2015年8月26日水曜日

『探偵の探偵II』悪徳探偵とストーカー

松岡圭祐『探偵の探偵II』は探偵が悪徳探偵を追い詰める推理小説シリーズの一冊である。紗崎玲奈は悪徳探偵の関与によって妹が殺されたという過酷な過去を持つ。悪徳探偵がストーカーに情報を与えたために妹は殺された。「探偵になりたくなかった」という玲奈であったが、中堅調査会社「スマ・リサーチ社」で悪徳探偵業者を調査・追及する、対探偵課の探偵になる。

悪徳探偵専門の探偵という設定がユニークである。探偵への規制は十分ではなく、悪徳探偵は十分に考えられることである。ブラック士業と批判されている弁護士法人が探偵を始めた例もある。証拠の捏造や隠滅など反社会的な方向で探偵が動く危険がある。悪徳探偵狩りは探偵業界の現実を踏まえるならば求められている存在である。

『探偵の探偵』は2015年夏のフジテレビの連続テレビドラマになった。主演は北川景子。北川景子にとってフジテレビドラマ初主演となる。北川景子が壮絶なアクションに挑戦する点でも注目を集めている。川口春奈との綺麗どころのコンビも魅力である。ドラマは原作に忠実で、フジテレビらしくないシリアスな作品になっている。
http://hayariki.sa-kon.net/tanteino.html
本書では玲奈が、女性を拉致監禁している犯罪者のアパートで、妹を殺めたストーカーが持っていたのと同じ様式の調査書を発見する。玲奈は妹の死の原因になった悪徳探偵を追跡していく。調査の中で半グレ集団が浮かび上がる。暴走族ヤンキー上がりの半グレは社会問題になっている。悪徳探偵と半グレという組み合わせは現実味があって恐ろしい。

地球連邦の腐敗 東急不動産だまし売り裁判 [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/dp/B0139T2010

0 件のコメント:

コメントを投稿