2016年10月25日火曜日

HOPE第2号は藤川里恵さんインタビュー

HOPE第2号は藤川里恵さんインタビュー
女子高生への貧困叩きや、電通の写真の自殺、ブラックバイト、ブラック企業、貧困など、今の日本の現状で、このことについての認識を広めることは急務であると考えます。

あなたは自分が貧困であるという実感はありますか?
年収122万円以下は貧困であることを知っていますか?
あなたは、自分の賃金に低さに納得がいっていますか?
あなたは今、その働き方に納得がいっていますか?
パワハラ、セクハラに忍従しつづけていますか?
困ったときに相談できる労働組合の存在を知っていますか?
あなたの働くことに関しての常識は、海外では非常識なのを知っていますか?

人よりも優れていないと、生き残れないと思っていますか?
強い個人にならないといけないと思い込んでいませんか?
あなたは競争すること自体に疲れていませんか?
そして、働くことに関して、不得手なのはあなた自身のせいだと、結局、全ては自己責任だと思い込んでいませんか?
それが、国や政治が誘導していることだと知ったとき、あなたは何を思い、何を考え、どう行動しますか?

その全ての答えが、ここにあります。

まず、このスピーチをご覧になってから、ぜひインタビューをお読み下さい。
そして、もし身の回りの友人に働き方で困っている人がいたら、ぜひシェアして、事実を伝えて下さい。
http://www.hayariki.net/tobu/hope.html

0 件のコメント:

コメントを投稿