2014年12月31日水曜日

林田力・天成園レビュー

#箱根 #希望のまち東京in東部 #温泉 #レビュー
希望のまち東京in東部温泉部は大晦日の日に神奈川県箱根町の箱根湯本温泉・天成園に行った。入館料2300円、ケーキセット780円、消費税246円、入湯税50円で合計3376円。敷地内の東屋で鴨団子のあんかけそばを食べた。1188円。小田原籠清みつき店で、しらす釜揚げ515円、カマボコ2052円を購入した。
今回は行きの車中と箱根湯本駅周辺散策をツイキャスで中継した。行きの車中では東急リバブルやゼロゼロ物件のトラブルの話題で盛り上がった。東急リバブル東急不動産は江東区では東陽町の東急不動産だまし売り裁判に加えて南砂町でもマンションだまし売りトラブルがあった。ゼロゼロ物件では退去時に15万円も請求される問題が寄せられた。

林田力・ブラック企業

#アマゾン #キンドル #ブラック企業 #ブラック士業
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(アマゾンKindle)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた電子書籍である。ブラック士業は暴力的で報復を好む性質がある。ブラック士業は癇癪や嫉妬を爆発させる点で不安定であった。ブラック士業には多少なりとも常識というものを叩き込まなければダメである。自分がどれ程馬鹿であったか。

林田力・天成園レビュー

#箱根 #希望のまち東京in東部 #温泉 #レビュー
希望のまち東京in東部温泉部は大晦日の日に神奈川県箱根町の箱根湯本温泉・天成園に行った。過去の希望のまち東京in東部そうだ温泉に行こう企画の中で最も良いとの声も出た。健康ランドとは趣が異なる。建物も風呂も広々としている。日曜日にはランチバイキングもしている。東京都から車ならば2時間弱で来れる。雪が降っている時に屋上の露天風呂は気持ちいいのではないか。
箱根駅伝直前ということで、箱根駅伝の幟や垂れ幕が町の随所にあった。天成園は箱根湯本駅からは距離がある。同業者との競争場不利であるが、逆に日常との隔絶を求める向きには良い。スタッフは「おもてなし」精神に溢れていた。
天成園は温泉旅館であるが、日帰りコースもある。パンフレットは英語版、韓国語版、中国語簡体字版、台湾香港版が用意されており、国際観光客で成り立っていることを物語る。実際、利用客に外国人は少なくなかった。
玉簾神社と玉簾の瀧がある。玉簾神社は江戸時代に創建された。与謝野晶子が歌を詠んでいる。
玉簾の瀧は幾筋にも分かれた水が玉簾のように美しく散って落ちる。
温泉は最上階にある。露天風呂は自然の中であり、迫力がある。この日は晴れていたため問題ないが、露天風呂には屋根があるものもあり、全天候型である。石風呂は源泉かけ流しである。露天風呂は体の芯から温まり、この寒い季節でありながら、外気に触れることが心地よくなる。
サウナは通常のサウナとミストサウナがある。通常のサウナにはテレビがある。

2014年12月30日火曜日

林田力・ブラック士業

#ブラック企業 #ブラック士業 #雇用 #裁判
ブラック士業は筋の通った考え方をしない。ブラック士業の口は歪んで憎悪の笑みを浮かべ、目には狂った残忍な光があった。ブラック士業被害者は気分が塞いでいた。胃がむかついて虚ろな感じがした。体が震え、全身を氷のような戦慄が走って骨まで冷えきってしまった。体がゾクゾクして、発熱したように手足が小刻みに震えた。

東急不動産だまし売りはダメよ〜ダメダメ

日本エレキテル連合のギャグ「ダメよ〜ダメダメ」が「2014ユーキャン新語・流行語大賞」年間大賞に選ばれた。東急不動産だまし売りはダメよ〜ダメダメ。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産はダメよ〜ダメダメ。

東急リバブル東急不動産は自社がすべき説明義務を怠った。だまし売りによるマンション販売は不動産営業として自分が無能と証明したことに等しい。東急不動産だまし売りのゴマカシが消費者に通用すると考えていた東急リバブル東急不動産の思い違いは深刻である。東急リバブル東急不動産の取引は透明には程遠い。

東急リバブル東急不動産は不誠実である。驚くに値しない真実である。東急リバブル東急不動産の消費者対応は一方的なものである。東急リバブル東急不動産は不都合な事実に蓋をし、消費者との緊張を高めるばかりである。

東急不動産だまし売りは居直り強盗の論理である。東急不動産だまし売りは消費者の生活を破壊する。東急不動産だまし売りは人の心をかき乱す。東急不動産だまし売りを許せば不健全な経済になる。東急不動産だまし売りは不愉快な悪夢である。東急不動産だまし売りは容赦がない。東急不動産だまし売りは救われない。東急不動産だまし売りは絶対に許されない。
http://tokyufubai.bakufu.org/
東急不動産だまし売りは消費者の権利を根こそぎ破壊する。東急リバブル東急不動産は消費者の権利確立の時計の針を逆転させようとしている。東急不動産だまし売りは消費者の記憶に刻まれている決して忘れることのできない痛みの歴史である。東急リバブル東急不動産が消費者に与えてきたものは、恐怖と犠牲だけであった。東急不動産だまし売りとの共存は絶対にできない。
Amazon.com: Black Corporation and Leftist Dogmatism (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00RCJI3SS
Amazon.co.jp: 江東区の衆院選 eBook: 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00R9PCNBI

希望のまち東京in東部TV第18回アーカイブ

希望のまち東京in東部TVのアーカイブです。
日本海賊TV 2014.12.29 希望のまち東京in東部TV 第18回 「区政の現状と課題を考える懇談会Part2」
https://www.youtube.com/watch?v=FLfeJnyXsjg

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」亀戸
希望のまち東京in東部は2014年12月7日、「選挙に行こうプロジェクト」宣伝行動を東京都江東区の亀戸十三間通り歩行者天国で実施した。宣伝行動ではシール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」を問いかけ、投票呼びかけチラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)を配布した。
http://youtu.be/YHfxifaHy6E

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

シンポジウム公職選挙法と選挙制度を考える

シンポジウム公職選挙法と選挙制度を考える
日時:2015年2月2日(月)13:00−16:00
場所:参議院議員会館内会議室
講演:山口真美さん(弁護士:1970年生まれ)自由法曹団・選挙制度改革対策本部事務局長
宇都宮健児さん(弁護士:1946年生まれ)日本弁護士連合会・2010-2011年度会長
講演後、参加者全員がグループに分かれ、各自で課題を出してワークショップを行い、意見を集約してネットで共有します。
主催:市民に選挙をとりもどすプロジェクト
世界に例を見ない選挙活動の制約や世界一高い供託金や定数配分の格差、何より過半数の投票者から投票価値を奪うことさえある小選挙区制など、矛盾に満ちた公職選挙法や現行の選挙制度を見直すことで、市民に選挙をとりもどす変革をめざしています。市民が有識者や政治家と共に知識を高めながら、民意と真逆の政治をご一緒に変えていきませんか
「市民に選挙をとりもどすプロジェクト実行委員会」は、公職選挙法の抜本的改正と公正な選挙制度の確立を10年越しでめざす運動を展開するために 「市民参加への模索連絡会」が2014年11月に立ち上げたプロジェクトです。
http://www.hayariki.net/mosaku/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』

林田力『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』(Amazon Kindle)は東急不動産消費者契約法違反訴訟の控訴審を取り上げたノンフィクションである。東急不動産消費者契約法違反訴訟は消費者の権利を取り戻す闘いである。
東急不動産だまし売り裁判は、卑劣な脅しと根も葉もない嘘でマンションだまし売りを押し付ける東急不動産に審判を下した。東京地裁判決は一粒の宝石のように、その光をきらめかせている。東急不動産敗訴判決によって刺さっていたトゲが抜け、爽快な気分になった。
ところが、敗訴した東急不動産は控訴した。消費者契約法違反は明らかであるのに、さらに高裁で争うことは恥の上塗りである。東急不動産は消費者契約法に従う義務がある。それは当たり前のことである。東急不動産は消費者契約法の義務を果たさないで済まそうとしているが、そのようなことが許される訳がない。東急不動産は当たり前のことを当たり前に実行しなければならない。これまでの経過を見れば、東急不動産の主張が、いかにふざけた言い草であるかは歴然としている。東急不動産は、これ以上消費者を欺き、言い逃れすべきではない。
東急リバブル東急不動産は東急不動産消費者契約法違反訴訟でモラルの失墜という非難に直面した。消費者への配慮を怠ったことが原因である。東急不動産消費者契約法違反を契機として東急リバブル東急不動産への嫌悪が広がり、炎上とビジネス誌に報道された(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威−「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁)。これは東急リバブル東急不動産の自業自得であるが、恐らく東急リバブル東急不動産は、そのように思っていないはずであった。
東急リバブル東急不動産は「喉元を過ぎれば熱さを忘れる」で物欲を思い出したようである。林田力は忘れるつもりなどない。『東急不動産だまし売り裁判』は悲しいことを忘れやすいという残念な傾向に抗う書籍である。林田力は市街地図としばらくにらめっこしてから、まず東急不動産に×印をつけ、それから東急リバブルにも×印をつけた。東急リバブル東急不動産は大きな矛盾と行き詰まりに直面している。
東急不動産だまし売りは同種の被害が多発する近似の消費者被害の特徴に合致する。消費者は東急リバブル東急不動産と比べて情報力や交渉力に格差があり、泣き寝入りに追い込まれる人々も多い。東急不動産だまし売り裁判は東急不動産を提訴した貴重な事例である。『東急不動産だまし売り裁判』は消費者の権利を問いかけながら、とても温かい。悪徳不動産業者に立ち向かう勇気と力、明日への展望が湧く一冊である。
林田力は他のマンション購入者が同じような東急不動産だまし売り被害に遭うことを決して望まない。自分より良くなって欲しい、幸せになって欲しいという希望を『東急不動産だまし売り裁判』に託して出版した。林田力は『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の表紙デザインを画家が自分の作品の出来映えを見る時のように少し距離を置いて見た。東急不動産だまし売りは消費者を標的にした残忍かつ卑劣な事件である。林田力は東急不動産だまし売りを最も強い言葉で非難する。
http://hayariki.zero-yen.com/
[asin:B00RCJI3SS:detail
]
[asin:B00RJUMA6G:detail]
江東区の衆院選 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00R9PCNBI

