2015年1月31日土曜日

高齢者治療中止

6月25日、被告長男妻に症状を説明。
7月11日、被告長男妻に面談。
被告病院が原告に確認していない。被告長男夫婦に確認しただけである。
終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン。医療・ケアチームとして対応していない。合意内容を文書にまとめていない。

2015年1月30日金曜日

東京大空襲と亀戸・小松川

第9回平和フィールドワーク「東京大空襲と亀戸・小松川」
日時:2015年3月7日(土)
集合時間場所:午後12時45分都営新宿線東大島駅大島口改札(新宿側)
解散時間場所:午後4時30分亀戸駅付近
内容:関東大震災時の中国人虐殺・亀戸事件、小松川の戦跡、亀戸周辺の戦跡、正木ひろし弁護士の墓所など。是非ご参加下さい。
コース:東大島駅−逆井橋−旧江戸川区役所文書庫・世代を結ぶ平和の像−正養寺  (戦災横死者慰霊碑)−旧中川ふれあい橋−慈光院(戦災殉難者諸精霊供養塔)  −明源寺(戦災殉難者慰霊の搭)−吾嬬神社(焼けた楠)−亀戸香取神社−寶蓮寺 (正木ひろし弁護士墓所)−浄心寺(亀戸事件の碑)−亀戸梅屋敷−亀戸駅
主催:九条を守る神奈川高校教職員の会

1945年3月10日未明、東京の下町(現在の台東区・墨田区・江東区一帯及び江戸川区、中央区の一部)は325機ものB29爆撃機の人口密集地への無差別爆撃によって焦土と化し、一夜にして10万人以上もの死者を出しました。この東京大空襲は、通常爆弾による史上最大の殺戮ともいわれます。この大殺戮が、沖縄戦での16万人もの死者、広島・長崎の原爆による30万人もの一般市民の被害へとつながります。私たちはこれまで8回の東京大空襲を中心とした平和フィールドワークで、被災地の戦跡を歩きました。今年は、戦後70年です。にもかかわらず、なお「心の傷」が癒やされぬ人々の哀しみを少しでも追体験したいと思います。
今回は、旧中川を越えて多くの被害が出た江戸川区小松川地区から、亀戸地区の被災地を巡ります。小松川地区の旧中川では3000もの遺体が収容されたといいます。旧中川に架かる「ふれあい橋」では、慰霊のため毎年8月15日に灯篭流しが行われています。また、亀戸地区は多くの人々が猛火に追われ、亡くなった場所でもあります。関東大震災でもこの地域は大きな被害を受け、その混乱に乗じて亀戸警察が目をつけていたこの地区(南葛飾地区)の労働運動などの活動家10人を拘引し、軍が殺害した亀戸事件の起きた地でもあります。その事件の慰霊碑がある浄心寺と、すぐ前の寶蓮寺には、「首なし」事件・八海事件など多くの冤罪事件に取り組み、国家権力と勇気を持って闘った「正木ひろし弁護士」の墓があります。ファシズムの足音が大きくなる今、憲法九条と平和の大切さと、戦争を恨む「庶民の心」をかみしめてみたいと思います。
[asin:B00K5VXOAM:detail]
[asin:B00K7C03PI:detail]

応益負担か応益負担か

応能負担か応益負担かというところで思想的な対立が深いと思いました。私は自分は義務を果たさず、相手にばかり負担を要求する、特権者への反発が社会意識の出発点ですので、応益負担側の主張には大きく共感するところがあります。天下り官僚の報酬のために市民が負担させられることは、応益負担に反すると、応益負担を拠り所にしたいくらいです。
一方で応益負担が福祉切り捨てやサービス切り下げの口実として使われてきた側面があることは否めません。また、応益負担の名の下に生活必需のサービスの享受さえ否定される極限状況もあります。そのために個々の具体的な政策で応能負担側の主張に賛成することもあります。

2015年1月29日木曜日

希望のまち東京in東部第36回市民カフェ

希望のまち東京in東部第36回市民カフェ「イスラム国人質事件」
希望のまち東京in東部は2015年1月29日、希望のまち東京in東部第36回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回はイラクとシリアのイスラム国の人質事件と日米地位協定について論じた。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe36.html

希望のまち東京in東部TV第22回「2014年衆院選・街頭演説会」
日時:2015年2月2日(月)午後10時〜10時30分
希望のまち東京in東部TVが取材した2014年12月衆議院議員選挙運動から長谷川たかこ東京13区(足立区東部)候補(民主党)の街頭演説会を紹介します。佐藤由美・前東京都議会議員が司会し、鈴木明・足立区議会議員、小椋修平・足立区議会議員が応援演説をしました。希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

葛飾区教育資料館見学

葛飾区教育資料館見学
日時=2月1日(日)14時〜15時30分頃
場所=葛飾区教育資料館(金町駅南口より京成バス「戸ヶ崎操車場」行乗車、「水元小学校前」下車2分、葛飾区水元4−21−1)
内容=葛飾区教育資料館の見学
主催=戦争協力にNO!葛飾ネットワーク
http://69772467.at.webry.info/
*現地集合。
[asin:B00JY7ACGM:detail]
[asin:B00JYQ1L1I:detail]

教科書問題学習会

教科書問題学習会
日時=1月29日(木)18時〜
場所=葛飾勤労福祉会館大会議室(京成立石駅北口徒歩10分)
内容=今回の教科書採択について考える—4年前、育鵬社の教科書を採択した地域では—
講師=長尾詩子氏(南部法律事務所弁護士)
主催=教科書問題を考える葛飾連絡会

都政わいわい勉強会in東部地区
http://hayariki.net/tosei/
消費者書評集 [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/dp/B00SDHKVZG

2015年1月28日水曜日

希望のまち東京in東部第36回市民カフェ

希望のまち東京in東部第36回市民カフェ
テーマ:沖縄・辺野古問題と日米地位協定
地位協定については今後も何回か取り上げる予定です。今回は前泊博盛著『日米地位協定入門』を中心に議論します。
※ツイキャス中継予定(@hirokazu867)。フォロアーからの質問も受け付けます。
日時:2015年1月29日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

日本海賊TV 2015.01 希望のまち東京in東部TV 第21回「富岡八幡宮前シール投票」
https://www.youtube.com/watch?v=bv-NzidmsnI

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年1月27日火曜日

希望のまち東京をつくる会:一周年記念【 大会議&大宴会 】

希望のまち東京をつくる会:一周年記念【 大会議&大宴会 】
〜これからも、翼をひろげるために〜
2月8日は、あの雪のなかの最後の街宣の日から一周年です。
宇都宮健児さんと絶対解散しない「希望のまち東京をつくる会」はお約束したようにあの日から活動を止めず、1年間がたちます。
これからの1年も、さらに歩みを大きく進めるために、「大会議&大宴会」を開催します。
2015年の宇都宮さんの大きな活動テーマは2つ。
・公職選挙法と選挙制度について
・税制について
世論を動かし、政治に関与して、大きく運動を実現していくために市民運動からソウル市長を生んだ、韓国参与連帯をモデルとしつつ大きくウイングを拡げた繋がりへの模索を、続けていきます。
そこで・・・・。
選挙に関わってくださった仲間のみなさん、各地で、各テーマで、活動を続けているみなさんともう一度大きく集い、これからの「希望のまち東京をつくる会」を直接ご一緒に動かしてくれる仲間を募りたいと思います。
「希望のまち東京をつくる会」のイベント等でお馴染みの方はもちろん、お久しぶりのみなさんも、そうぞ1年ぶりの仲間に会いにきてください。
http://utsu-ken.seesaa.net/article/413065285.html
【大会議】
■2月8日(日) 午後2時〜5時
■連合会館 401会議室
(千代田区神田駿河台3-2-11)
地図:
http://rengokaikan.jp/access/
■参加費:500円

【大宴会】
■5時30分〜
■霞舫酒家
(連合会館裏 千代田区神田淡路町1−19−3 ONOビル一階 )
地図:
http://townpage.goo.ne.jp/scroll.php?matomeid=KN1308120600005363
■宴会費:3,000円(予定)

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力書評・海賊党の思想

『海賊党の思想』はヨーロッパで注目されている海賊党を紹介した書籍である。海賊党には拘束されない市民的自由を求める意識があるとする。
海賊党躍進の背景には現体制への感情的な怒りから投票しており、海賊党そのものを評価している訳ではないとの分析もある。168頁。
海賊党に投票した人の傾向として、既存の政党から乗り換えた人の中では緑の党や左翼政党から乗り換えた人のが多いとされる。171頁。
ドイツ海賊党への入党動機のトップはメンバーの集まる会合の出会いという。150頁。

2015年1月26日月曜日

空き店舗にアンテナショップ

空き店舗にアンテナショップ
江東区議会公明党の平成27年度予算要望書では「区内企業への支援」として、「空き店舗への東北地方被災地3県のアンテナショップの誘致」が入っていました。

私も江東区「聞かせて!あなたのオリンピック、パラリンピック」でアンテナショップを提言しましたが、空き店舗活用と被災地復興の組み合わせは優れていると思います。

「東京オリンピック開催に消極的な意見に福島をはじめ被災地の復興の妨げになっているというものがある。そうではないということを示すためにも被災地のアンテナショップを江東区で誘致してはどうか。最初の方が神輿について話されたが、深川八幡祭りの前回と前々回は奥州平泉の神輿も登場した。オリンピックも被災地とコラボすることで被災地復興にも貢献したい」

聞かせて!あなたのオリンピック、パラリンピック第2回
http://www.hayariki.net/koto/olympic2.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力・選挙シール投票

#希望のまち東京in東部 #新刊 #アマゾン #キンドル
林田力『希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票』は希望のまち東京in東部(Hope Town in Eastern Tokyo)の2014年12月から2015年1月にかけての活動を収録する。江東区の初詣客や成人式参加者らに選挙をテーマとしたシール投票を実施した。また、生活保護切り下げ問題やスコットランド住民投票をテーマとした勉強会を開催した。

希望のまち東京in東部第31回市民カフェ
希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会
希望のまち東京in東部12月定例会
希望のまち東京in東部シール投票
希望のまち東京in東部・富岡八幡宮初詣シール投票
希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
希望のまち東京in東部・成人式シール投票
スコットランドの住民投票
希望のまち東京in東部第35回市民カフェ「足立区議会・空き家活用陳情審議他」
足立区議会宛・空き家活用陳情採択のお願い
立憲フォーラム平和創造基本法案パブコメ
箱根湯本温泉・天成園

【書名】希望のまち東京in東部記録8選挙シール投票/キボウノマチトウキョウイントウブキロクハチ センキョシールトウヒョウ/Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 8 Seal Vote about Election
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』

2015年1月25日日曜日

銀河英雄伝説ベルセルク編

#読書 #書評 #SF #スペースオペラ
『銀河英雄伝説エーリッヒ・ヴァレンシュタイン伝ベルセルク編』は銀河英雄伝説の二次小説である。作品世界に転生した主人公が原作知識を活かして活躍する。ベルセルク編ではエーリッヒはブラウンシュバイク公の配下になっており、リップシュタット戦役では貴族連合軍としてラインハルトらと戦う。難易度の高いif物語である。救いは他のヴァレンシュタインと同じく、ブラウンシュバイク公やリッテンハイム侯が話のできる人物になっていることである。
本編では平民出身のエーリッヒの活躍は、ラインハルト以上に階級闘争の色彩が強かった。ところが、ベルセルク編は貴族連合軍として改革者ラインハルトと対峙する。

林田力『ブラック企業・ブラック士業』

ブラック士業は禍々しい瘴気を漂わせているように見えた。ブラック士業は社会の毒である。インフルエンザなどより性質が悪い。手洗い、うがいも効果がない。
ブラック士業に幕を降ろす時が来た。人々が望むものは出て来るものなのである。ブラック士業の足元は少しずつ弛んでいく。気付いた時には地崩れが起きている。その時、少しずつは自分が孤立していることを知るだろう。

ブラック士業は弱者を踏み躙り、それを省みぬ冷血漢、しかもそれを認めようとしない卑劣漢である。ブラック士業は自身には檜舞台の中央で踊り狂う権利が授けられていると信じて疑わない。ブラック士業の法律事務所では、弁護士倫理に忠実であることが至難であり、実行に障壁を伴う。
http://homepage2.nifty.com/tokyufubai/
人々の人並みの幸せはブラック企業に奪われている。ブラック企業のために労働者は泥水をすするような苦しい生活をしている。ブラック企業は労働者の血肉を肥料にして大きくなる。要求を聞かない相手を力で捻じ伏せる、それだけである。おぞましいことである。恥を知らないにも程がある。ニワトリやペンギンはどう頑張っても空を飛べない。カナヅチはどう頑張っても泳げない。それと同じようにブラック企業はホワイト企業にはなれない。
Consumer Book Reviews (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.com/dp/B00SDHKVZG

