29/
東京外郭環状道路陳述 (林田力) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B06XQTKM1D

マンション敷地二重使用と東急コミュニティー解約記

東京都杉並区下高井戸のマンションの敷地二重使用問題は、東急不動産だまし売り裁判でも他人事ではない。カーサ桜上水では敷地内に戸建て住宅が新築され、マンションが建築基準法の規定を満たさない違法建築となった。

住民側は「行政指導などをくぐり抜け、住環境を侵害した」として、追加提訴も含め約120人が両社などを相手取り、住宅の撤去などを求める訴えを起こした(「マンション敷地に戸建て 二重使用で違法建築に 杉並区、是正命令も」産経新聞2017年4月24日)。うち最初に提訴した1人の訴訟の判決が2017年4月28日、東京地裁で言い渡された。

谷口安史裁判長は「住民に対応を検討する十分な機会を与えなかった」として戸建て用地を販売した「フロンティアライフ」に33万円の支払いを命じた。撤去請求は退けた(「東京・杉並の違法建築マンション 不動産業者に賠償命令 東京地裁」産経新聞2017年4月28日)。

実は東急不動産だまし売り裁判の舞台となった江東区東陽の新築分譲マンションでも違法建築に陥る危険があった。東急不動産だまし売りマンションでは、管理規約で住居専用と定め、事務所使用を禁止していた。ところが、ある住戸が管理規約に違反して事務所として使用していた。

これに対して管理会社の東急コミュニティーに善処を求めたが、東急コミュニティーは逆に事務所使用を可とする管理規約改正を管理組合に提案してきた。面倒ごとを避けようとする不誠実な姿勢であった。

この東急コミュニティーの規約改正提案は建築基準法の観点からも暴論であった。事務所使用を認めると東急不動産だまし売りマンションは法定容積率を上回り、建築基準法違反となり得る。東急不動産だまし売りマンションは共同住宅の共用廊下等の部分に係る容積率の不算入措置を受けている。
http://www.hayariki.net/poli/cult7.html
ところが事務所使用されるならば、「共同住宅の共用廊下等の部分」の面積(内廊下等)が容積対象面積となってしまう。その結果、現行法定容積率を上回る。建て替え時は容積率を減少させなければならなくなる可能性がある。東急コミュニティーの提案は、その場しのぎの何も考えていないものであった(林田力『東急コミュニティー解約記』「事務所使用推奨の不見識」)。東急コミュニティーは他にも様々な杜撰な管理があり、東急コミュニティーを管理会社からリプレースした。
[asin:B00PEJ3Y1Y:detail]
[asin:B00PNNGEUO:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Version Kindle
https://www.amazon.es/dp/B01N3BVU29/
東京外環道と自動運転車 (枕石堂) Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XFHLT1Z/

2017年5月2日火曜日

院内感染

#病院 #医療 #院内感染
林田力『佼成病院裁判と院内感染』(枕石堂)は『佼成病院裁判』(枕石堂、2016年9月25日)の続編である。立正佼成会附属佼成病院裁判は患者の利益を考えた治療をしたか、患者の命の処分は適正な手続きの基で行われたのかを、患者の長女が訴えた裁判である。高齢者の尊厳を守る重大な裁判である。高齢者の人権を守る裁判である。
立正佼成会が経営する東京の佼成病院では、患者の家族が患者の経鼻経管栄養の滴下速度を担当医師の許可を得ることなく速める事件が起きた。無資格者の患者の家族が、患者の経鼻経管栄養の滴下速度を勝手に変更した。
佼成病院では、患者の経鼻経管栄養の開始時刻、終了時刻の記録を付けていなかった。証人尋問で原告代理人の「開始した時刻、終了した時刻の記録はつけていないのでしょうか」の質問に対して担当医師は「みたいですね」と回答した。流入速度を速められたことを把握できないとは杜撰な管理に驚きを禁じ得ない。経管栄養という栄養法は、誤嚥性肺炎を起こしやすく、患者の死にいたるリスクが高いため細心の注意が要求される。入院患者の安全が心配になる。
佼成病院は、患者の経鼻経管栄養の管理が杜撰であったが、高齢者の治療中止の決定や手続きも簡単であった。患者の長男は、数々の治療を拒否した。頻繁に見舞いに行っている患者の長女は、母親の治療中止を何も知らされなかった。患者の長男が酸素吸入を拒否したため、担当医師は息ができない患者に自力呼吸をさせた。
夜死んではまずいので、患者は、夜だけ酸素をしてもらえて昼間は外されるという苦しい状態が続いた。佼成病院の医師は「もとより酸素があるほうが本人(患者)は楽であろうが、夜間に最期を迎えて家族をあたふたさせることがないようにとの配慮である」と述べた。
患者は、生きようと目を剥きだして必死で息をしていた。残酷極まりないことである。担当医師は目を剥きだしている患者を前にして「苦しそうに見えますが、今お花畑です」と言った。何も知らない原告は、何のことだか分からなかったが、母を助けることができずに今でも苦しい思いをしている。
酸素吸入は、生活の質(QOL)を改善し寿命をのばすことが分かっている。患者本人の承諾を得ずに、長男の要請だけで治療が中止されるならば、患者はおちおち入院していられなくなる。病院は、都合の良い「姥捨て」になる。医療は、病院の都合で行われるものではない。命を何だと思っているのか。人の命は、他者の自由にはならないものである。
さらに佼成病院では入院患者の死因が多剤耐性緑膿菌多剤耐性緑膿菌(multidrug resistance Pseudomonas aeruginosa; MDRP)の院内感染であると医師から証言された。これは裁判の証人尋問で明らかになった。東京地方裁判所610号法廷で2016年6月1日に行われた。

