2016年2月25日木曜日

Re: 民衆が何を望んでいるかを把握すること

> どうやったら安保法制を廃止できるのですか、
> そこを論じてください。
このような設問自体が既に問題意識から外れています。
考えるべき根本的な問題は、どうすれば平和に暮らしていけるかです。
安保法制を廃止すれば何も問題が起きなくなるというものではなく、反対に冷戦後の安全保障環境の変化に向き合う必要があります。
連続講座第3回「安保法制廃止後の安全保障を考える 9条・自衛隊・日米安保に向き合う」は、そこを考えるものです。

> これは9条改正(悪)反対の世論調査で出ており、主観ではありません。
それは主観的なデータの取捨選択により好都合な結論を導き出しているに過ぎません。
それこそ危険極まりない現状認識です。
無謀な戦争を勝てると判断したり、原子力発電を安全と判断したり、日本人の楽観主義は救い難いところがあると思いますが、それは何も権力側の日本人だけの問題ではありません。文字通り日本人の問題として内省すべきものです。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

---
このEメールはアバスト アンチウイルスによりウイルススキャンされています。
https://www.avast.com/antivirus

0 件のコメント:

コメントを投稿