2016年3月13日日曜日

DYMがタイ社員旅行で全裸

ITベンチャー企業の「DYM」は社員旅行でタイ王室の保養地、ホアヒンビーチに行き、大勢の社員が全裸になり、日本の恥をさらした。10日に「DYM」が公式HP上で事実関係を認め、謝罪した。同社によると、タイ旅行に参加した社員87人のうち、全裸になったのは男性社員37人。旅行3日目の3月5日の夕食中に一部メンバーが泥酔し、海岸で全裸になり、円陣を組んだという。
同社は2ちゃんねる風評対策会社とされる。同社のような手口は都合の悪い言論の抑圧と批判される。都合の悪い掲示板に意味不明な文字列を連続投稿して荒らすと指摘される。同じような荒らし被害に遭った例に弁護士法人アヴァンセ退職者の会のスレがある。

吉野健太郎などの危険ドラッグ犯罪は深刻な問題である。潜在犯の明確な数すら把握していないのにアメリカより薬物汚染は低い(かもしれない)との結論は楽観視し過ぎである。

0 件のコメント:

コメントを投稿