【書名】佼成病院裁判と院内感染/コウセイビョウインサイバントインナイカンセン/The Suit against Kosei Hospital and Nosocomial Infection
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido

佼成病院裁判
立正佼成会附属佼成病院裁判・第9回口頭弁論
高齢者の命の尊厳を訴えた裁判
立正佼成会附属佼成病院で院内感染の証言
日本海賊TVで佼成病院の院内感染
東京地裁判決
意思確認
因果関係
日比谷公園の紅葉
医療裁判
滴下速度の変更
延命措置
日本海賊TVで佼成病院裁判判決
高齢者治療中止佼成病院裁判は控訴します
立正佼成会附属佼成病院裁判控訴
立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審
佼成病院裁判控訴審第1回口頭弁論
日本海賊TVで佼成病院裁判控訴審
佼成病院裁判控訴審始まる
佼成病院裁判FC2
佼成病院裁判ニコニコ動画
佼成病院裁判相関図
佼成病院裁判控訴審第1回口頭弁論傍聴お願い
佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論傍聴お願い
佼成病院裁判控訴審第2回口頭弁論告知
病院で点滴の事故が相次ぐ
日本海賊TVで病院点滴事故
日本海賊TVで立正佼成会信者減少
『佼成病院裁判』
『死の自己決定権のゆくえ』
『お金持ちのための最強の相続』
『長生きしたけりゃパンは食べるな』
『長生きしたけりゃ、今すぐ朝のパンをやめなさい』
『老いない体』

2017年4月30日日曜日

FJネクストは障害

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は消費者や住民の障害である。迷惑勧誘電話でワンルームマンションを販売することはフィデューシャリー・デューティー(Fiduciary duty)に違反する。ワンルームマンションは住環境を破壊する。東京都千代田区の「六番町奇数番地地区計画」は「ワンルーム形式の集合住宅が集中することを避け、定住を目的とした住宅を供給するよう誘導する」と定める。

オラガ総研の牧野知弘社長は不動産が負債になると指摘する。「価格が一定以上下がってしまい、売ることもできず、貸すこともできず、かといって誰も使わないということになれば「負債」といっても過言ではありません」(柳生譲治「「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も」日経ビジネスOnline 2017年4月18日)

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設には暗黒的な邪悪さがある。迷惑勧誘電話の声の色は邪欲に満ちた鉛色である。目に見えるような邪悪な気配に包まれている。それは貪欲の子であり、不公正の兄弟であり、危難の父である。FJネクストのように消費者や住民を不幸にしながら、生き急ぐことに一体どのような価値があるというのか。短期間で金を稼ごうとすると、色々な人に負荷がかかる。

FJネクストの消費者感覚の欠如は異常である。あまりに悪徳不動産業者の常識を固持し続けている。全ての面において消費者感覚と正反対である。FJネクストの消費者無視の体質は、自社社員を乗せるために搭乗していた乗客を無理やり引きずり降ろした米ユナイテッド航空と重なる。迷惑電話や悪質マンション建設を繰り返すFJネクストに親切にする必要はない。
http://www.hayariki.net/poli/marx.html
[asin:B00OWSLBUE:detail]
[asin:B00P6L27O0:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01N3BVU29/

2017年4月29日土曜日

共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法

共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法
インターネット動画放送局「日本海賊TV」では共謀罪(テロ等準備罪)の特集番組を放送します。私は「共謀罪(テロ等準備罪)と著作権法」を担当します。
http://www.hayariki.net/poli/kanshi.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」

希望のまち東京in東部読書会第38回「「世界史の構造」を読む」
希望のまち東京in東部は2017年4月29日(土)、読書会第38回「「世界史の構造」を読む」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『「世界史の構造」を読む』から「生産点闘争から消費者運動へ」を取り上げる。
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

以下は予定ですが、テーマが差し替えられる可能性があります。

希望のまち東京in東部第39回読書会「世界共和国へ」
柄谷行人『世界史の構造』の最終章「世界共和国へ」を取り上げます。いよいよ最終章です。
日時:2017年5月13日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回「空き家活用」
希望のまち東京in東部の原点である空き家の活用を議論します。
▼とき:2017年5月11日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月28日金曜日

FJネクスト迷惑電話

#書評 #レビュー #ビジネス
FJネクスト迷惑電話に比べれば、縁日の香具師の方が真面目である。ガーラ・プレシャス東麻布やガーラ・グランディ木場などのFJネクストの悪質マンション建設は地域を劣化させる。悪徳不動産営業は目がぎらついて、汗の臭いが臭い。

