2016年11月26日土曜日

立正コウセイ会附属コウセイ病院裁判

立正佼成会附属佼成病院裁判は患者の同意を得ずに、人として一番大事な命を処分された「命の自己決定権」の侵害を訴えた裁判である。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
高齢者の命が医師の理念によって簡単に処分された。もし、患者本人の承諾なくして、治療を中止して命を絶つことができるのなら、患者はおちおち入院してはいられない。
また、患者に死んでほしいと思っている家族にとっては、都合の良い殺人になってしまう。「姥捨て」には好都合である。
番組では外環道の問題も取り上げた。土砂災害警戒区域に指定される。そこに外環道を建設することは問題ではないか。何で大震度地下をするのか。

0 件のコメント:

コメントを投稿