金曜8時は今週のふりかえり第8回(山内和彦 林田力 佐野秀光 須澤秀人)

金曜8時は今週のふりかえり第8回(山内和彦 林田力 佐野秀光 須澤秀人)のレポートです。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday8.html
今週は、イラクとシリアのイスラム国人質事件、東急不動産・奇跡の森伐採、クロネコヤマトのメール便廃止、日本を元気にする会の政策など最新の話題についてフリートークしました。

希望のまち東京in東部・富岡八幡宮初詣シール投票
http://youtu.be/e436fN-Gtrc
希望のまち東京in東部TV第21回「富岡八幡宮前シール投票」では、もっとクリアな映像をお届けします。

長谷川たかこ候補2014年衆院選挙運動
長谷川たかこ東京13区(足立区東部)候補(民主党)の選挙運動。音声なし
http://youtu.be/OFY8vhoLlU4

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

富岡八幡宮前シール投票

#政治 #選挙 #希望のまち東京in東部 #江東
希望のまち東京in東部TV第21回「富岡八幡宮前シール投票」
日時:2015年1月26日(月)午後10時〜10時30分
希望のまち東京in東部は2015年1月4日に江東区の富岡八幡宮前で選挙についてのシール投票を実施しました。その模様をお送りします。
富岡八幡宮の初詣での皆さんへ、暮の選挙についてのシール投票を行います。今の政治は酷いと言われます。否、酷いとは控えめな言い方です。一方で低投票率が問題になっています。予想通りの低投票率と選挙結果をどう見るか聞いてみようというものです。まずは選挙に行ったかどうかをシール投票してもらいます。私たちが知りたいのは行かなかった理由です。成人式シール投票のプレ企画ということで、特に若い人の声を聴きたいと思います。
シール投票の設問は以下を検討しています。
設問1「選挙に行きましたか」(行った 行かなかった)
設問2「投票に行かない理由は何ですか」(「わたかつ」との共通設問です)
「投票に行くのがめんどくさい。日曜日は、自分の生活や用事、あそびが優先で、忙しい」
「政治がわからない・興味がない。政治は自分に関係ない。選挙に行くのって、真面目っぽくてイヤ」
「一票入れても、何かが変わるとは思えない。投票したい人がいない。誰も、いい政治を行ってくれそうにない」
設問3「選挙の結果をどう思いますか」(良かった 悪かった その他)

2015年1月24日土曜日

ブランズシティ久が原伐採

#日本海賊TV #イスラム国 #東急不動産 #クロネコヤマト
日本海賊TV「金曜8時は今週の振り返り」第8回はイスラム国人質事件、東急不動産ブランズシティ久が原の奇跡の森伐採、クロネコヤマトのメール便廃止、日本を元気にする会の政策を取り上げた。支持政党なし・佐野代表、山内前川崎区議会議員、林田力がゲスト。司会は須沢・日本海賊党代表。
イスラム国人質事件では安倍晋三首相は帰国せずに現地で陣頭指揮すべきではないかと主張された。交渉役を探すよりも安倍首相自らが交渉すればいいのではないか。

希望のまち東京in東部TV第21回「富岡八幡宮前シール投票」

希望のまち東京in東部TV第21回「富岡八幡宮前シール投票」
日時:2015年1月26日(月)午後10時〜10時30分
希望のまち東京in東部は2015年1月4日に江東区の富岡八幡宮前で選挙についてのシール投票を実施しました。その模様をお送りします。
富岡八幡宮の初詣での皆さんへ、暮の選挙についてのシール投票を行います。今の政治は酷いと言われます。否、酷いとは控えめな言い方です。一方で低投票率が問題になっています。予想通りの低投票率と選挙結果をどう見るか聞いてみようというものです。まずは選挙に行ったかどうかをシール投票してもらいます。私たちが知りたいのは行かなかった理由です。成人式シール投票のプレ企画ということで、特に若い人の声を聴きたいと思います。
シール投票の設問は以下を検討しています。
設問1「選挙に行きましたか」(行った 行かなかった)
設問2「投票に行かない理由は何ですか」(「わたかつ」との共通設問です)
「投票に行くのがめんどくさい。日曜日は、自分の生活や用事、あそびが優先で、忙しい」
「政治がわからない・興味がない。政治は自分に関係ない。選挙に行くのって、真面目っぽくてイヤ」
「一票入れても、何かが変わるとは思えない。投票したい人がいない。誰も、いい政治を行ってくれそうにない」
設問3「選挙の結果をどう思いますか」(良かった 悪かった その他)
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

金曜8時は今週のふりかえり第8回(山内和彦 林田力 佐野秀光 須澤秀人)

金曜8時は今週のふりかえり第8回(山内和彦 林田力 佐野秀光 須澤秀人)
日本海賊TV 2015.01.23 � 金曜8時は今週のふりかえり 山内和彦 林田力 佐野秀光 須澤秀人
今週は、イラクとシリアのイスラム国人質事件、東急不動産・奇跡の森伐採、クロネコヤマトのメール便廃止、日本を元気にする会の政策など最新の話題についてフリートークしました。
https://www.youtube.com/watch?v=hDlYX0FsyXA

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年1月23日金曜日

不思議な尻尾

#書評 #児童文学 #小説 #読書
『不思議な尻尾』はニュージーランドの作家による児童文学である。主人公は引っ越してきたばかりの少年トム。近所の犬は尻尾を上下に振ると願いを叶えてくれる。このように紹介するとメルヘンチックな物語に聞こえるが、現代社会に値を下ろした物語である。主人公は母親と二人で暮らしており、現代的な家族構成である。近所には猫を蹴飛ばす悪ガキ集団もおり、皆が善人というような教育的配慮の行き届いた物語ではない。

2015年1月22日木曜日

ブランズシティ久が原と東急不動産だまし売り裁判

ブランズシティ久が原は東急不動産消費者契約法違反訴訟に重なる。ブランズシティ久が原は12階建て、278戸の大規模マンション計画である。地下1階のある地下室マンションのため、実質的には13階建てである。建築主は東急不動産株式会社住宅事業ユニット首都圏住宅事業本部、設計はデザインネットワークスである。2015年2月上旬の着工、17年3月下旬の竣工を予定している。

住所が鵜の木であるにもかかわらず、「ブランズシティ久が原」と命名する点がマンションだまし売りの東急不動産らしい。東急池上線久が原駅最寄りであることをアピールすると予想される。しかし、久が原駅に行くためには環八通りを渡らなければならず、距離以上の時間がかかることに購入検討者は留意する必要がある。

東急不動産は不利益事実を隠して東京都江東区東陽の新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。このマンションだまし売り体質はブランズシティ久が原でも発揮されている。

ブランズシティ久が原は環八通りに面しているが、住民用駐車場の出入口は環八通りではなく、西側の一方通行の狭い区道に設置予定である。これは周辺住民にとっては混雑や事故の危険があるが、マンション住民にとっても不便である。ところが、東急不動産は「販売の際も質問されるまでは説明せず、図面を見て当然環八に出られると思う人の誤解をあえてそのままにしておく」とされる(「WE DO EGO(笑)(第4回説明会の感想)」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月14日)。

東急不動産の不誠実さはブランズシティ久が原計画でも変わらない。2014年11月27日の第三回説明会では前回までの議事録を読み上げで時間を浪費した。「緑を守る」という住民の主張を東急側は「住民の暴論」と言ったとされる(「1月21日の説明会にご参加ください、今回はいつにもまして重要な会です!」『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』2015/01/18)。戦慄すべき事実である。住民側が謝罪と撤回を求めたことは当然である。

ブランズシティ久が原でも近隣対策屋(株式会社ビッグプランニング)が登場する。近隣対策屋の多用は東急不動産の住民軽視の現れである。本当に良い物件ならば正々堂々と説明できる筈である。よほど物件に自信がないのか、やましいことや裏事情があるのか。

東急不動産は鷺沼ヴァンガートンヒルズ及び湘南袖ヶ浜レジデンス(神奈川県平塚市)で、株式会社メイズ・プランに近隣折衝業務を委託した。江東区東陽のアルス東陽町では建設地を地上げした康和地所・井田真介が近隣折衝を行った。新宿区余丁町のワンルームマンション建設ではサンプレイシーが近隣折衝を行った。

東急不動産はブランズ(BRANZ)ブランドを「人生を極める住まい」と宣伝している。しかし、周辺住民を失望させるマンションが人生を極める住まいであるはずがない。東急不動産のマンション建設には地域に対する何のリスペクトも感じられない。これでどうして、「人生を極める住まい」を分譲できるのか。東急不動産は、とてもオープンとは言えない。その姿勢は周辺住民だけでなく、マンション購入検討者にとっても不利益である。
http://sky.geocities.jp/hayariki4/travel.htm
東急不動産だまし売りにしても、東急不動産係長脅迫電話にしても、奇跡の森伐採にしても、東急不動産は人々の神経を逆なでするようなことばかりしている。人を人とも思わない態度である。東急不動産の住民対応は単なる自社の利益に基づいた、その場その場の御都合主義でしかない。経済的背景から生まれた不純な動機で街が壊されている。東急不動産は社会の流れから孤立している。東急不動産は住民に耐え難い矛盾と犠牲を強いている。東急不動産は日本社会の暗黒面である。
[asin:B00JP4UJXA:detail]
[asin:B00JPW1XEQ:detail]

足立区議会・空き家活用陳情審議他

希望のまち東京in東部第35回市民カフェ「足立区議会・空き家活用陳情審議他」のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe35.html

ツイキャス動画アーカイブです。
http://twitcasting.tv/hirokazu867/show/

日本海賊TV 2015.01.19 � 希望のまち東京in東部TV 第20回 温泉部によるドライブ
https://www.youtube.com/watch?v=0ubkwGmJgqU

江東区議会での若者支援質疑
希望のまち東京in東部「希望の政策を語り合う集い江東区」(カメリアプラザ、2014年11月7日)において、白岩忠夫・江東区議会議員は江東区議会で若者支援について質問したと話した。区議会の議事録から、その内容を紹介する。実際の質疑は一括質問・一括回答であるが、読みやすいように一問一答に編集している。
http://www.hayariki.net/koto/young.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

シンポジウム・市民が考える若者の住宅問題

シンポジウム・市民が考える若者の住宅問題
『若者の住宅問題』—住宅政策提案書[調査編]— 発表シンポジウム
日時:2015年2月8日(日)14時〜16時半(13時半より受付開始)
場所:損害保険ジャパン日本興亜 本社ビル2F 大会議室
東京都新宿区西新宿1-26-1(最寄駅:新宿駅西口より徒歩10分)
【定員】250名(先着順)
【参加費】1,000円(『若者の住宅問題』等、資料代を含む)
第1部 「若年・未婚・低所得層の住宅事情について」
・平山洋介 委員長 (神戸大学大学院 人間発達環境学研究科教授)
第2部 「若者に多様な住まいを」
<住宅政策提案・検討委員会>
・藤田孝典 委員 (NPO法人ほっとプラス代表理事)
・川田菜穂子 委員 (大分大学 教育福祉科学部 准教授)
・稲葉剛 委員 (一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事/ NPO法人もやい理事)
第3部 「市民が語ろう!若者の住宅問題」
・会場とのトークセッション
【主催】住宅政策提案・検討委員会/認定NPO法人ビッグイシュー基金
【開催協力】損害保険ジャパン日本興亜株式会社

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

東急不動産が奇跡の森を伐採

#東急 #大田区 #東急リバブル #東急不動産
東急不動産が東京都大田区の奇跡の森を伐採した。ブランズシティ久が原建設のために江戸時代から続く貴重な自然林を破壊した。奇跡の森は朝日新聞のネーミングである。東急不動産への批判は強いが、大田区の姿勢を問うものもある。東急不動産に対しては東急不動産不買運動という方法もある。

2015年1月21日水曜日

ブランズシティ久が原・奇跡の森伐採

東急不動産は「(仮称)ブランズシティ久が原計画」のために江戸時代からほぼ手つかずの貴重な自然林を伐採した。住民らは東急不動産の自然破壊を批判する。ブランズシティ久が原は自動車交通量増加や六郷用水跡の景観破壊の問題も抱えている。地域住民らは六郷用水跡の緑ある景観と安全を守る会を結成している。