Re: 再配達問題、ヤマト運輸の疲弊

林田です。
昨日はプレ・プレミアムフライデーということにして、国土交通省にて外環道の意見陳述をしてきました。

一昨日は下記のように書きました。
> 外環道の陳述は明日も行いますが、そこでは再発立つ問題の取り組みを評価するスタンスは維持しつつも、そのあたりも触れたいと思います。

以下が陳述内容です。
***
環境省は再配達の負担を減らすために「COOL CHOICEできるだけ一回で受け取りませんかキャンペーン〜みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト」を始めました。そのキックオフイベントを2017年3月29日に開催しました。環境省に比べると、環境破壊の外環道建設に固執する国土交通省の古さが際立ちます。外環道は土地の合理的な利用ではなく、都市計画法に違反します。

再配達問題解決の取り組みは、外環道を建設して渋滞を解消しようとする国土交通省に比べれば、はるかに的を射ています。それでも現在の対策は、宅配ボックスを個人宅に設置させる、消費者に駅などの宅配ボックス設置場所に取りに来させるなど、消費者の負担と努力で問題を解決させようとしています。この点で依然として日本の官僚的な発想です。
これに対して企業間取引のEDIの世界ではAdvanced Shipping Notice; ASNというものがあります。従来は企業間の取引では商品と伝票が同時に送られていました。これに対してASNは事前出荷通知で、納品内容や納品日時を商品搬送前に電子的に送付します。商品を受け取る企業は納品内容と納品日時を把握できるため、事前に要員計画や準備ができ、効率的な商品搬入が可能となります。
個人宅への再配達が負担になっているならば、このようなシステムを消費者取引にも応用することで解決していくべきです。社会問題は、国民に理解と協力を一方的に求める官僚的な発想ではなく、サービス業の精神で解決していくべきです。
***

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急建設の瀬上沢の自然破壊

東急建設の瀬上沢の自然破壊について話がありました。
過去に書いた記事です。

FJネクストと東急建設・上郷開発の自然破壊
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)のガーラ・グランディ木場新築工事(江東区東陽)と東急建設の上郷開発(横浜市栄区上郷町猿田地区)は自然を破壊する。ガーラ・グランディ木場新築工事は緑地を10階建てワンルームマンション、上郷開発は里山を住宅地や商業地として開発する。
http://tokyufubai.web.fc2.com/kamigo.htm

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月27日木曜日

どんなメールを書いているのか

#書評 #レビュー #ビジネス
『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』は仕事を速く進めるためのメールの書き方を解説した書籍である。本書から最も感じたことはパソコンのメールと携帯電話のメールは全く異なるということである。携帯メールの感覚でメールを書くと大失敗する。ここは押さえておかなければならない。

2017年4月26日水曜日

再配達問題、ヤマト運輸の疲弊

前回の読書会では再配達問題、ヤマト運輸の疲弊に言及されました。

希望のまち東京in東部読書会第37回「つぎのヘゲモニー国家」
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

私は3月に実施した外環道の意見陳述で、この問題に言及しました。
そこでは物流問題の解決は再配達問題の取り組みのように的を射た解決をすべきで、外環道のような昭和の大型開発に固執することは時代遅れというスタンスです。
そのため、再配達問題の取り組みを評価しました。
特に官業独占・民業圧迫問題でヤマト運輸と官僚が対立していた過去からすると、ヤマト運輸と政府が再配達問題の解決に一緒に取り組むことを胸が熱くなる展開です。

以下が陳述の文章です。
***
ヤマト運輸は2017年3月7日、自宅以外で荷物を受け取れる宅配ロッカーの配備を前倒しする方針を明らかにしました。時事通信の2017年3月7日付記事「ヤマト、宅配ロッカー前倒し=再配達削減が急務—各社」が報道しました。
日本政府は駅や商業施設など外出先で荷物を受け取れる「宅配ロッカー」の普及を促す方針を出しました。平成29年度から、ロッカーを設置した事業者に対し、他の業者も使用できることを条件に費用の50%を補助する制度を開始します。平成29年度予算案に設置促進費として5億2千万円を計上しました。産経新聞の2017年3月9日付記事「宅配ロッカー設置に補助金 政府、予算案5.2億円計上 29年度」が報道しました。
ヤマト運輸と日本政府が同じ方向を向いて物流のボトルネック解消に取り組みます。ヤマト運輸と政府は、かつて郵便という独占事業による民業圧迫の問題で対立していました。その過去を踏まえると、驚くべき展開です。時代は動いています。社会は動いています。官僚が一方的に決定する官僚主導経済の時代ではなくなりました。外環道のような土建国家の残滓は見直しを求めます。
***
一方で読書会で指摘された、政府や企業の裏の思惑を見る視点もあると思います。
外環道の陳述は明日も行いますが、そこでは再発立つ問題の取り組みを評価するスタンスは維持しつつも、そのあたりも触れたいと思います。

時下の読書会は以下です。

希望のまち東京in東部第38回読書会「「世界史の構造」を読む」
日時:2017年4月22日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ブランズシティ世田谷中町抱き合わせ

