2016年10月24日月曜日

東京10区補選・蓮舫ファーストと丸刈り

東京10区補選・蓮舫ファーストと丸刈り
衆議院議員選挙東京10区(豊島区、練馬区の一部)補欠選挙が2016年10月24日に投開票され、自民党前職の若狭勝氏(公明推薦)が当選した。民進党新人の鈴木庸介氏は落選した。

蓮舫代表は今後の求心力を問われる結果となった(「落選の民進・鈴木氏、丸刈りで登場「私の努力不足」…蓮舫代表は姿見せず」スポーツ報知2016年10月23日)。蓮舫ファーストの失墜によって、蓮舫代表を看板議員とする立正佼成会の影響力の変化も注目される。

落選報道後の鈴木氏は頭を丸刈りにして登場した。蓮舫ファースト発言も気持ち悪いが、落選して丸刈りも気持ち悪い。カルト的な精神主義を感じる。野党は安倍政権を古い軍国主義復活を目指す反動勢力と位置付けようとしているが、野党にも偏狭な集団主義を感じる。民進党からの言論弾圧で話題になった「500円」氏は「鈴木庸介は、補欠選挙で国民の民意で落選したのに、不祥事を起こしたみたいに「丸刈り」にして登場するって、逆に馬鹿過ぎだろ」とツイートする。
http://www.hayariki.net/poli/risshou.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