2016年11月29日火曜日

FJネクストを解約しよう

FJネクストを解約しよう。ガーラ・グランディ木場を解約しよう。FJネクスト解約運動を進めよう。ガーラ・グランディ木場解約運動を進めよう。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は多大な犠牲を消費者や住民に強いる。それだけの犠牲を消費者や住民に甘受させるだけの合理的な根拠や道理はない。

投資用ワンルームマンションの新築は低経済成長と都市縮小時代に逆行する。マンション投資は採算原理に反する。成功の見込みのない無謀な賭けである。投資用ワンルームマンションは資産価値を保てない。投資用ワンルームマンションは入居率低迷に直面する。入居者集めに苦戦するオーナーが出ている。投資用マンションは利回りに敏感である。市況によって急激な値崩れが起きる危険性が常にある。

投資用ワンルームマンションには価格相応の高級感がない。遊び心や付加価値がなければ高級ではない高額商品にすぎない。マンション投資の黒字シミュレーションは以下の計算式のような欺瞞がある。マンション投資の黒字とは、カッコ内のみを指して黒字と言うようなものである。

100-(100+100)+100-100-100-100-100-100+100-100000000000000

チンピラのような口ぶりの勧誘電話。消費者に絡むことがお仕事か。強欲企業は抜け道探すことが得意である。悪徳不動産業者は適切なクレーム対応が出来ていない。名簿屋対策として、第三者から個人情報を受領する場合は、トレーサビリティの確保のため、提供者の氏名等を記録し、一定期間保管しなければならない。

悪徳不動産営業は皆、型にはめられているようであった。悪徳不動産営業は視野から消えた途端に忘れてしまうタイプの男であった。悪徳不動産営業のこれまでのカミングアウトを見てると「僕の何が悪いかわからないもん」である。この過剰な自己防衛は、裏を返すと「空虚な自分を守るため」だから、彼の勧誘内容に芯も核も一貫性もないのは当然である。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/onegiri.html
悪徳不動産営業はケチで傲慢で強欲で厚かましい。悪徳不動産営業はガメツイ。下手に踏み絵をやらせれば反感を育てることになぜFJネクストは気付かないのか。インターネットで悪い評判が拡散することは当然の成り行きである。強引に揉み消すことは不当である。消費者の権利は消費社会を形成する上で絶対に必要なものである。
[asin:B01F7MAWUS:detail]
[asin:B01FRA07MS:detail]
Boycott FJ Next and Tokyo Gaikan Expressway (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.in/dp/B01M5977A3/

0 件のコメント:

コメントを投稿