林田力書評・ヴァイオリン職人

#林田力 #推理小説 #書評 #本
『ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密』はヴァイオリン職人ジャンニを主人公(探偵役)とした推理小説である。舞台は現代イタリアである。人生を楽しむ合間に仕事をするというイタリア人気質が溢れている作品である。といっても殺人事件捜査に携わる警察官が食事もとれないほど忙しいなど現実は押さえている。それでいてイタリア人気質を感じられるから素晴らしい。
遭遇する事件はクラシック音楽の歴史にまつわるものであり、ジャンニのヴァイオリン職人としての蘊蓄が披露される。ジャンニは以下の事実を淡々と語るようにクラシックを神聖視していない。「誰もが飲んだりおしゃべりしたりに忙しく、半分も聴いてくれない」(313頁)という当時の社交場としての音楽会の実態が語られる。偉大な作曲家のモーツアルトやベートーベンを友人としたら気難しいとも評しており、ゲルマン的な真面目さとは一風変わった音楽の楽しさがある。

2014年12月29日月曜日

希望のまち東京イン東部新年会

#希望のまち東京in東部 #江東区 #東陽町 #新年会
希望のまち東京in東部新年会
希望のまち東京in東部は光を目指したいと考えています。最初はロウソクのように揺れる光でも、だんだんと明るさを増し、やがて行く道を照らす光です。午後から門前仲町でシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)11時開始
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票
富岡八幡宮の初詣での皆さんへ、暮の選挙についてのシール投票を行います。今の政治は酷いと言われます。否、酷いとは控えめな言い方です。一方で低投票率が問題になっています。予想通りの低投票率と選挙結果をどう見るか聞いてみようというものです。まずは選挙に行ったかどうかをシール投票してもらいます。私たちが知りたいのは行かなかった理由です。成人式シール投票のプレ企画ということで、特に若い人の声を聴きたいと思います。
日時:2015年1月4日(日)13時開始15時終了
場所:富岡八幡宮前(永代通り沿い)
営団地下鉄東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅

林田力『韓国記事書評集』

林田力『韓国記事書評集』は韓国社会運動関連の記事と韓国の書籍の書評集である。

韓国調査報告会
韓国社会運動の「いま」を知ろう
日本と韓国の保守層の落差
参与連帯
参与連帯とは
『裁判の中の在日コリアン』
『歌集 一族の墓』
『韓国現代史60年』
『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』韓国の度量と日本の狭量
『憤怒の王国』韓国社会の貧困や苦しみと怒り
『最後の証人』歴史に翻弄された悲劇では済まない社会悪
『景福宮の秘密コード』東洋のダ・ヴィンチ・コード
『おり姫の日記帳』
『ハピネス』悲しくも優しい純愛
http://hayariki.ie-yasu.com/korea.html
【書名】韓国記事書評集/カンコクキジショヒョウシュウ/Korean Articles and Book Reviews
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『ブラック企業と左翼教条主義』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』

林田力旅行記 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00R08OVGY

希望のまち東京in東部12月定例会

希望のまち東京in東部は2014年12月27日、12月定例会を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。最初は雑談で始まった。

民主党代表選は岡田克也代表対細野豪志元幹事長という感じになっている。単純に左右という感じではない。細野さんの方が改革を期待できる。前原誠司元外相のグループが細野さんを支持するなど右寄りの面もある。しかし、民主党左派の方にも保守的な体質がある。維新の党も良いことを言っている。橋下徹大阪市長の主張するように労組依存を止めなければならない。

政治に熱くなることはかっこ悪いという意識がある。今のままの生活が続くことを好む。一方でボランティアに取り組む若い人達が増えている。二極分化している。熱くなる人々には終末論や陰謀論が強すぎる傾向がある。福島は人が住めないという放射脳カルトなど。普通の人々は虚偽反応を抱いてしまう。

学生運動のマイナスイメージが継続している。自分の同志を殺してしまう。内ゲバは酷い。声が強い奴が勝つ。過激な声が勝つ。組織が怖い。リーダーについていくしかないと思考停止になる。ウォールストリートの占拠や金曜日の官邸前行動には多様性がある。新しい形を感じる。このような形でなければ続かない。過激なやり方では潰れる。

イスラム国は分からない。砂漠の民には資本主義とは別個の共同体がある。福祉や医療が進んでいる。資本主義社会のシステムを持ち込んでもスムーズにはいかない。イスラム国に憧れて世界各地から集まるという現象がある。資本主義への絶望がある。イスラム国が広がっていることは驚くべきことである。オウム真理教には「相手を殺すことが相手を助けること」という教えがある。オウム真理教も単純ではない。



成人式のシール投票は「わたかつ」(私達の街頭活動チーム)グループの発案である。「選挙に行こう」をテーマにする。シール投票を実施し、ツイキャスを流す。輪を広げていきたい。他の団体とも提携したい。2014年成人式は足立区でシール投票を実施した。東京都知事選挙の時期であった。知名度では宇都宮健児氏が細川護煕氏より上回っていた。新成人は細川護煕候補を知らなかった。話をすることで政治に関心を持つ人もいる。今回は江東区で実施する。面白い設問があれば食いついていくのではないか。

投票に行かない理由を聞いたら面白いのではないか。投票に行かない理由はネガティブである。2014年12月の総選挙に行ったか、行かなかったか、有権者でなかったか。選挙結果は良かったか、悪かった、分からない、誰がやっても変わらない。

どのようなことを投げかけたら選挙に行くかということを知りたい。「どうせ自民党が勝つと思ったから行かなかった」と答える人もいる。シール投票は対話のきっかけである。今回は「選挙に行きましょう」ではない。選挙に行かなかったことが選挙結果を是認したことになるという点を感じ取って欲しい。地域差を見るためには統一した設問がいい。

1月4日(日曜日)午後1時から3時に門前仲町でプレ企画を実施する。パンダの着ぐるみを持ってくる。11時から事務所で新年会を開催する。若者向けではない。成人式は、あまり対話できない。次を予定している人もいる。女性はタクシーで来てタクシーで帰る。ビラを準備する。
http://www.hayariki.net/tobu/teirei12.html
日米地位協定は沖縄だけの問題ではない。横田空域は飛行機利用客に不便を強いている。これを多くの人に訴えていくべきではないか。沖縄の特殊性では済ませられない。地位協定の勉強会を開催する。今回は地位協定を勉強したい。前泊博盛『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』(創元社)は分かりやすい。希望のまち東京in東部事務所にも置いてある。

今年は沖縄が注目された。沖縄県知事に翁長雄志氏が当選した。小選挙区は野党共闘が成立した。補助金に依存しても町おこしにならない。それが沖縄では分かりきっている。基地があるからリゾート開発ができないという認識が経済界に出てきた。地方創生も金だけ出せばいいというものではない。
[asin:B00HHCSY3O:detail]
[asin:B00HLOA2L0:detail]

2014年12月28日日曜日

林田力・二子玉川ライズ反対運動

#再開発 #東急不動産 #東急電鉄 #世田谷
林田力『二子玉川ライズ反対運動1』(アマゾンKindle)は二子玉川ライズの問題を取り上げる。東京都世田谷区玉川住民は二子玉川ライズの工事騒音や営業騒音に苦しめられている。地響きのような音がする。夜もうるさくて眠れず、困っている人もいる。騒音対策はできておらず、事故も起きている。二子玉川ライズ建設工事の仕事をしている人も「歓迎している訳ではない」と言っている。

希望のまち東京in東部12月定例会

希望のまち東京in東部12月定例会のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/teirei12.html

希望のまち東京in東部新年会
希望のまち東京in東部は光を目指したいと考えています。最初はロウソクのように揺れる光でも、だんだんと明るさを増し、やがて行く道を照らす光です。午後から門前仲町でシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)11時開始
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票
今の政治は酷いと言われます。否、酷いとは控えめな言い方です。一方で低投票率が問題になっています。成人式シール投票のプレ企画として選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)13時開始15時終了
場所:富岡八幡宮前(永代通り沿い)
営団地下鉄東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅
シール投票の設問は以下を検討しています(調整中です)。
設問1「12月の総選挙に行きましたか」(行った 行かなかった その他)
設問2「選挙の結果をどう思いますか」(良かった 悪かった どこが勝っても同じ その他)

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
2015年最初の市民カフェです。
日時:2015年1月8日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月12日13時開始
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)付近(江東区住吉)

足立区議会・平成27年第1回定例会建設委員会
希望のまち東京in東部「区内の空き家の実態調査の実施とそれに基づく施策策定を求める陳情」は足立区議会平成26年第4回定例会で継続審議になりました。理由は「今後も引き続き審査する必要があるため」です。
日時:2015年1月21日10時開始
場所:足立区議会第3委員会室
中央館6階区議会事務局で傍聴券を受け取って下さい。開会予定時刻の1時間前から30分前まで区議会事務局にて傍聴整理券を発行します。職員が傍聴の定員に達するまで抽選します。当選された方に傍聴券を交付します。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会

希望のまち東京in東部は2014年12月25日、希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は松葉鮨から寿司をとった。

成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施する。江東区は成人式は2015年1月12日に江東区住吉のティアラこうとう(江東公会堂)で開催される。9時にイベントが始まり、11時45分に式典が終了、13時半にイベントが終了する。13時頃から始まる。場合によっては亀戸や錦糸町に移動することも考える。

自分が投票に行っても政治は変わらないのではないか。政治が身近な問題であると気づいて欲しい。女子大生は就職活動で100社も受けることが当たり前になっている。50社も受けたら嫌になる。私が生きていていいのかという気持ちになる。20歳になったら国民年金を払わなければならない。学生やフリーターでは払えない。格差社会についてどう思うか。親に資産がないと大学にも進めない。格差社会によって自分が疎外されている。

