2016年11月17日木曜日

立正佼成会附属佼成病院裁判・判決言い渡し

原告は立正佼成会附属佼成病院に入院後死亡した患者の長女です。被告は立正佼成会附属佼成病院の経営主体である立正佼成会と、患者の長男夫婦です。
事件番号:平成26年(ワ)第25447号・損害賠償事件
日時:2016年11月17日(木)13時10分
場所:東京地方裁判所610号法廷
判決言い渡し終了後、弁護士会館509に移動し、代理人弁護士より判決文の説明があります。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
患者の同意を得ずに、人として一番大事な命を処分された「命の自己決定権」の侵害を訴えています。高齢者の命が医師の理念によって簡単に処分された裁判です。もし、患者本人の承諾なくして、治療を中止して命を絶つことができるのなら、患者はおちおち入院してはいられないです。また、患者に死んでほしいと思っている家族にとっては、都合の良い殺人になってしまいます。「姥捨て」には好都合です。
医療の主体は患者です。人格権として患者には、自分の体に行われることを知る権利があります。どのような治療を受けるのか、どのような死に方を選ぶのか、決めるのは患者本人です。患者には、法的に守られている「自己決定権」があります。患者が自己決定の為に医師には、「説明義務」が課されています。あまり患者の権利は尊重されていない現状です。これからの医療のあり方を考える裁判です。
誰でも安らかな死を望みます。医療は家族の都合や担当医師の個人的理念で行われるものではなく、患者本人の幸せの為に行われるべきものです。高齢化社会にむけてこれからの医療のあり方を考える裁判です。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