2015年7月30日木曜日

仕立てる賃貸@二子玉川ブラック社長

吉岡東急氏の告発動画『東急電鉄 NENGO「仕立てる賃貸@二子玉川」的場メモ2』はブラック企業批判を展開する。ブラック企業経営者的な体質を批判する。

告発動画のネタは株式会社NENGO(神奈川県川崎市高津区)の的場敏行代表取締役社長のブログである。的場社長のブログには以下の記載がある。「目の前にある問題を見て見ぬ振りをし、通り過ぎるなという意味で、「ゴミをまたぐな!」とスタッフに話をすることがある」(「ゴミをまたぐな!」的場メモ2015年5月14日)

吉岡東急氏は、「目の前にある問題を見て見ぬ振り」は住民との面会にも応じずに逃げ回る的場社長自身のことと批判する。「この人物は、自分のことを棚に上げて、部下に偉そうにする、典型的なブラック社長ではないだろうか」と指摘する。ブログでは、もっともらしいことを言っておきながら、住民対応では、それと矛盾した行動をとる。従業員には、もっともらしいことを指示しながら、自分はできていない。
http://www.hayariki.net/futako/shitateru3.html
住民から逃げ回る点は東急不動産だまし売り裁判と共通する(林田力『東急不動産だまし売り裁判3』Amazon Kindle)。不都合な事実から逃げるブラック企業経営者的体質はワタミの食中毒自己隠蔽工作で批判された。その対応は貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者(吉野敏和)と同レベルと批判している(林田力「都知事選出馬の渡辺美樹・ワタミ会長の経営の評価」PJニュース2011年2月21日)。
[asin:B0124W5R54:detail]
[asin:B012TPOR52:detail]

0 件のコメント:

コメントを投稿