#東急不買 #遠隔医療 #遠隔診療
日本海賊TVで東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売を取り上げる。
東急不動産の遠隔医療サービス導入は抱き合わせ販売である。これは遠隔医療サービスの普及を逆に阻害する。東急不動産は2017年4月から分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」で遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を導入する。購入者はマンション購入者向けサービス「BRANZサポート」の居住者専用サイト「BRANZ SUPPORT WEB」を通じて小児科オンラインに接続し、自宅から小児科医に相談できる。
医師への相談料は東急不動産が負担する(「LINEで医師に相談できる「小児科オンライン」マンション業界で導入」アスキー2017年3月29日)。これはマンション販売価格にコストが上乗せされていることを意味する。つまり、抱き合わせ販売である。購入者は小児科オンラインを利用してもしなくても、小児科オンライン利用料相当のコストを上乗せされたマンション販売価格で購入しなければならない。
http://www.hayariki.net/poli/torigoe4.html

東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売

東急不動産の遠隔医療サービス導入は抱き合わせ販売である。これは遠隔医療サービスの普及を逆に阻害する。東急不動産は2017年4月から分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」で遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を導入する。購入者はマンション購入者向けサービス「BRANZサポート」の居住者専用サイト「BRANZ SUPPORT WEB」を通じて小児科オンラインに接続し、自宅から小児科医に相談できる。

医師への相談料は東急不動産が負担する(「LINEで医師に相談できる「小児科オンライン」マンション業界で導入」アスキー2017年3月29日)。これはマンション販売価格にコストが上乗せされていることを意味する。つまり、抱き合わせ販売である。購入者は小児科オンラインを利用してもしなくても、小児科オンライン利用料相当のコストを上乗せされたマンション販売価格で購入しなければならない。

遠隔医療自体は普及が歓迎できることである。3時間待ちの3分診療という無駄を避ける上で有効である。また、立正佼成会附属佼成病院で医師が入院患者の死因が多剤耐性緑膿菌の院内感染であると証言したような、病院で病気をもらうことを避ける上で有効である。

しかし、遠隔医療のメリットは距離の制約を取り去れることにある。消費者の選択肢が広がったことにある。消費者が主体的に選択できることに意味がある。東急不動産のサービスを利用しない自由もあるが、コストはマンション価格に上乗せされる。

抱き合わせ販売が問題となる理由は消費者の選択権を奪うことに加えて、市場を阻害することにもある。ブランズシティ世田谷中町購入者は無料で利用できるということは、遠隔医療サービスに直接対価を払わないことになる。このような抱き合わせが横行すると遠隔医療サービスが育たなくなる。
http://www.hayariki.net/poli/torigoe4.html
マンション抱き合わせの遠隔医療サービスは、子どもの自立にも逆効果である。マンション育ちの子どもの課題は、1階まで降りることが面倒で出不精になることである。運動不足やストレスがたまる。外出する機会が少なくなることで、親の干渉を受けやすくなり、自立が遅れる。意識的にマンションから離れることが必要であり、マンション備え付けのサービス利用は逆効果になる。
[asin:B00OGGS2TU:detail]
[asin:B00ON4V1YS:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B01N3BVU29/

2017年4月22日土曜日

希望のまち東京in東部第38回読書会「「世界史の構造」を読む」

希望のまち東京in東部第38回読書会「「世界史の構造」を読む」
柄谷行人『「世界史の構造」を読む』を取り上げます。
【内容紹介】『世界史の構造』刊行以降の思想の深化を踏まえ、3・11原発震災後に直面した新たな状況と終焉に向かう資本主義を眼前にして、いち早く著者自身によって読み返された『世界史の構造』とその後の思考の展開。大澤真幸、苅部直、岡崎乾二郎、奥泉光、佐藤優、島田雅彦、高澤秀次、山口二郎らとの、『世界史の構造』をめぐる徹底討議七本を併録した、著者自身による『世界史の構造』読本であり、同時に、反原発闘争に方向性を与えるアクチュアルな指針を提示。「震災後に読む『世界史の構造』」(書き下ろし150枚)収録。
日時:2017年4月22日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。
http://www.hayariki.net/tobu/
ゴールデンウィークなどで、しばらく市民カフェや読書会をお休みします。ご注意ください。
2017年4月27日はゴールデンウィーク及びプレ・プレミアムフライデーのため、市民カフェをお休みします。
2017年5月4日はゴールデンウィークのため、市民カフェをお休みします。
2017年5月6日はゴールデンウィークのため、市民カフェをお休みします。

希望のまち東京in東部は2017年4月22日(土)、読書会第37回「つぎのヘゲモニー国家」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」の後半を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/igajin.html

希望のまち東京in東部市民カフェ第143回
▼とき:2017年5月13日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』

林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』(枕石堂、2017年3月27日)はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」のレポートを中心に収録する。林田力は「金八アゴラ」にコメンテーターとして出演し、東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の立場から東急グループの問題を紹介している。

東急不動産だまし売り被害は氷山の一角である。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は消費者の苦しみを全くわかってない悪い企業である。自分達だけの利益追求、周りは損をしても構わない。そのような商売は長続きできない。開発、人口増加、経済成長という浅い考えから抜け出せていない。