脱原発の盛り上がりは一過性である。暮らし・生活が一番大事である。そこで人間と接触しないと長く続かない。介護や子育て、若者の貧困問題などにじっくりと取り組むしかない。政治を変えなくても、救われる人がいるならばいいのではないか。但し、政治との接触は必要である。上滑りの言葉だけでは誰もついて来ない。

希望のまち東京in東部は事務所を開設して数ヶ月間しか経っていない。足立区長選挙で吉田万三氏が当選した際にも再開発問題があった。江東区ではオリンピックに関連して有明の小・中学校建設費が120億円と高額である。消費税増税で閉店を余儀なくされた中小企業経営者も「自分が悪い」と自己責任論に陥る。

希望のまち東京in東部には色々な関心を持つ人がいる。各々が一番やりたいことをやればいい。興味があることをやればいい。関心を持っている人がグループを作っている。希望のまち東京in東部事務所を基点に大きな運動ができないか。市民カフェが、その役割を果たす。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe32.html
[asin:B00HE7PDJA:detail]
[asin:B00HGN89VQ:detail]

希望のまち東京in東部シール投票

希望のまち東京in東部は江東区や足立区、葛飾区など東京都東部地域で集団的自衛権のシール投票を実施している。ここではシール投票の知見をまとめる。

駅前よりも商店街の方が投票は集まりやすい。駅前の方が通行人は多いが、移動のために利用しており、商店街の方が立ち止まってくれやすい。

投票を集めやすい場所は信号のある交差点である。信号待ちの歩行者に声をかけられるためである。

シール投票は話を聞くツールである。自分の意見を相手に押し付けるものではない。集団的自衛権ならば反対の人は向こうから歩いてシールを貼りにきてくれる傾向がある。賛成票は、こちらから積極的に声をかけて貼ってもらわなければ得られにくい。投票結果で反対票が圧倒的であったとしても単純に喜べない。世論とのギャップに留意する必要がある。賛成票が多い時は、むしろ多くの人の意見を聞けたと評価してよい。

賛成理由を聞くことで分析できる。賛成票は中国などの脅威を理由にするものが多かった。ここからは集団的自衛権が自国の防衛のためのものではないと打ち出すことで反対論の理解を広げる戦略が立てられる。

候補者のシール投票は人気投票になり、公職選挙法上問題になる。政策のシール投票は選挙期間中も可能である。

複数の設問は難しい。賛成反対の投票と、賛成または反対の理由を尋ねる投票を実施したことがあるが、必ずしも両方してくれるとは限らなかった。

明るい服装が良い。音があると注目を集めやすい。音楽である必要はない。希望のまち東京in東部は商店街の福引きのような鐘で注目を集めた。
http://www.hayariki.net/tobu/seal3.html
大きいシールボードを設置すると、集まる。駅前などはビル風もあり、結構風が強く吹き飛ばされるため、設置物は風対策の考慮が必要になる。

シールが貼られているボードには、貼ってくれる人が多い。逆に全くシールが貼られていないボードに貼る人は少ない。
Go Vote: Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 7 (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.uk/dp/B00R1NR53O
Amazon.co.jp: 選挙に行こうプロジェクト: 希望のまち東京in東部記録7 eBook: 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00R1NR53O

植村隆氏名誉毀損訴訟提起報告集会

元朝日新聞記者 植村隆氏名誉毀損訴訟提起報告集会
日時:2015年1月9日(金)午後5時〜7時
場所:参議院議員会館101号室
主催:植村隆名誉棄損訴訟弁護団                        

<集会内容>司会 杉浦ひとみ(植村弁護団)
1 弁護団挨拶・植村隆氏名誉毀損訴訟提起の意義
弁護団長  中山武敏
慶応義塾大学名誉教授 小林節
2 原告本人挨拶・決意表明
元朝日新聞記者・北星学園大非常勤講師 植村隆
3 訴状概略説明
弁護団事務局長 神原元
4 報 告
� 慰安婦・福島第一原発元所長「吉田調書」記事取消問題
田島泰彦・上智大学教授
� 北星学園大学来期雇用再契約決定について
5 発言・激励
� 小森陽一(東京大学教授)
� 上原公子(元国立市長)
� チエ・ソンエ(ピアニスト)
� 伊田浩之(週刊金曜日副編集長)
6 今後の方向・支援の呼びかけ
弁護団副団長 海渡雄一
7 まとめ・閉会挨拶
弁護団副団長 黒岩哲彦
[asin:B00GPHTVVQ:detail]
[asin:B00GTSLUR4:detail]

Go Vote: Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 7 (Japanese Edition) - Kindle edition by Hayashida Riki. Politics & Social Sciences Kindle eBooks @ Amazon.com.
http://www.amazon.com/dp/B00R1NR53O

2014年12月27日土曜日

門前仲町シール投票

#門前仲町 #江東区 #江東 #希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票
成人式シール投票のプレ企画として選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)13時開始15時終了
場所:富岡八幡宮前(永代通り沿い)
営団地下鉄東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票
成人式シール投票のプレ企画として選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)13時開始15時終了
場所:富岡八幡宮前(永代通り沿い)
営団地下鉄東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅
http://www.hayariki.net/tobu/

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京イン東部テレビ

#希望のまち東京in東部 #日本海賊TV #世田谷区 #世田谷
希望のまち東京in東部TV第18回
日時:2014年12月29日(月)午後10時〜10時30分
新しいせたがやをめざす会「区政の現状と課題を考える懇談会Part2」(2012年10月27日)から中村重美氏(事務局)の状況説明をお送りします。中村氏は保坂展人・世田谷区政では再生可能エネルギーの活用促進など区民の願いに沿った運営の萌芽が随所に見られるが、利用者負担の見直しは熊本哲之前区長時代の指針を踏まえたものと指摘しました。保坂区政前期に開催された集会は、保坂区政の振り返りになります。
日本海賊TVは12/31から1/6まで年末年始ということでレギュラー番組は全部お休みになります。来年は1月12日から放送します。

2014年12月26日金曜日

日米地位協定

日米地位協定の問題点をまとめた。日米基地協定の正式名称は「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」(Agreement under Article VI of the Treaty of Mutual Cooperation and Security between Japan and the United States of America, Regarding Facilities and Areas and the Status of United States Armed Forces in Japan)である。
在日米軍は「日本を守るため」と説明されることが多い。しかし、日米地位協定は米軍以外をないがしろにする雰囲気がある。何を守るかを忘れて、それら守るべきものすら在日米軍のために使ってしまっている。
因みに在日米軍関係経費の2014年度の日本側負担は6739億円になる。米兵や家族一人あたり約1240万円に達する。このうち、本来は支払う義務のない「思いやり予算」は1848億円である(「在日米軍関係費日本負担6739億円」赤旗2014年12月22日)。

米軍基地の土壌や周辺海域では重金属や化学物質等の汚染が問題になっているが、米軍は原状回復義務を負わない。第4条第1項「合衆国は、この協定の終了の際又はその前に日本国に施設及び区域を返還するに当たつて、当該施設及び区域をそれらが合衆国軍隊に提供された時の状態に回復し、又はその回復の代りに日本国に補償する義務を負わない」
たとえば日本側に返還されたキャンプ桑江(沖縄県北谷町)跡地では、米軍の燃料とみられる油による土壌汚染が見つかった(「米軍跡地で土壌汚染/沖縄、浄化は請求できず/根本は日米地位協定」共同通信2013年6月23日)。
「神奈川県においては、平成十四年五月に、「キャンプ座間のごみ焼却炉の排煙から、日本の基準を最大約四倍上回るダイオキシンが検出された」との報道があり大きな問題となった。県や地元市が、国や米軍に検出数値等の公表を強く要請した結果、環境省を通じて米側の検出数値が情報提供され、国内法の基準を上回るダイオキシンの検出が確認されたのだ」(松沢しげふみ「米軍基地との共存に向けて環境特別協定の締結を」)

米軍車両の高速道路利用料は日本政府が負担する。第5条第2項「合衆国の軍用車両の施設及び区域への出入並びにこれらのものの間の移動には、道路使用料その他の課徴金を課さない」。米兵による東京ディズニーランドなどの観光旅行も日本政府が負担している(「在日米軍レジャーも日本負担 07年度 有料道代8億8000万円 井上議員が告発」赤旗2008年4月18日)。
http://www.hayariki.net/poli/chii.html
米軍車両は車庫証明を事実上免れている。「米軍横田基地を抱える東京都で登録された車両は四百九十二台、米軍岩国基地を抱える山口県で百五十四台ですが、いずれも、米軍関係者は車庫証明を一切提出していない」(「沖縄米軍車両の車庫証明 3000台中わずか4台 国交省資料で判明 井上議員に提出」赤旗2008年5月3日)。基地外に住みながら、「保管場所は基地内だ」と主張し、「国内法の手続きを逃れている可能性がある」と指摘される。

在日米軍関係者は外国人登録を免れている。第9条第2項「合衆国軍隊の構成員及び軍属並びにそれらの家族は、外国人の登録及び管理に関する日本国の法令の適用から除外される」。
犯罪者であっても好ましからざる人物であっても入国可能である。日本政府は、どれだけの在日米軍関係者が基地外のどこに居住しているかも把握できない。
[asin:B00R9PCNBI:detail]
[asin:B00RCJI3SS:detail]

希望のまち東京イン東部定例会

#希望のまち東京in東部 #江東区 #東陽町 #江東
今の政治は酷いと言われます。酷いとは控えめな言い方です。希望のまち東京in東部は光を目指したいと考えています。最初はロウソクのように揺れる光でも、だんだんと明るさを増し、やがて行く道を照らすくらいになります。
希望のまち東京in東部12月定例会
今年も残り僅かになりました。各人様々な思いがあったと思います。「希望のまち東京in東部」としては、5月に事務所を設けたことでしょうか。定例会では4月の統一地方選など来年の活動について議論します。
日時:2014年12月27日午後1時から午後4時くらいまで
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

2014年12月25日木曜日

希望のまち東京in東部・成人式シール投票

本日の希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会です。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe32.html

希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月12日13時開始
場所:ティアラこうとう(江東公会堂)付近(江東区住吉)