建設地は東京都大田区鵜の木1丁目である。約9千平方メートルのほとんどが樹木で覆われていた。地域住民からは地主にちなみ「天明(てんみょう)さんの森」と親しまれていた。区内最大とされたトチやイチョウなど幹の直径1メートルクラスの大木をはじめ、直径10センチ以上の樹木が581本あった(「江戸からの「奇跡の森」、開発で伐採 なぜ守れなかった」朝日新聞2015年1月18日)。朝日新聞は「奇跡の森」と表現している。

「鵜の木」の地名は鵜が多く住み着いており、豊かな森が広がっていたことに由来する。東急不動産の伐採は地域破壊である。東急不動産は「奇跡の森」を伐採して全てを台無しにしてしまった。ブログでは以下の批判が表明された。「数本の木を残すだけの悲しい姿の森を見ると、もう少しなんとかならなかったのかと悔やまれます」(「ええっ?「奇跡の森」だったの?」『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』2015年1月18日)

「西側の塀も撤去され、丸裸の痛々しい姿を晒しています。失われた森はもう二度と元には戻りません。本当に悲しいです」(「朝日新聞「江戸からの『奇跡の森』、開発で伐採 なぜ守れなかった」」『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』2015/01/18)

「CSR(企業の社会的責任)の文章のなかに、人の手が入っていない都心の貴重な森林を守ろうなどという姿勢は1ミリも感じられないのは筆者だけか」(「「奇跡の森」を伐採 不動産会社は企業の社会的責任を果たしているか」『マンション・チラシの定点観測』2015/01/18)

「こういう森を残せるのが本当の豊かさだと思うのですが、残念です」(「江戸からの「奇跡の森」、開発で伐採 なぜ守れなかった ( 自然保護 )」『えぞももんが通信』2015/01/19)

Twitterでも批判が寄せられている。「なんも価値がわからなかったんだね・・・この森に」

「日本でも、あとで緑化をすれば、開発を許すという考えはやめるべきだ」

「緑化面積とか生態系調査とか言ってますが、問題はそんな事じゃないだろ。。。 地主も不動産屋も、結局はお金なんでしょう。 今どき信じ難い文化レベルの皆さんですね」

東急不動産への反発も大きい。「『奇跡の森が消えた』消された。この愚行の中にまた「東急」の名を見た。ゾッとする」

「東急不動産、ですか。忘れないように。なんら法的に違反しているわけではないけど、こういう自社の利益のみ考えてると思える企業はこちらも選ばない権利がある」

「「法令に従い」って、公共財を壊すときの決まり文句やな。「決まったことや」「俺が買うたんやから、横からガタガタぬかすな」というのが東急不動産の言い分ね」

「東急不動産の方が強かったか。残念だ」

「東急不動産が犯した愚かな行為は非難されて然るべし」

「こうやってどんどん都会が嫌いになっていく。買い取ったのは東急不動産ですかそうですか」
http://www.hayariki.net/tokyu/branzcity.html
東急不動産の評判を落とすことを求める意見もある。「せめて伐採・開発した東急不動産が評判落とすくらいのことにはならんとなあ」。これは東急不動産消費者契約法違反訴訟が先例となる。この訴訟を契機としてインターネット上では東急リバブル東急不動産への批判が急増し、炎上と報道された(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威−「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁)。
[asin:B00JL9HO8W:detail]
[asin:B00JOB1LH2:detail]

足立区議会建設委員会・空き家活用審議

昨年「希望のまち東京in東部」の足立区議会への「空き家の有効活用」陳情が継続審議になっていましたが、今月21日にまた、AM 10:00から建設委員会で審議されます。
傍聴参加できる方は、AM 9:30頃足立区役所受付近辺に希望のまち東京in東部メンバーがおりますのでよろしくお願いいたします。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年1月19日月曜日

ワンピース・林田力書評

#週刊少年ジャンプ #コミック #本 #読書
尾田栄一郎『ワンピース』「ハーフ&ハーフ」はキャベンディッシュの多重人格克服の努力がみどころである。ギャグ担当のバルトロメオも決めるところは決めた。少し前には八宝水軍のサイが奥義を会得した。ドレスローザの戦いでは脇役も各々成長している。ドレスローザの人々もドフラミンゴの脅しと嘘に踊らされるだけの存在ではない。ルフィ達が一方的な救世主という訳ではなく、各々が考えて行動している。

2015年1月18日日曜日

林田力・ブラック士業

#就職 #転職 #過労死 #ブラック士業
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた書籍である。東急ハンズ過労死は明確な安全配慮義務違反である(林田力『東急ハンズ過労死』Amazonキンドル)。
ブラック企業やブラック士業は社会の流れから孤立している。市民はブラック企業やブラック士業の言いなりになる家畜ではない。ブラック企業やブラック士業は労働基準法違反を容認し、自由や権利を破壊してきた。それが日本社会を脆弱にしている。労働者を使い潰すブラック企業やブラック士業は日本社会の再生産を不可能にする。

危険ドラッグ福井事件で吉野健太郎らを起訴

福井市を中心とするグループが危険ドラッグを製造・販売したとされる事件で、福井地検は2014年12月27日、薬事法違反(医薬品の無許可販売など)の罪で、福井市の無職・土屋裕樹(24)や埼玉県所沢市の会社役員・吉野健太郎(38)両容疑者ら6人を起訴した。

起訴状によると、6人は共謀し、4月5日から6月14日までに5回に渡り、無許可で医薬品である乾燥植物片など112点を計約24万円で販売したなどとされる(「危険ドラッグ販売などで6人起訴 福井地検」中日新聞2014年12月27日)。この危険ドラッグ福井事件では医薬品の無許可販売の疑いで吉野健太郎を含む8人が逮捕された(「危険ドラッグ販売で8人逮捕へ」NHK 2014年12月8日)。

危険ドラッグ福井事件は以下のように評されている。「県内で初めて危険ドラッグを医薬品と認めて逮捕し、規制された指定薬物でなくても違法であることを示した」(「<ニュースこの1年>(2) 危険ドラッグで摘発」中日新聞福井版2014年12月20日)

危険ドラッグ福井事件が福井県に与えた衝撃は大きい。福井県は「福井県内にて危険ドラッグ密造工場が摘発され、さらに対策が求められています」として、福井県危険ドラッグ対策連絡会議を開催した(福井県「平成26年度 第2回 福井県危険ドラッグ対策連絡会議を開催します」2014年11月12日)。

福井の危険ドラッグ密造グループは以下のように評されている。「福井のグループは、インターネットを通じて原料薬物を輸入し、見よう見まねでブレンドしては、仲間内で試して、製品化していたそうです。経験も特別なルートもない人たちが、ふと思い立って危険ドラッグの製造に手を染める・・・そんなことが実際に起きているのです」(小森榮「多様化する密造グループ」2014年12月10日)

そのような彼らのために危険ドラッグの原料を調達し、製造方法をメールなどで教えていた存在が吉野健太郎とされる。沖縄県警は危険ドラッグ原料を中国から密輸した容疑で吉野健太郎を逮捕した。吉野健太郎の逮捕は周知の事実になった。

吉野健太郎は連邦で脱法ハーブ店の広告を掲載していた。吉野健太郎はアップ屋や東急不動産工作員を自称した御堂岡啓昭との関係が指摘されている。Twitterでは御堂岡啓昭が「吉野氏のアップ屋に結構関わっていた」と指摘された。
http://hayariki.zashiki.com/kiso.html
危険ドラッグは人類に対する許すことのできない犯罪である。危険ドラッグ売人は卑劣である。憎むべき軽薄な行為である。人として最低、責任感の欠片もない。悲惨な体験の証拠は人々の心の痛みとして残っている。

危険ドラッグが保健衛生にもたらす悪影響を世論は危惧している。危険ドラッグが簡単に購入できることが悲惨な状況を生み出している。だからこそ、危険ドラッグは規制されるが、実効性のある規制として運用されなければ意味がない。
[asin:B00S2WVK0M:detail]
[asin:B00SDHKVZG:detail]

足立区議会宛・空き家活用陳情採択のお願い

足立区議会建設委員会委員宛に送付した「区内の空き家の実態調査の実施とそれに基づく施策策定を求める陳情」をウェブに掲載しました。

足立区議会宛・空き家活用陳情採択のお願い
http://www.hayariki.net/tobu/adachi.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

市民カフェ

おはようございます。Good morning。
#希望のまち東京in東部 #江東区 #東陽町 #江東
希望のまち東京in東部第35回市民カフェ
日時:2015年1月22日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

2015年1月17日土曜日

新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟第2回口頭弁論

新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟第2回口頭弁論
日時:2015年1月22日11:00〜
場所:東京地方裁判所527号法廷
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
立正佼成会附属佼成病院裁判・第3回口頭弁論
事件番号:平成26年(ワ)第25447号
日時:2015年3月18日(水)10時開始
場所:東京地方裁判所610法廷
寒い中、第2回口頭弁論の傍聴ありがとうございました。午後からは雨が本降りになってしまいました。どうかお風邪などひかれないようにご自愛ください。
提出書面の締め切りが、期日一週間前の8日でしたが、被告病院の書面は前日の14日23時45分にFAXで届きました。裁判所はまだ読んでいないということで陳述されませんでした。また、被告病院提出のカルテ(診療録)も不明点があるということで、やり直しになり次回再提出になりました。
次回原告は、反論を提出いたします。引き続き傍聴のご支援をよろしくお願い申し上げます。

日本海賊テレビ

#日本海賊TV #政治 #テレビ #日本海賊党
日本海賊TVは「金曜8時は今週の振り返り」第7回を放送した。山内氏、石川氏がゲストである。林田力が司会した。今回のテーマはパリ出版社襲撃事件、サザンオールスターズの謝罪、佐賀県知事選挙、政府予算案、危険ドラッグである。
佐賀県知事選挙は農協改革が争点になった。安倍政権の農協改革には反対するとしても、既存の農協を維持することが良いという訳ではない。農協の既得権擁護と消費者や農家の利益は同じではない。

日本海賊テレビ

#日本海賊TV #政治 #テレビ #日本海賊党
日本海賊TVは「金曜8時は今週の振り返り」第7回を放送した。山内氏、石川氏がゲストである。林田力が司会した。今回のテーマはパリ出版社襲撃事件、サザンオールスターズの謝罪、佐賀県知事選挙、政府予算案、危険ドラッグである。
パリ出版社襲撃事件はテロが批判されるべきは当然として、シャルリーの掲載内容が表現の自由に値するかという議論も出た。フランスではヘイトスピーチを規制するが、ユダヤ人へのヘイトスピーチが念頭にあり、ムスリムへのヘイトスピーチは緩いというダブルスタンダードがあるのではないか。同時多発テロ後にアメリカは一挙にテロとの戦い一色になった。人権侵害がテロ防止名目で正当化された。今度はフランスが、そのようになる可能性がある。ベルギーでも銃撃事件があった。EUレベルでテロとの戦いムードが進む危険性がある。

2015年1月16日金曜日

サザンオールスターズの謝罪

サザンオールスターズの謝罪は左翼の贔屓の引き倒しである。一部の左翼は紅白歌合戦などでのサザンオールスターズのパフォーマンスを絶賛したが、そこには自分と考えの異なるものを主観的には同一視する滑稽さがある。東京victoryをどう評価するか。東京オリンピックは歓迎するが、安倍政権は批判するという立場ならば問題ない。しかし、東京オリンピック返上を叫ぶ人々が東京victoryをスルーして、サザンオールスターズを持ち上げることは滑稽である。

2015年1月15日木曜日

スコットランドの住民投票

希望のまち東京in東部第34回市民カフェのレポートです。
「スコットランドの住民投票」(大芝健太郎)
http://www.hayariki.net/tobu/cafe34.html
希望のまち東京in東部は2015年1月15日、希望のまち東京in東部第34回市民カフェ「スコットランドの住民投票」を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は、大芝健太郎(しばけん)氏を講師に招いて勉強会方式で開催した。

今回はスコットランド住民投票だけでなく、分かりにくい大阪都構想も解説され、有意義であった。住民投票の推進派について「何でもかんでも住民投票推進」というマイナスイメージを抱く向きもあったが、それとは異なることが理解できた。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

福祉

#江東 #江東区 #政治 #市民
高齢者が自宅で過ごせ、地域で見守り、助け合える街へ。一軒一樹、土のある景観づくり。個々の住宅の耐震化を進めて道路の拡張によらない防災都市を目指します。古い建物もリノベーションして耐震性、耐久性を高め、使い続けていきます。
既存店舗を活性化します。個性ある店づくりを支援します。地域の文化資源を活用して、特徴ある商店街の創造を支援します。