東急不動産だまし売りは特殊詐欺と変わらない。東急不動産だまし売りの手口は巧妙である。ブローカーが暗躍する。東急不動産だまし売りのような詐欺が許されるなら日本株に投資する外国投資家は居なくなる。21世紀にもなって、これほど品性下劣な悪徳不動産業者を野放しにしていることは、ただただ日本の恥である。
http://www.hayariki.net/
東急不動産だまし売り裁判が広がることは、マンションだまし売りの抑止力になる。東急不動産マンションは買わないことが一番である。悪徳不動産業者の世界では無理かもしれない。しかし、東急不動産不買運動の世界では、しばしば物事が単純に運ぶものである。
[asin:B00OE5VRUO:detail]
[asin:B00OF2T2HG:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.uk/dp/B01N3BVU29/

2017年4月21日金曜日

都民ファーストの会豊島区議団の活動報告会

都民ファーストの会豊島区議団の活動報告会が開催されます。

小池百合子東京都知事並びに高野之夫豊島区長をお招きし、「都民ファーストの会豊島区議団」の活動報告会を開催する運びとなりました。本橋弘隆幹事長からもお話しをさせて頂きます。
公私ともにお忙しいとは存じますが、是非ともご出席賜り、皆様方の力強いご支援を賜りますようお願い申し上げます。
◆日時:5月8日(月)18:30〜(開場時間18:00)
◆会場:ホテルメトロポリタン3階「富士」 
◆会費:2,000円(資料代)
◆問合せ先: 都民ファーストの会 豊島区議団

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月20日木曜日

書評『青年将校ジョージ・ワシントン』

西川秀和『アメリカ人の物語1青年将校ジョージ・ワシントン』(悠書館、2017年)はジョージ・ワシントンの青年時代と独立戦争勃発に至るアメリカ植民地の歴史を描く書籍である。アメリカ史に登場する魅力的な人物を取り上げるシリーズの第1巻である。

ワシントンは有名な人物であるが、アメリカ独立戦争の指導者で初代大統領ということくらいしか知られていない。本書は青年時代のワシントンを詳しく述べている。著者はワシントンに傾倒し、体型まで近づけようとトレーニングに励んでいると紹介されるが、本書は偉人伝のような書き方ではなく、批判精神を持っている。

たとえば奴隷制度への記述がある。また、ワシントンはフレンチ・インディアン戦争では軍人として命令違反とも評価できるようなイケイケドンドン的なことをしている。ワシントンを無条件に賛美すると、日本の戦前戦中の関東軍将校を批判できなくなる。

ワシントンに限らず、独立戦争に至るアメリカ植民地人には危うい熱狂が感じられる。日本の幕末の尊皇攘夷や戦前のファシズムのような。良くも悪くも近現代の日本と関係の深い国は米国である。意外と日本人と米国人は似ているところがあるかもしれない。

米国が独立に至る背景として、フレンチ・インディアン戦争がある。戦争に主体的に参画したという経験が独立の原動力になる。これは一つの歴史的な真実である。古代ギリシアのポリスの参政権は戦争への参加の義務と対になっていた。そのために自前で武装する財力のない平民には参政権がなかったが、軍船の漕ぎ手として参戦することで参政権が認められた。第一次世界大戦後にヨーロッパ諸国で女性の参政権が認められるようになったが、それは総力戦下における軍需物資生産など女性の戦争協力が背景にある。

それにしても、アングロサクソンの底力には恐ろしさを感じる。序盤はフランスが優勢であった。イギリス側はどうしようもない状態であった。しかし、最後には逆転し、圧倒的な勝利にまで持っていく。日本が太平洋戦争で敗北したことも納得してしまうような底力である。

本書では、先住民のインディアンが虐げられるだけの存在でも、平和的な部族でもないことが描かれている。頭の皮を剥ぐという残酷な行為が普通に行われている。捕虜の扱いというような論理も通用しない。最近はインディアンの思想を高く評価する向きもあるが、ここでは非文明的な未開の部族の印象を受ける。

アメリカで独立運動が盛り上がった背景として、独立前から植民地議会があり、一定の自治があったことが挙げられる。絶対王政の下ならば、どれほど圧政であったとしても独立の動きは遅れたのではないか。そのように考えると皮肉である。

また、これは次巻以降で詳述されるだろうが、独自の議会を持っていた十三州がまとまったことが力になった。一般に独立は分散化をもたらすことが多いため、これは世界史的に珍しい。それが米国を超大国にさせるまでの強みになったと言えるが、それは規模の経済が機能した19世紀や20世紀の強みである。スロベニアは分離独立して経済発展した。依然として、スコットランド独立運動など分散化の独立運動が活発である。ダウンサイジングの現代は分散することの強みもあるだろう。

米国の独立が世界史的に見て稀有なことであることは経済構造にもある。植民地時代の米国はモノカルチャーであり、英国商人が価格決定権を握っていた。これは世界中の植民地と同じである。ほとんどの植民地は独立後もモノカルチャーは変わらず、経済的には先進国に従属し続けている。

これに対してワシントンは植民地時代から農場主として、モノカルチャー脱却を進めていた。現在でも多くの旧植民地がモノカルチャーで不安定な経済であることを踏まえれば、恐るべき慧眼である。ここにも米国が単に独立しただけでなく、超大国になる要因がある。

