2016年12月3日土曜日

ペット引き取り屋撲滅は東京都議選争点

ペット引き取り屋撲滅は2017年東京都議会議員選挙の一つの争点になります。ペット引き取り屋を撲滅します。ペット引き取り屋による動物虐待をなくします。ペット引き取り屋を廃業させることがゴールです。

保健所で安易に殺処分しにくくなったためにペット引き取り屋という闇ビジネスが生まれてしまいました。ペット引き取り屋は動物愛護法第44条違反です。

***

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。

3  愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。

4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。

一  牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

***

しかし、闇ビジネスのために実態が把握できないことが阻害要因です。

そこで都が都民から情報提供を受け付け、調査し、問題のある業者を都のウェブサイトで公開して注意喚起した上で、動物愛護法違反で告発することで解決します。
http://hayariki.zashiki.com/cook.html
Boycott Tokyu Plaza Ginza (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B01M67O6CC/

0 件のコメント:

コメントを投稿