2016年11月11日金曜日

FJネクスト不買運動と政治

林田力『FJネクスト不場運動と政治』(枕石堂、2016年7月16日)はFJネクスト問題と政治についての論稿を収録する。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)はマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は寒い。日に日に寒さが増している。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設が有害な影響を与えていることは疑いない。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設からはドブの臭いが臭ってきそうである。

迷惑勧誘電話には新種や亜種の攻撃パターンが出ている。これからの企業システムで重要になるものは、顧客とのつながりを担うシステムSystems of Engagementと言われる。FJネクスト迷惑電話は顧客とのつながりを破壊する。迷惑勧誘電話を繰り返したところで、アッポーペンにもペンパイナッポーにもなりやしない。FJネクストの悪事を世間は許さない。消費者や住民に嫌われて衰退している不動産業者が多いのに何故学べないのか。

技術や独自に築き上げた製品がないと、信用を落とした時にどうなるか。虚業の会社は、コネみたいな実体のない上っ面だけのものに頼っているため、いざという時に何も頼れるものがなくなる。新築ワンルームマンション投資で儲けているという書き込みはサクラか工作員と見て間違いない。FJネクストは情報の民主化を推進する。

ガーラ・グランディ木場もガーラ大島新築工事も低層住宅の並ぶ場所に高層マンションを建設する住環境破壊物件である。魚のガーラは美味であるが、ガーラマンションは美味しくない。住環境破壊のワンルームマンションを建設するFJネクストは、個別の地域情報にもとづき、狙うべき地域と狙うべき市場を明確化し、的確な商品戦略を立てるエリアマーケティングができていない。
http://www.hayariki.net/
[asin:B013YPN8QK:detail
]
[asin:B01406P3Z6:detail]
Boycott FJ Next and Tokyo Gaikan Expressway (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01M5977A3/

0 件のコメント:

コメントを投稿