そして経済面で植民地人が英国に抵抗する手段には英国製品不買運動があった。英国製品不買運動は、最初の大規模な大衆による政治運動と評されている(357頁)。不買運動の強みは製品を購入しないという日常的な行動で参加できることである。政治運動と言えばデモや集会のイメージが強いが、むしろ不買運動こそ強力である。現代日本でも不買運動のアプローチを活用すべきだろう。

米国植民地の英国製品不買運動によって、英国の工場は閉鎖され、多数の労働者が失業した。失業者は不買運動をした植民地人を恨むのではなく、植民地人の求める印紙法を撤廃するよう英国政府に圧力をかける側で動いたと見られた(358頁)。この心理構造は興味深い。

日本では雪印食中毒事件など企業不祥事で経営が苦境に陥った場合でさえ、食中毒になる食品を食べるかもしれない消費者よりも、失業する労働者に同情が集まりがちである。日本は消費者よりも生産者の論理を優先する。この時代のイギリス労働者の方が会社人間ではなく、生活者感覚を持っている。
http://www.hayariki.net/poli/shiminha.html
最後に本書は植民地人の宗教観についても述べている。これは当時の人々の考え方を知る上で有益である。植民地時代のアメリカではクリスマスは宗教的な儀式であり、厳粛なものであったという(289頁)。最近の日本はクリスマスだけでなく、ハロウィンまで馬鹿騒ぎイベントとして導入されているが、由来を真剣に考えなければ冒涜になる。
[asin:B06XVXM8YH:detail]
[asin:B06XZ1N4B6:detail]
[asin:B06Y57XQ7W:detail]
投資マンション不買運動 (枕石堂) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B01N3BVU29

希望のまち東京in東部市民カフェ第142回「北朝鮮ミサイル発射」

希望のまち東京in東部市民カフェ第142回「北朝鮮ミサイル発射」
希望のまち東京in東部は2017年4月20日(木)、希望のまち東京in東部第142回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は北朝鮮のミサイル発射などをテーマとした。東急不動産だまし売り裁判も紹介した。
東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)では東急不動産(販売代理:東急リバブル)が、隣地が建て替えられることを隠して新築分譲マンションをだまし売りした。東急リバブル東急不動産は隣地建て替えによって日照や眺望、通風がなくなることを知っていながら、それを説明せずに販売した。それは人として問題であるとの感想が寄せられた。この希望のまち東京in東部事務所の直ぐ南側に問題のマンションがある。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe86.html

市民カフェで言及された十条駅西口再開発です。
東急不動産の十条駅西口再開発は街壊し
http://book.geocities.jp/hedomura/jujo.html

希望のまち東京in東部事務所蔵書の書評です。
アメリカ人の物語
http://www.honzuki.jp/book/245826/review/170373/
旧神郷エリシア (邪神王クトゥルー煌臨! ) (創元推理文庫)
http://www.honzuki.jp/book/246020/review/170380/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2017年4月19日水曜日

『旧神郷エリシア 邪神王クトゥルー煌臨!』

ブライアン・ラムレイ著、夏来健次訳『旧神郷エリシア 邪神王クトゥルー煌臨!』(創元推理文庫、2017年)はSFファンタジー小説である。クトゥルー邪神群との最終決戦である。タイタス・クロウ・サーガの完結編である。タイタス・クロウ・サーガと銘打っているが、本書の実質的な主人公はタイタス・クロウよりも、ド・マリニーがふさわしい。

本書は神話的なファンタジーの世界観であるが、科学技術が発達した世界でもある。優れた魔術師が有能な数学者でもある(317頁)。科学が進むと魔術と変わらないように見えることは面白い。19世紀的な科学万能主義からのオカルト排斥は時代遅れである。

量子力学の不確定性原理を知ったならば、物理法則で説明できないことは存在しないという教条的な科学万能論こそが非科学的になる。昭和の科学少年はラジオを分解して構造を確認したかもしれないが、現代のスマホなどはブラックボックスであることを問題なく受け入れられている。
http://hayariki.sa-kon.net/
哲学者のカントは他人を単に手段として扱ってはならないと指摘した。主神クダニドがド・マリニーに期待したことは、カント流の倫理観では許されないことであった。彼を手段として扱うことにであった。神話的な神は人間臭く、倫理的に完璧でないことが多いが、それにしても褒められたものではない。本書では事前にクロウに相談し、彼に許しを求めているところ(60頁)が救いである。主神に恥じない倫理性を発揮している。
[asin:B00NLFO07U:detail]
[asin:B00O59KIW2:detail]
Boycott Mansion Investment (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01N3BVU29/

お大事に

お大事になさって下さい。読書回は、しばらくは世界共和国のような政治体制の話になると思います。アソシエーションから具体的に今の生活を変える話に進めれば良かったのですが、それは後回しになりそうですので、体調が良くなってから出られると丁度良いと思います。

2017年4月18日火曜日

東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV

#東急リバブル不買運動 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV』はインターネット動画放送局・日本海賊TVの番組「金八アゴラ」のレポートを中心に収録する。林田力は「金八アゴラ」にコメンテーターとして出演し、東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の立場から東急グループの問題を紹介している。