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年12月24日水曜日

林田力・横田空域(横田ラプコン)

日本の空はアメリカの占領が続いている。米空軍管制下の横田空域(横田ラプコンRAPCON, Radar Approach Control)は1都8県(東京都、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)に及ぶ。

民間機は横田空域を避けるか、空域より上の高度以上ではないと飛行できない。羽田空港から西方面行きの出発便は、大阪行きを除き、横田空域を避けて、その上空を通過しなければならない。このため、羽田空港を離陸した航空機は、あらかじめ東京湾内で大回りしながら、横田空域上空を飛び越えるための高度まで上昇する。羽田発大阪行きには特別措置があるが、横田空域通過後最適飛行高度まで再上昇しなければならず、依然、非効率な飛行となっている。

西方面から羽田空港へ向かう到着便は、横田空域を避けて千葉県上空から迂回する。中国や韓国から成田空港へ向かう到着便も同じ迂回経路を飛行する。羽田空港行きと成田空港行きが同じ経路を飛行しなければならず、衝突の危険が高くなる。

「関西方面から仙台に向かう民間機は、落雷の危険がある積乱雲を避けるため高度を下げたくても横田空域があるためできません」(「横田空域 米軍支配排し全面返還を急げ」赤旗2006年11月4日)

2008年9月に横田空域の一部返還が実現し、飛行時間が平均で約3分短縮、年間約98億円(羽田空港再拡張前)の経済効果があった。約8万1千tに相当するCO2削減効果もあった。これは一般家庭約1万5千世帯の年間排出量に相当する。

横田空域全面返還の効果は以下のように算出される(定期航空協会「横田空域の民間航空機利用について 空域の早期返還」2006年5月)。

飛行時間短縮により得られる日本経済への波及効果:約140億円/年

燃料削減:約11万kl/年(羽田発大阪行きの消費燃料約1年分に相当)

CO2削減:約28万t/年(一般家庭の1年間の電気使用約13万世帯分に相当)

航空評論家の秀島一生氏は以下のように述べる。「もし全域返還されれば、大阪国際空港(伊丹)までなら現状50分程度のところ、30分近くで着くようになるでしょう。福岡や沖縄も、今より20分は短縮されるはずです。燃料費も浮き、年間で数百億円規模のコストが削減できると考えられます」(「米軍管轄する「横田空域」 返還されれば羽田−伊丹が30分に」週刊ポスト2014年10月10日号)
http://www.hayariki.net/poli/yokota.html
横田空域は2020年東京五輪で増大する航空需要をまかなう妨げにもなっている(小松田健一「羽田増便を阻む「横田空域」」東京新聞2014年11月14日)。東京都は横田空域の早期全面返還を求めている。「横田空域及び管制業務の早期全面返還を実現するとともに、同空域を活用した合理的な航空路を設定すること」(「平成24年度国の施策及び予算に対する東京都の提案要求」194頁)。
http://www.hayariki.net/tobu/

「首都に主権の及ばない米軍基地と米軍が管理する空域が広がる日本は、まともな国といえるのでしょうか。そして日米両国は対等でしょうか」(「横田基地は必要なのか」東京新聞2012年5月13日)
[asin:B00GGNINR2:detail]
[asin:B00GMTNGCC:detail]
Articles of Koto City 2 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00Q0C1PCE

希望のまち東京in東部TV第18回

希望のまち東京in東部TV第18回
日時:2014年12月29日(月)午後10時〜10時30分
新しいせたがやをめざす会「区政の現状と課題を考える懇談会Part2」(2012年10月27日)から中村重美氏(事務局)の状況説明をお送りします。中村氏は保坂展人・世田谷区政では再生可能エネルギーの活用促進など区民の願いに沿った運営の萌芽が随所に見られるが、利用者負担の見直しは熊本哲之前区長時代の指針を踏まえたものと指摘しました。保坂区政前期に開催された集会は、保坂区政の振り返りになります。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

おまけ映像です。
2014年衆院選・青木愛・王子駅練り歩き
2014年衆院選の選挙運動最終日となる2014年12月13日、青木愛・東京12区候補(生活の党)が「最後のお願い」として、JR京浜東北線王子駅から北とぴあ周辺を練り歩きました(7分38秒)。希望のまち東京in東部TV撮影。
http://youtu.be/wrHSGOJ_Hfk

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

江東区高齢者福祉パブコメ

#林田力 #社会保険 #高齢者 #介護保険
江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画パブコメ
林田力
江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(中間のまとめ)に対して以下の内容でパブリックコメントを提出した。

第2部「施策の取り組み」第4章「社会参加の促進と生きがいづくり」「3 家族介護者への支援」「(1)家族介護者の負担軽減」の「家族介護慰労金支給事業」の支給対象の拡大を求める。現状は支給者が少なく、ほとんどの家族介護者の負担軽減に貢献していないためである。

たとえば江東区家族介護慰労金支給事業実施要綱の第3条第2項第3号は支給要件として「慰労金の支給対象期間の初日以後1年間、法第40条に規定する介護給付(7日以内の短期入所サービスを除く。以下「介護保険サービス」という。)を利用していないこと」とする。しかし、居宅要介護被保険者は介護保険サービスを利用していたとしても、施設入所者よりも社会的負担は軽く、家族介護者の身体的、精神的及び経済的負担は大きい。在宅介護の推進のために支援すべきである。

また、第3条第2項第4号は「その属する世帯が慰労金の支給対象期間の初日の属する年度分(申請の日の属する月が4月から6月までの場合にあっては、前年度分)の地方税法の規定による市町村民税を課されていないこと」とする。この住民税非課税世帯に加えて、「介護を理由に退職・転職し年間60万円以上の減収になった人、または65歳以上」の追加を求める。

家族介護者の負担は住民税非課税世帯だけの問題ではない。日経ビジネス2014年9月22日号は「隠れ介護 1300万人の激震〜エース社員が突然いなくなる〜」と題して特集し、「働き盛りで企業経営の中核を担う40〜50代の管理職が突然、介護で職場を離れなければならない」リスクを指摘した。

計画の目標「住みなれた地域で安心して暮らし続けることができる」は支持する。高齢者には施設ではなく、自宅に住み続けたいと考える人も多い。特養ホーム待機者の解消を目指すことは当然であるが、自宅に住み続けたいというニーズにも応える必要がある。

一方で、現在の在宅介護推進は、ややもすると行政にとって安上がりという公的福祉を切り捨て、家族に押し付けるという思惑が見え隠れし、そのまま是認し難いところがあることも否めない。在宅介護推進が公的責任を切り捨て、家族に押し付けることになってはならない。

実際のところ、在宅を望む高齢者と施設を望む家族にはギャップがある。厚生労働省の調査では介護施設でリハビリを終えた後の行き先として自宅を希望する入所者は29・5%。対して、家族で自宅を望む割合は9・0%にとどまった(「介護リハビリ後の自宅復帰希望、高齢者3割 家族は1割」朝日新聞2014年10月18日)。そこで経済的支援が重要になる。個人の自由が保障されるためには、社会の承認と資金の両方が必要である。社会が自由を認めても、資金がなければ何もできない。

第2部「施策の取り組み」第5章「高齢者施設の計画的な整備と福祉のまちづくり」「2 生活しやすいまちづくりの推進」「(1)福祉のまちづくりの推進」に自転車レーンの整備の追加を求める。自転車レーンは永代通りのような色分け型ではなく、亀戸駅付近の京葉道路のような完全分離型を求める。

環境や健康の観点から自転車利用が推進されており、それは好ましいことであるが、歩行者と自転車の双方が安全かつ快適に通行するためには自転車レーンが有効である。これは高齢者の歩行者や自転車利用者には特に該当する。これは江東区環境基本計画(素案)や江東区スポーツ推進計画(素案)に対するパブコメでも指摘したが、高齢者福祉の観点からも求められる。

第2部「施策の取り組み」第5章「高齢者施設の計画的な整備と福祉のまちづくり」「(2)高齢者の入居支援」は賃貸住宅あっせん事業を挙げているが、一歩踏み込んで区内の空き家の高齢者住宅への活用を求める。社会保障審議会介護保険部会「介護保険制度の見直しに関する意見」(2013年12月20日)でも「低廉な家賃の住まいの場として、全国で増加傾向にある空家等の既存資源を有効に活用する必要がある」と指摘している(23頁)。

2014年12月23日火曜日

危険ドラッグ自転車運転で免許停止

危険ドラッグが社会問題になっている。危険ドラッグ使用者の交通事故が問題になっている。千葉県公安委員会は、危険ドラッグを吸って自転車に乗った男性を運転免許停止処分にした。警視庁は2014年9月に東京都墨田区で男性を道交法違反(過労運転等の禁止)の疑いで逮捕した。東京簡裁が罰金20万円の略式命令を出した。その後、男性は千葉県松戸市に転居したという。

県公安委員会は、男性が危険ドラッグを吸って車を運転する可能性が高いと判断し、90日以上の免許停止処分にしたという。道交法は、運転することで著しく交通の危険を生じさせる恐れがある場合、6カ月以下の免許停止処分にできると規定している(「危険ドラッグ吸って自転車運転 罰金の男性、免停処分に」朝日新聞2014年12月18日)。

住所移転先で処分したことに意義がある。危険ドラッグ関係者の逃げ得を許さない。危険ドラッグの原料を中国から輸入して逮捕された吉野健太郎は住所の表示が区々である。吉野健太郎が管理するアングラサイト「連邦」のWHOIS情報では東京都武蔵野市吉祥寺東町とする。吉野健太郎のTwitterでは東京都江東区とする。吉野健太郎の逮捕報道では所沢市元町とする。吉野健太郎のような危険ドラッグ関係者の捕捉が危険ドラッグ根絶のために必要である。
http://hayariki.zashiki.com/renpou.html
Wind Control Project Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.com/dp/B00R4RSMZW

マルクス・アホダラ教とダブルスタンダード

古い話ですが、マルクス・アホダラ教が話題になりました。
他の作業を優先していましたが、一息ついたので、再考察しました。
マルクス・アホダラ教とダブルスタンダード
http://www.hayariki.net/poli/marx2.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力・江東区の衆院選

