2015年2月28日土曜日

高田知弘逮捕は東急不動産問題の代表

東急不動産係長脅迫電話逮捕事件は東急不動産問題の代表事例である。東急不動産係長・高田知弘は顧客女性に脅迫電話を繰り返し、逮捕された(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。東急不動産係長脅迫電話逮捕事件は東急不動産だまし売り裁判と同じくレベルの低い嫌がらせである。

東急不動産は大手デベロッパーと言えるのか。まずそこが問題である。非常識な人間ばかりである。人間としての心が欠けている。どうやったらそこまでの愚劣な人間になれるのか不思議である。東急不動産の問題は少し検索するだけでも大量に出てくる。東急不動産は野蛮である。東急不動産は最悪である。絶対ダメである。悪徳不動産業者の図鑑があったならばトップに掲載されるレベルである。
http://book.geocities.jp/hedomura/daihyo.html
東急不動産のマンション建設は被災地復興を妨げる。ブランズ市川真間やブランズシティ久が原などの東急不動産のマンション建設は資材と人材を東京と周辺に持ってきてしまう。三枝利行社長自ら福島県いわき市で震災復興を食い物にするような不明朗な土地取引をした会社だけある。

古い住宅をリフォームして住み続けることが求められている。「中古住宅の質を上げていく取り組みが足りない」と指摘されている(「「空き家」そのまま…増え続ける新築住宅 人口減少局面で裏目に」SankeiBiz 2015年2月9日)。

マンション建設ブームはゼロ金利政策や異次元緩和で人為的に引き起こされたが、不自然なものであり、永遠には続かない。マンション建設バブルが崩壊すれば東急リバブル東急不動産には何も残らない。

東急リバブル東急不動産だまし売りはブラック資本主義の一形態である。東急リバブル東急不動産は事実を無視して悪あがきを続けている。東急リバブル東急不動産の行動は、あまりにも無責任である。東急リバブル東急不動産は、消費者の利益を自社の利益に従属させようとしている。東急リバブル東急不動産は、あまりにも醜悪である。
[asin:B00Q0C1PCE:detail]
[asin:B00QPB0J2C:detail]

ザ・久が原レジデンス外壁問題の不審

丸紅・東急不動産の新築分譲マンション「ザ・久が原レジデンス」外壁問題で事業者はタイルと違いを気付かなかったと説明するが、それには不審の目が向けられている。
「足場を解体するまで気付かないなんてことあるか?現場にも完成予想図が貼ってあるはずで、少なくとも現場で気付かないはずはない。購入者は完成パースしか情報が無いのだから、あってはならない事。完成パースの色が好みで買った人はどうなる?泣き寝入り?」
「デザイン監修した人はパース確認しないの?外壁が違えば言うでしょ」
「タイルって1m角くらいのモックアップ作って施主と設計が確認してから発注すると他所で聞いたことあります。この物件では行ったのでしょうか? 仮に行っていれば誰が悪いかハッキリしますよ」
「ずっとパンフレットや完成予想CGを見て、それを指し示して販売をしていたマンションギャラリーの方(売主の復代理人)がいるわけです。しかも何回も現地の工事の様子も見に行っていてなお、こういう事象が生じたというのは、本当に過失がないのか」
「足場をばらすまで、パースと現物が違うことを(業者が言うには)気づかなかったというのは大きい過失。躯体や室内の仕上げがきちんと出来ていても、外観も含めて購入判断をした人にとって、債務が完全に履行されたと言えるのでしょうかね」
2013年9月にパースが完成し、丸紅、青木あすなろ建設、東急不動産で確認した。色の違いを見過ごし、問題無いと判断という。2014年6月から9月にかけて毎月検査を実施していたが、主に躯体部分の検査をしており、足場が組まれていて暗いことから外壁タイルの違いには誰も気が付かなかったと説明する。
これに対して以下の論評がなされた。「モデルルームや模型が単色だったなら、販売側がパースと違うことに気付かないのはおかしい。むしろ気付いていたけど、そのままにしていたと考えるのが自然」
「三社も雁首揃えて確認したのに、見過ごすとは何だ!わざとじゃないのか!と怒鳴りたくなるでしょうが。しかし、こういうことはまま起こりえるんです。特に資金や工期にゆとりがなかったりすると」
http://book.geocities.jp/hedomura/
Nonfiction Book Reviews: The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 29 (Japanese Edition)
http://www.amazon.com/dp/B00TVM31C2

ブランズシティ久が原と脱法ドラッグ

ブランズシティ久が原と脱法ドラッグ
ブランズシティ久が原の問題は表面的形式的な適法性で、法の精神を踏みにじる点にある。「大田区鵜の木一丁目の旧六郷用散策路の西側は第1種低層住宅専用地域です。道1本隔てて13階建(高さ40m)の高層マンションを建設するというのはあまりに非常識ではありませんか」(『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』「既存不適格になりうる高層マンション建築に反対!」2015/02/14)。

東急不動産の行為は危険ドラッグ(脱法ドラッグ)を合法ドラッグと主張する薬物の売人と変わらない。ゼロゼロ物件や脱法ハウスで借地借家法や宅建業法の規制を免れようとする貧困ビジネスと変わらない。
東急不動産の卑怯な点として駆け込み着工時である点がある。「大田区では、都市計画法に基づいて建築物の絶対高さ制限を設けようとしています。このマンション用地も今後20mの高さ制限がかかる予定です。東急不動産はその前の駆け込み着工を目指しています」(『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』「既存不適格になりうる高層マンション建築に反対!」2015/02/14)

東急不動産は住民の生活を踏みにじろうとしている。東急不動産流の大型開発は時代遅れである。超高層の商業ビルやマンションが林立しても、商店街はシャッター通りとなっている。東急不動産は自然に対して傲慢になっている。無秩序な開発は地球の空気も汚している。経済的背景から生まれた不純な動機で街が壊されている。

東急不動産は社会の流れから孤立している。東急不動産は住民に耐え難い矛盾と犠牲を強いている。東急不動産は日本社会の暗黒面である。環境を傷つける振る舞いを続けるならば東急不動産の孤立は、より悪くなる。東急不動産に必要なものは、やめる勇気である。東急不動産のような「造っては壊す」(スクラップ・アンド・ビルド)の繰り返しではなく、既存の建物を活かすまちづくりを目指したい。
http://www.hayariki.net/tokyu/branzcity.html
ノンフィクション書評: 東急不動産だまし売り裁判29 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00TVM31C2

若者の貧困

若者の貧困は深刻な問題である。大学生はブラックバイトや奨学金問題に直面している。若者を搾取する貧困ビジネスのゼロゼロ物件は「安かろう悪かろう」の代表格である。若者の貧困問題を重視することに大賛成である。若者の貧困問題への取り組みが急務である。

若者の貧困問題の難しいところは体制を批判する左翼側も十分な対応ができておらず、逆に体制内批判派、既得権益擁護者と映ってしまっていることである。これは既に赤木智弘「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」論座2007年1月号で問題提起されている。若者の右傾化には理由がある。むしろ若者の貧困に問題意識を持つからこそ右傾化するという状況がある。

このために本気で若者の貧困問題に取り組むならば間口を広げる姿勢が欲しい。たとえば憲法改正や原発再稼働に賛成で、若者の貧困に問題意識を持つ人々が参加できる運動である。これは市民運動の発展になる。同じ人々だけが集まった運動ではなく、様々な立場の人が運動の中で調整する。

逆に憲法改正阻止や原発再稼働阻止をバックボーンに若者の貧困問題に取り組むとなると、護憲運動や脱原発運動以上の広がりは得られない。護憲に問題意識があり、脱原発に問題意識があり、さらに若者の貧困に問題意識があるとなると、非常に限定されてしまう。

私見は右傾化が正しいとは思わない。日本で苦しむ人々や虐げられた人々の側に立ってきたのは左派系が多いという現実がある。偉大な日本のおこぼれに預かろうとすりよっても頑張れと言われるだけで報われることはない(林田力『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』「ネット右翼は東京都青少年健全育成条例で目を覚ませ」)。

そのようなことは主張していきたいが、左翼側が若者の貧困に無関心で「希望は戦争」のような主張が出てきたことも事実である。「希望は戦争」が出ても左翼の識者は頭ごなしに批判するだけで問題意識を汲み取ろうとしなかった。そのまま数年が経過している。若者の貧困の当事者には左翼への不信が人生観の深いところにある人々も多い。それ故に間口は広げることが望ましい。

その上で若者の貧困問題に取り組む場合の二つの論点を提起したい。第一に若者支援の目的である。ブラック企業などで若者を使い潰していたら、日本の産業の担い手がいなくなる、社会の危機であるという論調がある。この論調は、本来は好ましくない。若者を経済発展の手段として捉えているためである。女性を産む機械とする発言と大差ない。社会の再生産のための若者支援と言われても、当事者は覚めた目で見るだろう。

反対にニートにはサイレントテロという言葉で自己を正当化する論理もある。生産活動に従事せず、最低限の消費で済ませることにより、資本主義社会に打撃を与えるという価値を見出だす。再生産可能社会を目指すという論理は若者の立場に立ったものではない。

一方で保守層を含む幅広い層の支持を得る上で再生産可能社会とのメッセージは説得力がある。ワタミ公認でケチがついたが、それまでの自民党はブラック企業問題に比較的熱心であった。その背景には日本の産業の将来への懸念があった。広い支持を得るための戦術として再生産可能社会を掲げることは否定しない。
http://www.hayariki.net/poli/young.html
第二に若者の対象である。若者の語義からは二十代、広げるとして三十代前半が素直である。しかし、若者問題の無策が長年続けられた結果、当事者も救済されないまま年をとっている。アラフォー世代、さらにはアラフィフ世代ですら取り組みが必要になるだろう。40才のフリーターが奨学金債務で自己破産したというニュースもあった。

そうなると高齢者にも貧困者はいるため、若者の貧困問題として取り上げる必要があるかという議論が出てくる。これに対しては、貧弱な公的福祉の代替であった企業内福祉などの恩恵を受けずに自己責任の結果だけを負わされている世代への対応が必要と反論できる。アラフォー世代やアラフィフ世代への支援も若者の貧困問題という枠組みで取り組む意義がある。

むしろ「『丸山眞男』をひっぱたきたい」で提起されたような世代間公正の観点では、就職氷河期が直撃したロスジェネ世代の方が今の新卒よりも厳しい。従って優先的に取り組む方が世代間公正にかなうと考えることができる。

No More Dangerous Drugs (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.uk/dp/B00TOSH71Y
ノンフィクション書評: 東急不動産だまし売り裁判29 [Kindle版] 林田力 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TVM31C2

林田力の既刊

『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』『東急不動産だまし売り裁判28スレからし』『東急不動産だまし売り裁判29ノンフィクション書評』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『消費者書評集』『医療健康書評集』『日本史書評集』
『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』『林田力旅行記』『大河ドラマ天地人レビュー』『「江 姫たちの戦国」レビュー』『アニメ・漫画レビュー』『日本海賊TVレポート』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『脱法ハーブにNO』『危険ドラッグにNO』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』
『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』『希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票』
http://hayariki.zero-yen.com/
日本海賊TVレポート - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00TNHKGVE

反貧困は反貧困ビジネス

貧困ビジネス問題に取り組みます。反貧困は反貧困ビジネスでなければなりません。反貧困運動が貧困ビジネスと共生するものであってはなりません。

ゼロゼロ物件や脱法ハウスなど貧困者を搾取する貧困ビジネスを規制します。敷金礼金ゼロを謳う貧困ビジネスのゼロゼロ物件は詐欺師の手口と大差ありません。民間賃貸住宅の契約に際して、連帯保証人が確保できない区民に対して、区が公的に保証人の機能を提供する制度を創設します。

一握りの人々が巨利を得て、大多数の人々が虐げられる格差社会を変えます。一部の人だけが成功する経済を転換し、当たり前の生活ができる幸せを実現します。教育を充実し、不平等をなくし、弱い立場の人々と協力します。お金がないと言うだけで幸福への門戸を閉ざすべきではありません。

貧困は他人事ではありません。非正規雇用の増加によって、ワーキングプアも増加しています。お金がなくて病院に行けない人々も増えています。保険料が払えない人々がいます。圧倒的多数の生活保護受給者は生活保護の不正受給に怒り、生活保護バッシングに怯えています。今を生きることに精一杯の人々が大勢います。誰もが懸命に生きています。

政治は貧困者に手を差し伸べず、貧困者への支援が民間の善意に委ねられています。トリクルダウン理論は神話に過ぎません。トリクルダウンは貧困と格差を深刻化し、日本社会を荒廃させました。

貧困が解消されない社会では誰も希望を持つことができません。貧困と格差の拡大する日本社会に本当の豊かさや幸福はありません。格差は解消されておらず、生み出された富は富裕層にとどまっています。格差の拡大は社会の公正さを損ないます。
http://sky.geocities.jp/hayariki3/poverty.html
貧困層の増加や所得の減少は消費を低迷させ、経済にも否定的な結果をもたらします。貧困と格差の負の影響は未来の世代にまで続きます。貧困者の運命を思うと恐怖のような気持ちが襲ってきます。貧困の連鎖を断ち切らなければ人類に未来はありません。