高齢者治療拒否裁判

#裁判 #病院 #医療 #終末医療
高齢者治療拒否裁判の第二回口頭弁論が東京地方裁判所で開かれた。原告が準備書面を陳述した。被告長男夫婦も準備書面を提出したが、代理人は誤記があると述べた。「医師」と書くところを「入り」と書いていた。裁判長は「訂正してもらっていいですか」と訂正を求めた。
原告準備書面は前回の裁判所からの指摘の回答である。債務不履行と不法行為が連帯すると学説でも裁判例でも認められていると指摘した。被告準備書面では点滴速度を少し速めたが問題ないと主張する。前の判決は結論しか拘束力がないと反論する。被告病院は昨夜準備書面を送付した。次回陳述するという扱いになる。

2015年1月14日水曜日

金曜8時は、今週の振り返り第6回

日本海賊テレビは2015年1月9日、「金曜8時は、今週の振り返り」第6回を放送した。2015年最初の「金曜8時は、今週の振り返り」である。今回の話題はパリ出版社襲撃事件、ホワイトカラーエグゼンプション、異物混入、新党「日本を元気にする会」結成の四点である。出演は山内和彦(元川崎市議会議員)、増井麻里子(国際経済アナリスト、Ygg代表)、司会は林田力(希望のまち東京in東部代表)である。

最初に週刊誌「シャルリー・エブド」襲撃事件である。放送時は犯人が立てこもっている段階で、リアルタイムの振り返りになった。この事件を契機にムスリムへの憎悪・攻撃が広がることへの懸念が表明された。

第二にホワイトカラーエグゼンプションである。ゲストは反対意見で一致したが、高所得者に限定されることから、多くの国民の理解を得られてしまう可能性があると指摘された。年収約一千万円以上で終わらずに、段階的に引き下げられていく危険がある。

企業経営層は成果主義や雇用の請負化がコスト削減になると考えているが、それで現場は回るか大いに疑問である。裁量を認めるならば、出退勤は自由であるが、職制は在席を要求しがちである。企業にとって都合のいいところだけを押し付ける御都合主義になるのではないか。

第三に異物混入事件である。異物混入のあった江東区のマクドナルド東陽町店は林田力も利用していた。この時期に急に増えたというよりも、消費者の意識が高まり、消費者がSNSなどで情報発信できるようになったことが大きいと指摘された。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday6.html
最後に新党「日本を元気にする会」結成である。松田公太氏ら解党した「みんなの党」の参議院議員と、次世代の党に離党届を出したアントニオ猪木参議院議員の新党である。この時期の結成は政党助成金目当てと言いたくなると指摘された。政党助成金の関係で、年末年始は政党結成が相次ぐ傾向がある。過渡的な政党になるのではないかと指摘された。
Medical and Health Book Reviews (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.de: Kindle-Shop
http://www.amazon.de/dp/B00S2WVK0M
医療健康書評集 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00S2WVK0M

亀戸フェスティバル 三陸 見て・食べて・聞いて・体験

亀戸フェスティバル 三陸 見て・食べて・聞いて・体験
亀戸フェスティバル 三陸 見て・食べて・聞いて・体験 みんな来てけらい!
東京都江東区亀戸から三陸を発信します。今年で3年目の開催です。今年も三陸の魅力をたっぷりとお届けします。今年は金津流横浜獅子躍りの会の皆様が参加してくださいます。
日時:2015年3月8日
場所:亀戸文化センター(JR総武線 亀戸駅徒歩1分)
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

世田谷区で外環の造成工事説明会

世田谷区で外環の造成工事説明会
「東京外かく環状道路 本線トンネル東名北工事に係わる施工基地造成工などのご説明について」
東京外かく環状道路(関越〜東名)の東名ジャンクション予定地では立坑工事を実施中。
本線トンネル工事に先立ち、シールド機を組立てるために必要となる施工基地の造成工事などを実施することに至りましたので、下記のとおり工事内容などのご説明をさせて頂きます。
日時:1月18日(日)15:00〜16:30 1月19日(月) 19:00〜20:30
会場:喜多見7丁目常設会場 (世田谷区喜多見7ー33ー18)
会場には駐車場ありません。
[asin:B00IQOLQ5A:detail]
[asin:B00J5OTJCW:detail]
「江 姫たちの戦国」レビュー (Kindle) 感想 林田力 - 読書メーター
http://bookmeter.com/b/B00RS5LJ5U

『子どもを「0から稼げる起業人」に育てる法』林田力書評

竹内聖子『子どもを「0から稼げる起業人」に育てる法』(セルバ出版、2014年)は高学歴でも就職できない時代に備え、格差社会に負けない人に育てることを目的とした子育ての書籍である。子育ての書籍も起業の書籍も数多く存在するが、二つの組み合わせはユニークである。

本書は良い大学に入って良い会社に入るという戦後の成功体験のアンチテーゼになっている。これも一種の戦後レジームの打破である。良い大学に入って良い会社に入る人ではなく、起業して自分で稼げる子どもを目指すべきと主張する。好きなことと自活力を両輪として、会社や組織に頼らずに生活できる力を養う子育てである。

我が子がブラック企業に使い潰されるより、起業家になった方がいい。これは親心として自然である。ブラック企業は会社が労働者に無限の忠誠と奉仕を要求する病理であり、その対抗策は各人が職(job)意識を高めることになる。但し、これには、隣の席の電話が鳴っても取らないことが良いことかという疑問もある。

本書の起業家像は他者に助けられ、感謝する存在である。これはブラック企業を否定するが、厳格な職(job)意識も窮屈という向きには一つの方向性になるだろう。勿論、自分が助けられることもあれば、相手を助けることもあるという相互主義が前提である。さもなければ一方的に搾取するブラック企業になってしまう。
http://hayariki.sa-kon.net/children.html
良い大学に入って良い会社に入るという戦後レジーム克服の必要性は理解しても、起業人が解になるかには異論もある。ヒルズ族のような起業家には金だけが全てというような傲慢さ、冷酷さがある。社会問題になっているブラック企業や貧困ビジネスの経営者とも共通する。そのような人間に自分の子どもを育てたくないと思うことは親心として当然である。

しかし、それが目指すべき起業家ではない。「非常にすばらしい起業人もたくさん存在する」(144頁)。実際、成功者の人々は、自分は運が良かっただけと謙虚な人が多い。自己責任論を振りかざしてバッシングしたり、「日本は資本主義だから」と思考停止したりする傾向は、実は社会経験が乏しい人の方が意外と強い。本物の成功者とは異なる。この意味で自分の子どもを起業人に育てることは悪いことではない。
Go Ladies of the Warring States Period Reviews (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.co.in/dp/B00RS5LJ5U
「江 姫たちの戦国」レビュー - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00RS5LJ5U

銀魂

#週刊少年ジャンプ #マンガ #漫画 #コミック
空知『銀魂』最新巻は将軍暗殺編が佳境である。ここまで将軍が熱いキャラクターになるとは初登場時は想定できなかった。
気になることは銀魂が終わってしまうのではないかということである。かぶき町四天王編の時も感じたことである。この疑問にコラム欄で著者が回答している。まだ終わらせるつもりはないとのことである。回収していない伏線もあるという。ファンにとっては嬉しい回答だろう。
但し、オムニバス中心で、たまに長編であった銀魂も最近では長編の印象が強くなっている。今後ギャグ短編で勢いを持続させていくことは容易ではない。最初はオムニバス短編が次第にバトル長編化して倒すべき敵が尽きて連載終了は週刊少年ジャンプ作品の典型的パターンである。

2015年1月13日火曜日

希望のまち東京in東部・成人式シール投票

希望のまち東京in東部は成人式の2015年1月12日、選挙をテーマにシール投票を成人式周辺のティアラこうとう(江東公会堂)周辺で実施した。都内各地の成人式会場で開催される「「オレたちのほうを向け!」新成人から政策を聞く」企画及び「わたかつ」(私達の街頭活動チーム)とコラボで実施した。

今回もパンダの着ぐるみやハンドベルで賑やかに実施した。パンダの着ぐるみは一緒に記念撮影を求められるほど人気であった。江東区の新成人は3000人超で、約2000人が式典に参加したとのことである。成人式終了後は、錦糸町駅北口に移動してシール投票を実施した。この日は快晴であったが、風は強く、時々突風が吹き荒れた。

シール投票の設問は「あなたは選挙に行きましたか」である。回答者は97名である。「行った」52人(53.6%)、「行かない」45人(46.4%)である。富岡八幡宮で1月4日に実施した時は回答者146人で、「行った」125人(83.6%)、「行かない」21人(14.4%)であった。

今回のシール投票結果は実際の投票率52.66%より僅かに高い結果となった。投票に行った人の方が積極的に回答する傾向がある。全世代を対象とした富岡八幡宮のシール投票結果よりは低い。やはり若者が選挙に行かないことは大きな課題である。

今回のシール投票の狙いは若者に「選挙にいかない理由」と「もし自治体から予算がつくなら、どんなことをして欲しいか」を聞くことである。2014年12月総選挙を棄権した人は以下の棄権理由を説明した。

「時間がなくて選挙に行かなかった。もしコンビニで投票できるようになれば行く」

「投票したい人がいなかった。うちわ配布の松島みどりには投票したくない。他の候補は知らない」(墨田区民)

実現したい政策を尋ねたところ、以下の回答があった。

「福島の復興」

「消費税をあげる意味はない。議員の報酬を削減する」

「土地を有効活用して子どもの遊び場を作って欲しい」

「自分はスポーツをやっており、施設の設備をもっと充実してほしい」

「終電、終バスをなくす」これに対してツイキャスでは「地方では考えられない話で、都会とのギャップを感じた」「猪瀬都知事が言っていた」とのコメントが寄せられた。

「雇用の安定、福祉の充実」
http://www.hayariki.net/tobu/tiara.html
今回の感想は以下の通りである。駅前でシール投票をするよりも成人式のようなイベントの場の方が反応はいい。風が強く寒い中ではシール投票は厳しいものがある。対話をすれば新成人は政治に無関心ではなく、考えていることが分かった。粗末な政治を嘆くだけでは何も変わらない。住環境や労働環境を守り、区民の声が通る江東区政を期待する。
[asin:B00ICZ9A4C:detail]
[asin:B00IL7O48I:detail]

エレンディール

#読書 #小説 #書籍 #シナリオ
『エレンディール剣の聖女』が完結した。最終巻は、聖女討伐部隊との戦闘である。第一巻では攻撃する側が悪であり、主人公に感情移入できた。ところが、主人公は過剰な殺戮を続けた。ここでは聖女討伐側に正しさがある。しかし、今の主人公を討伐することが正しいか、そっとしておくべきではないかという思いがある。また、討伐側にも邪な人物がおり、ここでは主人公に感情移入する。このように単純に割りきれず、やりきれない。
この巻が最終であることはアナウンスされており、読者は物語が完結することを想定して読み進めることになる。

2015年1月12日月曜日

希望のまち東京in東部・成人式シール投票

希望のまち東京in東部・成人式シール投票のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/tiara.html
投票結果は集計中です。
後日追記します。

関係ありませんが、私が司会した日本海賊TVのアーカイブです。
日本海賊TV 2015.01.09 � 金曜8時は今週の振り返り 第6回
http://youtu.be/nuGKDITuTgA
・パリ出版社襲撃
・ホワイトカラーエグゼンプション
・異物混入
・新党「日本を元気にする会」結成


--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力・ブラック士業

#ブラック企業 #ブラック士業 #雇用 #林田力
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(アマゾンKindle)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げる。ブラック企業批判に保守も革新もない。右翼も左翼もない。
ブラック企業は若者を使い潰す。ブラック企業から労働者の誇りを取り戻さなければならない。
ブラック士業のやり方は汚い。自分の子どもに恥ずかしいと思わないのだろうか。ブラック士業は自分のしたことの重大さが分かっているのだろうか。

江東区成人式シール投票

#希望のまち東京in東部 #シール投票 #江東区 #成人式
希望のまち東京in東部は成人式の日に選挙をテーマにシール投票を行います。シール投票意見。

投票したい人がいなかった。内輪にはいれたくない。他の候補は知らない。
雇用の安定、福祉の充実。
時間がなくて選挙に行かなかった。コンビニ投票には行く。
終電、終バスをなくす。
地方では考えられない話で、都会とのギャップを感じたとのコメントがあった。猪瀬都知事が言っていたとのコメントがあった。
福島の復興。消費税をあげる意味はない。議員の報酬を削減する。土地を有効活用して子どもの遊び場を作って欲しい。

