2015年8月2日日曜日

二子玉川の事件

世田谷区の二子玉川は再開発・二子玉川ライズによる風俗の乱れが指摘される。超高層マンション・二子玉川ライズでは飛び降りやアダルトビデオ撮影が行われた(林田力『二子玉川ライズ反対運動7』「二子玉川ライズAV撮影と盛り場の危うさ」)。交通広場は夜にはヤンキーがたむろすると住民から苦情が出ている。

二子玉川ライズは賑わいを目的とした再開発であるが、住民らは住宅地に盛り場の危うさを持ち込むなと批判してきた(林田力『二子玉川ライズ反対運動2』「二子玉川ライズ2期事業の公聴会で住民が公共性を問う」)。田代まさし盗撮は風俗の乱れを再確認させるが、二子玉川では他にも事件が起きている。

二子玉川駅では2014年10月29日に19歳の専門学校生が会社員の男性をホームに突き落とす殺人未遂事件が起きました。午前8時15分頃、東急電鉄田園都市線・二子玉川駅のホームで、会社員の男性が電車待ちをしていたところ、突然背後から押されて線路に突き落とされたという。

警視庁玉川署は、男性を突き落とした川崎市に住む専門学校生の少年を、殺人未遂の容疑で現行犯逮捕した。線路に落とされた男性と容疑者の少年は、事件前に同じ上り電車に乗っており、その車内でカバンが当たったなどとして口論になっていた。その後、二人は二子玉川駅で下車して口論が収まったため、男性がホームで電車を待っていたところ、少年が突然突き落とした。男性は列の先頭で電車を待っていた。
http://www.hayariki.net/futako/tashiro.html
公益財団法人「日産厚生会」が運営する玉川病院(東京都世田谷区)では看護師の女が入院患者の90代女性に故意に大量のインスリンを投与した問題が起きた。女性の容体の変化を不審に思った病院が血液検査を実施したところ、正常値を大幅に上回る濃度のインスリンを検出した。女性はインスリン治療が必要な糖尿病患者ではなく、故意に投与された疑いがあるとして警視庁に連絡した。警視庁は2014年12月1日、看護師を傷害の容疑で逮捕したと発表した。

二子玉川駅では痴漢冤罪事件も起きている。二子玉川駅痴漢冤罪事件は、2006年10月23日に起きた事件で、2013年11月26日に東京簡易裁判所に再審請求された。ブログでは「警察官の見間違いが引き起こした冤罪だといってよい」と指摘される(『オレはこう思う』「これは痴漢冤罪だろう〜二子玉川事件」2014年7月31日)。
Topics of Koto City The Suit TOKYU Land Corporation Fraud (Japanese Edition) [Format Kindle]
http://www.amazon.fr/dp/B0106V17QS
江東区の話題 東急不動産だまし売り裁判
http://d.hatena.ne.jp/asin/B0106V17QS

0 件のコメント:

コメントを投稿