貧困者の分断を図る全ての者に抗う意思を示さなければなりません。ゼロ年代後半に貧困が社会問題として認識され、反貧困運動が大きく盛り上がりましたが、その時の勢いが持続しているとは言えません。今は貧困者がないがしろにされていますが、あなたは一人ではありません。
[asin:B00PEJ3Y1Y:detail]
[asin:B00PNNGEUO:detail]

江東区長宛・投票率向上のための施策を求める陳情

江東区長宛・投票率向上のための施策を求める陳情

林田です。
希望のまち東京in東部は2015年2月27日、江東区長に「投票率向上のための施策を求める陳情」を提出しました(第31号)。
希望のまち東京in東部は2014年7月7日にも「若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定の陳情」を江東区長に提出しています。
http://www.hayariki.net/tobu/vote.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月26日木曜日

みんなワクワク自然エネルギーでまちづくり

本日開催された、
みんなワクワク自然エネルギーでまちづくり
のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/energy.html
「さよなら原発・江東」は、2015年2月26日に学習会「みんなワクワク自然エネルギーでまちづくり」を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。「さよなら原発・江東」は、原発に依存しない社会を目指して、まず地元でできることから始めようと、江東区議会に再生可能エネルギー普及の陳情を出し、現在継続審議中である。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ブルーボトルコーヒー

#江東区 #カフェ #コーヒー
ブルーボトルコーヒーが江東区の清澄白河にオープンした。アメリカで話題のコーヒー店の日本一号店である。開店当初は行列ができた。寒空の下、数時間並んだ猛者もいる。日本一号店を都心ではなく、清澄白河としたところが面白い。創業者は清澄白河には高いビルがないことを理由にあげる。超高層ビル中心の街づくりからは卒業した方がいい。超高層ビルは街の魅力を破壊する。二子玉川ライズやブランズ市川真間、ブランズシティ久が原など東急不動産の開発は時代遅れである。

2015年2月25日水曜日

東急リバブル東急不動産不買運動の節分

東急リバブル東急不動産不買運動は節分に豆まきした。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は外。東急リバブル東急不動産はマンションを売ったら売りっぱなしで、住民がどうなろうと知ったことではないということであった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

不利益事実不告知という姑息なだまし売りは断じて許されない。東急不動産だまし売りは言葉では言い表せない卑劣な蛮行である。東急不動産だまし売りは消費者の権利を無視するものである。東急不動産だまし売りは、いかなる目的によっても正当化されるものではない。

東急リバブル東急不動産の「売ったら売りっぱなし」体質に抵抗する。東急不動産だまし売りは直ちに根絶すべきである。人間性に対する脅威である東急不動産だまし売りを根絶するため、消費者運動は一層の協力と連携が必要になっている。東急不買運動は楽しくやると皆が集まってくる。東急不買運動によって東急不動産だまし売りへの社会的抑止力を強める必要がある。
http://tokyufubai.bakufu.org/setsubun.htm
ビル風被害の二子玉川ライズやブランズ市川真間は外。自然破壊のブランズシティ久が原は外。東急大井町線高架下立ち退きの東急電鉄は外。心斎橋店過労死の東急ハンズは外。東急ハンズ過労死はブラックな働かせ方の結果である(林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』Amazon Kindle)。

認知症商法の東急百貨店は外。食材偽装の東急ホテルズは外。Twitter炎上の東急ストアは外。ブラック企業・ブラック士業は外。ゼロゼロ物件などの貧困ビジネスは外。脱法ハーブなどの危険ドラッグは外。危険ドラッグの吉野健太郎は外。
Reports of Pirates TV Japan (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.com/dp/B00TNHKGVE
危険ドラッグにNO [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TOSH71Y

ガンダム・アグレッサー

#漫画 #ガンダム #書評 #読書
『機動戦士ガンダム・アグレッサー』は一年戦争のサイドストーリーである。主人公はジオン公国兵士であったが、地球連邦に亡命し、元ジオン関係者らで構成される地球連邦軍アグレッサー部隊でジオン軍と戦っている。
この枠組みは、あまり面白いものではない。ガンダム世界において連邦は腐敗、卑怯、卑劣、非効率、官僚体質というマイナスイメージの象徴になっている。本来は敵であるジオンに感情移入するファンも多い。デラーズフリートのように、そのようなファンを念頭に置いた作品もある。

2015年2月24日火曜日

2015年4月江東区議会議員選挙

2015年4月江東区議会議員選挙
2015年4月江東区議会議員選挙の立候補予定者を分かる範囲でまとめています。五十音順です。情報は順次アップデートします。
http://www.hayariki.net/koto/kotokugi.html
情報お願いします。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

土地

道路問題の取り組みお疲れ様です。都政は道路に関しては旧態依然との御指摘は、その通りと思います。道路建設ではありませんが、東京都の道路公社が絡む話がありましたので紹介します。
道路に囲まれた一つの敷地が複数の所有者の土地に分かれています。東隣は都有地です。借地人が家とアパートを建てています。これは近所では珍しくありません。東京都は底地を借地人に売却するとのことです。道路公社の担当者が来て、境界の確認を求められました。道路公社の担当者が言うには、測量したところ、境界標と異なっているとのことでした。しかも、こちらの土地の登記簿の測量図が間違っていると主張してきました。これに対して、「はい、そうですか」と言える話ではないと答えました。現在の境界標は南側の都有地が売却された際に買い主と東側の土地所有者である東京都と三者で確認したものであると反論しました。

2015年2月23日月曜日

第38回市民カフェ・イスラム国人質事件

希望のまち東京in東部TV第25回「第38回市民カフェ・イスラム国人質事件」
日時:2015年2月23日(月)午後10時〜10時30分
希望のまち東京in東部第38回市民カフェの模様をお送りします。希望のまち東京in東部は2015年2月12日、希望のまち東京in東部第38回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催しました。イスラム国人質事件から日本の安全保障政策に関して議論しました。
https://www.youtube.com/watch?v=yJoazyp-RHs
ライブ放送中です。
放送終了後はアーカイブになり、オンデマンドで配信されます。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判29ノンフィクション書評』

林田力『東急不動産だまし売り裁判29ノンフィクション書評』は東急不動産消費者契約法違反訴訟原告によるノンフィクションの書評集である。

東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売り裁判2リバブル編
東急不動産だまし売り裁判8
東急不動産だまし売り裁判14控訴審
北本市いじめ自殺裁判
いじめ問題と右派と左派
東急不動産だまし売りはダメよ〜ダメダメ
東急はダメよ〜ダメダメ
ありのままで東急不動産だまし売り裁判
東急不買運動
『報道の脳死』
『報道弾圧』
『犠牲のシステム 福島・沖縄』戦後日本の欺瞞を暴く
『科捜研 うそ発見の現場』
心理面重視の取調べ『「落とし」の技術』
警察の暗部も正直に『スマン!刑事でごめんなさい。』
『やんちゃ、刑事。』破天荒でも相違は尊重
暴力団と対決『警察裏物語』
警察の内幕を面白く『続・警察裏物語』
『権力のつかみ方』遅刻癖を切り捨てる健全性
『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない』
『坂の上の坂』価値多元主義
『新しい道徳』携帯メール依存症は人間を壊す
『2か月セルフケア「愛され姫の魔法の小顔! 」』
『アナスタシア』
『天とつながるあなたにしてくれるスピリチュアルリーダー』
『結婚してみたら奥様は「超霊媒」だった!』
『密教福寿開運法』アドバイスと開運呪文
『とうほく妖怪図鑑』見開きで妖怪伝承を紹介
『欲情の作法』男女の差異を強調
『お菓子の由来物語』
『死活の壁』
『囲碁の戦術 1 序盤編』
http://hayariki.zero-yen.com/tokyu29.html
【書名】東急不動産だまし売り裁判29ノンフィクション書評/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ニジュウク ノンフィクションショヒョウ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 29 Nonfiction Book Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『消費者書評集』『医療健康書評集』『日本史書評集』
『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』『林田力旅行記』『大河ドラマ天地人レビュー』『「江 姫たちの戦国」レビュー』『アニメ・漫画レビュー』『日本海賊TVレポート』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『脱法ハーブにNO』『危険ドラッグにNO』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』
『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』『希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票』
[asin:B00OWSLBUE:detail]
[asin:B00P6L27O0:detail]

信長のシェフ

#マンガ #歴史 #日本史 #本
『信長のシェフ』12巻は新たなキャラクターが登場する。『信長のシェフ』はタイムスリップ作品であるが、主人公が歴史を変えていくのではなく、主人公の言動によって歴史通りの展開になってきた。ところが、この巻では歴史への介入意思を持った人物が登場する。物語がどのような方向に進むのか注目である。
織田信長は好き嫌いが分かれる歴史上の人物である。その信長を本書はかっこよく好意的に描いている。

2015年2月22日日曜日

林田力『危険ドラッグにNO』

林田力『危険ドラッグにNO』は社会問題になっている危険ドラッグ問題を取り上げる。危険ドラッグ売人は寄生虫である。死肉に群がるハイエナのようにまとわりつく。危険ドラッグ売人は嘘つきで不誠実なゴロツキである。
危険ドラッグを吸引すると自分が自分でなくなってしまう。一度ドラッグという魔物の呼び声に答えてしまったならば、その毒のある抱擁から逃れる術はない。ドラッグ依存症になる過程で自らのアイデンティティを失ってしまう。

吉野健太郎が危険ドラッグで逮捕
吉野健太郎の危険ドラッグ逮捕と連邦
吉野健太郎逮捕と危険ドラッグ
吉野健太郎逮捕と未確認情報
吉野健太郎の連邦が危険ドラッグ広告を削除
危険ドラッグ逮捕の吉野健太郎の連邦が一時閉鎖
吉野健太郎らが医薬品の無許可販売で逮捕
危険ドラッグ福井密造事件で吉野健太郎が逮捕
福井危険ドラッグ密造マンション
危険ドラッグ福井事件で吉野健太郎らを起訴
医薬品医療機器法違反容疑で吉野健太郎を再逮捕
危険ドラッグ福井事件公判
吉野健太郎事件と危険ドラッグ対策
世田谷区で危険ドラッグ吸引者が隣人切りつけ
危険ドラッグ販売の地下化
江東区議会が危険ドラッグ対策意見書
NHKスペシャル・攻防・危険ドラッグ
危険ドラッグはダメよ〜ダメダメ
『危険ドラッグはなぜ「危険」なのか』
『歌舞伎町のシャブ女王』薬物依存の怖さ
『隊務スリップ』反薬物も重要争点
放射脳カルトと貧困ビジネス

【書名】危険ドラッグにNO/キケンドラッグニノー/No More Dangerous Drugs
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『消費者書評集』『医療健康書評集』『日本史書評集』
『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』『林田力旅行記』『大河ドラマ天地人レビュー』『「江 姫たちの戦国」レビュー』『アニメ・漫画レビュー』『日本海賊TVレポート』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』『希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票』
http://hayariki.zashiki.com/
[asin:B00OGGS2TU:detail
]
[asin:B00ON4V1YS:detail]

林田力『日本海賊TVレポート』

林田力『日本海賊TVレポート』は林田力が出演した日本海賊TVの番組レポートである。日本海賊TVは日本海賊党(Pirates Party Japan)からスピンアウトしたインターネット動画放送局である。主に政治をテーマとした番組に出演している。

秘密保護法とツワネ原則
日本海賊TV緑茶会の地方選応援
日本海賊TV国連の自由権勧告
日本海賊TVスコットランド独立住民投票を追う
日本海賊TV秘密保護法と集団訴訟
日本海賊TV住民投票の過去と未来
金曜8時は今週の振り返り第1回「解散総選挙」
金曜8時は今週の振り返り第2回「秘密保護法施行」
金曜8時は今週の振り返り第3回「トステム創業者長女の遺産申告漏れ」
金曜8時は今週の振り返り第6回「パリ出版社襲撃事件」
金曜8時は今週の振り返り第7回「危険ドラッグ」
金曜8時は今週のふりかえり第8回「奇跡の森伐採」
金曜8時は今週のふりかえり第9回「イスラム国人質事件」
金曜8時は今週のふりかえり第10回「マクドナルド低迷」
日本海賊党の名称論
海賊党の思想
http://hayariki.ie-yasu.com/pirates.html
【書名】日本海賊TVレポート/ニホンカイゾクテレビレポート/Reports of Pirates TV Japan
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『消費者書評集』『医療健康書評集』『日本史書評集』
『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』『林田力旅行記』『大河ドラマ天地人レビュー』『「江 姫たちの戦国」レビュー』『アニメ・漫画レビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』『希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票』
[asin:B00TNHKGVE:detail]
[asin:B00TVM31C2:detail]

東急不動産消費者契約法違反訴訟

東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り裁判と向き合わなければならない。

皆が求めている課題を実現することが政治です。危険ドラッグの規制を強化します。薬物依存やギャンブル依存症の問題に取り組みます。危険ドラッグ使用者は覚醒剤などの違法薬物よりも短期間で中毒症状に陥る危険があります。カジノを作らなければカジノによる依存症は生まれません。