希望のまち東京in東部・成人式シール投票

希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。都内各地の成人式会場で開催される「「オレたちのほうを向け!」新成人から政策を聞く」企画及び「わたかつ」(私達の街頭活動チーム)とコラボで実施します。ツイキャス中継予定です(@hirokazu867)。
日時:2015年1月12日午後1時開始、午後3時頃終了予定
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)周辺(江東区住吉)
http://www.hayariki.net/tobu/
プレスリリースより
「オレたちのほうを向け!」新成人から政策を聞く
若者の投票率の低下が進むなか、春の統一地方選に関心を持ってもらえるようシール投票を実施しながら声を聞く。

投票率が下がっている若者に単に「選挙に行こう!」では変わらない。一方的に政策を訴えても、関心は高まらない。

新成人となる若者に、「区政は自分の生活の延長にある」と感じてもらえるよう「身近な生活の困っていること、心配なこと、言いたいこと」などを聞き、自分の意見は、政策に反映させることが可能なのだ感じてもらいたい。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会

希望のまち東京in東部は2015年1月11日、生活保護切り下げ問題勉強会を希望のまち東京in東部事務所で開催した。秋津那美子氏を講師に招き、その論文「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数——「生活扶助相当CPI」の批判的分析」を読み込んだ。

最初に共同代表の林田力から挨拶した。希望のまち東京in東部は江東区や足立区、葛飾区など東京都東部地域で活動する市民団体である。貧困問題を重点課題としている。足立区の貧困ビジネス進出問題を取り上げた。今回の企画も重なる内容である。

続いて企画者からの挨拶である。過去に3人ほど生活保護の申請を手伝ったことがある。3件とも生活保護を受給できたが、行政のハードルが高かったという経験がある。

本題の秋津那美子の説明である。厚生労働省は、2013年8月から「生活扶助費」の大幅削減を開始した。3年間で総額670億円という未曾有の削減である。物価が下がったから生活費も下がったという理由にしている。生活保護には実物給付と現金給付がある。実物給付は医療費などである。現金給付が生活扶助費で、月々の生活費である。削減額の86.6%に相当する580億円を物価の下落によるものとしている。

CPIは消費者物価指数Consumer Price Indexである。これを目安にインフレやデフレを判断し、政策を定める。後ろ盾がないのに紙幣を刷ると紙幣の価値が下がる。何が原因で物価下落したかは興味のあるところであるが、本日の射程外である。政府は物価が下がったから生活扶助費を下げると主張するが、その論理は正しいのか。少なくとも3つの重大な誤りがある。

質問「CPIの計算方法は色々あるか」

回答「CPIは一般名詞であるが、総務省の作成したものだけがCPIとされる傾向がある」

第一に比較する年があきらかに妥当でない。2008年と2011年とのCPIを比較するが、物価が上がった2008年と下がった2011年という特殊な時期を比較している。2008年はサブプライムショックである。投機マネーが引き上げられ、商品市場に投資するようになり、物価が上がった。特殊な事情がある。その後、下がっているが、それは正常な水準に戻ったことを意味する。異常な年を基準に用いてはならない。よく物価は季節変動を除いた値と説明される。異常な値を含めてはならない。ところが、生活保護引き下げの議論は、わざと異常な年を比べている。下落局面だけを切り取って、下落を証明している。これは演出である。本気ならば初歩的な誤りであるが、恣意的な処理としか言いようがない。

第二に生活保護世帯の家計の支出構造を無視しており、生活扶助に相当したCPIではない。1万円札で何がどれだけ買えるかは状況によって変わる。世の中には沢山の商品やサービスが売買されている。色々な商品がどれくらい買われているか。それを加味して考えなければならない。

支出の中でどれだけの支出を占めているか。それが一番難しい。どの商品をどれだけ購入しているか。その重み付けが重要になる。総務省は全国の標準家庭のデータである。しかし、ウェイトは家計によって異なる。高齢世帯のIT製品の使用率は低い。生活保護世帯は経済的に貧しい階層である。パックツアーに頻繁に行くことはない。パソコンを購入できない。これらのものを買わない層、使わない層にとっては、いくら価格が下がっても物価が下がったことにはならない。これは常識である。総務省統計局でも収入階層別に世帯の支出を品目別に調査して、階層別の消費者物価指数を公表している。家計毎に消費者物価は異なる。

質問「持ち家の人は生活保護受給時に処分させられる。それは今でも変わらないか」

回答「資産があると生活保護が受けられない。よほどの古家でないと処分させられる」

生活保護世帯は、ほとんどデジタル製品は購入していない。耐久消費財は中古品を購入し、10年以上経過しても買い替えしない。2013年の小規模アンケート調査によると、調査保護世帯の総支出額に占める電化製品のウェイトは0.54%にすぎなかったという(山田壮志郎「生活保護利用世帯は電気製品をどれだけ購入しているのか?」『賃金と社会保障』1586号、2013年)。

質問「IT製品がないと学力が上がらないか。貧困が低学力に関係し、貧困が連鎖するのではないか」

回答「スマホを購入してもゲームばかりしては問題である。脳に対して良い刺激を与えることがあるかもしれない。インターネットで情報を取得できるようになったため、情報弱者になる可能性はある。貧困家庭では塾に行かせられない。今は塾が必要な補完物になっている面があるならば、学力に関わってくる可能性がある。親が裕福ならば、それなりに知的水準に達していることが多い。物として見えないものの継承はある。それ故に貧困の連鎖は大いにありうることと考える」

IT製品の値段が大きく下がった。商品の陳腐化が激しく、使えるものも使えなくなる。それがCPIを下げる原動力になっている。ところが、生活保護世帯では下がっても買えない。これを全く無視して生活保護用のCPIを作っている。これはおかしい。生活保護世帯は耐久消費財を滅多に購入しない。路上生活者や寮に入っていた失業者が生活保護に移行した場合は最低限の器具が必要であり、絶対に購入しない訳ではない。割合は少ないし、新品を購入することもない。指導されて安い価格のものしか買えない。「自分達は、これほど電子製品を買っていない」と怒っている。貧困世帯の支出の構造を当てはめなければならない。「貧困世帯の支出構造で補正しなさい」ということである。日本は生活保護の補足率が低い。先進国では抜群に低い。
http://www.hayariki.net/tobu/life.html
反貧困のモデルとなった、沢田たもつ氏が挨拶した。江東区議会議員選挙への出馬を決意した。貧困層自身から声を上げなければならないと言われている。貧困層の声を誰が代弁するのか。ネットカフェ難民であった。生活保護も一時期受給したこともある。公園から追い出された経験もある。

支援者には頭が下がるが、聞き取りの方と貧困者当人には開きがある。私達がこうしたいというものを色々な方にお願いしたが、通らなかったこともある。格差拡大、非正規雇用拡大、貧困層拡大が進んでいる。貧困層が叩かれる時代は真っ平ごめんである。貧困層の声を話したい。貧困層救済の一点で反撃する。聞き取りの方ではなく、貧困当事者が声を上げ、皆さんの声を届けていく。

沢田たもつ氏の挨拶に対して、瀬田裕和共同代表から以下の補足をした。先週の木曜日に出馬を聞いたばかりである。希望のまち東京in東部では対応を検討中である。希望のまち東京in東部も貧困問題に関心がある。反貧困の政策を掲げる候補者が江東区から出ることは歓迎する。

反貧困・沢田たもつ

#生活保護 #江東区 #福祉 #沢田たもつ
江東区から反貧困の結集を。一握りの人々が巨利を得て、大多数の人々が虐げられる格差社会を変えます。虐げられた貧困者の無念の声に耳を傾けます。ゼロゼロ物件被害を受け、ゼロゼロ物件業者と戦った経験を活かし、貧困者から搾取する貧困ビジネスを規制します。ブラック企業をなくします。

林田力『医療健康書評集』

林田力『医療健康書評集』は医療や健康をテーマとした書籍の書評集である。

『「尊厳死」に尊厳はあるか』
呼吸器外し不起訴で忘れられた本人の意思
『医療倫理の夜明け』
『麻酔科医ハナ』第3巻、麻酔科医の激務をコミカルに
『白竜LEGEND』第16巻、医療過誤追及でカタルシス
立正佼成会附属佼成病院・高濃度酢酸誤投与で女性死亡
『メタボより怖い「メチャド」ってな〜に?』
『何もつけない美肌術』
『足首まわしで下半身がみるみるヤセる』
『見捨てられたがん患者さんへ』
『いのちの恩返し がんと向き合った「いのちの授業」の日々』
『北芝健のアンチエイジング道場』
『「朝5分」で、健康になりなさい』
『心とからだを癒す がんばらない妊活のすすめ』
『子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻』
『きょうだい メンタルヘルスの観点から分析する』
『セックスする脳』
『サブカル・スーパースター鬱伝』
http://hayariki.ie-yasu.com/health.html
【書名】医療健康書評集/イリョウケンコウショヒョウシュウ/Medical and Health Book Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』『林田力旅行記』『大河ドラマ天地人レビュー』『「江 姫たちの戦国」レビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』
[asin:B00RS5LJ5U:detail]
[asin:B00S2WVK0M:detail]

2015年1月11日日曜日

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会

本日開催しました、希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会のレポートです。
ツイキャス動画のアーカイブへのリンクもあります。
http://www.hayariki.net/tobu/life.html

明日はシール投票をします。
希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。わたかつ(私達の街頭活動チーム)とコラボで実施します。ツイキャス中継予定です(@hirokazu867)。
日時:2015年1月12日午後1時開始、午後3時頃終了予定
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)周辺(江東区住吉)

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年衆院選・青木愛・王子駅北口

2014年衆院選・青木愛・王子駅北口
2014年衆院選の青木愛・東京12区(北区、足立区西部)候補(生活の党)陣営の街頭演説です。佐藤有恒・北区議会議員(社民党)の応援演説と「勝つぞ」コールです。佐藤有恒・北区議会議員は投票日と重なる赤穂浪士の討ち入りから演説を始めました。この後に練り歩きをしました。
これは希望のまち東京in東部TVが取材したものです(希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません)。
http://youtu.be/BssRwuWK0WI

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年1月10日土曜日

Re: (さきほどまでの)「NHKスペシャル 空き家問題」番組 の感想

> ●いま建設中の住宅の大半は、かなり早い段階から「空き家問題」を引き起こす=つまり、問題を加速化させている=まず、これをやめること

これは同感です。
以下に書きましたが、一つの解決策は提案されています。

空き家撤去と空き家活用
http://hayariki.jakou.com/tax.html

> これからの空き家問題の解決策として新築住宅販売時の解体費用上乗せが提言されている。「新品を販売する時点であらかじめ処分費用を徴収し、基金としてプールする方法です。耐久消費財で適用されているこの仕組みが住宅で適用できれば、不要な家も基金から取り崩して解体可能で、空き家として放置されることはなくなります」(中山聡「「危険な空き家」解消に乗り出した国策の行方」JIJICO 2015年1月8日)
>
> この案のデメリットとして「住宅の取り壊しには150万円程度必要となるため、計算では現在の住宅価格が5%ほど上がることになります」がある。これは新築分譲マンションの売れ行きを景気のバロメータと見る向きには大きなデメリットである。しかし、新築住宅の抑制という点で逆にメリットになる。空き家の増加が示すように総量では住宅は需要を満たしており、問題は分配にある。この状況で新築住宅を求めることは、一種の贅沢になる。新築住宅を抑制することは社会経済的に合理性がある。

> ●大都市圏では「空き家」問題よりも、公共住宅政策を先に抜本的に見直せ。(行政が買い上げて(借り上げて)修復・再利用もありか?)

