2016年5月2日月曜日

渋谷ヒカリエ出火の危険

渋谷駅前の高層複合ビル「渋谷ヒカリエ」6階の飲食店から出火した。50代の男性従業員が煙などを吸い込み、緊急搬送された。消防車計15台が出動し、騒然となった(「東京・渋谷ヒカリエでぼや 6階飲食店、従業員1人搬送」朝日新聞2016年5月2日)。ヒカリエの管理事務所によると、6階の買い物客を下の階に避難させ、飲食店が入る6、7階は営業を中止し、閉鎖した。

出火の原因は東京消防庁によると、料理用の油が燃えたこととみられる。渋谷署によると従業員が油を入れた鍋を火にかけていたが、目を離した隙に出火し、60センチ程度の炎が上がったという(「渋谷ヒカリエでぼや 飲食店従業員が軽症」産経新聞2016年5月2日)。何とも粗末な出火である。

渋谷ヒカリエ6階には以下の店舗が入っている。「泡盛と琉球料理 うりずん」「うなぎ 徳」「旨酒・料理 酢重ダイニング」「CAPRICCI」「牛たん炭焼 利久」「京洋食 あかつき」「渋谷 水刺齋」「SESTOSENSO『H』」「とんかつ まい泉」「パパイヤリーフ東京」「まぐろ問屋三浦三崎港 恵み」「宮崎料理 万作」「横浜中華街 招福門」

渋谷ヒカリエ出火は「ぼや」と称されるが、過小評価してはならない。「ぼや」には「火事になる前に消し止められたもの」とのイメージがあるが、消防車が15台も出動している。また、従業員が煙を吸って救急搬送されている。一般的な「ぼや」の印象とは全く異なる。問題を小さく見せようとする体質は東急不動産消費者契約法違反訴訟でも見られた(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

渋谷ヒカリエの出火は渋谷ヒカリエの危険性を再確認させる。渋谷ヒカリエは6、7階が飲食店街で、その上にオフィスがある。火災が発生すると煙などが上層階へと蔓延して大惨事になる。

商業施設では飲食店街を最上階に設置することが定石である。これはシャワー効果という商業的理由だけでなく。防災上の考慮である。渋谷ヒカリエは定石を無視している。滑稽なことに渋谷区の防災センターは渋谷ヒカリエの8階にある。有事に役に立たない可能性がある。

渋谷ヒカリエでは2014年10月に飛び降り自殺パフォーマンス騒動が起きた。そのために不吉な物件と認識するTwitterユーザーもいる。「ヒカリエっていつもボヤとか自殺とかあって心霊スポット感あるわ」
http://www.hayariki.net/hikarie.html
渋谷ヒカリエや二子玉川ライズなど東急系のショッピングセンターはどこも金太郎飴のように個性がなくて、つまらないとの声がある。Twitterでは以下のように指摘される。「日本のすべてがヒカリエのような空間になったら最早、海外に逃げるか自殺するしか無い」
[asin:B00KQS2IBU:detail]
[asin:B00L0IDMY2:detail]

0 件のコメント:

コメントを投稿