2016年12月20日火曜日

東急不動産らが江東区豊洲で変電所マンション

林田です。
明日収録、金曜日放送の日本海賊TVで以下の話題で話します。

東急不動産らが江東区豊洲で変電所マンション
東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産が江東区豊洲5丁目の「豊洲地区1-1街区」でタワーマンションや変電所などの複合開発を計画する。タワーマンションは地上50階、高さ約180米。2017年11月の都市計画決定を経て18年度に着工、21年度の竣工を計画する(「延べ15万�、18年度着工/豊洲に50階建て住宅など」建設通信新聞2016年12月13日)。

マンションと変電所の複合開発は、東急不動産の住民無視、開発優先の体質が現れている。変電所は迷惑施設として悪名高いものである。変電所から出る電磁波や低周波音が住民に悪影響を与えると指摘される。実際、東京急行電鉄(東急電鉄)が田園都市線すずかけ台駅(東京都町田市南つくし野3丁目)ホーム脇の高圧変電所建設計画に対して近隣住民から反対運動が起きた(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』「東急電鉄すずかけ台変電所建設反対運動」)。
http://www.hayariki.net/koto/toyo.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