日韓連帯集会

3・1朝鮮独立運動96周年 戦後70年「戦争する国」を許さない!2・28日韓連帯集会
■講演  戦後70年・集団的自衛権と安倍改憲を問う(仮題)
        半田 滋さん(東京新聞論説委員兼編集委員)
【プロフィール】
1955年生まれ。近著に「日本は戦争するのか−集団的自衛権と自衛隊」 (岩波新書) 、「集団的自衛権のトリックと安倍改憲」(高文研)、「『戦地』派遣−変わる自衛隊」(岩波新書)。また防衛庁(当時)極秘文書『K半島事態対処計画』を分析した「自衛隊vs.北朝鮮」(新潮新書)など多数。

■韓国ゲストから イ・チャンボクさん(6・15南北共同宣言実践南側委員会常任代表・元国会議員)
【プロフィール】2000年の南北首脳会談で打ち出され朝鮮半島の和解、平和、統一の方向を確認した南北共同宣言。その実現のため南、北、海外在住の委員会が組織され、南側委員会は広範な社会団体・市民団体を網羅して作られています。現在、イ・チャンボク氏はそのトップとして活躍しています。90年代には在野運動の連合体・民主主義民族統 一全国連合常任代表、のちに国会議員なども歴任。昨年、韓国で日本の集団的自衛権に反対する時局会議の開催も主導しています

♪歌 ノレの会
アピール

日時 2月28日(土)  資料代 1000円
    午後6時30分開会(6時開場)
場所 文京区民センター 2階 (地下鉄「春日」or「後楽園」下車すぐ)
2015 3・1独立運動96周年集会実行委員会              
連絡先 順不同  日韓民衆連帯全国ネットワーク    
ピースボート
「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター
許すな!憲法改悪・市民連絡会
反安保実行委員会
在日韓国民主統一連合

【呼びかけ】
今年の3月1日は、日本の植民地支配からの独立を求め朝鮮半島全土で人びとが立ち上がった3・1独立運動の96周年を迎えます。私たちにとっては、歴史を直視しながら、朝鮮半島やアジアの人びととの平和な関係をいかに築くのかを問い直す日でもあります。

●戦後70年・日韓条約体制50年−安倍改憲政権を包囲し反動政策を打ち破ろう

しかしこの間、日本では安倍政権によって中国や朝鮮へ敵がい心を煽りながら日本版NSC法・特定秘密保護法制定、集団的自衛権行使容認の閣議決定などが相次いで強行されてきました。年末には多くの人が「何のため」とした解散・総選挙を強行し、政権の長期化で集団的自衛権関連の戦争法制、日米ガイドライン再改定、原発再稼働など国論を二分する課題を乗り切り、憲法改悪にまで手を付けようと企てています。沖縄の民意を無視し辺野古への新基地建設もあくまで強行しようとしています。昨年末には日米韓三か国の軍事情報共有の覚書も締結し日米韓軍事同盟の強化も図られています。

また戦後70年の今年、「安倍談話」を出すとしています。中国・韓国・米国をはじめ国際的な監視のなかで、侵略の反省と謝罪を明記した「村山談話」、「慰安婦」への国家関与と強制性を認めた「河野談話」の継承を口にしつつも、これらを薄め事実上反故(ほご)にする動きと見なければならないでしょう。

まさに戦後日本国家の有り様を根本から変え、「戦争をする国」をめざす動きが強まっています。

こうした状況を背景に、在特会などのヘイトスピーチに象徴される差別・排外主義の動きも強まってきました。日本政府による「高校無償化」からの朝鮮学校排除などの差別政策がこれらを助長していることは明らかです。

今年はまた、65年に韓国と国交を開いた日韓条約体制から50年を迎えます。それは過去の日本の侵略・植民地支配を正当化しつつ、南北分断に体制的関与を開始した条約・協定の体制です。この問い直し・日韓つながり直しも求められています。

私たちは3・1朝鮮独立運動96周年集会を、朝鮮半島問題と向き合いながら安倍政権の暴走を打ち返し、平和な関係を築いていく場として多くの皆様とともに勝ちとっていきたいと思います。

●朴槿恵政権による民衆弾圧に反対しよう

韓国でも、日本の危険な動きを先取りするような朴槿恵政権よる民衆弾圧、労働運動弾圧、とりわけ統合進歩党への弾圧が吹き荒れてきました。

韓国では、大統領選挙にKCIAの後身である国家情報院が大規模に組織的に介入したことが明らかとなり、国家情報院の解体と、朴槿恵大統領の責任追及を求めて大規模なキャンドル集会が行われてきました。政権側はこの危機を乗り切るために、キャンドル集会を強力に推し進めた第二野党の統合進歩党を「違憲政党」として憲法裁判所に解散請求し、昨年末、政権の息のかかった憲法裁は解散決定を下すという挙に出ました。父親の朴正熙軍事政権時代を彷彿とさせる弾圧を見過すわけにはいきません。

こうした日韓の歴史の逆行を許さず平和と民主主義を求める日韓民衆の連帯を強めていきましょう。

3・1朝鮮独立運動96周年集会に多くの皆様の参加・賛同を呼びかけます。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月21日土曜日

希望のまち東京in東部第12回シール投票・江東区亀戸

希望のまち東京in東部第12回シール投票・江東区亀戸のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/kameido150221.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 #東陽町
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟をまとめている。東急不動産の問題は少し検索するだけでも大量に出てくる。東急不動産のような造っては壊すの繰り返しではなく、既存の建物を活かすまちづくりを目指したい。

3・1 止めろ!特定整備路線全都集会

3・1 止めろ!特定整備路線全都集会
【日時】3月1日(日) 14:00〜16:00
【会場】千駄ヶ谷区民会館集会所(渋谷区神宮前1-1-10)
【主催】特定整備路線連絡会

時に都民の顔色を伺いながら都政を進めている舛添都政ですが、こと道路関係では全く住民の意見を聞こうともせずに、強引に街壊しの道路をつくろうとしています。
これに反対する住民の会が総集合する集会を行います。
活動への「連帯」&「激励」を含めて、多くの方々のご参加をお待ちしています。
http://sky.geocities.jp/hayariki4/
[asin:B00OE5VRUO:detail
]
[asin:B00OF2T2HG:detail]

2015年2月20日金曜日

江東区亀戸シール投票

#希望のまち東京in東部 #政治 #投票 #シール投票
希望のまち東京in東部亀戸シール投票
希望のまち東京in東部では江東区亀戸で第12回シール投票を実施します。是非ご参加ください。短時間だけの参加も歓迎です。
日時:2015年2月21日土曜日午後1時から3時まで
場所:JR総武線亀戸駅北口
設問「希望のまち東京in東部では江東区・足立区・葛飾区に空き家有効活用の陳情を提出しました。江東区議会と足立区議会では継続審議中です。あなたは区議会にどのようなことを求めたいですか。例:コンビニ投票」
「日米地位協定をご存知ですか」「知っている」「知らない」
「消費税を上げて法人税を下げる安倍政権の政策についてどう思いますか」「賛成」「反対」「分からない」
この日は「わたかつ」(私達の街頭活動チーム)「今週のニューストピック☆シールアンケート&街角対話@亀戸」も実施されます。「わたかつ」は13時半から17時までです。
希望のまち東京in東部のシール投票は今回で12回目です。
第1回集団的自衛権シール投票、亀戸、2014年7月20日
第2回集団的自衛権シール投票、北千住、2014年8月3日
第3回集団的自衛権シール投票、金町、2014年8月9日
第4回集団的自衛権シール投票、小岩、2014年8月30日
第5回集団的自衛権シール投票、北千住、2014年9月9日
第6回「選挙に行こうプロジェクト」錦糸町、2014年11月29日
第7回「選挙に行こうプロジェクト」立石、2014年12月6日
第8回「選挙に行こうプロジェクト」亀戸、2014年12月7日
第9回「選挙に行こうプロジェクト」北千住、2014年12月13日
第10回、富岡八幡宮前シール投票、2015年1月4日
第11回、成人式シール投票、2015年1月12日

2015年2月19日木曜日

希望のまち東京in東部第39回市民カフェ

希望のまち東京in東部第39回市民カフェのレポートです。
希望のまち東京in東部第39回市民カフェ
http://www.hayariki.net/tobu/cafe39.html
希望のまち東京in東部は2015年2月19日、希望のまち東京in東部第39回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。希望のまち東京in東部は2015年2月21日土曜日午後1時から3時まで江東区亀戸の亀戸駅北口でシール投票を実施する。

記事が増加したため、バックナンバーのページを作りました。
希望のまち東京in東部バックナンバー(2014年8月以降)
http://www.hayariki.net/tobu/back2.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部亀戸シール投票

希望のまち東京in東部亀戸シール投票
希望のまち東京in東部では江東区亀戸で第12回シール投票を実施します。是非ご参加ください。短時間だけの参加も歓迎です。
日時:2015年2月21日土曜日午後1時から3時まで
場所:JR総武線亀戸駅北口
設問「希望のまち東京in東部では江東区・足立区・葛飾区に空き家有効活用の陳情を提出しました。江東区議会と足立区議会では継続審議中です。あなたは区議会にどのようなことを求めたいですか。例:コンビニ投票」
「日米地位協定をご存知ですか」「知っている」「知らない」
「消費税を上げて法人税を下げる安倍政権の政策についてどう思いますか」「賛成」「反対」「分からない」
この日は「わたかつ」(私達の街頭活動チーム)「今週のニューストピック☆シールアンケート&街角対話@亀戸」も実施されます。「わたかつ」は13時半から17時までです。
希望のまち東京in東部のシール投票は今回で12回目です。
第1回集団的自衛権シール投票、亀戸、2014年7月20日
第2回集団的自衛権シール投票、北千住、2014年8月3日
第3回集団的自衛権シール投票、金町、2014年8月9日
第4回集団的自衛権シール投票、小岩、2014年8月30日
第5回集団的自衛権シール投票、北千住、2014年9月9日
第6回「選挙に行こうプロジェクト」錦糸町、2014年11月29日
第7回「選挙に行こうプロジェクト」立石、2014年12月6日
第8回「選挙に行こうプロジェクト」亀戸、2014年12月7日
第9回「選挙に行こうプロジェクト」北千住、2014年12月13日
第10回、富岡八幡宮前シール投票、2015年1月4日
第11回、成人式シール投票、2015年1月12日

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月18日水曜日

大和ハウス工業が残業代不払いで是正勧告

大和ハウス工業は2011年1月27日、残業代不払いで労働基準監督署から是正勧告を受けた。サービス残業はブラック企業の温床になる。東急ハンズ心斎橋店員過労死でもサービス残業強要が背景に存在した(林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』Amazon Kindle)。

天満労働基準監督署は大和ハウス工業に対し、全社的に未払い残業代を2年分遡及して支払うことを勧告した。大和ハウス工業はグループの全社員2万5025人について、2009年1月から2010年12月までの勤務実態を調べた。その結果、グループ32社のうち16社で未払いが発覚し、全社員の約4割にあたる9387人が、計32億614万円の残業代を受け取っていないことが分かった。大和ハウス工業は4月の給与支給日に合わせて未払い賃金全額を支払った。このために特別損失を計上する羽目になった(「労基署がやってくる!」週刊ダイヤモンド2014年12月20日号)。
http://www.hayariki.net/eco/daiwa.html
大和ハウス工業では過去に子会社でもサービス残業が発覚している。大和ハウス工業は2008年4月1日、ホテルを経営する子会社「大和リゾート」(大阪市)で賃金を支払わないサービス残業があったとして、未払い分の約2億4400万円を支払うと発表した。対象は2004年10月から3年2カ月間で、社員やパート従業員ら518人。大和リゾートは従業員の残業目標時間を1カ月当たり30時間と設定し、それを超える残業代を払っていなかった(「未払い残業代を支給 2億4400万円 大和ハウス子会社」東京新聞2008年4月2日)。
[asin:B00TNHKGVE:detail]
[asin:B00TOSH71Y:detail]

宮崎強姦事件被告人弁護士に弁護士懲戒請求

宮崎強姦事件被告人・私選弁護士の谷口渉弁護士は、被告人が盗撮したビデオの処分を条件に被害者に告訴取り下げを求めた。これを「被告側の弁護として明らかに不適切であり、被害者に対する不当な圧力である」として、性犯罪被害者の支援者らが宮崎県弁護士会に弁護士懲戒請求を行う。

被告人は強姦罪に問われている。被害者は2015年1月16日の公判において、被告人が犯行を動画撮影しており、示談交渉で谷口渉弁護士から「起訴された場合、法廷で上映される。示談金の支払いなしで被害者が告訴を取り下げれば、ビデオの原本を処分する」と提案されたことを公表した。その際「脅されたと感じた」と証言している(「「暴行ビデオ」で示談交渉 弁護士が罪に問われる可能性は?」日刊ゲンダイ2015年1月24日)。