#電子書籍 #新刊 #Amazon #Kindle
林田力『江東区の衆院選』は第47回衆議院議員総選挙(the 47th general election of members of the House of Representatives)東京15区を特集する。第47回衆議院議員総選挙は2014年(平成26年)11月21日の衆議院解散に伴って行われ、12月14日に投開票された。衆院選関連、江東区政の記事も収録した。

2014年衆院選・東京15区(江東区)選挙結果
衆院選・東京15区立候補者
衆院選・東京15区候補者政策比較
衆院選・東京15区・原発政策比較
衆院選・東京15区の選挙結果
2014年衆院選・野党の選挙協力
ネオナチ・ツーショット写真の問題
懇ろセクハラ野次は九州と言い訳
江東区スポーツ推進計画(素案)パブコメ
江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画パブコメ
東京都BRTの中央区と江東区の明暗
『世界が食べられなくなる日』
江東区長選挙結果

【書名】江東区の衆院選/コウトウクノシュウインセン/Japanese General Election in Koto City
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』

江東区議会が危険ドラッグ対策意見書

江東区議会は平成26年第3回定例会(2014年10月23日)で「「危険ドラッグ」根絶に向けた取り組みの更なる強化を求める意見書」を可決した。危険ドラッグの原料を中国から密輸した容疑で逮捕された吉野健太郎はTwitterで江東区を居住地と表示する。その江東区で議会が危険ドラッグ対策の意見書を可決したことは意義深い。

「危険ドラッグ」根絶に向けた取り組みの更なる強化を求める意見書
脱法ハーブ等と称して販売されていた薬物の吸引に起因する重大な交通事故が多発する等、薬物の深刻な社会問題化を受けて、厚生労働省は、指定薬物の輸入、製造、販売等に加え、所持、使用、購入、譲り受けについても禁止し、指定薬物への指定を順次追加してきた。さらに、「危険ドラッグ」という新呼称名を選定し、規制の有無を問わず、使用することが危険な薬物であると明確に示すこと等に努めてきた。
しかしながら、指定薬物の認定や捜査そのものに時間がかかるという面があり、その間に規制を逃れられてしまう新種の薬物が製造、販売されるといった状況も発生し、埒があかないとする指摘があるのも事実である。
現在、厚生労働省は、販売業者に対して、薬事法等に基づく指導、取締りを徹底して行う方針を示しており、消費者に対しては、指定薬物等を含む製品の所持や、使用することが犯罪である旨の啓発を積極的に行っているが、まだ十分とは言えない。
よって、本区議会は、国会及び政府に対し、インターネットを含む国内外の販売・流通等の実態調査及び健康被害との因果関係に関する調査研究を推進するとともに、指定薬物認定や捜査体制面の課題解消、教育や相談体制・治療体制の更なる整備、関係法令の整備等、関係省庁・関係機関を総動員して、「危険ドラッグ」の根絶に向け、実効性のある取り組みを一層強化するよう、強く要請する。
以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。
平成26年10月23日
江東区議会議長 榎 本 雄 一
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
文部科学大臣
厚生労働大臣
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全) あて
[asin:B00FW2UMKE:detail]
[asin:B00G5ILOP6:detail]
Amazon.com: Hayashida Riki Travelogue (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00R08OVGY

林田力『ブラック企業と左翼教条主義』

林田力『ブラック企業と左翼教条主義』はブラック企業の問題を取り上げ、ブラック企業という言葉を否定する左翼教条主義を批判する。
ブラック企業やブラック企業に指南するブラック士業が社会問題になっている。それはブラック企業という問題意識が従来の一部労働運動に見られた左翼教条主義的な偏狭さから抜け出し、若者など現実に苦しむ人々の心をつかめたためである。この意味でブラック企業という言葉はブラック企業経営者に不都合な言葉ではある。その中でブラック企業という言葉は黒人差別になるから使うべきではないという言葉狩りが起きている。
しかし、ブラック企業が黒人差別表現との主張は成り立たない。I completely disagree with the idea that Black Corporation is a racist representation of black people.ブラック企業やホワイト企業は日本語の「腹黒い」「白黒つける」の延長線上にある。さらに英語のブラックリスト・ホワイトリストにも合致する。就活生はブラックリストを避け、ホワイトリストから選択するように、ブラック企業を避け、ホワイト企業にエントリーする。
左翼教条主義者にとっては世代的なギャップもあり、ブラック企業に潰される若者よりも、差別に苦しむ黒人の方が親近感や具体的イメージを感じられるのだろう。米国の公民権運動は自分達のリアルタイムの青春であったが、今の若者の実態などは知ったことではないという姿勢である。それは左翼の市民感覚との断絶を意味する。

ブラック企業は人種差別に非ず
ブラック企業と左翼教条主義
ブラック企業は豊かな表現
ブラック企業人種差別論への批判
ブラック企業人種差別論と土人
ブラック企業問題の超党派性
ブラック企業はBlack Company
『アナと雪の女王』エルサ人気とブラック企業批判の愚かさ
ブラック企業
ブラック士業
ブラック士業への嫌悪
ブラック士業と弁護士懲戒請求
ステーキのくいしんぼ過労自殺訴訟
立正佼成会附属佼成病院過労自殺裁判
トステム創業者長女が遺産申告漏れ
『星降る夜は社畜を殴れ』ブラック企業概念の深まり
http://hayariki.ie-yasu.com/black5.html
【書名】ブラック企業と左翼教条主義/ブラックキギョウトサヨクキョウジョウシュギ/Black Corporation and Leftist Dogmatism
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『何故、空き家活用か』『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『江東区の衆院選』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
Amazon.com: Shameless (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00QPB0J2C
スレからし - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00QPB0J2C

希望のまち東京in東部12月定例会

希望のまち東京in東部12月定例会
今年も残り僅かになりました。各人様々な思いがあったと思います。「希望のまち東京in東部」としては、5月に事務所を設けたことでしょうか。定例会では4月の統一地方選など来年の活動について議論します。
日時:2014年12月27日午後1時から午後4時くらいまで
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

VOTE部の最初の集まりでシール投票のノウハウをまとめて欲しいというリクエストがありました。
忙しくて手がつけられませんでしたが、ようやくまとめられました。
希望のまち東京in東部シール投票
http://www.hayariki.net/tobu/seal3.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『江東区の衆院選』

林田力『江東区の衆院選』は第47回衆議院議員総選挙(the 47th general election of members of the House of Representatives)東京15区を特集する。第47回衆議院議員総選挙は2014年(平成26年)11月21日の衆議院解散に伴って行われ、12月14日に投開票された。衆院選関連、江東区政の記事も収録した。

2014年衆院選・東京15区(江東区)選挙結果
衆院選・東京15区立候補者
衆院選・東京15区候補者政策比較
衆院選・東京15区・原発政策比較
衆院選・東京15区の選挙結果
2014年衆院選・野党の選挙協力
ネオナチ・ツーショット写真の問題
懇ろセクハラ野次は九州と言い訳
江東区スポーツ推進計画(素案)パブコメ
江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画パブコメ
東京都BRTの中央区と江東区の明暗
『世界が食べられなくなる日』
江東区長選挙結果
http://hayariki.ie-yasu.com/koto5.html
【書名】江東区の衆院選/コウトウクノシュウインセン/Japanese General Election in Koto City
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』
[asin:B00R9PCNBI:detail]
[asin:B00FUYC5DQ:detail]

2014年12月22日月曜日

林田力・危険ドラッグ問題

#危険ドラッグ #脱法ハーブ #脱法ドラッグ #大麻
危険ドラッグは社会問題になっている(林田力『脱法ハーブにNO』Amazonキンドル)。吉野健太郎は危険ドラッグを中国から密輸した容疑で逮捕された。吉野健太郎は福井市の危険ドラッグの密造工場事件でも逮捕された。
一度ドラッグという魔女の呼び声に答えてしまったならば、その毒のある抱擁から逃れる術はない。ドラッグ依存症になる過程で自らのアイデンティティを失ってしまう。

2014年12月21日日曜日

ルフォンリブレ木場と東急不動産だまし売り裁判

東急リバブル販売代理のルフォンリブレ木場は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)と重なる。ルフォンリブレ木場は東急不動産だまし売りマンションと同じく東京都江東区東陽にある。

東急不動産だまし売り裁判において、東急リバブル東急不動産は江東区東陽のマンション販売で洲崎川緑道公園への眺望をセールスポイントにしながら、隣地建て替えで眺望が阻害される不利益事実を説明しなかった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。東急不動産だまし売りは貧困ビジネスと同じであり、とても陰湿で暗い事業である。

ルフォンリブレ木場の宣伝チラシでも洲崎川緑道公園の緑を強調している。ルフォンリブレ木場の近くには飲み屋などがあり、インターネット掲示板でも住環境を気にする声があるが、チラシには一切書かれていない。

インターネット掲示板では「騒音など夜の環境が気になります」などと指摘される。

「飲食店とかが入っている雑居ビルが並んでいる印象です。永代通りとは一変して寂しそうな感じもします」

「ストリートビューを見る限り、すぐ近くにスナックなどが並んでいるみたいですね」

「マンションの周囲はビルや建物がギッシリですね」「隣が飲み屋ビルで、夜はうるさそう」

「横のスナック雑居ビルでカラオケ鳴りまくりで女性買うかなあ。永代通りの音ももろに来るし。私は男ですが止めました」

ルフォンリブレ木場の施工は木内建設である。木内建設施工の東急不動産マンションの東急ドエルアルスでは欠陥マンション紛争が起きた。

間取りや環境面から「ここはないな」との指摘もある。「Fタイプ見ると4.3畳の部屋にベッドと机が配置されてますけどこれはさすがにキツそうですね」

「1LDKが半数以上で、投資や賃貸に回すやつも多いだろ。どんなやつが住むかわからん。あと値段高いね」

「確かに。 入居早々理事会崩壊しそう。 ある程度割り切らないとここは買えないですね」

「投資用マンションはオーナーが居住していないので理事会への出席率も低く、マンションの管理状態が悪化するという話を聞いたりしますよ。管理組合のやる気がないと管理会社がマンション維持に手を抜き、結局資産性が下がってしまう事を理解していないのかもしれません」

