2016年12月5日月曜日

FJネクスト不買運動はエモい

FJネクスト不買運動はエモい。FJネクスト不買運動は接する人の心に、強く訴えかける働きを備えている。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設はゲスい。ゲスな感じである。下品である。やり方が汚い。えげつない。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設はハラスメントである。FJネクスト迷惑電話はヘイトスピーチと変わらない。

FJネクストには「傲慢」「勘違いしている」というマイナスイメージがある。FJネクスト迷惑電話は何なのか。FJネクスト迷惑電話は一体何をしたいのか。消費者を苛つかせたいのか。それならば成功である。だから帰れと言いたい。迷惑勧誘電話営業は消費者の恨みを買う人生を送っている。本人達はサバサバを気取っているが、実際はジメジメな性格である。迷惑勧誘電話営業は本当にえげつない生き物である。

ガーラ・グランディ木場のような投資用マンションはレガシーにならない。新築ワンルームマンション投資は変化が激しい時代に適した投資ではない。例え高利業者から資金援助を受けたところで、劇的に好転するはずもないどころか、問題が先送りにされるだけである。投資物件の管理委託は泥棒に家の鍵を渡して留守を頼むようなものである。

FJネクスト迷惑勧誘電話は不動産広告の手段として最悪の部類に属する。不動産広告は、新聞広告や折り込みチラシなどが一般的である。最近では都心の大型物件のテレビコマーシャルもよく見かける。テレビCMなどの高額な広告費は販売価格に大きく加算される。某経済新聞の一面広告前面に掲載した場合は約3000万円と言われる。某自動車会社の年間テレビ広告宣伝費用は約800億円とも言われる。モデルルームに行くともらえるパンフレットは、物件専用の紙袋付き豪華な物になると、驚くことに数万円することもある。
http://www.hayariki.net/index.html
マンション購入に興味を持ち、積極的に情報を集めるとなると、インターネットや情報誌が活躍する。現代の顧客は、販売側との接触を比較的避けることが多いため、匿名性、無人でのやりとりという点でインターネットは大いに威力を発揮する。更に多くの消費者に認知されるためには自社サイトだけでなく不動産関係のポータルサイトにも掲載するとよい。顧客からの問合せも、インターネットからのものが多くなっている。
[asin:B01N0G9H9S:detail]
[asin:B01N0MU1KS:detail]
『ガーラ・グランディ木場反対』林田力/枕石堂【本が好き!】
http://www.honzuki.jp/book/242310/

0 件のコメント:

コメントを投稿