懲戒請求者はNPO法人「しあわせなみだ」の中野宏美代表らがなる。中野代表は「被告側弁護士の行為は、市民感覚では許されないこと。被害者が人権侵害されずに裁判に臨めるような環境を実現するきっかけにしたい」と訴える(菅野蘭「<告訴取り下げ>盗撮ビデオ処分条件 弁護士を近く懲戒請求」毎日新聞2015年2月6日)。

中野代表らはインターネットの署名サイトで賛同者を募っている。林田力も賛同した。「加害者側の弁護士が、性犯罪被害時のビデオを武器に、示談を持ちかけるのは、あまりにもひどいのではないでしょうか。基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする弁護士が、被害者を恐怖に陥れることを、許してよいのでしょうか」(「宮崎強姦ビデオ加害者側弁護士懲戒請求、ならびに被害者に対する不当な圧力をなくす仕組みの構築」)

インターネット上では谷口渉弁護士の行為が脅迫罪に問われる可能性があると批判されている。「示談金がZERO円なんてのは、被害者の弱みに付け込んだ脅迫であることに間違いはない」。泣き寝入りを要求したものと変わらない。「被害者の身を思って働きかけした」との言い訳は全く反省していない証拠である。
http://www.hayariki.net/poli/miyazaki.html
これはブラック士業の問題である(林田力『ブラック企業・ブラック士業』Amazon Kindle)。「弁護士は公正中立ではない」「交渉ならば何を言ってもいい」と考えているのだろうが、弁護士倫理に反している。まさにブラック士業である。この弁護士を擁護し、被害者を叩いている人々は「私は非常識で身勝手なバカです」と自己紹介しているようなものである。

インターネット上では弁護士の質の低下を指摘する声もある。「ここ数年で2〜30%も弁護士が増えたらしいからな。都会で食い詰めたり、懲戒をくらいそうになって逃げてきた、たちが悪かったり質の低い弁護士とかがいるのかもね」
[asin:B00TB4RP04:detail]
[asin:B00TOSH71Y:detail]

江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請

PDFは環境によってはアクセスしにくいという声がありましたので、HTMLページを作りました。
江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請
http://hayariki.net/tobu/kotokucho.html

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

> 江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請
> 希望のまち東京in東部「江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請」平成27年2月14日をウェブサイトに掲載しました。
> http://www.hayariki.net/tobu/
> 直リンクは以下になります。
> http://www.hayariki.net/tobu/kotokucho.pdf
> 私たち希望のまち東京 in 東部は、平成 27 年 4 月に行われる江東区長選挙に向けて、日本共産党江東区議団、区議会民主党、こうとう50、市民の声・江東、江東・生活者ネット、平和・くらしを守る江東の会(議席数順)の区議会各会派に、区長選挙で現区長に対抗する候補者擁立に向けた協議の呼びかけを行いました。

危険ドラッグにノー

#本 #脱法ハーブ #脱法ドラッグ #福井県
林田力『危険ドラッグにNO』は社会問題になっている危険ドラッグ問題を取り上げる。危険ドラッグ売人は寄生虫である。死肉に群がるハイエナのようにまとわりつく。危険ドラッグ売人は嘘つきで不誠実なゴロツキである。
危険ドラッグを吸引すると自分が自分でなくなってしまう。一度ドラッグという魔物の呼び声に答えてしまったならば、その毒のある抱擁から逃れる術はない。ドラッグ依存症になる過程で自らのアイデンティティを失ってしまう。

吉野健太郎が危険ドラッグで逮捕
吉野健太郎の危険ドラッグ逮捕と連邦
吉野健太郎逮捕と危険ドラッグ
吉野健太郎逮捕と未確認情報
吉野健太郎の連邦が危険ドラッグ広告を削除
危険ドラッグ逮捕の吉野健太郎の連邦が一時閉鎖
吉野健太郎らが医薬品の無許可販売で逮捕
危険ドラッグ福井密造事件で吉野健太郎が逮捕
福井危険ドラッグ密造マンション
危険ドラッグ福井事件で吉野健太郎らを起訴
医薬品医療機器法違反容疑で吉野健太郎を再逮捕
危険ドラッグ福井事件公判
吉野健太郎事件と危険ドラッグ対策
世田谷区で危険ドラッグ吸引者が隣人切りつけ
危険ドラッグ販売の地下化
江東区議会が危険ドラッグ対策意見書

林田力・選挙シール投票

#希望のまち東京in東部 #市民 #投票 #江東区
林田力『希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票』は希望のまち東京in東部(Hope Town in Eastern Tokyo)の2014年12月から2015年1月にかけての活動を収録する。江東区の初詣客や成人式参加者らに選挙をテーマとしたシール投票を実施した。また、生活保護切り下げ問題やスコットランド住民投票をテーマとした勉強会を開催した。

希望のまち東京in東部第31回市民カフェ
希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会
希望のまち東京in東部12月定例会
希望のまち東京in東部シール投票
希望のまち東京in東部・富岡八幡宮初詣シール投票
希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
希望のまち東京in東部・成人式シール投票
スコットランドの住民投票
希望のまち東京in東部第35回市民カフェ「足立区議会・空き家活用陳情審議他」
足立区議会宛・空き家活用陳情採択のお願い
立憲フォーラム平和創造基本法案パブコメ
箱根湯本温泉・天成園

【書名】希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票/キボウノマチトウキョウイントウブキロクハチ センキョシールトウヒョウ/Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 8 Seal Vote about Election
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』

2015年2月17日火曜日

希望のまち東京in東部第39回

希望のまち東京in東部第39回
○集団的自衛権
〇他団体と連携した「シール投票」(2/15「わたかつ」シール投票参加報告)
○「江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請」
〇その他
日時:2015年2月19日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
※ツイキャス中継予定(@hirokazu867または@hayachikara)。フォロアーからの質問も受け付けます。コインのご寄付をお願いします。
http://hayariki.net/tobu/
日本海賊TV 2015.02.16 � 希望のまち東京in東部TV 第24回「2014年衆院選・王子駅前」
https://www.youtube.com/user/tokyufubai

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東京都の弁当の路上販売規制

生活に密着した問題です。

東京都の弁当の路上販売規制
http://hayariki.net/poli/lunch.html
東京都で弁当の路上販売が規制される可能性が出てきた。東京都が規制強化を目指しているためである。現状の路上販売は店舗販売と比べて規制が緩い。弁当の販売は東京都食品製造業等取締条例が規制している。固定店舗や自動車の販売は許可制で、食品衛生責任者の設置義務がある。これに対して人力による移動販売(行商)は届出制で、食品衛生責任者の設置義務はない。
これに対して、東京都食品安全審議会は2014年2月に「弁当等に関する食品販売の規制の在り方について」を答申した。そこでは「弁当行商の販売形態が、本来の人力による小規模な形態と乖離していること」「屋外かつ施設を有しない移動販売は、温度管理の不備等の衛生上の問題が懸念されること」とする(答申7頁)。そのために保冷容器等の設備の審査や食品衛生責任者の設置固定店舗などの規制を求めている。この答申に基づいて東京都は条例改正を目指している。条例改正案は東京都議会平成27年第1回定例会で審議される(「18日に都議会開会」産経新聞2014年2月11日)。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月16日月曜日

江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請

江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請
希望のまち東京in東部「江東区長選挙に向けての希望のまち東京in東部の見解と要請」平成27年2月14日をウェブサイトに掲載しました。
http://www.hayariki.net/tobu/
直リンクは以下になります。
http://www.hayariki.net/tobu/kotokucho.pdf
私たち希望のまち東京 in 東部は、平成 27 年 4 月に行われる江東区長選挙に向けて、日本共産党江東区議団、区議会民主党、こうとう50、市民の声・江東、江東・生活者ネット、平和・くらしを守る江東の会(議席数順)の区議会各会派に、区長選挙で現区長に対抗する候補者擁立に向けた協議の呼びかけを行いました。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力書評・センゴク

#マンガ #歴史 #日本史 #書籍
『センゴク』は秀吉配下の戦国武将を描いた歴史漫画である。本書は登場人物の台詞にミーハーという単語が登場するなど時代考証的にあり得ない点もあるが、その分、現代人の心情に近い。
秀吉は頭で勝負したイメージがあるが、主人公は真っ直ぐである。センゴクという名字は引退した民主党政治家の印象が強く、マイナスイメージがあったが、それを一新する真っ直ぐさである。

2015年2月15日日曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#本 #裁判 #東陽町 #不動産
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟を描くノンフィクションである。東急不動産の新築分譲マンションは不利益事実不告知でごまかさなければ売れない物件であった。東急不動産の説明は嘘とペテンに満ちていた。都合の悪いことを消費者に説明しない、不誠実な姿勢そのものである。東急不動産には住民の不安や疑問に向き合う姿勢がない。

東急リバブル東急不動産は最悪である。絶対ダメである。悪徳不動産業者の図鑑があったならばトップに掲載されるレベルである。過ちをどう反省し、そこから何を学ぶか。そのような姿勢は東急リバブル東急不動産に皆無である。
大田区鵜の木のブランズシティ久が原で東急不動産は住民エゴと暴言を吐いた。弁明の余地のない暴言であり、撤回すべきである。東急不動産の姿勢は、よき隣人から程遠い。
「いつの時代においても、理想から逸脱した経済と民主主義のあり方に道徳的な怒りを感じ、その怒りを乗り越えて真の改革のために尽力した膨大な数の人々の関与と献身があったからこそ、この国は前進することができた」(ロバート・ライシュ著、雨宮寛他訳『格差と民主主義』)。東急不動産消費者契約法違反訴訟の原動力も道徳的な怒りである。

元自衛官・泥憲和「目からウロコの軍事的リテラシーの世界」

安倍首相から、日本を取り戻せ。ヤられる前に知っておけ!?
元自衛官・泥憲和「目からウロコの軍事的リテラシーの世界」
×福島みずほ×宇都宮健児 ホンネトーク炸裂。

「イスラム国」は悪魔なのか?
「テロとの戦争」は正義の戦いなのか?
中国は尖閣諸島を取りに来るのか?
憲法第9条は役に立たない理想主義なのか?

「 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした」の言葉ではじまった度肝を抜くスピーチで、一躍その存在に注目が集まり、話題沸騰中の元自衛官(防空ミサイル部隊所属)泥憲和。
昨年末には「安倍首相から、日本を取り戻せ!」を出版。
憲法9条、自衛隊、集団的自衛権、イスラム国、テロ、戦争。キナ臭い言葉が日常に忍び寄るいま、
「軍事の目で見るとわかる、平和への道筋」とは? 
あえていま「会いたい!」と福島みずほ(社民党副党首)のオファーで実現した、超ヤバい顔ぶれの激レアトークです。

3月16日(月)19:00(18:00開場)
出演:泥憲和(元陸上自衛官、著書「安倍首相から日本を取り戻せ!」)
福島みずほ(社民党副党首)
宇都宮健児(日本弁護士連合会元会長)
料金:前売り2,000円(ドリンク別途500円) / 当日2,300円
予約:http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/31273
※入場はチケット番号順になります
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月14日土曜日

希望のまち東京in東部2月定例会

希望のまち東京in東部2月定例会のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/teirei201502.html

希望のまち東京in東部第39回
日時:2015年2月19日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
※ツイキャス中継予定(@hirokazu867または@hayachikara)。フォロアーからの質問も受け付けます。コインのご寄付をお願いします。

みんなワクワク自然エネルギーでまちつくり
日時:2015年2月26日(木)午後6時半
場所:希望のまち東京in東部事務所(江東区東陽3−21−5・東陽3丁目バス停前)
講師:高橋真樹氏
参加費:300円

希望のまち東京in東部3月定例会
日時:2015年3月14日午後6時から午後8時くらいまで
場所:希望のまち東京in東部事務所
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

宇都宮健児さんと行く!都議会傍聴ツア

【決定!】「都政監視委員会」第四弾企画
2月25日 宇都宮さんと行く!都議会傍聴ツアー
大好評の「宇都宮さんと行く東京都議会傍聴ツアー!」の第四弾。
傍聴したいけれど敷居が高いという人も、みんなで行けば恐くない。
ガガガーーーーッ!と押しかけて、舛添知事の正面に対峙。
選挙でオシマイは、お任せ民主主義。
有権者が、しっかり継続して監視することが議会を育てます。

■2月定例会の本会議「一般質問」を傍聴します。
■傍聴後は、みんなで意見交換会(という名のお食事会)

「都政監視委員会」イベント中に決定した画期的ツアーです。
今回は、本年度最初の本会議。
舛添都知事の長期ビジョンも出され、予算案も出ました。
しっかりチェックしたいポイント満載です!

【傍聴日程と集合時間】
2月25日(水)「一般質問」12時30分集合
※本会議は、13時より開会となっております。

【集合場所】
都庁の議事堂2階:傍聴券受付ロビー前

※出入り自由
※自由解散
※傍聴後(夕刻)に宇都宮健児さんと一緒に和やかな「食事会&意見交換会」を予定しています。少人数で宇都宮さんを囲んでいろいろお話ししましょう!

