2016年9月16日金曜日

Re: 希望のまち東京in東部第14回読書会「世界貨幣」

林田です。返事が遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

> マルクスも封建制の中で高利貸しや商業資本が発展してきた点はどこか で指摘しています。
> その呪縛を乗り越えて、マルクスの再発見に柄谷さんの著書がある
ここは、その通りです。
記述が浅かったですが、勉強会も同じ議論でした。

他の人の記載もマージして、レポートを書き直しました。

希望のまち東京in東部読書会第13回「国家と貨幣」
http://hayariki.net/tobu/read11.html

この部分の記述が浅くなった理由は、柄谷のマルクスの再発見は新しいのですが、通俗的マルクス主義から離れたマルクスも限界があったのではないかという議論がその後になされたことがあります。

> 労働価値説では既存の資本主義体制に対抗できない。そこを理解しない左翼が問題である。マルクスも労働価値説を最後まで捨て切れなかったのではないか。

この点は今後の勉強会で議論していくことになると思います。



■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

On 2016/09/11 12:48, Toshiaki Hasebe wrote:
> その呪縛を乗り越えて、マルクスの再発見に柄谷さんの著書がある

0 件のコメント:

コメントを投稿