この方向性のことを希望のまち東京in東部で進めようとしています。
http://hayariki.net/tobu/akiya5.html

尚、空家等対策の推進に関する特別措置法の条文を掲載しました。
http://hayariki.jakou.com/akiya.html

■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

空き家撤去と空き家活用

空き家問題の解決は活用を中心に考えるべきである。「地域で空き家となっている住宅を有効活用しながら、ケア付き住宅やシェアハウスとして、活用していくことも必要だろう」(認定NPO法人ビッグイシュー基金住宅政策提案・検討委員会「住宅政策提案書」2013年、18頁)

行政の方針は危険空き家の撤去に偏りがちであるが、土建国家的なスクラップ・アンド・ビルドの延長線上にある。政府は老朽化で倒壊の恐れのある空き家の税制上の優遇措置をなくす方針とされるが、所有者を追いつめるだけの手法では解決しない。舛添要一・東京都知事は以下のように反対する。

「壊そうが壊すまいが、結局は税率が同じということになれば、撤去費用の負担を考えると、何もせずに、朽ち果てるまで放っておくということになるのではないか。むしろ、以前の6倍もの固定資産税を払いたくても払えないという不満の声が高まっていくだろう。また、もう国や自治体で処分してくれという声のほうが高まりそうである。この税制改正は、もう少し慎重に検討すべきである。そもそも、税制改正で空き家問題に対処しようという発想には問題がある」(舛添要一「【舛添都知事日記】いま必要なのは、東京のグランドデザイン---公益の観点から真剣に議論すべき「空き家問題」」現代ビジネス2014年12月23日)

全国市長会も税制上の措置には以下の要望を出している。「市町村が行う空家等対策に対する必要な税制上の措置の具体化に当たっては、都市自治体の意見を聞き、それが反映されることを求める」(全国市長会「「空家等対策の推進に関する特別措置法」の成立について」2014年11月19日)

空き家問題で活用を中心に考えるべき理由は、空き家が増えている一方で、若年層を中心に住まいの貧困という深刻な問題も抱えているためである。20〜39歳、未婚、年収200万円未満の27.8%が手取り月収から住居費を引いたらマイナスになるとの調査結果がある(認定NPO法人ビッグイシュー基金住宅政策提案・検討委員会「若者の住宅問題」2014年、23頁)。住宅は供給過多であるが、切実な需要もある。住まいを必要としている人向けの住まいが供給されていないというミスマッチがある。空き家を低所得者向け住宅として活用することで需要と供給のミスマッチを解消できる。

その意味で舛添知事の以下の主張には賛同するが、それならば選手村を低所得者向け住宅として活用すべきだろう。「2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会の後、どのようなレガシーを残すかということとも関連する。選手村をどのような住居にしていくかという問題についても、空き家問題の認識が必要である」

これからの空き家問題の解決策として新築住宅販売時の解体費用上乗せが提言されている。「新品を販売する時点であらかじめ処分費用を徴収し、基金としてプールする方法です。耐久消費財で適用されているこの仕組みが住宅で適用できれば、不要な家も基金から取り崩して解体可能で、空き家として放置されることはなくなります」(中山聡「「危険な空き家」解消に乗り出した国策の行方」JIJICO 2015年1月8日)

この案のデメリットとして「住宅の取り壊しには150万円程度必要となるため、計算では現在の住宅価格が5%ほど上がることになります」がある。これは新築分譲マンションの売れ行きを景気のバロメータと見る向きには大きなデメリットである。しかし、新築住宅の抑制という点で逆にメリットになる。空き家の増加が示すように総量では住宅は需要を満たしており、問題は分配にある。この状況で新築住宅を求めることは、一種の贅沢になる。新築住宅を抑制することは社会経済的に合理性がある。

また、持ち家中心の住宅政策も見直す時期に来ている。「最もお得なのは激安賃貸住宅に住むことだろう。例えば、マンションは所有していても管理費・修繕積立金に固定資産税などのコストがかかり、これがバカにならない。戸建てにしても定期的な修繕費は必要だ」(日向咲嗣「100万円台でマンションが買える?すさまじい不動産相場崩壊、住宅はただの粗大ゴミに」ビジネスジャーナル2015年1月8日)

住宅を慌てて購入する必要はないとの指摘さえある。「住宅産業には、「2019年問題」が待っています。これは、2019年には世帯数が5307万世帯とピークに達しますが、その後、2035年には4956万世帯まで減少し(国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」より)、空き家が増えます。だとすれば、優遇策につられ、あわてて買うことはないでしょう」(荻原博子「税制改正大綱で続々出てきた住宅購入支援策」朝日新聞2015年1月8日)
http://hayariki.jakou.com/tax.html
最後に公正のために私のスタンスを説明する。私は東急リバブル東急不動産から不利益事実(隣地建て替え)を隠して新築分譲マンションをだまし売りされ、消費者契約法違反として売買契約を取り消し、売買代金を取り戻した経緯がある(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。そのために新築分譲マンションには否定的な意識があることを述べておく。
[asin:B00IBG6JD2:detail]
[asin:B00IBVOOIO:detail]

ジャーナリスト講座 全てを疑え!

ジャーナリスト講座 全てを疑え!(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN)

【非公開で収録された真相JAPANの特別企画を大公開!】
今や稀少かつ貴重であるこの映像から、真相JAPANの志を受け取って頂きたい。

●期日:2012年2月4日
■主催:真相JAPAN(主幹:橘 匠)

〈パネリスト〉
■津田哲也(銃器評論家・ジャーナリスト・作家)
■三宅勝久(ジャーナリスト)
■林田 力(東急不動産だまし売り裁判・著者)
■藤田泰裕(行政書士)
■橘 匠(真相JAPAN主幹)

大手メディアはカットしてしまうような現実社会を見、聞き、体験してきた本物のジャー-ナリスト、三宅勝久氏と津田哲也氏のお二人をお迎えし、橘 匠(真相JAPAN主幹)と徹底討論!津田哲也氏は作家であり、銃器評論家としてテレ-ビにも数多く出演する。最近では「足利事件」や「PC遠隔操作事件」の主任弁護人とし-て知られる佐藤博史氏を直撃取材し『フライデー』(2014/07/11日号)に日弁-連元会長の宇都宮健児氏のコメントと共に掲載されて話題となった。

「東急不動産だまし売り裁判」著者の林田 力氏と、行政書士の藤田泰裕氏も飛び入りで参加。異色の顔合わせに、大いに盛り上がっ-た。

【前半】
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【前半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.1
http://youtu.be/Sk8reYPWqt8
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【前半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.2
http://youtu.be/GDg6iYkv-yI
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【前半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.3
http://youtu.be/SnqcsmiPrz0
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【前半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.4
http://youtu.be/Ol8HI1WVDfw
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【前半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.5
http://youtu.be/8o104eAad7U

【後半】
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【後半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.6
http://youtu.be/80u21MJrx5k
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【後半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.7
http://youtu.be/gh4jcg8HSgo
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【後半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.8
http://youtu.be/jlIuKg1lk4M
ジャーナリスト講座 全てを疑え!【後半】(津田哲也×三宅勝久×真相JAPAN) VOL.9
http://youtu.be/rxJU5fTpwFs

ジャーナリスト講座 全てを疑え!のレポートです。
http://www.hayariki.net/3/57.htm
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

沢田たもつ

反貧困のモデル・沢田たもつです。沢田たもつは貧困当事者として、弱者に対してやさしさのある江東区を目指します。人間が人間らしく生きられる社会を目指します。湯浅誠『反貧困 「すべり台社会」からの脱出』(岩波書店、2008年)において、仮名「新田久」で貧困者の実例として取り上げられました。

沢田たもつは2015年4月に投票予定の江東区議会議員選挙に立候補する決意を致しました。ゼロ年代後半に貧困が社会問題として認識され、反貧困運動が大きく盛り上がりましたが、その時の勢いが持続しているとは言えません。今こそ反貧困の再結集が求められます。貧困者自身が声をあげる時です。

古くからの下町と超高層マンションが混在する江東区は、貧困と格差の最前線でもあります。この江東区で反貧困の取り組みを進めることで、反貧困の再結集を目指します。江東区にて反貧困の再結集を呼びかけます。どうか、貧困層・非正規労働者・生活困窮者は反貧困の旗の下に結集して下さい。

これまで『反貧困』上の仮名「新田久」で活動して参りましたが、「貧困者自身が声を上げる」を自ら実践し、不退転の決意で取り組むため、本名で活動します。心中をお察し頂き、この貧困当事者の挑戦に、お力をお貸し下さいますよう、万感の思いを込めてお願い申し上げます。
http://www.hayariki.net/poor/index.html
貧困は他人事ではありません。このまま貧困層が拡大・増殖して、国力の低下・社会不安・技術力の低下を招くより、さらなる10年後20年後を見据え、派遣労働・貧困層を救済するほうが国力の向上をもたらし、社会不安をなくし、より明るい未来をもたらすと信じます。

江東区議会・平成27年第1回定例会建設委員会

江東区議会・平成27年第1回定例会建設委員会
希望のまち東京in東部(代表林田力)の提出した陳情「若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定を求める陳情」(26陳情第23号)は平成26年第4回定例会で継続審議となりました。以下で審議されます。是非傍聴しましょう。
日時:2015年3月4日(水)午前10時開始
場所:江東区役所3階(東京都江東区東陽4-11-28)
交通:東京メトロ東西線東陽町駅徒歩5分。1番出口を出て四ツ目通りを北上してください。錦糸町(住吉経由)からバスもあります。
委員会傍聴には傍聴券の交付が必要です。9時30分までに区役所3階の区議会事務局で傍聴申込表に氏名、住所をご記入ください。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

スコットランド住民投票

#Scotland #選挙 #投票 #政治
希望のまち東京in東部第34回市民カフェ
「スコットランドの住民投票」(大芝健太郎)
希望のまち東京in東部第34回市民カフェは「スコットランドの住民投票」と題し、講師を招く勉強会方式で開催します。スコットランド住民投票を取材したジャーナリスト・大芝健太郎氏がスコットランドの住民投票を中心に直接民主主義の魅力を語ります。
大阪都構想の是非を問う住民投票が浮上し、住民投票が改めてクローズアップされています。この大阪都構想の住民投票によって住民投票をめぐる議論は混迷を深めています。住民投票実施には賛成しますが、内容には反対という政治勢力があります。また、東京都小平市の都道建設計画見直しを問う住民投票や原発都民投票には賛成しますが、大阪都構想の住民投票には反対という人々も少なくありません。そこで住民投票について考えたいと思います。
日時:2015年1月15日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円。カンパ大歓迎。

講師プロフィール
大芝健太郎(しばけん)
1986年生まれ
埼玉県東松山市出身
旅するジャーナリスト
原発都民投票サポーター
ドイツ、スイス、リトアニア、ブルガリアなどヨーロッパの住民投票、国民投票を現地取材

2015年1月8日木曜日

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ

希望のまち東京in東部第33回市民カフェのレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe33.html
希望のまち東京in東部は2015年1月8日、希望のまち東京in東部第33回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。2015年最初の市民カフェである。

今回は反貧困の沢田たもつ(沢田保)氏が来て、江東区議会議員選挙への出馬を表明した。沢田氏は湯浅誠『反貧困』で貧困者の実例として取り上げられた人物(仮名:新田久)である。その後も反貧困運動に取り組んできており、現在の貧困者の状況に強い危機感を有している。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年衆院選・池内沙織

2014年衆院選・池内沙織
2014年衆院選における池内沙織・東京12区(北区、足立区西部)候補(日本共産党)の街頭演説です。吉田万三・元足立区長や吉良佳子参議院議員が応援演説しています。これは希望のまち東京in東部TVが取材したものです(希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません)。
https://www.youtube.com/watch?v=GW8qyPOf1hI

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2015年1月7日水曜日

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
2015年最初の市民カフェです。2014年は良き一年でしたでしょうか。良きにしろ、悪しきにしろ、2014年は素晴らしい一年にしたいものです。希望のまち東京in東部の2015年は市民カフェを充実させます。様々なジャンルの講師を呼び、レクチャア・討論会を企画します。
今回のテーマは2014年に江東区議会及び足立区議会に陳提出し、継続審議となっている「空き家の有効活用」陳情について議会へのアプローチ、住民投票(国民投票)、その他(日米地位協定の基礎知識)を考えています。年末年始はいろいろ予定はあるかとは思いますが、ご都合のつく方は是非ご参加下さい。宜しくお願いします。
日時:2015年1月8日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

2015年1月6日火曜日

2014年衆院選・長谷川たかこ・西新井駅

2014年衆院選・長谷川たかこ・西新井駅
2014年衆院選。長谷川たかこ東京13区(足立区東部)候補(民主党)は西新井駅西口で街頭演説を行いました。大西智・東京都議会議員や鈴木明・足立区議会議員、小椋修平・足立区議会議員も応援に駆けつけました。これは希望のまち東京in東部TVが取材したものです(希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません)。
https://www.youtube.com/watch?v=zHgzMu08uJM
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
希望のまち東京in東部は生活保護切り下げ問題勉強会を開催します。秋津那美子「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数——「生活扶助相当CPI」の批判的分析」を読み込みます。生活扶助費が2013年8月から切り下げられています。これは物価の下落を根拠としていますが、厚生労働省が作成した特殊消費者物価指数(生活扶助相当CPI)は、いくつも妥当でない操作を繰り返して作られたものであり、「生活扶助費切り下げのためにだけ考え出された方式」と批判されます。たとえば電気・デジタル製品は大きく価格が下落しておりますが、生活保護世帯の支出割合は極めて小さいものです。電気・デジタル製品の価格下落を根拠に物価下落を論じることは公正ではないと言えます。
日時:2015年1月11日(日)午後1時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
講師:秋津那美子氏
文献:秋津那美子「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数——「生活扶助相当CPI」の批判的分析」
http://sekaitohito.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/cpi10-e6db.html
参加費(資料代):300円。