平日昼間ですが、お仕事中の方もぜひとも外回りなど
自由がきくスケジュールを組んで1時間でも、30分でもOK。
「気軽にフラッと傍聴!」を合い言葉に、お待ちしております。
無料託児サービス(要予約)、手話通訳(傍聴席に手話画面設置)もあります。
https://www.facebook.com/events/1555968041317731/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力書評・シャープ液晶敗戦の教訓

#液晶 #技術 #BOOK #本が好き
中田行彦『シャープ液晶敗戦の教訓』(実務教育出版、2015年)はシャープを中心として日本の家電業界の低迷の原因を分析し、復活の処方箋を提言した書籍である。日本の家電業界の低迷は垂直統合から国際水平分業へというトレンドを読み誤り、逆行したことである。国際水平分業を可能にした要素はモジュール化である。これによって生産設備を持たないファブレス企業が活躍できるようになった。これは非常に有意義な進歩である。この意義は積極的に評価したい。一方でモジュール化によって標準規格が重要になる。
シャープの盛衰は亀山工場の成功と堺工場の失敗に凝縮される。著者は堺工場建設は間違いではなかったが、過大投資であったと指摘する(165頁以下)。堺工場は亀山工場よりも巨大設備であったが、工程は亀山工場と同じで技術革新はなかった(172頁)。大艦巨砲主義に固執した日本軍と同じ過ちを繰り返している。重厚長大からの転換は高度成長が終わった時点で言われたことであるが、本質的な意味で脱却できていなかった。

2015年2月13日金曜日

我間乱

#漫画 #剣術 #マンガ #江戸時代
中丸洋介『我間乱』は江戸時代に武術が盛んな架空の領地を舞台に少年剣士の活躍を描く歴史漫画である。週刊少年マガジンで連載された。
主人公は子どもながら自分の力に自信を持つ俺様的キャラである。しかし、敵が雑魚ばかりという訳ではない。主人公が倒されたのではないかと思わせる迫力はある。強者同士の闘いが展開される。

2015年2月12日木曜日

金曜8時は今週のふりかえり第10回(山内和彦 林田力 山口あずさ 井筒高雄)

日本海賊TVは2015年2月6日、「金曜8時は、今週の振り返り」第10回を放送した。直近の出来事、話題についてトークする番組である。今回はマクドナルド低迷、秋葉原事件死刑確定、川内原発、イスラム国人質事件をテーマとした。ゲストは山内和彦氏、山口あずさ氏、井筒高雄氏、林田力。司会は山内和彦。

マクドナルドが低迷している。日本マクドナルドホールディングスは2014年12月期の連結純利益が218億円の赤字となったと発表した。鶏肉輸入問題に加えて、異物混入問題が追い打ちをかけた。根本的には大量仕入れで世界同一サービスというマクドナルドのビジネスモデルが行き詰まっている。マクドナルドは牛丼チェーンに比べればファーストフードではなく、安くもない。チキンはコンビニで手軽に買えるようになった。マクドナルドの競合はハンバーガー屋ではない。逆に他のハンバーガーチェーンはファーストフードからレストラン化している。

日本のケンタッキーフライドチキンは国内の契約農場から出荷するなど、こだわりがある。米国の港湾労使紛争でポテトの輸入がストップした。ケンタッキーはポテトの販売を停止したが、マクドナルドは調達先を変更して販売を続けた。これは逆に安全なところから調達しているか不安になる。

マクドナルドの低迷は全世界的な傾向である。マクドナルドが再浮上するとしたら世界同一の全体最適ではなく、地域毎のメニューという部分最適であろう。もともと日本マクドナルドは、てりやきバーガーという日本独自メニューを販売した。ハッピーセットの玩具もドラえもんやポケモンなど日本のキャラクターを採用している。その方向を強力に推進することになるだろう。

世界規模で見れば都市化が進んでおり、外食産業の需要は拡大している。現地の食文化に合わせることが成功の鍵である。餃子の王将は中国から撤退した。中国では餃子と言えば水餃子で焼餃子主体は合わなかった。寿司は海外では独自の進化を遂げている。

秋葉原事件は上告が棄却され、死刑が確定した。社会的に見れば貧困や格差、孤独、非正規労働などの問題がある。しかし、怒りの矛先が間違っているのではないか。

死刑は廃止すべきではないか。被害者感情・遺族感情を理由にするならば、遺族が望まない場合は死刑にすべきではないのではないか。遺族に死刑を執行させるべきではないか。

被害者感情や遺族感情は個別具体的な遺族個人よりも自分の大切な人が殺されたらどう思うかという国民の感覚である。このために個々の遺族の意思に必ずしも連動するものではないのではないか。

復讐心から死刑を容認する感情は低級と主張してもいいのではないか。それは国民のコンセンサスを得られないだろう。私が低級と思うから低級と押し付けることは独善ではないか。ただ、ヨーロッパでは死刑を廃止する国が増えており、死刑を残す日本が野蛮と見られる面がある。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday10.html
川内原発の再稼働は遅れる見込みである。夏以降にずれ込む。電力会社にとっては再稼働しなければ損失が大きい。再稼働反対を要求するだけでなく、その仕組みを変えていくことを考えるべきでないか。いつまでに原発を全廃すると定めて、それまでに必要ならば再稼働を認めるなどの議論を与野党ですべきではないか。自民党も脱原発依存の方向性は述べている。そうなると再稼働絶対反対の脱原発派が議論の障害になってしまうかもしれない。

イスラム国人質事件は人質殺害という悲しい結果に終わった。安倍政権は万全を尽くしたか。邦人救出のために自衛隊派遣という主張が出ている。その意味を理解しているか。戦争になるということである。現行の武器使用基準では自衛官の命も守れない。

ヨルダンのパイロットは1月3日に殺害されていたと報道されている。ヨルダン政府は殺害を知っていたとの情報がある。パイロットの生存の証拠という不可能な情報を要求することは変ではないか。

情報を鵜呑みにすべきではない。ヨルダン政府が知っていたという話は他でも聞いたが、ソースのある情報なのか。イスラム国にだまされて囚人を解放するだけにならなくて良かったと素直に解釈すべきではないか。

自衛隊が米国の砂漠で演習したと報道された(「中東想定 陸上自衛隊、米国砂漠で戦闘訓練していた」西日本新聞2015年2月6日)。海外派兵の布石ではないか。自衛隊の演習は事前に広報されている。米国での演習も珍しくない。イスラム国人質事件のタイミングで報道した新聞社にあざとさを逆に感じる。マスメディアが注目の最も集まるタイミングで報道することは珍しくない。

選挙シール投票: 希望のまち東京in東部記録8 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00SQ0SZBC

希望のまち東京in東部第38回市民カフェ

希望のまち東京in東部第38回市民カフェのレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe38.html
ツイキャス動画アーカイブへのリンクもあります。

希望のまち東京in東部2月定例会
テーマ:統一地方選挙
日時:2015年2月14日午後6時から午後8時くらいまで
場所:希望のまち東京in東部事務所
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力書評・へうげもの

#マンガ #歴史 #茶道 #日本史
『へうげもの』は武将茶人・古田織部を主人公とした漫画である。現代人的な感性で語られ、時代考証的にはありえない作品であるが、当時はアヴァンギャルドであった茶の湯の真髄を意外と突いているように感じられるから不思議である。
物語は織田信長の家臣時代から始まる。松永弾正の最後の謀反のタイミングである。松永弾正の言葉は古田織部の最後を思うと意味深長である。織田信長は新時代を作る魅力的な主君として描かれている。

2015年2月11日水曜日

二子玉川の環境を守る会総会

二子玉川の環境を守る会総会
本日開催された二子玉川の環境を守る会総会のレポートです。
http://www.hayariki.net/futako/futako150211.html
二子玉川の環境を守る会は2015年2月11日、世田谷区用賀の玉川台区民センターで総会を開催した。同会は東京都世田谷区玉川の再開発・二子玉川ライズの住環境破壊などの問題に取り組む市民団体である。裁判は全て終結し、再開発ビルも竣工したが、問題は残存している。総会には川崎市の武蔵小杉や足立区の千住で開発問題に取り組む人々も参加した。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部TV「門前仲町初詣シール投票」

日本海賊TV 2015.02.06 � 金曜8時は今週のふりかえり 山内和彦 林田力 山口あずさ 井筒高雄
日本海賊テレビ「金曜8時は今週の振り返り」第10回が放送された。今回はマクドナルド低迷、秋葉原事件死刑確定、川内原発、イスラム国人質事件をテーマとした。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday10.html

希望のまち東京in東部TV第23回「門前仲町初詣シール投票」のアーカイブをリンクしました。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html
希望のまち東京in東部TV第21回と同じく、希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票をお送りします。希望のまち東京in東部は2015年1月4日に江東区の富岡八幡宮前で選挙についてのシール投票を実施しました。希望のまち東京in東部TV第21回とは別のカメラで撮影しました。

次回は以下になります。
希望のまち東京in東部TV第24回「2014年衆院選・王子駅前」
日時:2015年2月16日(月)午後10時〜10時30分
希望のまち東京in東部TV第22回に続き、2014年12月衆議院議員選挙運動です。2014年衆院選の選挙運動最終日となる2014年12月13日、青木愛・東京12区候補(生活の党)が「最後のお願い」として、王子駅前で街頭演説を行いました。大畑修・北区議会議員(民主党)、赤江奈都・北区議会議員(民主党)、佐藤有恒・北区議会議員(社民党)も応援演説をしました。これは希望のまち東京in東部TVが取材したものです(希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません)。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 #東陽町
東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急不動産だまし売り被害者が声をあげることが大切である。林田力は東急不動産だまし売り裁判が普遍的な消費者問題であることを広報し続ける。
東急不動産は住民の生活を踏みにじろうとしている。間違えれば死亡事故が起きるような工事を慎重に謙虚に進める能力が欠けている。東急不動産の不誠実は不買運動の結束を強めるだけである。

二子玉川の環境を守る会

#東急 #東急電鉄 #開発 #住民
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、世田谷区用賀の玉川台区民センターで総会を開催した。
意見。外環道は二子玉川にとって重要問題である。子どもの頃から二子玉川は知っていた。二子玉川に来た時に息を飲んだ。津波でやられたことと同じである。追体験ができない。しかし、二子玉川は、これからもっと変わる危険がある。

意見。百年懇話会からチラシが入ってきたが、ふさけんじゃねえと言った。風対策説明会の内容をチラシにして配布した。チラシがまかれると反響がある。地域住民に返していくことが重要である。

二子玉川の環境を守る会

#東急 #東急電鉄 #開発 #住民
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、世田谷区用賀の玉川台区民センターで総会を開催した。
意見。外環問題に取り組んでいる。千人近くが意義申し立てをした。

意見。実現可能な要求項目をあげる。上野毛駅は駐輪場が困る。機械でガッチャンとする。用賀駅の駐輪場とは支払い方法が異なる。統一して欲しい。
林田力。風問題で東急に要求するという案はよい。ブランズ市川真間でも風害が問題になっている、

二子玉川ライズ反対運動総会

#東急 #東急電鉄 #開発 #住民
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、玉川台区民センターで総会を開催する。
意見。昨日、世田谷区と話した。再開発組合解散後は東急に問題を提起するとした。再開発組合に屋根設置の検討を申し入れたが、再開発組合は回答を延ばしている。世田谷区は「すぐ出せ」と求めている。迂回路の計画は現実的になっている。電光掲示板も具体化している。

二子玉川ライズ問題総会

#二子玉川 #世田谷区 #再開発 #住民運動
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、玉川台区民センターで総会を開催する。世田谷区は当初、低層住宅地と考えていたが、東急電鉄との密約によって歪められた。控訴審では水害の懸念も主張した。住み続けられる開発でなければならない。
二番目に公金支出差し止め裁判である。再開発に税金が使われることを問題視した。領収書なしで億単位の税金が払われている。

二子玉川ライズ問題総会

#二子玉川 #世田谷区 #再開発 #住民運動
二子玉川ライズ問題に取り組む二子玉川の環境を守る会は2月11日、玉川台区民センターで総会を開催する。東急電鉄・東急不動産主体の再開発による住環境破壊の問題である。武蔵小杉や足立区で開発問題に取り組む人々も参加した。
二子玉川ライズの公共性とは何かを裁判で争ってきた。意見書、意見陳述も多くの人々に呼びかけた。

都市計画

#都市計画 #社会 #政治 #都市
都市計画は重要な課題である。地方政治の重要課題である。故に都市計画について取り組むことに賛成する。この都市計画は脱原発や護憲と同一レベルのものではない。都市計画はジャンルであるが、脱原発や護憲は政治的主張である。都市計画と同じレベルで述べるならばエネルギー政策や憲法改正問題になる。

2015年2月10日火曜日

若者の貧困

#若者 #貧困 #反貧困 #ブラック企業 若者の貧困問題を重視することに大賛成である。この場合に二つの論点を提起したい。最初に若者の対象である。語義からは二十代、広げるとして三十代前半が素直である。しかし、若者問題の無策が長年続けられた結果、当事者も救済されないまま年をとっている。アラフォー世代、さらにはアラフィフ世代ですら取り組みが必要になるだろう。そうなると高齢者にも貧困者はいる。若者の貧困問題として取り上げる必要があるかという議論がある。

