2016年4月18日月曜日

東急ハンズの熊本地震対応に疑問

東急ハンズの熊本地震対応に疑問の声が出ている。表向き被災者を心配しているが、防災グッズの販売促進戦略ではないかとの指摘がある。これは東日本大震災でも言われた。心斎橋店過労死のようなブラック企業体質の反省が先決と批判される。
東急ハンズが被災地の雨の心配をする前に、過労死した遺族のことを考えると涙がこぼれる。パワハラ加害者を追放することから反省が始まる。被災者に傘を売りたいだけか。天気の話題の前に過労死の反省を掲載すべきである。ブラック企業体質の反省の方がはるかに重要である。

0 件のコメント:

コメントを投稿