「木場はイトーヨーカドーが売りだから、イトーヨーカドーまで9分っていうのは遠すぎでしょ」
http://homepage2.nifty.com/tokyufubai/kiba.htm
東急リバブル東急不動産だまし売りはブラック資本主義の一形態である。東急リバブル東急不動産は事実を無視して悪あがきを続けている。東急リバブル東急不動産の行動は、あまりにも無責任である。東急リバブル東急不動産は、消費者の利益を自社の利益に従属させようとしている。東急リバブル東急不動産は、あまりにも醜悪である。東急不動産だまし売り裁判を人類の進歩につなげる闘いとしたい。『東急不動産だまし売り裁判』が消費者の権利とは何かという普遍的な問いの回答の一助になれば幸いである。
[asin:B00R4RSMZW:detail]
[asin:B00R9PCNBI:detail]

“我がまちの防災”にひと言

間が空いてしまいましたが、「"我がまちの防災"にひと言」のレポートです。
防災の実用面で有益でしたが、自助・共助・公助というスタンスには考えさせられました。
http://www.hayariki.net/koto/bousai2.html
江東・生活者ネットワークは2014年11月30日、公開討論会「"我がまちの防災"にひと言〜私がすること・地域ですること・行政がすること〜」を江東区大島の江東区総合区民センターで開催した。

江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画パブコメを提出しました。
希望の政策の内容を盛り込んでいます。
http://www.hayariki.net/koto/kaigo2.html

若者の住まいの貧困について基礎事実になる情報が発表されました。
ビッグイシュー基金『若者の住宅問題』 —住宅政策提案書 調査編—
http://www.bigissue.or.jp/activity/info_14121201.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

立正佼成会附属佼成病院裁判・第2回口頭弁論

損害賠償請求事件控訴審第2回口頭弁論
2015年2月4日(水) 13時30分
東京高等裁判所 822号法廷(8階)(福田剛久裁判長)
この事件は,キヤノン電子株式会社とキヤノン電子労働組合の共同の退職強要に対して,2009年に損害賠償を請求した事件です。
第1回口頭弁論は傍聴できない方がいらっしゃるほど多くの皆様のご支援を戴きました。双方の準備書面の陳述,証拠の確認,控訴人の意見陳述を行いました。被控訴人らは,前日及び当日に書面を提出してきたので,当然,次回期日が設定されると思っていたのですが,裁判長は弁論を終結しようとしました。 しかし,法廷に入りきれないほどの傍聴支援者の皆様の後押しと,代理人の先生方のお力で,終結とはならず次回の弁論期日が入りました。今後は,被控訴人らの書面に対する反論をしっかり行い次回の期日でも意見陳述を行いたいと思っています。引き続きご支援をどうぞ宜しくお願い致します。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
立正佼成会附属佼成病院裁判・第2回口頭弁論
事件番号:平成26年(ワ)第25447号
日時:2015年1月15日10時
場所:東京地方裁判所610法廷
被告(立正佼成会)がカルテを証拠として提出する予定です。被告(長男夫婦)は入院中の母親の点滴(経管栄養)の注入速度を速め、延命治療を拒否しました。医師記録には「現在Div.(注:点滴Drip Infusion into Vein)で維持しているのも好ましく思っていないようである」とまで書かれています。大きな社会問題にもなっている高齢者虐待にも通じる裁判です。人命に関わる問題であり、特段の正義と使命感で審理されることを望みます。これが問題であると理解できないほど物分りが悪かったならば、医師としても患者が不安になるでしょう。

日本の医療は大きな変化を求められています。岩盤規制などと言われ、保守性の象徴だった医療も、根本的な変身を迫られています。以下はネルソン・マンデラの言葉です。「期待が満たされないとき、祈りや夢が叶わないとき、このことを忘れないように。人生最大の栄光は一度も転ばないことではなく、転ぶたびに立ち上がることにある」。原告は闘い続けます。

立正佼成会附属佼成病院裁判への御注目をお願いします。是非とも傍聴をお願いします。一人でも多くの方に傍聴支援をお願いします。どなたでも傍聴することができます。転送・転載も歓迎ですので、是非とも拡散お願いいたします。

吉野健太郎が医薬品無許可販売容疑で逮捕

吉野健太郎は2014年12月8日、医薬品の無許可販売の疑いで福井警察署などに逮捕された。福井県内外の男女6人が組織で危険ドラッグを製造販売した事件で新たに逮捕した。吉野健太郎は所沢市の無職・米澤茂樹容疑者と共に逮捕された。また、グループの6人を同じ容疑で再逮捕した。

8人は、2014年2月から6月にかけて、福井市順化で製造した危険ドラッグを県外のハーブ店舗などに約500袋を100万円で販売し、危険ドラックの成分を含む医薬品の無許可販売の疑いが持たれている。これまでの調べで、吉野健太郎らが中国から危険ドラッグの原料を調達し、製造方法をメールなどでグループに教えていたことが判明している。警察では原料の入手ルートの解明などさらに捜査を進める方針とする。

吉野健太郎は2014年8月に危険ドラッグの原料を中国から輸入した容疑で沖縄県警らに逮捕されている。米沢茂樹は8月も吉野健太郎と一緒に逮捕されている。今回の逮捕報道記事で吉野健太郎は「埼玉県所沢市の日用品販売会社役員」と紹介されている(「埼玉の男2人を新たに逮捕〜危険ドラッグ製造・密売」福井テレビ2014年12月9日)。

吉野健太郎は自己のアングラサイト「連邦」に脱法ハーブ店の広告を掲載していた(林田力『脱法ハーブにNO』Amazon Kindle)。吉野健太郎には『銀河英雄伝説』のラインハルト・フォン・ローエングラムの台詞が向けられる。「誤った選択は、正しい懲罰によってこそ矯正されるべきである。罪人に必要なものは交渉でも説得でもない。彼らにはそれを理解する能力も意思もない」

危険ドラッグ被害の増加に歯止めがかからない。危険ドラッグは「覚醒剤など既知の薬物と違い、正体不明の薬物や不純物が含まれていて治療法の見極めが難しい」ため、「史上最悪の薬物」との声もある(「<危険ドラッグ>「史上最悪」…悪質化 成分複雑で治療困難」毎日新聞2014年12月9日)。危険ドラッグ摂取者は廃人確実である。体も精神も蝕み、苦痛の内に悲劇的な死に至らしめる悪魔の薬である。『銀河英雄伝説』のサイオキシン麻薬に匹敵する。
http://hayariki.zashiki.com/
危険ドラッグの害悪は無関係な第三者にも及ぶ。東京都世田谷区北烏山では2014年12月3日、危険ドラッグを吸引して錯乱した田中勝彦容疑者(31)が同じアパートに住む女性を切りつけて負傷させる事件が起きた(「危険ドラッグ吸引、同じ階の女性切りつけた容疑 男逮捕」朝日新聞2014年12月3日)。女性は顔や手など計11カ所を切られ、約2週間の怪我である。田中容疑者は被害者女性と同じ階の別の部屋に住む。

成城署によると、田中容疑者は女性宅の玄関から侵入し、いきなり女性にナイフで切りつけた後、自室に戻った。被害者女性は「同じアパートの住民に刺された」と110番通報し、駆けつけた署員が、自室で返り血を浴びた状態の田中容疑者を見つけ、傷害容疑で現行犯逮捕した。室内からは危険ドラッグの袋が見つかった。田中容疑者が危険ドラッグを吸って、女性宅に入ったとみている。田中容疑者は「ハーブを吸った」と危険ドラッグを使ったことを認めた。田中容疑者は取り押さえられる際、暴れたり叫んだりし、その後の取り調べに対しては意味が分からないことを言っているという。

林田力・江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画パブコメ

江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(中間のまとめ)に対して以下の内容でパブリックコメントを提出した。

第2部「施策の取り組み」第4章「社会参加の促進と生きがいづくり」「3 家族介護者への支援」「(1)家族介護者の負担軽減」の「家族介護慰労金支給事業」の支給対象の拡大を求める。現状は支給者が少なく、ほとんどの家族介護者の負担軽減に貢献していないためである。

たとえば江東区家族介護慰労金支給事業実施要綱の第3条第2項第3号は支給要件として「慰労金の支給対象期間の初日以後1年間、法第40条に規定する介護給付(7日以内の短期入所サービスを除く。以下「介護保険サービス」という。)を利用していないこと」とする。しかし、居宅要介護被保険者は介護保険サービスを利用していたとしても、施設入所者よりも社会的負担は軽く、家族介護者の身体的、精神的及び経済的負担は大きい。在宅介護の推進のために支援すべきである。

また、第3条第2項第4号は「その属する世帯が慰労金の支給対象期間の初日の属する年度分(申請の日の属する月が4月から6月までの場合にあっては、前年度分)の地方税法の規定による市町村民税を課されていないこと」とする。この住民税非課税世帯に加えて、「介護を理由に退職・転職し年間60万円以上の減収になった人、または65歳以上」の追加を求める。

家族介護者の負担は住民税非課税世帯だけの問題ではない。日経ビジネス2014年9月22日号は「隠れ介護 1300万人の激震〜エース社員が突然いなくなる〜」と題して特集し、「働き盛りで企業経営の中核を担う40〜50代の管理職が突然、介護で職場を離れなければならない」リスクを指摘した。

計画の目標「住みなれた地域で安心して暮らし続けることができる」は支持する。高齢者には施設ではなく、自宅に住み続けたいと考える人も多い。特養ホーム待機者の解消を目指すことは当然であるが、自宅に住み続けたいというニーズにも応える必要がある。

一方で、現在の在宅介護推進は、ややもすると行政にとって安上がりという公的福祉を切り捨て、家族に押し付けるという思惑が見え隠れし、そのまま是認し難いところがあることも否めない。在宅介護推進が公的責任を切り捨て、家族に押し付けることになってはならない。