2015年2月9日月曜日

太陽光発電の問題

太陽光発電の問題についてのコメントありがとうございます。
私も太陽光発電を無条件に絶賛するつもりはありません。
太陽光発電の落とし穴
http://www.hayariki.net/9/24.htm
[asin:B00N03IWRC:detail]
[asin:B00N414DUK:detail]

希望のまち東京in東部第38回市民カフェ「人質と自衛隊派遣」

希望のまち東京in東部第38回市民カフェ「人質と自衛隊派遣」
○希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議報告
〇人質と自衛隊派遣
〇その他
日時:2015年2月12日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/
※ツイキャス中継予定(@hirokazu867)。フォロアーからの質問も受け付けます。
http://twitcasting.tv/hirokazu867
希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議のレポートです。
http://www.hayariki.net/poli/kibou.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

日本史書評集

#Amazon #Kindle #キンドル #本
林田力『日本史書評集』は日本の歴史をテーマとした書籍の書評集である。古代から幕末までの書籍を対象としている。歴史や茶道に関する記事も収録した。

『天駆ける皇子』
『飛鳥燃ゆ 改革者・蘇我入鹿』新鮮な歴史観
『大和燃ゆ』十五年戦争の日本に重なる白村江の戦い
『建礼門院徳子』徳子の秘められた心理描写
『小説 平清盛』前向きな清盛像
『源頼朝—鎌倉殿誕生』
『かまくら切通しストーリー』
『時限の幻』
『直江兼続』軍記物風歴史小説
『利休にたずねよ』
『茶道太閤記』
『妻・宗恩の語る利休の貌』
『千利休の謀略』
『豊臣秀吉の系図学』
『のぼうの城』
『武将茶人、上田宗箇』
『"戦国BASARA"武将巡礼 真田幸村』
『千姫狂乱』時代の狂乱
『沢庵』
『権力に抗った薩摩人』
『三くだり半と縁切寺』
『幕末銃姫伝』頑迷な守旧派への無念
『テンペスト』
『お登勢』
播州林田藩
勝海舟と坂本龍馬の意外な共通点
小栗忠順と勝海舟の横須賀造船所論争評価に欠けた視点
徳川頼倫
徳川頼貞
『釜と炉・風炉 扱いと心得』茶道具の写真撮影の参考
『茶人と名器』茶人と茶道具を紹介
『茶道をめぐる歴史散歩』茶室は結界
『茶と美』『茶の湯の常識』
『やきもの鑑定五十年』
茶道と禅宗
薄板
茶碗
唐物茶入れ
茄子
真行草
茶室は神聖な空間
唐物点前(唐物点)

【書名】日本史書評集/ニホンシショヒョウシュウ/Japanese History Book Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議

希望のまち東京をつくる会一周年記念大会議のレポートです。
http://www.hayariki.net/poli/kibou.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月8日日曜日

日本海賊テレビ

#日本海賊テレビ #政治 #市民 #イスラム国
日本海賊テレビ「金曜8時は今週の振り返り」第10回が放送された。今回はマクドナルド低迷、秋葉原事件死刑確定、川内原発、イスラム国人質事件をテーマとした。林田力はゲストとして出演した。
世界規模で見れば都市化が進んでおり、外食産業の需要は拡大している。現地の食文化に合わせることが成功の鍵である。餃子の王将は中国から撤退した。中国では餃子と言えば水餃子で焼餃子主体は合わなかった。寿司は海外では独自の進化を遂げている。

希望のまち東京をつくる会

#希望のまち東京をつくる会 #選挙 #集会 #東京
希望のまち東京をつくる会が連合会館で集会を開催した。
熊谷。細川小泉連合がなければ宇都宮さんが桝添さんを脅かしたとの指摘がある。ここまで言わせたことは大きい。
石原都政への反省、二度と繰り返してはならない。桝添知事は石原氏ほどは酷くないが、国家戦略特区などの問題がある。
希望政策フォーラムを開催した。東京勉強会を開催している。メルマガを発行し続けている。会員制度を確立する。日本会議と比べて力量の弱さを何とかしなければならない。

日本海賊テレビ

#日本海賊テレビ #政治 #市民 #イスラム国
日本海賊テレビ「金曜8時は今週の振り返り」第10回が放送された。今回はマクドナルド低迷、秋葉原事件死刑確定、川内原発、イスラム国人質事件をテーマとした。林田力はゲストとして出演した。
マクドナルドが低迷している。鶏肉輸入問題に加えて、異物混入問題が追い打ちをかけた。根本的には大量仕入れで世界同一サービスというマクドナルドのビジネスモデルが行き詰まったことである。マクドナルドは牛丼チェーンに比べればファーストフードではなく、安くもない。チキンはコンビニでも手軽に買えるようになった。マクドナルドの競合はハンバーガー屋ではない。

みんなワクワク自然エネルギーでまちつくり

みんなワクワク自然エネルギーでまちつくり
「さよなら原発・江東」では、原発に依存しない社会をめざして、まず地元で できることから始めようと、江東区に「再生可能エネルギー普及」の陳情を出し、現在継続審議中です。
今、自分の町にあった形で太陽光や風力などの自然エネルギーを利用した発電が全国様々なところで動き始めています。今回は全国のそういった取り組みを取材し、世界70か国以上を訪れ、持続可能な社会をテーマに取材を続けている高橋真樹氏から話を伺いたいと思います。
そして江東区でも何ができるのか皆さんで考えてみましょう。
日時:2015年2月26日(木)午後6時半
場所:希望のまち東京in東部事務所(江東区東陽3−21−5・東陽3丁目バス停前)
講師:高橋真樹氏
参加費:300円
講師プロフィール 1973年生まれ。ノンフィクションライター。「自然エネルギー革命をはじめよう」「親子でつくる自然エネルギー工作」など著書多数。
主催:「さよなら原発・江東」
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月7日土曜日

イラクとシリアのイスラム国

「イラクとシリアのイスラム国」が大きな問題になっている。その中で「イスラム国」という表現を使うべきではないという指摘がある。「イスラム」が好ましくないという指摘と「国」がよろしくないという指摘がある。

そのためにISISまたはISILという表現を使用すべきとの主張がある。しかし、これは意味がない。ISISにしてもISILにしてもISはIslamic Stateの略であり、イスラム国を英語で言っているだけである。英語が分かる人にはイスラム国そのものである。英語が分からない人に対する、ぼかし以上の効果はない。イスラム国が不適切ならばISも不適切としなければダブルスタンダードになる。

因みにISISかISILかではISILが優勢である。外務省の渡航情報もISIL(イラク・レバントのイスラム国)になっている(「イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)による日本人と見られる人物の殺害を受けた注意喚起」)。

しかし、ISILという表現には問題がある。これは「イラクとレバントのイスラム国」の略である。レバントは現在のシリア一国だけでなく、東地中海全体を指す。そのためにISILは誇大広告になる。彼らとしてはシリア・レバノン・パレスチナ・ヨルダンの国境線が欧米列強による人工的なものに過ぎないとの論理のため、「イラクとレバントのイスラム国」でいいが、それは彼らの理想である。東急不動産だまし売り裁判を出発点とする私にとって誇大広告は受け入れられない。

ISILと表現した場合に「アイエスアイエル」ではなく、「アイスル」と読まれることがあるが、これは問題がある。それはアラブ諸国でイスラム国に敵対する政治勢力がイスラム国をダーウィッシュと呼んでいることと構造的には変わらず、イスラム国を侮蔑することになる。イスラム国に敵対する政治的立場の人々が使うことは否定しない。日本の政治家が自己の政治的信念に基づいて使うことも否定しない。しかし、この言葉は全ムスリムを代弁する中立的な表現ではなく、他者に使用を強要するものではない。

イスラム国の人々はムスリムであり、自分達こそがイスラムの正道と考えている。サラフィー主義という政治思想あり、言われるほど極端で異常な勢力ではない。世俗的なムスリムの人々が「イスラム国はイスラムではない」と考えることは理解するが、それも多様なイスラムの中の一つの考えに過ぎず、それが唯一絶対というものではない。「イスラム国はイスラムではない」という主張も一つの政治的立場を反映したもので、それを他者に押し付けるならば独善になる。
http://www.hayariki.net/poli/isis.html
「イスラム国という名称を使うな」は「日本のイメージが悪くなるから日本赤軍を別の呼称に言い換えよう」というようなものである。日本赤軍が極悪非道なテロを行っても、日本人一般が迫害されるべきでない。イスラム国がイスラムではないからムスリムを迫害することが誤りではなく、ムスリムの中に過激なテロリストが存在することをもってイスラム国と無関係のムスリムを迫害することが誤りである。

希望のまち東京イン東部事務所

#希望のまち東京in東部 #レンタルスペース #江東区 #東陽町
希望のまち東京in東部は東京都東部地域で夢と希望を持てるまちづくりを目指します。市民による協力の広がりにはとても勇気づけられます。
希望のまち東京in東部事務所は東京都江東区東陽にあります。事務所は空きがあればいつでも貸し出し致します。趣味や資格を活かして、ワークショップやお教室等にご利用いただけます。お教室をやっていただける講師の方もお気軽にお問い合わせください。

林田力『消費者書評集』

林田力『消費者書評集』は東急不動産消費者契約法違反訴訟原告が消費者の視点で書いた主にノンフィクションの書評集である。

被害経験に重なる『だましの技術!』
『「値切り」のマジック』の金子哲雄氏に聞く
『ガチミシュラン』
『打ったらハマるパチンコの罠PART2』
『不動産力を磨く』
『災害と共に生きる文化と教育−大震災からの伝言(メッセージ)』
『北芝健のニッポン防犯生活術』犯罪者の性向を踏まえた防衛策
金融
『過払い金を取り戻せ』
『街金王 池袋アンダーグラウンドの「光」と「闇」』
環境
『定年後は森でロハスに』
『弁護士馬奈木昭雄』環境派と公害派
IT
『ミセス・シンデレラ 夢を叶える発信力の磨き方』
『情報活用入門』
『デジタルネイティブ 次代を変える若者たちの肖像』
『ケータイ不安』
子ども
『子どもを「0から稼げる起業人」に育てる法』
『ぼくらが子役だったとき』
『逢えてよかった』少年少女を見下す大人への怒り
学術
『ヴェネツィアのパトロネージ』
『言語教育研究 第2号』
『カント 信じるための哲学』
『北海道の洋服化への道』
『ローマ美術研究序説』古代ローマ美術の多様性
『日本人にかえれ』
『親父の青春』
『全日本ロボット相撲オフィシャルブック』

【書名】消費者書評集/ショウヒシャショヒョウシュウ/Consumer Book Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』『林田力旅行記』『大河ドラマ天地人レビュー』『「江 姫たちの戦国」レビュー』『医療健康書評集』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』
http://www.hayariki.net/cul/review.htm
[asin:B00MS9NKXK:detail]
[asin:B00MWKT36S:detail]

林田力・東急不動産消費者契約法違反訴訟

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #消費者契約法 #マンション
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)はマンションだまし売り被害者の悲しみをすくいとる。東急不動産だまし売り被害者の怒りや苦しみを言葉で定着させることは文学の責務の一つである。東急不動産の非道には衝撃で息がつまって気が遠くなりそうになる。東急リバブル東急不動産の売ったら売りっぱなしの体質に抵抗する。

希望のまち東京in東部フォトギャラリー

希望のまち東京in東部の写真ページを作成しました。
希望のまち東京in東部フォトギャラリー
http://www.hayariki.net/tobu/photo.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月6日金曜日

ナルト完結

#ナルト #週刊少年ジャンプ #マンガ #漫画
マンガ『ナルト』が完結した。ナルトとサスケの因縁に決着を付けた。物語序盤のテーマを見事に完結させた。週刊少年ジャンプのバトル漫画は連載の長期化によって序盤とは全く別次元の戦いになることもある。『ナルト』も、その傾向が感じられたが、きちんとまとめている。初代火影やカカシの因縁も重ね合わせて上手にまとめた。
驚きはヒロイン達の恋の行方である。サクラはドMでなければ理解できない。少年漫画視点の女性キャラである。一方でサクラもヒナタも初志貫徹と見ることもできる。

2015年2月5日木曜日

Re: 希望のまち東京in東部第37回市民カフェ

林田です。コメントありがとうございます。
「イスラム国」なる表現を使うべきではないという指摘は仄聞しております。
「イスラム」がよろしくないという指摘と「国」がよろしくないという指摘があります。
その論理自体にも異論がありますが、それ以上に、そのためにISISやISILと言い換えることは意味がないと考えます。
Islamic Stateの略ですので、英語が分かる人にはイスラム国そのものです。
英語が分からない人に対する、ぼかし以上の効果はないと思います。

絶対に固守する立場ではありませんが、「イスラム国」を置き換えるには至っていません。
これは日本海賊TVでも同じです。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday8.html

