2016年9月24日土曜日

Re: 立正佼成会看板の脱法ハーフ蓮舫

林田です。
蓮舫問題の最重要な点は繰り返し述べていますが、説明責任の問題です。
私は「違法ではないが不適切」の舛添要一問題についても「法的に問題がなければいいのか。道義的な責任がある。説明責任を果たせ」と追及しました。

舛添要一とFJネクスト
http://hayariki.net/poli/masuzoe3.html

そのような人間が蓮舫問題をスルーしたら、ダブルスタンダードになります。

私は「違法ではないが不適切」を問題と考える立場ですが、違法そのものとの指摘があります。
蓮舫氏は公職選挙法違反で刑事告発されました。

この問題については日本海賊TVで取り上げました。
http://hayariki.net/toyosu.html
インターネット動画放送局・日本海賊TV『金八アゴラ』が2016年9月23日に放送され、東急建設らの施工した豊洲市場の問題を取り上げた。コメンテーターは田淵隆明氏、増山麗奈・参院選東京選挙区予定候補(社会民主党)、石川公彌子氏、日本憲吉氏、林田力。司会は山内和彦元川崎市議。他には蓮舫・民進党代表への刑事告発(公職選挙法違反)などを取り上げた。

蓮舫批判は民進党そのものへの批判ではなく、むしろ、民進党の健全化を求める立場、民進党に期待する立場からのものもあります。

代表選前に以下のように書いています。

蓮舫の二重国籍問題は民進党建て直しの好機
http://hayariki.net/poli/risshou.html
> もし蓮舫氏が代表になってから二重国籍問題が発覚したならば、民進党の打撃は今以上に甚大になるだろう。もともと蓮舫氏は二重国籍以前に立正佼成会や薬物犯罪の元不動産会社社長などとの関係が取り沙汰されている。蓮舫氏が代表になれば徹底的に攻撃できる。この意味で蓮舫氏が代表になることは自民党ら対立政党にとって有難いことになる。逆に現段階で二重国籍問題が盛り上がったことを内心で残念がる人もいるだろう。
>
> 故に代表選が終わる前に二重国籍問題が発覚したことは民進党にとって間一髪の幸運であった。蓮舫氏を批判している人々は必ずしも民進党を憎んでいる訳ではない。むしろ自民党一強状態を危惧し、健全な野党を欲している人々もいる。蓮舫批判は民進党への応援と受け止める価値がある。
>
> もし、このまま蓮舫氏が代表になったら自浄能力のなさを示すことになってしまう。民進党の人々には自分達に都合の悪い批判を「あてにならない」と切り捨てる左翼教条主義者の狭量ではなく、度量があることを期待する。民進党は蓮舫氏に引導を渡して自らを律して欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