【書名】東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV/トウキュウフドウサンダマシウリサイバントニホンカイゾクテレビ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

東急不動産だまし売り裁判提訴12周年
日本海賊TVで東急電鉄ヒール女性蔑視広告
楽天の復活策は二子玉川ライズ本社脱却
日本海賊TVで二子玉川ライズ本社脱却
二子玉川ライズ本社企業社員が覚醒剤密輸で逮捕
日本海賊TVで二子玉川ライズ本社社員の覚醒剤事件
二子玉川ライズ本社企業に中国で不買運動か
日本海賊TVで二子玉川ライズ本社企業不買運動
東急田園都市線の車内で男性が暴れて死亡
東急建設らの外環道工事に住民避難計画なし
世紀東急工業らアスファルトのカルテル容疑で立ち入り検査
日本海賊TVで世紀東急工業カルテル
日本海賊TVで豊洲市場予定地を国際展示場にと提言
中央卸売市場
民泊は東京都議選争点
二元代表制
百条委員会
都政
開塾式
地方自治の実態
都市経営
自治体首長
21世紀
江戸東京
希望のまち東京in東部市民カフェ第132回「宮沢賢治」
希望のまち東京in東部市民カフェ第133回「共謀罪と働き方改革」
希望のまち東京in東部市民カフェ第134回「築地市場」
希望のまち東京in東部市民カフェ第135回「最低賃金と中小企業問題」
希望のまち東京in東部市民カフェ第137回「森友学園」
希望のまち東京in東部市民カフェ第138回「三島由紀夫と東大全共闘」
希望のまち東京in東部読書会第30回「労働力の商品化」
希望のまち東京in東部読書会第30回「労働力の商品化」評
希望のまち東京in東部読書会第31回「会社はだれのものか」
希望のまち東京in東部読書会第33回「道徳感情と美学」
希望のまち東京in東部読書会第34回「アソシエーショニズム」
希望のまち東京in東部研究会「トランプ流の製造業の復活はあるか?」
『国家とハイエナ』
『"悪夢の超特急"リニア中央新幹線』
『ヒール 先生はいつだって上田馬之助だ!』
『笑いと涙を届ける「結婚式の司会」という仕事』
『百億の昼と千億の夜』
『へうげもの 2』
『ONE PIECE 84』
『鋼の錬金術師』
『アルキメデスの大戦』
『おんな城主直虎』第7回「検地がやってきた」
東芝
統計値
教育問題

築地市場改修案と東急不動産の乱開発

東京都の市場問題プロジェクトチーム(小島敏郎座長)の築地市場改修案は東急不動産の乱開発と同じになる危険がある。2017年4月8日の市場業者との意見交換会で、豊洲市場予定地の施設を解体し、高層マンションなどの開発業者に売却する考え方を示したためである(「「築地改修費734億円」提示 東京都の市場PT座長が意見交換会 業界トップは欠席」産経新聞2017年4月8日)。解体費用は約150億円、売却額は3200億円から4370億円と試算する。

これに対して江東区の山崎孝明区長は猛反発する。「豊洲市場を解体して売るとはとんでもない考え方。寝耳に水の話。マンション業者に売ることがあるとすれば学校はどうする、公共施設はどうする、交通はどうする。さまざまな問題を江東区が抱える。そういった相談なしに提案すること自体、非常に憤慨している」(「東京・江東区長 都PTの"豊洲売却案"に憤慨」Tokyo MX News 2017年4月11日)

山崎区長の憤慨には一定の理がある。江東区はマンションの乱開発で苦しめられた経緯があるためである。江東区は学校の準備が間に合わないなどとして豊洲の分譲マンションの販売延期を求めたことがある。ところが、東急不動産は無視して「プライヴブルー東京」の建設や分譲を強行した。そのために江東区はプライヴブルー東京に入居しても児童らの学校への受入れが困難であると公表した(「江東区の協力要請に応じないマンション事業計画に係る公表について」2003年12月3日)。

この問題は同じ江東区で起きた東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)とも接点がある。東急不動産だまし売りマンションを販売した東急リバブル営業はプライヴブルー東京を担当していた。マンションをだまし売りする営業は他の物件の販売でも問題がある。東急不動産の消費者無視、住民無視を示す話である。

豊洲市場移転反対論が江東区民から支持されるためには、豊洲市場予定地の魅力的な活用案を提示する必要がある。このために2017年2月10日の日本海賊TV「金八アゴラ」では国際展示場とすることを提言した。豊洲を軽視した移転反対論は弱い。日頃は大型開発や高層化を批判する政治勢力が豊洲市場予定地をマンション業者に売却する案に諸手を挙げて賛成するならば欺瞞である。

このテーマは東京都豊島区の「みらい館大明」で希望の塾塾生有志が2017年4月15日に開催したイベントで発表した。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)、門前仲町と浅草の違い、ワンルームマンション規制、中央卸売市場移転問題を話した。このイベントでは私のテーマ曲「江戸の空」も演奏された。記して感謝する。
http://www.hayariki.net/koto/nuke.html
投資マンション不買運動 (枕石堂)(Kindle)
http://bookmeter.com/b/B01N3BVU29