実際のところ、在宅を望む高齢者と施設を望む家族にはギャップがある。厚生労働省の調査では介護施設でリハビリを終えた後の行き先として自宅を希望する入所者は29・5%。対して、家族で自宅を望む割合は9・0%にとどまった(「介護リハビリ後の自宅復帰希望、高齢者3割 家族は1割」朝日新聞2014年10月18日)。そこで経済的支援が重要になる。個人の自由が保障されるためには、社会の承認と資金の両方が必要である。社会が自由を認めても、資金がなければ何もできない。

第2部「施策の取り組み」第5章「高齢者施設の計画的な整備と福祉のまちづくり」「2 生活しやすいまちづくりの推進」「(1)福祉のまちづくりの推進」に自転車レーンの整備の追加を求める。自転車レーンは永代通りのような色分け型ではなく、亀戸駅付近の京葉道路のような完全分離型を求める。

環境や健康の観点から自転車利用が推進されており、それは好ましいことであるが、歩行者と自転車の双方が安全かつ快適に通行するためには自転車レーンが有効である。これは高齢者の歩行者や自転車利用者には特に該当する。これは江東区環境基本計画(素案)や江東区スポーツ推進計画(素案)に対するパブコメでも指摘したが、高齢者福祉の観点からも求められる。
http://www.hayariki.net/koto/kaigo2.html
第2部「施策の取り組み」第5章「高齢者施設の計画的な整備と福祉のまちづくり」「(2)高齢者の入居支援」は賃貸住宅あっせん事業を挙げているが、一歩踏み込んで区内の空き家の高齢者住宅への活用を求める。社会保障審議会介護保険部会「介護保険制度の見直しに関する意見」(2013年12月20日)でも「低廉な家賃の住まいの場として、全国で増加傾向にある空家等の既存資源を有効に活用する必要がある」と指摘している(23頁)。
[asin:B00R1NR53O:detail]
[asin:B00R4RSMZW:detail]

2014年12月20日土曜日

危険ドラッグ福井密造事件で吉野健太郎が逮捕

危険ドラッグ福井密造事件で吉野健太郎が逮捕された。福井県警福井警察署らは2014年12月8日、吉野健太郎容疑者と所沢市の無職・米澤茂樹容疑者を医薬品の無許可販売の疑いで逮捕した。既に薬事法違反容疑で逮捕されていた男女6人も同じ容疑で再逮捕した。

再逮捕の6人は以下の通り。福井市順化2丁目、無職土屋裕樹(24)と弟で同市大宮3丁目、無職土屋直樹(21)、福井市順化2丁目、妻の飲食店従業員・土屋菜津美(24)、福井市加茂河原2丁目、個人塾経営・田中文隆(37)、福井市和田、土木作業員・坂下剛(31)、東京都港区白金、タクシー運転手・福岡新平(27)。

吉野健太郎ら逮捕された8人は、2014年2月から6月にかけて、福井市順化で製造した危険ドラッグを県外のハーブ店舗などに約500袋を100万円で販売し、危険ドラックの成分を含む医薬品の無許可販売の疑いが持たれている。これまでの調べで、吉野健太郎と米澤茂樹が中国から危険ドラッグの原料を調達し、製造方法をメールなどで教えていたことが判明している。警察では原料の入手ルートの解明などさらに捜査を進める方針とする。

吉野健太郎は2014年8月に危険ドラッグの原料を中国から輸入した容疑で沖縄県警らに逮捕されている。米沢茂樹は8月も吉野健太郎と一緒に逮捕されている。吉野健太郎は自己のアングラサイト「連邦」に脱法ハーブ店の広告を掲載していた(林田力『脱法ハーブにNO』Amazon Kindle)。脱法ハーブを宣伝した吉野健太郎が社会的に批判されることは当然である。吉野健太郎批判は表現行為として保障されるべきである。
http://hayariki.zashiki.com/fukui.html
福井テレビの逮捕報道記事で吉野健太郎は「埼玉県所沢市の日用品販売会社役員」と紹介されている(「埼玉の男2人を新たに逮捕〜危険ドラッグ製造・密売」福井テレビ2014年12月9日)。毎日新聞は「埼玉県所沢市元町、雑貨店経営」と紹介する(「危険ドラッグ:販売容疑で8人を逮捕 /福井」毎日新聞2014年12月9日)。

若者の家賃負担

#希望のまち東京in東部 #江東区 #林田力 #東陽町
希望のまち東京in東部の若者支援のための空き家活用の必要性を裏付ける調査結果が発表された。NPO法人ビッグイシュー基金住宅政策提案・検討委員会が「若者の住宅問題」調査結果を発表した。住宅費を負担する若者のうち、手取り月収から住居費を引くとマイナスになる人が27点8パーセントもいた。

希望のまち東京in東部TV第17回

希望のまち東京in東部TV第17回
日時:2014年12月22日(月)午後10時〜10時30分
今回は「選挙に行こうプロジェクト」北千住の模様をお送りします。希望のまち東京in東部は2014年12月13日、「選挙に行こうプロジェクト」宣伝行動を東京都足立区の北千住駅東口、千住旭町商店街で実施しました。宣伝行動ではシール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」を呼びかけ、投票呼びかけチラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)を配布しました。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

共通番号制度制度の世田谷区パブコメ

共通番号制度制度の世田谷区パブコメ
共通番号制度を考える世田谷の会からの案内です。
世田谷区は、11月18日の区のおしらせ せたがやで、社会保障制度・税番号(マイナンバー)制度と「特定個人情報保護評価」の特集号を配布しました。
制度と特定個人情報保護評価に対する意見募集を行っています。
当初、意見募集期間は、11月18日〜12月9日まででしたが、会として申し入れたところ12月25日まで延期されました。
さまざまな懸念される点があります。
意見を区に届けていただければ幸いです。

●11月18日号の区報には、担当課に届くはがきがついています。
●共通番号制度準備担当課 �5432 −2948 ファックス5432−3069
●区のホームページから

お忙しいところとは存じますが、よろしくお願いいたします。
[asin:B00R08OVGY:detail]
[asin:B00R1NR53O:detail]
江東区記事集2 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00Q0C1PCE

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 #東陽町
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)には凛とした清々しさがある。ほんのりとした、人を包み込む温かさがある。
東急リバブル東急不動産は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急リバブル東急不動産が知っていて説明しなかった隣地建て替えによって林田力の購入したマンションは日照がなくなった。日照のないマンションは寒かった。顔に冷気が当たり、手足がかじかむ。体が冷えると心も萎んでいくようであった。秋の木枯らしが吹いて枯れ葉が舞い散ると憂鬱になった。冬を迎えると憂鬱さの度合いが深くなった。東急リバブル東急不動産は真相が発覚しても、理屈に合わないことを平気で主張した。

2014年12月19日金曜日

希望のまち東京イン東部忘年会

#希望のまち東京in東部 #忘年会 #江東区 #東陽町 希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会
希望のまち東京in東部第32回市民カフェは忘年会を兼ねます。飲食物持込大歓迎です。
日時:2014年12月25日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

1月1日は市民カフェを休みます
2015年1月1日は市民カフェを休みます。

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
2015年最初の市民カフェです。
日時:2015年1月8日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所

2014年12月18日木曜日

希望のまち東京in東部第31回市民カフェ

希望のまち東京in東部第31回市民カフェ
希望のまち東京in東部第31回市民カフェのレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe31.html
次回以降の予定です。

希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会
希望のまち東京in東部第32回市民カフェは忘年会を兼ねます。飲食物持込大歓迎です。
日時:2014年12月25日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

1月1日は市民カフェを休みます
2015年1月1日は市民カフェを休みます。

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
2015年最初の市民カフェです。
日時:2015年1月8日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

レイバーフェスタ2014 希望はここから!

レイバーフェスタ2014 希望はここから!
2014年12月20日(土)10.30〜17.15(開場10.00)
東京・田町交通ビル6階ホール(JR田町「芝浦口」3分)
参加費 一般当日1700円(前売・予約1500円)障がい者・学生・失業者 一律1000円
予約・問い合わせ レイバーネット日本
〔プログラム〕12月20日(土)10.30〜17.15
10:30 第一部 いま伝えたいこと言いたいこと
 ・公募3分ビデオ 15本一挙上映
 01 湯本雅典「組合執行部の夏」
 02 長崎広「本八幡駅前交差点」
 03 木村修「中嶌哲演・福井地裁判決を語る」
 04 金野正晴「捨て石・父20歳赤紙が来た頃」
 05 三田玲子「おさんぽにいこう」
 06 松原明「いまを生きる」
 07 木下昌明「がん わたしの選択」
 08 山崎精一「俺たちはごみではない!」
 09 亜北斎「ひとりじゃない」(上の写真)
 10 織田忍「喪に服すとき」
 11 土屋トカチ「埋もれた記憶」
 12 堀切さとみ「牛飼いの4度目の冬」
 13 佐藤茂美「沖縄の新たな歴史が始まる」
 14 尾澤邦子「韓国・全国労働者大会」
 15 西中誠一郎「奪われた声2・秘密保護法施行へ」
  *番外「2014年ダイジェスト」
 (全15本・当日の上映順ではありません)
  ・公募川柳 優秀作発表(15分)
12:05 (休憩55分) *5Fで川柳ワークショップあり
13:00 レイバーソング 出演:ノレの会、板谷信彦 ほか
13:30 第二部 冗談じゃないよ!若者貧困社会
  DVD「ブラックバイトに負けない!」上映&トークセッション
   竹信三恵子(ジャーナリスト/和光大学教授)
   神部 紅(全国ブラックバイト告発キャンペーン)
   坂倉昇平( NPO法人POSSE雑誌編集長)
   当事者の女性(飛び入り歓迎!)
14:45 (休憩15分)
15:00 第三部 香港オキュパイ運動がやってくる
  ゲスト:タムさん(香港独立系労組)
      マルコさん(独立系メディア活動家)  
  香港のオキュパイ運動とは何だったのか?
  映像・音楽を交えた現地報告、質疑など
17:00 フィナーレ
17:15 終了
<上映作品紹介>
★「ブラックバイトに負けない! —クイズで学ぶ しごとのルール—」
監督:土屋トカチ/制作:NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)/2014年/38分
都内近郊の3大学の学生65人を徹底取材。見えてきたものは 「何かおかしい」「理不尽だ」と思いつつも、問題解決や相談窓口 に行きつく前に泣き寝入りせざるを得ない学生たちのリアルな本音です。
★レイバーフェスタ2014実行委員会(責任団体 レイバーネット日本)

