2016年2月22日月曜日

グランド・ガーラ白金高輪不買運動

グランド・ガーラ白金高輪を買ってはいけない。FJネクスト勧誘電話で買ってはいけない。グランド・ガーラ白金高輪不買運動を優待しよう。ワンルームマンションは風俗を乱す。グランド・ガーラ白金高輪に住むことは、吉野敏和の貧困ビジネス仲介のゼロゼロ物件に住むような自殺行為である。

FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazon Kindle)。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の無神経さと下劣さは尋常ではない。インターネット掲示板でFJネクスト以下のように批判されている。

「男性女性問わず、色々な担当者から勧誘電話がかかってきて、うっとおしい」

「FJネクストとかいう不動産投資の勧誘。会社の営業時間中に社員名指しでテレアポしてくる。業務に支障を来たしていい迷惑。勘弁して欲しい。何度断っても、繰り返し電話してくる。悪徳だろ」

ワンルームマンション投資は不安定で未確定要素が多過ぎ、一般的には使えない。マンション投資に美味しい話はない。相場が2000万円のワンルームマンションを3000万円以上で販売しても、「犯罪ではない、詐欺ではない、合法だ」と胸を張るから悪質である。まさに悪徳不動産業者である。「昔からやっている」から、だから何なのか。悪いことも昔からしていると良いことになるとでも言うつもりか。

FJネクストのマンション建設は悪質である。赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ木場新築工事は境界スレスレに建設する悪質マンションである(林田力『FJネクスト住環境破壊』Amazon Kindle)。環境汚染の継続に説明責任さえ全うされない不安と建設事故の恐怖。事実関係の調査にいつまで時間をかけるのか。ここまで来ると世間は「アレだけじゃないだろ、他はどうなっているのか」と見ている。

日本には820万戸の空き家があり、新築マンションを建設する必要性は皆無である。5年後には空き家が1000万戸を超えると予想されている。マンションは時代に即して身の丈に合わせて削っていくものである。

マンション投資の環境にはない。景気回復や早期追加利上げに対する懐疑的なムードが再び広がっている。2015年の個人消費が実質国内総生産GDPベースで306.5兆円と、安倍晋三内閣が発足した2012年の308.0兆円から1.5兆円縮小した。米国で1月26日から27日に開催されたFOMCの議事録で、金融混乱や中国の経済鈍化を受けて下方リスクが上昇したとの見解が明らかにされた。日本企業の業績見通しが下方修正され、日本株は不安定な動きとなっている。
http://hayariki.x10.mx/takanawa.html
FJネクスト不買運動は最寄り駅でできる。沢山の方が少しでも周りに声をかけて行くことが大事である。ガーラマンション不買運動を優待しよう。ガーラマンション反対運動を優待しよう。FJネクスト迷惑電話や住環境破壊は人の道に外れる。加害者逃げ切り、被害者泣き寝入りとなってしまう。FJネクスト擁護工作員の狙いは告発者を攻撃し、消費者や住民を不幸にすることであって、現実なんかどうだっていいというスタンスである。逆風に気付かないFJネクストの鈍感さは致命的である。
Le Cinq The Suit TOKYU Land Corporation Fraud (Japanese Edition) [Format Kindle]
http://www.amazon.fr/dp/B01BBAYUIU

0 件のコメント:

コメントを投稿