2016年10月18日火曜日

激しき雪

『激しき雪』は野村秋介を取り上げたノンフィクションである。野村氏は民族派右翼とされる。彼の姿勢は権力や大企業の犬となっている所謂一般的な右翼とは全く異なる。本書も「自民党・財界を補完する形で戦後体制の強化に貢献してきたポツダム右翼を撃つ」という意識があったと分析している(207頁)。

0 件のコメント:

コメントを投稿