2016年3月6日日曜日

Re: 新自由主義

> 60年代くらいまで、左派でマルキスト系の学者がアカデミズムの世界で一定の力を持っていたようですけど。高等教育全部がそれで占められていた、というのはすこし誇張があると思います

おっしゃるとおりです。日本が社会主義国であったという言説と同類の表現です。社会主義の理想を奉じる人にとって「日本が社会主義国」との言説は受け入れ難いでしょうが、日本の社会主義的なところを見出すことは十分に可能です。
若しくは安倍政権はファシズムであるという表現も同じです。安倍政権は制度的なファシズムとは全く異なりますが、批判者には類似性を見出し、その点を強調したいという意図があります。

マルクス主義が一辺倒でも占められたわけでもなかったとしても、以下のような経済学が主流だった立場からすると、ギャップがあります。
「経済学はマクロ経済学とミクロ経済学に分かれる」
「社会的総余剰は完全競争市場で最大であるため、政府の介入により、社会的総余剰は必ず減る」
「最低賃金規制が均衡賃金より高い賃金で設定されたならば失業が発生する」
また、経済学と歴史学は、それなりに離れた学問分野ですが、そのように離れた分野でマルクス経済学とマルクス史観が存在していたという状況は中々気持ち悪い感覚があります。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