日付と参加費に誤りがあり、修正しました。

イベントを立てました。
https://www.facebook.com/events/331187373745596/

希望のまち東京in東部TVのアーカイブのリンクは以下です。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

シール投票の結果です。
希望のまち東京in東部・富岡八幡宮前シール投票
http://www.hayariki.net/tobu/tomioka.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『大河ドラマ天地人レビュー』

林田力『大河ドラマ天地人レビュー』は武将・直江兼続を主人公とした2009年のNHK大河ドラマ『天地人』のレビューである。『天地人』は火坂雅志の同名小説を原作とする。直江兼続は「愛」の前立てが有名な戦国武将である。

執着心のなさと悔恨『天地人』
大河ドラマ「天地人」義のために悩みながら生きた武将
「天地人」第2回、主君の度量
「天地人」第3回、ラブコメと戦国ドラマ
「天地人」第4回、上杉景虎の孤独と安らぎ
「天地人」第5回、義とは何か
「天地人」第6回、敵を斬らずに味方を斬る
「天地人」第7回、「母の願い」、兼続の成長
「天地人」第8回、「謙信の遺言」義の気高さ
「天地人」第9回、「謙信死す」、嘘の遺言
「天地人」第10回、「二人の養子」、日本人の汚さ
「天地人」第11回、「御館の乱」、義を貫く華姫
「天地人」第12回、「命がけの使者」、ヒールとなった景虎
「天地人」第13回、「潜入!武田の陣」、景虎夫妻の清冽さ
「天地人」第14回、「黄金の盟約」、言葉で勝頼の心を動かす兼続
「天地人」第15回、「御館落城」、悲しい戦いの結末
「天地人」第16回、「信玄の娘」、自省する景勝に好感
「天地人」第17回、「直江兼続誕生」、主役を食った景勝
「天地人」第18回、「義の戦士たち」、徹底抗戦は美学か
「天地人」第19回、「本能寺の変」、爆発する本能寺
「天地人」第20回、「秀吉の罠」、脚本の一貫性
「天地人」第21回、「三成の涙」、笑いと三成の好演
「天地人」第22回、「真田幸村参上」
「天地人」第23回、「愛の兜」
「天地人」第24回、「戸惑いの上洛」
「天地人」第25回、「天下人の誘惑」
「天地人」第26回、「関白を叱る」
「天地人」第27回、「与六と与七」
「天地人」第28回、「北の独眼竜」
「天地人」第29回、「天下統一」
「天地人」第30回、「女たちの上洛」
「天地人」第31回、「愛の花戦」
「天地人」第32回、「世継ぎの運命」
「天地人」第33回、「五人の兼続」
「天地人」第34回、「さらば、越後」
「天地人」第35回、「家康の陰謀」
「天地人」第36回、「史上最大の密約」
「天地人」第37回、「家康への挑戦状」
「天地人」第38回、「ふたつの関ヶ原」
「天地人」第39回、「三成の遺言」
「天地人」第40回、「上杉転落」
「天地人」第41回、「上杉の生きる道」
「天地人」第42回、「将軍誕生」
「天地人」第43回、「実頼追放」
「天地人」第44回、「哀しみの花嫁」
http://hayariki.ie-yasu.com/tenchijin.html
【書名】大河ドラマ天地人レビュー/タイガドラマテンチジンレビュー/Taiga Drama Tenchijin Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『韓国記事書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』
[asin:B00RPD93PI:detail]
[asin:B00RS5LJ5U:detail]

林田力・江・姫たちの戦国レビュー

#歴史 #ドラマ #時代劇 #読書感想
林田力『「江 姫たちの戦国」レビュー』は2011年のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』のレビューである。浅井長政と織田信長の妹市との間に生まれた浅井三姉妹を描いた時代劇である。

トレンディ大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』
『江〜姫たちの戦国〜』第2回、女性視点で織田信長の孤独に迫る
『江〜姫たちの戦国〜』第3回、築山殿事件から人間論へ
『江〜姫たちの戦国〜』第5回、本能寺の変はパワハラの悲劇
『江〜姫たちの戦国〜』第6回、あり得ない展開にも脚本の奥深さ
『江〜姫たちの戦国〜』第7回、出しゃばる江は新たなヒロイン像
『江〜姫たちの戦国〜』第8回、硬軟織り交ぜた大地康雄の演技
『江〜姫たちの戦国〜』第9回、軽妙酒脱な石坂浩二の千利休
『江〜姫たちの戦国〜』第10回、凛とした鈴木保奈美の市
『江〜姫たちの戦国〜』第11回、アンチを笑うオカルト演出
『江〜姫たちの戦国〜』第13回、穏やかな大竹しのぶのおねの怒り
『江〜姫たちの戦国〜』第14回、バカ殿を突き抜けた岸谷五朗の秀吉
『江〜姫たちの戦国〜』第15回、戦が嫌いな戦国時代劇
『江〜姫たちの戦国〜』第16回、のだめを脱皮した上野樹里の江
『江〜姫たちの戦国〜』第17回、秀吉の茶に利休が感心
『江〜姫たちの戦国〜』第18回、水川あさみの初の恋する乙女
『江〜姫たちの戦国〜』第19回、宮沢りえ演じる茶々の激情
『江〜姫たちの戦国〜』第20回、上野樹里の江に時代劇らしさ
『江〜姫たちの戦国〜』第21回、眉間にしわを寄せて悩む上野樹里
『江〜姫たちの戦国〜』第22回、向井理が意思の強い徳川秀忠に
『江〜姫たちの戦国〜』第23回、大河ドラマで三角関係
『江〜姫たちの戦国〜』第24回、三下り半を突き付けた千利休
『江〜姫たちの戦国〜』第25回、炭売り姿で上野樹里の本領発揮
『江〜姫たちの戦国〜』第26回、朝鮮出兵で「戦は嫌」を再確認
『江〜姫たちの戦国〜』第27回、悲しみに打ちひしがれる上野樹里
『江〜姫たちの戦国〜』第28回、北村有起哉が多面的な豊臣秀次に
『江〜姫たちの戦国〜』第29回、宮沢りえの姫の気品と狂気
『江〜姫たちの戦国〜』第30回、嫉妬に苦しむ向井理の徳川秀忠
『江〜姫たちの戦国〜』第31回、身勝手を貫いた岸谷五朗の豊臣秀吉
『江〜姫たちの戦国〜』第32回、皮肉屋から切れ者になった向井理
『江〜姫たちの戦国〜』第33回、戦国時代の常識に反発する主人公
『江〜姫たちの戦国〜』第34回、主体的に意思決定した細川ガラシャ
『江〜姫たちの戦国〜』第35回、クールビューティーを発揮した水川あさみ
『江〜姫たちの戦国〜』第36回、嫉妬深さを美しい恋愛ドラマに
『江〜姫たちの戦国〜』第37回、親心に勝る親思う心
『江〜姫たちの戦国〜』第39回「運命の対面」
『江〜姫たちの戦国〜』第40回「親の心」
『江〜姫たちの戦国〜』第41回「姉妹激突!」
『江〜姫たちの戦国〜』第42回「大坂冬の陣」
『江〜姫たちの戦国〜』第43回「淀、散る」
『江〜姫たちの戦国〜』第44回「江戸城騒乱」
『江 姫たちの戦国 下』斬新な徳川秀忠像

【書名】「江 姫たちの戦国」レビュー/ゴウヒメタチノセンゴクレビュー/Go Ladies of the Warring States Period Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

林田力・天地人レビュー

#ドラマ #時代劇 #レビュー #林田力
林田力『大河ドラマ天地人レビュー』は武将・直江兼続を主人公とした2009年のNHK大河ドラマ『天地人』のレビューである。『天地人』は火坂雅志の同名小説を原作とする。直江兼続は「愛」の前立てが有名な戦国武将である。

執着心のなさと悔恨『天地人』
大河ドラマ「天地人」義のために悩みながら生きた武将
「天地人」第2回、主君の度量
「天地人」第3回、ラブコメと戦国ドラマ
「天地人」第4回、上杉景虎の孤独と安らぎ
「天地人」第5回、義とは何か
「天地人」第6回、敵を斬らずに味方を斬る
「天地人」第7回、「母の願い」、兼続の成長
「天地人」第8回、「謙信の遺言」義の気高さ
「天地人」第9回、「謙信死す」、嘘の遺言
「天地人」第10回、「二人の養子」、日本人の汚さ
「天地人」第11回、「御館の乱」、義を貫く華姫
「天地人」第12回、「命がけの使者」、ヒールとなった景虎
「天地人」第13回、「潜入!武田の陣」、景虎夫妻の清冽さ
「天地人」第14回、「黄金の盟約」、言葉で勝頼の心を動かす兼続
「天地人」第15回、「御館落城」、悲しい戦いの結末
「天地人」第16回、「信玄の娘」、自省する景勝に好感
「天地人」第17回、「直江兼続誕生」、主役を食った景勝
「天地人」第18回、「義の戦士たち」、徹底抗戦は美学か
「天地人」第19回、「本能寺の変」、爆発する本能寺
「天地人」第20回、「秀吉の罠」、脚本の一貫性
「天地人」第21回、「三成の涙」、笑いと三成の好演
「天地人」第22回、「真田幸村参上」
「天地人」第23回、「愛の兜」
「天地人」第24回、「戸惑いの上洛」
「天地人」第25回、「天下人の誘惑」
「天地人」第26回、「関白を叱る」
「天地人」第27回、「与六と与七」
「天地人」第28回、「北の独眼竜」
「天地人」第29回、「天下統一」
「天地人」第30回、「女たちの上洛」
「天地人」第31回、「愛の花戦」
「天地人」第32回、「世継ぎの運命」
「天地人」第33回、「五人の兼続」
「天地人」第34回、「さらば、越後」
「天地人」第35回、「家康の陰謀」
「天地人」第36回、「史上最大の密約」
「天地人」第37回、「家康への挑戦状」
「天地人」第38回、「ふたつの関ヶ原」
「天地人」第39回、「三成の遺言」
「天地人」第40回、「上杉転落」
「天地人」第41回、「上杉の生きる道」
「天地人」第42回、「将軍誕生」
「天地人」第43回、「実頼追放」
「天地人」第44回、「哀しみの花嫁」

【書名】大河ドラマ天地人レビュー/タイガドラマテンチジンレビュー/Taiga Drama Tenchijin Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

林田力『ブラック企業・ブラック士業』(アマゾンKindle)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた書籍である。ブラック士業は闇から逃れられない。ブラック士業の服は妙に大き過ぎた。前科者が過去を下手に隠そうと努めているような印象を受ける。

2015年1月5日月曜日

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
希望のまち東京in東部は生活保護切り下げ問題勉強会を開催します。生活扶助費が2013年8月から切り下げられています。これは物価の下落を根拠としていますが、厚生労働省が作成した特殊消費者物価指数(生活扶助相当CPI)は、いくつも妥当でない操作を繰り返して作られたものであり、「生活扶助費切り下げのためにだけ考え出された方式」と批判しています。たとえば電気・デジタル製品は大きく価格が下落しておりますが、生活保護世帯の支出割合は極めて小さいものです。電気・デジタル製品の価格下落を根拠に物価下落を論じることは公正ではないと言えます。
日時:2014年1月11日(日)午後1時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
講師:秋津那美子氏
文献:秋津那美子「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数——「生活扶助相当CPI」の批判的分析」
http://sekaitohito.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/cpi10-e6db.html
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。わたかつ(私達の街頭活動チーム)とコラボで実施します。ツイキャス中継予定です(@hirokazu867)。
日時:2015年1月12日午後1時開始、午後3時頃終了予定
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)周辺(江東区住吉)
人の流れによっては錦糸町または亀戸に移動して実施します。雨天は錦糸町で開催します。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

生活保護切り下げ問題勉強会

#希望のまち東京in東部 #江東区 #江東 #東陽町
希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
希望のまち東京in東部は生活保護切り下げ問題勉強会を開催します。生活扶助費が2013年8月から切り下げられています。これは物価の下落を根拠としていますが、厚生労働省が作成した特殊消費者物価指数(生活扶助相当CPI)は、いくつも妥当でない操作を繰り返して作られたものであり、「生活扶助費切り下げのためにだけ考え出された方式」と批判しています。たとえば電気・デジタル製品は大きく価格が下落しておりますが、生活保護世帯の支出割合は極めて小さいものです。電気・デジタル製品の価格下落を根拠に物価下落を論じることは公正ではないと言えます。
日時:2014年1月11日(日)午後1時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
講師:秋津那美子氏
文献:秋津那美子「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数——「生活扶助相当CPI」の批判的分析」

