2016年9月14日水曜日

Re: 立正佼成会看板・蓮舫の経歴詐称とFJネクスト迷惑電話

林田です。

蓮舫さんに台湾国籍が残っていたことの問題は国籍法第16条違反です。
国籍法第16条「選択の宣誓をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない」

以下でも書きました。
http://www.hayariki.net/poli/risshou.html
> 蓮舫氏が国籍取得にあたってすら、順法努力をしていなかったことに驚かされる。
> 「罰則がないから問題ない」と言うならば、タックスヘイブンなども問題なくなる。

政治家として二重国籍は、糾弾されるようなことかという問いには政治家だからこそ問題になると答えます。
市民の二重国籍が許容されるかという問題と、二重国籍の人物が政府要職に就くことの可否は別次元の問題です。

しかし、私にとって最も重要な問題は虚偽説明です。
サブジェクトに「立正佼成会看板・蓮舫の経歴詐称とFJネクスト迷惑電話」と書きましたように二重国籍以上に経歴詐称を問題視しています。

確認していないのに「私は日本人だ」と言い張ることは順序逆です。
確認を取らずに言い張るから裏を取られて突っ込まれます。

石平太郎氏はTwitterで以下のように述べています。
「蓮舫さんの一件、池田信夫氏が繰り返し指摘しているように、問題の焦点は彼女が二重国籍であるかどうかではなく、「疑惑」にたいして彼女が嘘を重ねて誤摩化している点だ。それでも彼女は民進党代表となるなら、結局民進党というのは、前代表は「つまらない男」で、新代表は「嘘つき女」となるのか」

蓮舫議員は13日になって二重国籍であることを認めて謝罪しました。
しかし、民進党代表選挙の党員・サポーター票の郵送は12日必着でした。
投票締め切り後に候補者に関わる事実を明らかにしたという卑怯な手法です。
党員・サポーターは欺かれ、騙されたことになります。
蓮舫議員が首位になったならば投票やり直しに値すると考えます。

私は東急不動産だまし売り被害を原点としており、説明責任の問題は人一倍敏感と思っています。

最後に私は、政治家が二重国籍でも問題ないという考え方があることを必ずしも否定するものではありません。
もし、そのような考え方に立つならば、二重国籍でありながら、中華民国籍を放棄したと言い張り、「質問の意味がわからない」などという反抗的・幼稚な態度で誤魔化し、嘘が露見しそうになると慌てて放棄するような卑怯な蓮舫議員こそ問題になります。
蓮舫議員の言動は在日外国人を馬鹿にするものと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