2017年4月17日月曜日

エフジェーネクストは障害

#FJネクスト不買運動 #迷惑電話 #不動産投資
エフジェーネクストは消費者や住民の障害である。迷惑電話や悪質マンション建設を繰り返すFJネクストに親切にする必要はない。FJネクスト不買運動の炎は静かに、そして確実に人々の胸の中で煽り立てられる。

2017年4月16日日曜日

東京外郭勘定道路陳述

#外環道 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東京外環道と自動運転車』は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年2月15日に東京都千代田区の経済産業省で行った。
意見陳述は今回で四回目になる。情報通信革命による自動運転や行動の変化、物流の変化などの未来像から外環道が巨大なお荷物になることを論じた。

【書名】東京外環道と自動運転車/トウキョウガイカンドウトジドウウンテンシャ/Tokyo Outer Ring Road and Autonomous Car
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

はじめに
シールドマシン発進式
旧都市計画法違反
政治リスク
撤退
説明責任
1940年体制
道路需要
弥富相生山線の中止
交通政策の見直し
自動運転車
実現性
受容
日本企業の動き
海外の動き
部品メーカーなど
小括
ラストワンマイル
移動需要
テレワーク
遠隔診療
VR
ドローン
小括
完工リスク
水害
建設事故続発
博多駅前道路陥没
おわりに

2017年4月15日土曜日

希望のまち東京in東部第37回読書会「つぎのヘゲモニー国家」

希望のまち東京in東部第37回読書会「つぎのヘゲモニー国家」
柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」を取り上げます。
日時:2017年4月22日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。どなたでもご参加できます。初めての方の御参加も大歓迎です。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部読書会第36回「世界資本主義」
希望のまち東京in東部は2017年4月15日(土)、読書会第36回「世界資本主義」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』から「第4部 現在と未来」「第1章 世界資本主義の段階と反復」を取り上げた。
http://www.hayariki.net/tobu/work2.html

東京都豊島区の「みらい館大明」で希望の塾塾生有志が2017年4月15日に開催したイベントで発表したスライドです。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)、門前仲町と浅草の違い、ワンルームマンション規制、中央卸売市場移転問題を話しました。
https://www.youtube.com/watch?v=JrRgRmkwm5Y
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

FJネクストは障害

#FJネクスト不買運動 #迷惑電話 #不動産投資
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は消費者や住民の障害である。FJネクストの消費者感覚」の欠如は異常である。あまりに悪徳不動産業者の常識を固持し続けている。全ての面において消費者感覚と正反対である。

2017年4月14日金曜日

東京外郭勘定道路

#外環道 #東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動
林田力『東京外郭環状道路陳述』は東京外郭環状道路(外環道)地中拡幅部の都市計画事業の変更承認の取り消しを求める陳述を収録する。これは2017年2月24日に東京都千代田区の経済産業省で行った。
意見陳述は今回で5回目になる。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)原告の経験などを踏まえて外環道の問題を指摘する。

【書名】東京外郭環状道路陳述/トウキョウガイカクカンジョウドウロチンジュツ/Statement against Tokyo Outer Ring Road
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。


自己紹介
外環道との関係
旧都市計画法違反
『アルキメデスの大戦』
都市計画法第79条違反
石原慎太郎リスク
完工リスク
陥没事故
東急建設問題
建設費
維持管理費
老朽化対策
道路公団民営化の不徹底
市場性
快適性
道の駅
生活
環境破壊
大気汚染
景観
グリーンインフラ
談合
東急建設の談合
世紀東急工業の談合
無責任体制
アスベスト
排水通気管の欠陥施工
生産性革命
結語

2017年4月13日木曜日

希望のまち東京in東部市民カフェ第141回「希望の江東区」

希望のまち東京in東部市民カフェ第141回「希望の江東区」
希望のまち東京in東部は2017年4月13日(木)、希望のまち東京in東部第141回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は4月15日の希望の塾有志のイベントで発表予定の「希望の江東区」を先行公開した。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe89.html
希望の江東区スライドです。
https://www.youtube.com/watch?v=z4cMReTxko8

希望のまち東京in東部市民カフェ第142回
▼とき:2017年4月20日(木)午後6:30時〜8時30分
▼場所:希望のまち東京in東部事務所
▼住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、 1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
▼最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒 歩1分
▼参加費:無料。カンパ大歓迎。
市民カフェは誰でも、いつでも、無料で話し合える市民の「場」です。時間がある方は参 加よろしくお願いします。お気軽にご参加ください。
http://www.hayariki.net/tobu/

市民カフェで韓国の財閥と政府の癒着が取り上げられました。
以下に書きましたが、韓国の癒着は日本の政官財の癒着のような利権の再配分とは様相が異なる面があると思います。

韓国社会運動の「いま」を知ろう
http://www.hayariki.net/poli/korea.html

市民運動家的な視点とは異なりますが、日本企業は韓国企業に学ぶ点もあるとは思います。

書評『トヨタVS現代』韓国企業はトヨタを超えるか
http://hayariki.sa-kon.net/toyota.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/