2015年1月4日日曜日

2014年衆院選・青木愛・王子駅前

2014年衆院選・青木愛・王子駅前
2014年衆院選の選挙運動最終日となる2014年12月13日、青木愛・東京12区候補(生活の党)が「最後のお願い」として、王子駅前で街頭演説を行いました。大畑修・北区議会議員(民主党)、赤江奈都・北区議会議員(民主党)、佐藤有恒・北区議会議員(社民党)も応援演説をしました。これは希望のまち東京in東部TVが取材したものです(希望のまち東京in東部は2014年衆院選に際して特定の候補者を応援していません)。
http://youtu.be/gIw7zzCZsH0

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部「スコットランドの住民投票」

希望のまち東京in東部「スコットランドの住民投票」
希望のまち東京in東部第34回市民カフェ
「スコットランドの住民投票」(大芝健太郎)
希望のまち東京in東部第34回市民カフェは「スコットランドの住民投票」と題し、講師を招く勉強会方式で開催します。スコットランド住民投票を取材したジャーナリスト・大芝健太郎氏がスコットランドの住民投票を中心に直接民主主義の魅力を語ります。
大阪都構想の是非を問う住民投票が浮上し、住民投票が改めてクローズアップされています。この大阪都構想の住民投票によって住民投票をめぐる議論は混迷を深めています。住民投票実施には賛成しますが、内容には反対という政治勢力があります。また、東京都小平市の都道建設計画見直しを問う住民投票や原発都民投票には賛成しますが、大阪都構想の住民投票には反対という人々も少なくありません。そこで住民投票について考えたいと思います。
日時:2015年1月15日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/
希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
日時:2014年1月11日(日)午後1時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所


--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

門前仲町シール投票

門前仲町シール投票。野党に頑張って欲しい。
日本は独裁国家になっている。若者は無関心。一人で声をあげても意味がない。
原爆を落とされた日本が原発を造るのは信じられない。ラジオを聴いたら腹が立つことばかり。
皆が選挙に行って欲しい。
寒くて体調が悪く選挙に行かなかった。
国民に分かるようにしなければだめ。一年や二年で首相が変わるのは外国にバカにされる。
選挙に行った。子どもたちのためと思った。結果はやっぱりというものであった。

2015年1月3日土曜日

立正佼成会附属佼成病院裁判・第1回口頭弁論

立正佼成会附属佼成病院裁判・第1回口頭弁論が2014年11月20日、東京地方裁判所610法廷で開かれた(平成26年(ワ)第25447号・損害賠償事件)。母の治療を十分に行わなかったとして、長女が長男夫婦と病院に損害賠償を求めた訴訟である。被告(長男夫婦)は入院中の母親の点滴(経管栄養)の注入速度を速め、延命治療を拒否しました。医師記録には「現在Div.(注:点滴Drip Infusion into Vein)で維持しているのも好ましく思っていないようである」とまで書かれている。

原告は意見陳述を求めたが、近藤裁判長は難色を示した。裁判長と原告代理人の間で議論された。裁判長は「意見陳述は例外的措置で、政策形成訴訟で特別に行うことがある」と述べたが、原告代理人は「労働裁判などでも普通に行っている」と指摘した。最終的に文献の引用箇所を除いて意見陳述が認められた。原告は以下の内容を陳述した。

***

平成19年6月18日 私の母は、脳梗塞で入院しました。母は、医師が驚くほど経過がよく、快方に向かい7月よりリハビリを始めました。私は、母の転院先の施設を探していました。

被告である私の兄は、リハビリに行くのが遅くなるとして度々母の点滴速度を速めていました。8月15日も兄は、点滴速度を速めその後母は、嘔吐して具合が悪くなりました。幸い医師の手当てにより翌日には、持ち直しましたので安堵いたしました。

しかし、その後母は、だんだん元気がなくなっていき、目は落ち窪み頬はこけ、変わり果てた姿になってしまいました。

それでも母は、生きようと、必死に息をしていました。咽喉に痰が絡んでしばらくゼーゼーしていましたが、そのうち咽喉に痰が詰まって目をむき出したまま息絶えました。その後心電図などの機械が持ち込まれました。死に顔は酷く苦しそうでした。

医師のカルテには、まだ死ぬ状態ではなかったことが書かれています。

母の死後、数人の知人から、「危篤時には、酸素マスクぐらいするものだ」と聞きました。私は、母の治療が中止され水分も与えられず、兄は酸素マスクまでも拒否した等とは、全く知りませんでした。病院からの説明もありませんでした。

平成18年に富山県射水市民病院で起きた呼吸器はずし事件の後、麻野井英次院長の言葉が文献にあります。

本件は、人間の命のやり取りに関わる重大問題です。どうか慎重にこの問題を解明する審理をなされますよう、お願い申し上げます。

***

原告代理人は命に関係する問題であるとして、慎重な審理を求めた。裁判所は原告側に兄夫婦と病院の損害賠償を連帯債務とする根拠を尋ねた。裁判長は「債務不履行と不法行為の連帯は理解できない」と述べた。原告側は次回期日に書面として提出することになった。

原告はカルテを証拠として提出したが、裁判所は被告病院に訳文付きのカルテ提出を求め、証拠調べは留保された。裁判長は被告の「りっしょうこうせいかい」を「りっせいこうせいかい」と読み、被告代理人に訂正された。

被告らは答弁書を提出したが、内容はなかった。被告らの答弁書はそっけなく、狭量ですらあった。立正佼成会代理人は安田修、野中信敬、橋本幸子、辻美和、川見友康(大島総合法律事務所)、兄夫婦の代理人は松木隆佳(リベラルアーツ法律事務所)である。

次回も口頭弁論が開かれる。次回期日について、立正佼成会代理人は「新病院に移ってバタバタしている。1ヶ月半ほどいただけないか」と述べた。次回は2015年1月15日10時から東京地方裁判所610法廷である。

口頭弁論終了後に傍聴者から拙速はやめて欲しいとの声が出た。「誰のための裁判かを考えて欲しい」「意見陳述を否定されたことは初めて」「萎縮してしまうならば悔しい」「裁判官がいい加減な判決を出すと、弁護士や企業も嘘をつくようになる」

傍聴者のブログでは以下のように評された。「裁判の公開といいながら、傍聴者には訴訟の内容はほとんど分からないため、原告が口頭で述べる、というのは、意義のあることであるとは思います」(「H氏終末医療事件」アドバンテッジ被害牛角株主のブログ2014年11月21日)
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/kosei.html
口頭弁論終了後に情報交換がなされた。年金解雇の損害賠償請求事件控訴審がある。この事件を担当する福田剛久裁判長は中野相続裁判や二子玉川ライズ取消訴訟と同一人物である。新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟第2回口頭弁論は次回口頭弁論が延期になった。裁判所が合議制になった。

田畑裁判第三次訴訟は2014年10月29日の高裁判決に対して抗議声明を出した。豊島区立千川中学校・中神校長の名誉毀損が争われた裁判である。抗議声明は「裁判所は控訴人の中神人証申請を却下し、中神の虚偽を念押しする機会を控訴人から奪った。それにも拘わらず控訴人を敗訴させるとは、訴訟手続きの法令違反も甚だしい」と指摘する。

世田谷健康友の会は「そのとき医者は悪魔になった」と題して「731部隊」の講演会とパネル展を開催する。講演会は那須重雄・NPO法人731部隊・細菌戦資料センター理事による「731部隊と現代〜普通の医者が生体実験、なぜ?」である。2014年11月26日午後3時半から尾山台地区会館会議室で開催する。

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票

新年明けましておめでとうございます。今年は未年です。本年も宜しくお願いします。

希望のまち東京in東部新年会
午後から門前仲町でシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)11時開始
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票
富岡八幡宮の初詣での皆さんへ、暮の選挙についてのシール投票を行います。今の政治は酷いと言われます。否、酷いとは控えめな言い方です。一方で低投票率が問題になっています。予想通りの低投票率と選挙結果をどう見るか聞いてみようというものです。まずは選挙に行ったかどうかをシール投票してもらいます。私たちが知りたいのは行かなかった理由です。成人式シール投票のプレ企画ということで、特に若い人の声を聴きたいと思います。
日時:2015年1月4日(日)13時開始15時終了
場所:富岡八幡宮前(永代通り沿い)
営団地下鉄東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅
シール投票の設問は以下を検討しています(調整中です)。
設問1「選挙に行きましたか」(行った 行かなかった)
設問2「投票に行かない理由は何ですか」(「わたかつ」との共通設問です)
「投票に行くのがめんどくさい。日曜日は、自分の生活や用事、あそびが優先で、忙しい」
「政治がわからない・興味がない。政治は自分に関係ない。選挙に行くのって、真面目っぽくてイヤ」
「一票入れても、何かが変わるとは思えない。投票したい人がいない。誰も、いい政治を行ってくれそうにない」
設問3「選挙の結果をどう思いますか」(良かった 悪かった その他)
年末年始はいろいろ予定はあるかとは思いますが、ご都合のつく方は是非ご参加下さい。宜しくお願いします。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部温泉部は箱根湯本温泉・天成園に行きました。
http://www.hayariki.net/tobu/hakone.html

希望のまち東京in東部TV第19回「大晦日ドライブ」
日時:2015年1月12日(月)午後10時〜10時30分
2015年最初の希望のまち東京in東部TVは希望のまち東京in東部温泉部による2014年12月31日の大晦日のドライブの車中からお送りします。東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所を出発して箱根へ向かいました。町田市や川崎市、海老名市辺りを走りました。シール投票などについて話しています。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

ニッポン空き家列島の衝撃

NHK番組のお知らせです。
シリーズ日本新生 ニッポン"空き家列島"の衝撃〜どうする?人口減少時代の家と土地〜(仮)
2015年1月10日(土)午後9時00分〜10時13分
年末年始に多くの人々が帰省し、くつろいだであろう実家。しかし近い将来、その実家の処分に頭を悩ます時代が来るかもしれない。人口減少が進む中、売ることも貸すこともできず、税金を払い続けるだけの「負の遺産」になりかねない。すでに空き家の問題は、全国で深刻化し始めている。今や7〜8軒に1軒は空き家、今後も急増すると予測されている。また、都市部でも中古住宅より"新築住宅"を優遇し続けてきた結果、住宅の増加には歯止めがかからず、さらに空き家を増やす要因ともなっている。一方で、水道などインフラの維持費用の負担の増大から、コンパクトシティを目指す動きが加速しているが、先行きは見えないまま。
根幹が揺らぎ始めている日本の住宅政策、そして国土利用。空き家問題を入り口に、人口減少時代に向けた対策を考える。
[asin:B00RJUMA6G:detail]
[asin:B00RPD93PI:detail]

希望のまち東京イン東部成人式シール投票

#希望のまち東京in東部 #成人式 #投票 #選挙 希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。わたかつ(私達の街頭活動チーム)とコラボで実施します。ツイキャス中継予定です。
日時:2015年1月12日13時開始
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)付近(江東区住吉)

2015年1月2日金曜日

林田力書評・怪盗ニック全仕事

#書評 #小説 #本 #読書 ホック著、木村二郎訳『怪盗ニック全仕事1』は人から依頼されて動く泥棒ニックを主人公とした短編集である。一話が一つの盗みの依頼のオムニバスである。ニックが盗むものは「価値がないもの、もしくは誰も盗もうとは思わないもの」である。具体的には動物園の虎やプールの水、おもちゃのネズミなどである。
依頼人は何らかの理由がなければ理解できないものを盗むように依頼する。ニックは理由を尋ねるが、基本的に依頼人は「君に質問されるために雇ったんではない」と言い、教えてくれない。108頁。ニックも引き下がる。これは依頼人に包み隠さず説明させるゴルゴ13とは異なる。

希望のまち東京イン東部カフェ

#希望のまち東京in東部 #江東区 #東陽町 #江東 希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
2015年最初の市民カフェです。2014年は良き一年でしたでしょうか。良きにしろ、悪しきにしろ、2014年は素晴らしい一年にしたいものです。
日時:2015年1月8日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月12日13時開始
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)付近(江東区住吉)

2015年1月1日木曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 #東陽町
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産消費者契約法違反訴訟を取り上げたノンフィクションである。東急リバブル東急不動産不買運動は新たな地平を拓こうと努力している。ブラック士業は、どのような嘘でも平気でつく。
東急不動産だまし売りマンションは自分の家だというのに何と居心地の悪いことか。東急不動産だまし売りマンションに住むという事実が不快で不快で仕方なく、汚らわしいとまで感じてしまう。