ちなみに首相や議員の政治的建前を反映した発言とは別に、現実と向き合わなければならない外務省の渡航情報では「イスラム国」という表現を消し去ることはできていません。

イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)による日本人と見られる人物の殺害を受けた注意喚起
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C027

問題意識とは異なりますが、私は「イラクとシリアのイスラム国」と表記しており、逆にISILの表現に抵抗があります。
レバントは現在のシリア一国だけでなく、東地中海全体を指し、誇大広告になるためです。
彼らからすればシリア・レバノン・パレスチナ・ヨルダンの国境線が欧米列強による人工的なものに過ぎないとの論理であり、情勢によっては名実共にISILになる可能性は否定するものではありませんが。

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

---
アバスト! アンチウイルス によって保護されているため、このメールはウイルスやマルウェアに感染していません。
http://www.avast.com

希望のまち東京in東部第37回市民カフェ

希望のまち東京in東部2月定例会
テーマ:統一地方選挙
日時:2014年2月14日午後6時から午後8時くらいまで
※開始時間および終了時間が1時間遅れました。
場所:希望のまち東京in東部事務所

希望のまち東京in東部第37回市民カフェ「イスラム国人質問題と国家」のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe37.html
希望のまち東京in東部は2015年2月5日、希望のまち東京in東部第37回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は「イスラム国人質問題と国家」をテーマとした。また、ピケティについても議論した。

希望のまち東京in東部TV第23回「門前仲町初詣シール投票」
日時:2015年2月9日(月)午後10時〜10時30分
希望のまち東京in東部TV第21回と同じく、希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票をお送りします。希望のまち東京in東部は2015年1月4日に江東区の富岡八幡宮前で選挙についてのシール投票を実施しました。希望のまち東京in東部TV第21回とは別のカメラで撮影しました。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判8』

林田力『東急不動産だまし売り裁判8』(Amazon Kindle)は東急不動産消費者契約法違反訴訟の提訴からマンション現地進行協議までを描くノンフィクションである。
東急不動産消費者契約法違反訴訟は第二回口頭弁論の後に弁論準備手続きに移行した。そのような訴訟は多い。口頭弁論が続く訴訟は、社会の関心があり、弁護士が社会運動的に闘っているケースくらいである。これは裁判の公開原則を踏まえるならば好ましいことではない。それは裁判所の一種の堕落と考える。
弁論準備手続きは争点整理であるが、新たな争点を出すこともある。建前は提訴の時点で原告側が全ての主張をしていることが求められるが、それは現実を知らない理屈である。たとえば被告のデタラメな主張に反論するために次回期日に反論の準備書面を出すことはある。これは東急不動産消費者契約法違反訴訟でもあった。このような形で弁論準備手続きが長期に渡った裁判もある。
但し、裁判官の中には事件をさっさと終わらせることしか考えないヒラメ裁判官もいる。ウカウカしているとすぐに結審にされてしまう。問題があれば、遠慮せずに、すぐに主張立証すべきである。
東急不動産にはマンションだまし売りの責任がある。この点を曖昧にすれば社会の検証に耐えられない。
「ことの詳細を正確に述べるという事実確認的コミュニケーションだけでなく、誠実さを示し、責任を果たし、謝罪をするといった、行為遂行的なコミュニケーションが何よりも重視される」(石田英敬「溶解するメディア 公共圏と「朝日新聞」問題」世界2014年11月号115頁)
東急不動産は東急不動産消費者契約法違反訴訟において、思考停止して問題をひたすら先送りしてきた。誰もマンションだまし売りの責任をとらない、とろうとしない、極めて無責任な状態である。東急リバブル東急不動産は真剣に問題と向かい合っていない。目の前の問題であっても、問題先送りを主張する。着々と進行する病魔に対して何の治療も施さず、対症療法だけを繰り返す。
東急リバブル東急不動産の不誠実な対応は逆効果を生んだ。消費者は尊厳を傷つけられた。感情を逆撫でされた消費者の憤りは今も消えていない。東急不動産の回答には脱力、憂鬱、疲労、怒りを覚える。マンションだまし売り被害者でなくても、東急不動産の対応に釈然としない思いを抱く人は多い。
[asin:B00ML2RJOK:detail]
[asin:B00MOG5P5I:detail]

2015年2月4日水曜日

東急不動産マンションの配管問題

東急不動産マンションの配管問題を紹介する。外壁がパンフレットなどと大きく異なるという問題が発覚した「ザ・久が原レジデンス」(東京都大田区鵜の木)では配管も美観を害すると指摘された。

「外観ですが、タイルだけではなく連結送水管と屋内消水管?は、このステンレス素材テカテカの色のままだそうです。そもそも美観意識が低いんですかね? 普通の他マンションも外壁にあわせて塗装が普通なのに… これじゃあ資産価値も下がる気が。そもそも、このパイプじゃ工場みたいで嫌なのですが」

「いかにも不自然な感じ。グレード感を持たせる物件なら、連結送水管の放水口って、もう少し目立たないところに配置しそうなもんですけど。または手すり部に埋め込む設計にしておくとか。当初予定の設置位置から変更してないですか?ただ設計のレベルが低いだけなんですかね」

「部外者から客観的に見れば、どう考えても、タイルや管はおかしいと思うのが多くの人の感覚かと思います」

「外壁タイルの取り違えは過失ですからね。連結送水管も当初からの変更だとすると、美観としては許容範囲を超えているでしょう」

「外壁よりも連結送水管のほうが資産性の点では問題あると思うんだけどなぁ。5年後に売却するとして、購入検討者は外壁みても「ああこういう色なのね」と、当初CGと違うという点なんて気にも留めないと思いますが、この送水管は5年後にみても「不恰好じゃない?」と思う気がする」

アルス東陽町(江東区東陽)でも配管を設計図よりも小さい口径で施工し、排水時にゴボゴボ騒音が起きるという欠陥施工が発覚した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』「耐震強度偽装事件と欠陥施工」)。東急不動産のマンション建設は杜撰である。東急不動産物件にはリスクがある。掲示板では「内覧は、構造とかに詳しい方に同行してもらってチェックしたほうがよろしい」と指摘される。東急リバブル東急不動産からマンションを購入しないことが最善である。

インターネット掲示板では以下の指摘もある。「オリンピックの影響で今後価格があがりますよとか、消費税がまたあがりますよとか業者さんには急かされるでしょうが、新しい物件はどんどんでてくるし、住宅は高い買い物なので、気乗りがしなければ見送るのもあり」
http://www.hayariki.net/tokyu/kugahara.html
マンションだまし売り被害者の怒りは、問題箇所の一点にとどまらない。卑怯なマンションだまし売りをするくらいだから、東急リバブル東急不動産が裏で何をしているか分からないという点が東急不動産物件に住み続けることを躊躇させる。一事が万事である。見えない部分はもっと手抜きしているのではないかと怖くなる。監理が行き届いていないならば、他の部分でも欠陥を抱えている可能性がある。東急不動産消費者契約法違反訴訟において売買契約を取り消したことは正しかったと実感する。

東急不動産消費者契約法違反訴訟は一つのマンションに限った問題ではない。これからマンションを購入する消費者にとって重大な事例である。マンションを購入者の全ての関わる問題である。東急不動産だまし売りが許されれば、悪しき前例になってしまう。だまし売りで販売されるマンション住戸は、まかり間違っても上質な住まいと言えるものではない。東急不動産だまし売りは肌に叩きつけるような痛みを与える酸の如き熾烈な毒である。
[asin:B00M0UU9T0:detail]
[asin:B00MAGHZGE:detail]

ブランズシティ久が原報道

#東急不動産 #消費者 #建築 #建設
東急不動産はブランズシティ久が原建設のために東京都大田区鵜の木の自然林を伐採した。江戸時代から続く貴重な森であった。これは東急不動産の住民無視体質を示すものである。ブランズ市川真間やブランズシティ守谷、二子玉川ライズなどとも共通する。
これを朝日新聞が奇跡の森伐採と報道した。奇跡の森は朝日新聞のネーミングである。朝日新聞が、この問題を報道したことは非常に素晴らしいことである。一方で奇跡の森とのネーミングに対して戸惑いも見られる。従軍慰安婦の誤報に絡めて過剰・大袈裟なネーミングではないかとの声もある。

2015年2月3日火曜日

ザ・久が原レジデンス外壁問題

ザ・久が原レジデンスは丸紅が幹事会社であるが、マンションだまし売りの東急不動産が問題である。掲示板でも東急不動産の酷さが批判されている。「丸紅は知りませんが東急不動産はいいわけ付けて補修やら工事からは逃げ続けるデベなので、入居前にしっかり言った方がよろしいかと・・・あの会社の対応は酷いです」
「林田さんじゃないけど東急も結構あちこちで酷いことしてるから、ここも責任逃れに終始するとかなんじゃないかな」
丸紅は謝罪したが、東急不動産が謝罪しないことを疑問視する意見もある。「丸紅だけが謝りに来ていて、東急が出て来ないのはどうして」
外壁の変更も東急不動産の影響を示唆する意見も出ている。「外壁について、パッと見て思ったのは、ブランズシリーズと同じ色味だなってこと。東急が好きな色なんですかね」「この色合いはブランズかって感じが個人的にはしました」
東急不動産・東急リバブルに問い合わせしたところ、ほぼ同じ文面で以下の回答が来たと掲示板で報告された。「共同事業者(売主)である丸紅株式会社から売主を代表して説明させていただいた通りであり」「ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」。一方的に理解を要求するだけの回答は、東急不動産消費者契約法違反訴訟と同じである。
[asin:B00KQS2IBU:detail]
[asin:B00L0IDMY2:detail]

希望のまち東京in東部2月定例会

希望のまち東京in東部2月定例会
日時:2014年2月14日午後5時から午後7時くらいまで
場所:希望のまち東京in東部事務所

希望のまち東京in東部第37回市民カフェ「イスラム国人質問題と国家」
FacebookやTwitterなどで「イラクとシリアのイスラム国」に人質になった湯川遥菜さんと後藤健二さんに対するコメントや安倍首相の対応について、多くの意見が寄せられています。「国に迷惑をかけるな」と言う意見もあります。国家とは何かについても議論したいと思います。
※ツイキャス中継予定(@hirokazu867)。フォロアーからの質問も受け付けます。
日時:2015年2月5日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ザ・久が原レジデンスと東急不動産だまし売り裁判

ザ・久が原レジデンスと東急不動産だまし売り裁判
東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して東京都江東区東陽の新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。丸紅・東急不動産の新築分譲マンション「ザ・久が原レジデンス」では竣工時に外壁の色がパンフレットやウェブサイトと大きく異なるという問題が発覚した。外壁色が黄色系の茶から赤茶系になっていた。また、三色タイルが一色になっていた。インターネット掲示板では外壁の色が安っぽいなどの不満が寄せられた。
「パンフレットの色とは随分違いますね」
「ちょっと騙された気分です」
「以前、エントランスがホテルみたい、という書き込みもありましたよね…いくら、イメージとはいえ、ほとんど別物件にみえます…この色でもホテルみたいになるのでしょうかね」
「マンション外壁の色が随分違いますね」
「高い買い物なのに、一番目立つ外壁のタイルの色なんか変えられて、裏切られた気分です。パンフレット通りの色に戻してほしい」
「子どもが見て、『しょぼ!思ってたのとちがう』と言いました」
「パンフレットにも実際の色は異なりますと小さく書いてありますし今更どうにもならないとはいえ、誠意を疑います。色調が全く違います」
「完成予想図は外壁タイルに濃淡の差があってモザイク状になってますが、実物写真ではほとんど単色に見えます。本来タイルが現場に搬入された時点で気づきそうなものですが、これで足場外して初めて発覚したなんていうことが本当にあり得るのでしょうか」
「気になって、マンション外壁いろいろ見てしまいますが、3色タイルの方がかっこいいですね。これで資産価値下がってしまったら悲しいですね」
「この外壁タイルの色は驚きですね。パンフレットは黄色系ですが現物は赤色系、分譲物件ではあまり見かけない色です。これが一言謝って済むのであればマンションの色調なんてなんでもまかり通っちゃいますね」
「三色タイルだったとしても、パースとは色味がだいぶ違ったんじゃないかというのが、現地見てきた率直な感想です」
「随分のぺっとしてますね。安っぽいと言うよりは、予想図と比較してセンス的にちょっと古くさい印象を受けてしまいます」
「私もパンフレットとのあまりの違いにショックを受けました」
「もともとの色味が今の色だというのなら、パンフレットなんて気づいた時点で刷りなおせば済むはずだし、ホームページなんかCGの色変えるだけでしょ。それを今までせずにあのパンフレットでだまってお客さんに販売していたんだから、今頃どうこう言われても納得いかないですよ。おかしいです」
「パースでは複数色だった外壁のタイルが、説明無しに単色になっているのだから全然違う。色の違いというよりデザインの違いともいえる。これが、まかり通ったら他のマンションだって怖い。購入者はパースしか判断材料が無いのだから」
「パンフレットと実物で使っている材料が異なるので、明らかに違います」
http://book.geocities.jp/hedomura/
Seal Vote about Election: Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 8 (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.de/dp/B00SQ0SZBC

