2015年7月24日金曜日

ガーラ・グランディ小竹向原の話題は禁止

迷惑勧誘電話のFJネクストのガーラ・グランディ小竹向原は買ってはいけない。ガーラ・グランディ小竹向原不買運動を。ガーラ・グランディ小竹向原の話題は禁止である。

FJネクストは迷惑勧誘電話で悪名高い。迷惑電話のFJネクストは発想が完全に悪徳商人である。マンション投資の勧誘は、善良な人間に異常者になれというも同然である。どう見てもやることが図々しい。欲が服を着て歩いている様な連中である。迷惑勧誘電話は信用できないことを信用できるというタイプのものである。FJネクストは嫌われて当然である。FJネクストには虫唾が走る。TwitterではFJネクストの迷惑勧誘電話について、以下のように指摘される。

「FJネクストのマンション勧誘ウザすぎですわ 携帯にも自宅にも掛かってくるんだけど」

「FJネクストのマンション勧誘,なんで忘れた頃にかかってくるんだろう」

「不動産の迷惑電話が、「今日これで電話最後にしますんで、少しだけ話聞いてください。」とか言ってきたんでいつもより30秒ぐらい聞いてやった。本当だろうな?FJネクストさん。嘘だったらもうお宅の話は信用しないぞ?元から信用してないけど」

「カード会社からキャンペーンMAILが届いたので見てみた。あるサイトに登録すると500ポイント進呈。運営会社は…FJネクスト!? 迷惑電話で超有名な会社ですが…「個人情報はお客様にとって有用だと思われる情報を電話などでご案内するために利用させていただきます」だと。オイ、あかんやろ!」

投資用マンション業者のブラック企業体質が報告された。新入社員に名刺集めのノルマを課す。東京の主要駅近くで手当たり次第に「こんにちは。私、新人なのですが名刺交換をお願いできないでしょうか」などと声をかける。名刺を一定数集めなければ帰社できない。名刺を渡すと投資用マンション購入の迷惑勧誘電話が来る(原隆「「汗」と「根性」の先に企業の未来はない」ITproメール号外2015年7月23日)。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/kotake.html
FJネクストはガーラ東麻布新築工事やガーラ木場新築工事では非常識にも境界ギリギリにマンションを建築しようとする。FJネクストは住民の幸福のために使われるべき住環境を破壊し、住民の生活を破壊する。FJネクストの独善性は恐ろしい。FJネクストの金儲けは金の卵をとるために、ガチョウの腹を裂くようなものである。

近隣対策屋は住民からの苦情を呼吸するような感覚で放置する。近隣対策屋は平気で嘘をつくことで定評がある。何度も人を裏切る人間は、価値なしで信用に値しない。企業も同じである。このような目に遭って黙っていられるとしたら、それは人間ではなく奴隷である。FJネクストは住民の苦しみを忘れるな。FJネクストは事実から目を背けるな。

0 件のコメント:

コメントを投稿