2016年3月6日日曜日

FJネクスト悪質コンクリート打設工事

FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)ガーラ木場新築工事(東京都江東区東陽1-16-21)は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである(林田力「空き家活用と投資用マンション問題」労働大学『月刊まなぶ』2016年1月号)。ガーラ木場は建築面積318.71平米、敷地面積664.9平米であるが、わざわざ西側に偏って西側境界スレスレに建設する。西側周辺住民の圧迫感は甚大である。

ガーラ木場新築工事では2016年2月1日から2日に、外部足場を組み立てた。2月4日から6日は型枠建て込み。2月5日から6日は壁配筋である。2月8日から12日は1階建て込み。2月15日から17日は2階梁配筋、18日から20日は2階スラブ配筋。2月22日は2階床配筋型枠、2月23日は1階立ち上がりコンクリート打設、2月24日から27日が2階建て込み、外部足場せり上げ。

赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布(東京都港区東麻布)も同じく境界スレスレに建設する悪質なマンションである(林田力『FJネクスト反対運動』Amazon Kindle)。住民反対運動「東麻布を守る会」はウェブサイトで「隣のビルまで50CM!と非人間的☆隣人と手が繋げるまでのところに窓を作る、非人間的生活環境を強制!」と告発する。「東麻布を守る会」では「窓から手届く50センチ非人間的」の幟旗を掲げた。

壁面後退距離50cmは民法第234条第1項の規制ギリギリでしかない。周辺住宅への圧迫感の大きいマンションにおいては建築物一般とは異なる規制が求められる(希望のまち東京in東部「江東区マンション等の建設に関する条例を改正し、壁面後退距離の拡大を求める陳情」)。

境界スレスレのマンション建設は危険である。大阪市西成区玉出西では2015年5月28日にマンションの3〜5階部分のコンクリート外壁数10平方メートルが崩れ、隣の2階建て民家の屋根に直撃した(「マンション外壁崩れ、隣家に直撃」朝日新聞2015年5月28日)。江東区の大京ライオンズマンションは外壁が崩壊して落下した。約500kgの壁が11階から地上に落下した。

ガーラ木場は施工が株式会社ウラタ(千葉県)、設計がTOAライブ株式会社一級建築士事務所、近隣対策屋が株式会社CAST-UD。現場代理人は小倉公法。解体業者は石巻アスベスト飛散事故の環匠である(林田力『東急不動産だまし売り裁判48アスベスト』Amazon Kindle)。クレーンには有限会社藤工業とある。コンクリートミキサー車には「SUZUKIYA」「鈴喜屋建材」とある。ガーラ木場新築工事建設現場には防護壁も遮音壁もなく、騒音計も掲示していない。株式会社ウラタはFJネクストのガーラ・レジデンス西葛西も施工する。

FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazon Kindle)。FJネクストは掲示板上での評判が悪い。ガーラ・プレシャス川崎、ガーラ・プレシャス門前仲町、ガーラ・プレシャス木場、ガーラ・グランディ東陽町を買ってはいけない。ガーラマンション不買運動を優待しよう。ガーラマンション反対運動を優待しよう。FJネクスト不買運動の公式HPを見てみよう。FJネクスト不買運動は最寄り駅でできる。
http://hayariki.x10.mx/urata3.html
FJネクストを取引先・投資先として採用してはならない。FJネクストCMに騙されるな。FJネクスト株価に騙されるな。FJネクスト株主総会お土産に騙されるな。FJネクスト給与に騙されるな。FJネクスト研修に騙されるな。FJネクスト迷惑電話で検索しよう。FJネクスト不買運動で検索しよう。FJネクスト反対運動で検索しよう。「FJネクスト 悪質」で検索しよう。FJネクスト迷惑電話を撃退しよう。FJネクスト迷惑電話断り方を実践しよう。FJネクスト迷惑電話に中止依頼をしよう。

ガーラマンション住環境破壊2/13 9時
https://youtu.be/Ic6wTofrnmA
ル・サンク 東急不動産だまし売り裁判
http://bookmeter.com/b/B01BBAYUIU

0 件のコメント:

コメントを投稿