神戸から東北に笑顔のかけ橋を

第4回LOVEフェス3.11〜神戸から東北に笑顔のかけ橋を〜
・楽しい場を創造する・・・「笑顔」
・神戸と東北をつなぐ・・・「絆」
・街にあかりを灯す・・・「光」
開催日2015年3月7日(土)8日(日)(予定)開催時間10:00〜18:00 (※雨天決行)
※各コンテンツごとに開始時間が異なりますのでご注意ください。
開催場所JR新長田駅前・若松公園(鉄人広場)および周辺商店街
入場料無料
主催LOVEフェス3.11実行委員会
コンテンツ(予定)ステージ・・・公園ステージ、商店街ステージ1・2
飲食・物販・・・B級グルメなど屋台村
東北復興支援・・・震災の語り部、東北物産展、東北支援団体の活動報告ブース、震災写真展示コーナー、キャンドルナイト 等
商店街・・・ゆるキャラ大集合、マジックショー、脱出ゲーム 等
http://www.lovefes311.com/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

21世紀の資本

#政治 #格差 #貧困 #反貧困
トマ・ピケティ『21世紀の資本』は格差の拡大に警鐘を鳴らした書籍である。資本の収益率が国民所得の収益率よりも高く、何もしなければ格差が拡大することを明らかにした。その対策として富裕層への課税強化などを提唱する。
本書の第一の価値は政策提言よりも分析にある。何もしなければ格差が拡大するにも関わらず、20世紀に格差が拡大しなかった理由は二度の世界大戦がある。戦争は富裕層にも直撃する。格差解消の強力な解決策は戦争という認めたくない結論になる。貧困の若者から「希望は戦争」との主張があったが、その直感も間違いではないことになる。
ピケティの提言については賛否が分かれるだろう。本書はトリクルダウン理論やアベノミクスを批判する側から喝采を浴びたが、その熱狂に身を委ねるには違和感を抱いた。資本蓄積の正当性・不当性ではなく、超大資本という現在の状態に対して規制を求めているように聞こえるからである。東急リバブル東急不動産が不利益事実を隠してマンションをだまし売りした東急不動産消費者契約法違反訴訟を出発点とする私にとって行為の不当性を追及したい。それがブラック企業や貧困ビジネスへの批判につながる。ブラック企業や貧困ビジネスは超大資本ではなく、零細資本であることさえある。だからと言ってブラック企業や貧困ビジネスの行為の悪質さに目をつぶり、巨悪は別にあると矛先をそらせる気にはならない。
本書は当初、『21世紀の資本論』と紹介されたために誤解されたが、カール・マルクス『資本論』を下敷きにしている訳ではない。むしろマルクス主義者ならば労働者搾取の視点がないと批判する内容である。私はブラック企業経営者のような悪い経営者の不当性を優先的な問題意識にしており、構造的に搾取階級と見る労働者搾取論には躊躇を覚える。

ブランズシティ久が原とザ・久が原レジデンス

東急不動産のブランズシティ久が原とザ・久が原レジデンスは共に周辺住民との間で建築紛争が起きた。共に東急不動産が事業主になっている。東京都大田区鵜の木1丁目に位置し、東急多摩川線鵜の木駅と東急池上線久が原駅を最寄りとする点も共通する。東急不動産のトラブルが近接地域で続発する傾向は東急不動産消費者契約法違反訴訟と重なる。東京都江東区のアルス東陽町301号室だけでなく、東急ドエルアルス南砂サルーテでもマンションだまし売り問題が起きた。

ザ・久が原レジデンスはマンション建設反対運動が起きた。ザ・久が原レジデンスは旧称HILLSIDE PROJECT(ヒルサイドプロジェクト)。売主は丸紅株式会社、東急不動産株式会社、施工会社は青木あすなろ建設株式会社、管理会社は丸紅コミュニティ株式会社である。インターネット掲示板では以下の否定的評価が出ている。

「外観一昔前のデザインだな」

「安っぽいね。ディスポーザーも無いし」

「外観も価格もいまいちすぎる」

「コンセプトと価格が釣り合っていないのが非常に残念な物件という感想です」

ブランズシティ久が原とも共通するが、ザ・久が原レジデンス建設による近隣住宅の圧迫感は甚大である。

インターネット掲示板でも圧迫感を指摘する声が出た。「結構圧迫感ありますね」

「散歩がてら工事を見てきたけど、近隣住居との距離がとても近いですね。こんなに近くてもマンションは建設できてしまうんですね」

「法律上OKならなるべく最大限に建てないとっていうかんじなんじゃないですか」

「住宅密集の中にあのマンションは最初ちょっと違和感感じるかも」

「工事を見た人はわかると思うけど、特に正面に向かって右側の家は、かわいそうになるくらい密接しているなぁ〜。のぼりが立っていたし、反対運動は継続してるんですね」

ザ・久が原レジデンスは崖地に建設する点が不安材料である。災害時の危険性が懸念される。掲示板では以下の指摘がなされた。

「周辺住民のブログ読む限り、結局ここも崖削って崖をマンションで支えてる訳だろ。将来、全面建替えって出来るのか」

「やはり崖が気になりますが、崖は崩れませんか」

「崖線が一番気になりますね。普通は擁壁造るんじゃないの?マンション本体が崖を支えてるってどうなんですか?別の方が書いてましたけど、全面改修出来ないんじゃないかという不安があります」

「ここの崖を建物で支える建て方は本当に大丈夫なんでしょうか」

「崖崩れの影響が不安ですね」

「崖を削っているので、このところの雨の多さは影響はないのか気になります」
http://homepage2.nifty.com/tokyufubai/kugahara.htm
水害も懸念されている。水害の懸念は世田谷区玉川の二子玉川ライズでも周辺住民から指摘された。

「湿気とか大丈夫ですかね。崖から水とか出ますよね」

「住民ブログで知りましたが、住民の指摘を受けて計画途中でタンクの許容量を上げてます。どうやら地域で下水のオーバーフローを良く起こしてるそうです。建設されるタンクの貯水量は一般的には全く問題ない数値ですが、果たして…。というところですね」

「昔、ここは崖地で湧き水もあったようですから、下の階の方は湿気がひどいでしょうね。もともと多摩川の河原だったところだから地盤もやわらかくて水が出やすいですし」

掲示板では治安面の不安も指摘された。「鵜の木で殺人事件ですか。大丈夫ですか、近隣の治安は」

「近いね。物騒だな」

「空き巣も多いらしいですね」

「空き巣が多いとは セキュリティも過信してはダメですね」
Seal Vote about Election: Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 8 (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.uk/dp/B00SQ0SZBC

2015年2月2日月曜日

イスラム国人質問題と国家

希望のまち東京in東部第37回市民カフェ「イスラム国人質問題と国家」
FacebookやTwitterなどで「イラクとシリアのイスラム国」に人質になった湯川遥菜さんと後藤健二さんに対するコメントや安倍首相の対応について、多くの意見が寄せられています。「国に迷惑をかけるな」と言う意見もあります。国家とは何かについても議論したいと思います。
※ツイキャス中継予定(@hirokazu867)。フォロアーからの質問も受け付けます。
日時:2015年2月5日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

日本海賊放送 2015.02.02 � 希望のまち東京in東部 第22回「2014年衆院選・足立区・街頭演説会」
希望のまち東京in東部TVが取材した2014年12月衆議院議員選挙運動から長谷川たかこ東京13区(足立区東部)候補(民主党)の街頭演説会を紹介します。佐藤由美・前東京都議会議員が司会し、鈴木明・足立区議会議員、小椋修平・足立区議会議員が応援演説をしました。希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html
上記URLに動画を埋め込みました。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年2月1日日曜日

思考停止人生から卒業

#本 #書評 #書籍 #新刊
潮田、滋彦『思考停止人生から卒業するための個人授業』(ごま書房新社、2015年)は自分の可能性を広げるための考える力を研修講師が教える書籍である。タイトルに個人授業とあるように受講生との個人授業形式で書かれている。
無理だと思考停止に陥らず、自分の枠を取り払うことを目指す。いわゆるポジティブシンキング的な内容である。たとえばクレームを自分達では気付かなかったヒントをもらえるチャンスと位置付ける(59頁)。マンションだまし売りで、売りっぱなしの東急リバブル東急不動産に読ませたい内容である。

ブランズシティ久が原の景観破壊

ブランズシティ久が原は旧六郷用水散策路の景観を破壊すると批判される。六郷用水は六郷領を灌漑する農業用水である。徳川家康が用水奉行・小泉次大夫に命じて、農村の灌漑を目的として、開削された。このために次大夫堀とも呼ばれる。工事着手は1597年(慶長2年)である。大田区は六郷用水の流路跡に再現水路を作り、往時の六郷用水の面影を伝えている。

周辺住民は計画の見直しを主張する。「ガイドラインの基準から明らかに逸脱しているこの計画は、見直すべきです」(「周囲の景観と調和しない突出した高さ」『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』2015/01/31)。

以下は計画への批判の声である。「周辺のこれまでの住環境から見れば、とてつもなく大きくて高くて、しかも緑の森からコンクリートの塊に変わる」(奈須りえ「2600坪の樹木5391本(うち1.2m以下5152本)が8本に!大田区の緑が減るのはどうしてか」2014年12月15日)

「こんなのが家の脇に建ってしまうんですよ。まともな神経の人間がやることとは思えませんね」(「受忍限度を大きく超える圧迫感!!」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月31日)

東急不動産は樹木を植える予定と説明するが、ほとんど効果がないと批判されている。「マンションは13階という計画なので、2階の途中くらいまでの高さの木が植えられたとしても、それから上(2階の途中から13階)までは見えるわけで、低い方の階だとベランダに干されるであろう洗濯物なんかもきっと見えるでしょう」(「景観条例もお構いなし」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月12日)。

植樹が、その場しのぎの効果のない対策であることは東京都世田谷区玉川の二子玉川ライズのビル風問題でも批判されている(林田力『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』Amazon Kindle)。東急不動産は千葉県市川市のブランズ市川真間、ブランズ市川真間IIでも住民反対運動が起きている(林田力『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』Amazon Kindle)。ブランズシティ守谷や湘南袖ヶ浜レジデンスでも反対運動が起きた。周辺住民から批判される東急不動産のマンションが消費者にとって住み良いものであるはずがない。

儲かれば良いという東急不動産の発想が自然を平然と踏み躙るという愚行を引き起こした。東急不動産の蛮行に氷柱を背に突き刺したかのような悪寒を感じる。低俗なものに品性を求めることは絶望的かもしれないが、最低限の礼は持ってもらいたいものである。住民の声を経営に生かし、消費者志向にならない不動産業者は生き残れない。東急不動産のような増長と慢心、住民への尊大な態度は不動産業者にとって敵とすべきものである。
http://book.geocities.jp/hedomura/branzcity2.html
Seal Vote about Election: Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 8 (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.com/dp/B00SQ0SZBC

ブランズシティ久が原・安全意識の低さ

「ブランズシティ久が原」は安全意識の低さが批判されている。住民団体の東急不動産株式会社代表取締役三枝利行宛要望書でも工事の安全性が危惧された。

「東急不動産の担当者は、住民説明会で住民の意見や要望を「住民の暴論だ」と発言し(第3回説明会)、多くの住民の怒りを招き、いたずらに住民と敵対関係を構築しています。今後の貴社の工事に対する姿勢を象徴する事だとして、多くの近隣住民だけでなく、地域の町会も工事の安全性について危惧しています」(六郷用水散策路の安全と景観を守る会「六郷用水散策路の安全と景観保全に関する要望」2014年12月3日)

東急ホームズによる自然林伐採作業も批判された。「長さ3〜4メートルの鉄パイプを組み合わせて枠を組むのに、道路側に監視員もおかず作業者が一人で既存の塀に登って作業をしていました。ちょっと作業者が手を滑らせると、持っていた鉄パイプが道路側に落ちてきて、下を通行している人に怪我をさせる可能性があるのにです」(「安全意識の低い東急によるマンション工事が心配」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月12日)
http://hayariki.x10.mx/branzcity3.html
東急不動産のブランズ小竹向原(東京都板橋区小茂根)では建設中に死亡事故が起きている(林田力『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』Amazon Kindle)。ブランズシティ久が原のマンション建設工事の安全性も心配される。
[asin:B00SQ0SZBC:detail]
[asin:B00T01O722:detail]

金曜8時は今週のふりかえり第9回(山内和彦 林田力 増井麻里子 須澤秀人)

日本海賊TV 2015.01.30 �金曜8時は今週のふりかえり 山内和彦 林田力 増井麻里子 須澤秀人
今週は、イスラム国人質、池内さおり氏twitter問題、ギリシャ選挙、ピケティの思想など。
レポートです。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday9.html
動画アーカイブです。
http://youtu.be/Iee3wOLkqHg

おまけの動画です。
2013年葛飾区議会議員選挙・みずま雪絵候補街頭演説
2013年葛飾区議会議員選挙における、みずま雪絵候補の街頭演説です。2013年11月2日、亀有駅南口にて。
http://youtu.be/fY6Yj5Nbdn0

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/