2016年11月17日木曜日

コウセイ病院裁判

客観的な証拠がないことが問題である。病院の逃げきりを許すな。カルテに書いていることは、判決は認める。被告長男はカルテと矛盾したことを言っているが、その主張は退けた。被告長男の延命治療拒否は事実として認める。
ガイドラインは判断の枠組みになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