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

風対策プロジェクト

#二子玉川 #世田谷区 #東急 #田園都市線 林田力『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』は二子玉川東地区風調査検討プロジェクトを特集する。二子玉川ライズのビル風対策は喫緊の世田谷区政課題になっている。二子玉川ライズには元々風が強い川べりに超高層ビルを建設したという特異性がある。また、二子玉川は住宅街である。高齢者や子どもも多いというオフィス街とは異なる特殊性もある。そのために二子玉川ライズのビル風対策が従来型の発想だけでは不十分なことは明らかである。

二子玉川ライズのビル風対策報告書
二子玉川ライズ風害検討結果説明会
二子玉川ライズLEED NDゴールド認証の滑稽
二子玉川ライズと渋谷区保養所のAV撮影問題
東急多摩川線で踏切遮断棒下りずに電車が通過
東急社員が目黒で強制わいせつ逮捕
東急電鉄fontタグ丸見え事件
東急の私物化で渋谷衰退
外環道異議申立補正書
外環道補正書と脱原発
放射脳カルトと貧困ビジネス

【書名】二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト/フタコタマガワライズハンタイウンドウ ジュウゴ カゼタイサクプロジェクト/Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 15 Wind Control Project
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』

2014年12月17日水曜日

希望のまち東京in東部第31回市民カフェ

希望のまち東京in東部が活動する東京都東部地域は11月までポカポカ日和でしたが、12月に入ってから急に寒くなりました。クリスマスのメロディや飾り付けは冷え込む師走の街を歩く人々の心を暖めます。師走に入り、皆様ご多忙かと思いますが、お時間の許す限り、奮ってご参加いただけますよう、宜しくお願い致します。
希望のまち東京in東部では希望の持てる街づくりについて、活発に意見交換しています。「このままではいけないのではないか。何か私にできることはないか」と考えている方のご参加を歓迎します。

衆議院議員選挙も終わりました。お疲れ様でした。今回は「選挙に行こうプロジェクト」と選挙結果、各区の期日前投票制度比較、戦後最低の投票率52.66%などについて話し合います。
日時:2014年12月18日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力・選挙に行こうプロジェクト

#Amazon #希望のまち東京IN東部 #Kindle #キンドル
林田力『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』は希望のまち東京in東部が2014年12月の衆議院議員選挙に際して実施した「選挙に行こうプロジェクト」の記録である。「選挙に行こうプロジェクト」は墨田区の錦糸町、葛飾区の立石、江東区の亀戸、足立区の北千住で実施した。シール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」、投票呼びかけチラシ配りなどを行った。

99%のための政治を
僕たちの疑問に答えて
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」錦糸町
錦糸町シール投票結果分析
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」立石
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」亀戸
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」北千住
希望のまち東京in東部11月定例会
希望のまち東京in東部第28回市民カフェ
希望のまち東京in東部第29回市民カフェ
希望のまち東京in東部第30回市民カフェ
葛飾区議会宛・空き家活用請願

【書名】希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト/キボウノマチトウキョウイントウブキロク ナナ センキョニイコウプロジェクト/Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 7 Go Vote
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』

2014年12月16日火曜日

吉野健太郎がまた逮捕

#危険ドラッグ #ニュース #事件 #脱法ハーブ
吉野健太郎が危険ドラッグ関連で福井警察署らに逮捕された。福井テレビが報道した。吉野健太郎は8月にも危険ドラッグの原料を中国から密輸したとして薬事法違反容疑で沖縄県警らに逮捕されている。それ以前から吉野健太郎は脱法ハーブ店の広告を自己のアングラサイト・連邦に掲載していた(林田力『脱法ハーブにNO』アマゾンKindle)。
危険ドラッグは社会問題となっている。吉野健太郎がTwitterで居住地と表示した江東区では議会が危険ドラッグ対策の意見書を提出した。

2014年12月15日月曜日

二子玉川ライズLEED NDゴールド認証の滑稽

二子玉川ライズと世田谷区立二子玉川公園のLEED NDゴールド予備認証取得は実態を無視したものである。LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)は、米国グリーンビルディング協会(USGBC)が開発・運用する環境性能評価指標である。NDはNeighborhood Development(近隣開発)部門を指す。認証は下から標準、シルバー、ゴールド、プラチナのランクに分かれている。

認証評価では「安全で快適な歩行者空間(リボンストリート)を形成し、高密度でコンパクトな開発をしていること」と挙げられている。しかし、現実はビル風による転倒者が出ており、世田谷区が近隣住民に強風時の外出を控えるアナウンスを出すほどである。

「商業、オフィス、公共施設や多くの住戸パターンを持つ住宅を集積させ、さまざまな年代の人々が多様な目的で集う、複合機能都市を整備していること」とあるが、古くからの住民や小規模店舗は再開発で立ち退きを余儀なくされた。二子玉川ライズは営利優先で公共施設の少なさが批判されている。世田谷区が進める図書館ターミナルも社会教育施設としての図書館本来の役割を果たせないと批判されている。

「生態系の保全に取り組んでいる」とあるが、再開発前の樹木がうっそうと茂っていた状態を見ていたら、とても言えない話である。今の二子玉川ライズは街路の植栽も枯死している。

このLEED ND認証は2008年の北京オリンピックの選手村がゴールド認証取得したことを機に普及したと説明される(「二子玉川再開発事業が街づくり環境評価で「金」認証−日本初、自然との親和性で」二子玉川経済新聞2014年11月10日)。しかし、北京オリンピック会場は僅か数年で廃墟になった(「北京五輪の会場 "鳥の巣"含めて大部分が廃墟化していた」NEWSポストセブン2012年8月5日)。住環境としての持続可能性を無視した認証であることを露呈している。これは二子玉川ライズの未来も暗示する。住民にとって二子玉川ライズは先の見えない暗闇プロジェクトである。
http://hayariki.net/futako/leed.html
コンクリート建築に予算が使われ、教育や福祉に回される予算は減っている。気前よく公共事業に税金が使われた後には、何も残らない。大型開発のような公共事業には利権がある。そこから過分な所得を求めるゼネコンなどの企業が必ず存在する。彼らは利権を維持するために大型開発の継続を望む。開発利権を合理化する認証ならば有害である。

日本の建築不動産業界はガラパゴスと呼ぶべき独自の「進化」(退化)を遂げてきた。この特異な産業は日本の進歩の足を引っ張り続けている。住民無視の大型開発やマンションだまし売り、ゼロゼロ物件、脱法ハウスなどである。国際的な認証という言葉に思考停止してはならない。
Civil Cafe (Japanese Edition) [Kindle Edition]
http://www.amazon.co.uk/dp/B00PEJ3Y1Y
市民カフェ - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B00PEJ3Y1Y

2014年衆院選・東京15区(江東区)選挙結果

第47回衆議院議員総選挙(2014年12月14日)小選挙区・東京15区(江東区)は柿沢未途候補(維新の党)が当選した。次点の秋元司候補は比例で復活当選した。東京15区は自民党公認候補が小選挙区で敗れた数少ない選挙区になった。両候補の得票差は僅か3千票弱の激戦であった。柿沢氏は「国民の期待に応えられる大きな結集を進めていかなければならない」と語った(「維新・柿沢未途氏、競り勝つ 野党共闘の東京15区」朝日新聞2014年12月15日)。

●東京15区開票結果
1 いの たかし 無所属 8,759票
2 柿沢 未途 維新の党 88,507票
3 あきもと 司 自由民主党 85,714票
4 吉田 としお 日本共産党 31,384票

東京15区の得票を比例票と比較する。柿沢候補は所属政党の維新の党の倍近い得票を得ている。この点では野党の選挙協力の効果があったと言える。実際、僅差での勝利であり、民主党が候補者を立てていたら危なかっただろう。
秋元候補は自民党公認・公明党推薦で出馬したが、比例の自民票と公明票の和98,301票とは1万票以上も及ばない。公明支持層には十分に浸透できていない。「平和を願い真の国益を考え靖国神社参拝を支持する若手国会議員の会」所属などの要素が嫌われたのだろうか。
吉田候補の得票は、日本共産党の得票に重なる。比例区と比べて、小選挙区は候補者が少ない。そのために比例区では別の政党に投票し、小選挙区では共産党候補に得票するという選択も理論上は考えられるが、あまりいないと言える。但し、共産党の比例票自体が前回の17,326票から大きく躍進しており、比例票も小選挙区票も他党支持者から奪ったと見ることもできる。

●江東区比例票開票結果
1 自由民主党 71,363
2 新党改革 683
3 次世代の党 7,908
4 民主党 24,217
5 公明党 26,938
6 社会民主党 3,776
7 維新の党 43,417
8 幸福実現党 639
9 生活の党 5,733
10 日本共産党 31,012

東京15区の得票を前回衆院選の得票と比較する。柿沢候補の票は横ばいである。今回は民主党や生活の党(旧日本未来の党)が候補者を立てなかったが、その分の票が柿沢候補に集中したとは言えない。野党の選挙協力は消極的選挙協力に留まり、相乗効果を発揮するには至っていない。秋元候補と吉田候補は前回と比べて票を伸ばした。二人の所属政党の比例票も前回と比べて伸びている。
http://hayariki.net/koto/tokyo15d.html
●第46回衆議院議員総選挙(2012年12月)東京15区開票結果
柿沢未途  88,222票
秋元司   74,159票
田中美絵子 29,355票
東祥三   28,518票
吉田年男  18,667票
[asin:B00QPB0J2C:detail]
[asin:B00R08OVGY:detail]

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年衆院選・東京15区(江東区)選挙結果

2014年衆院選・東京15区(江東区)選挙結果の分析です。
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15d.html

以下のLEED ND認証は、東京都もオリンピック関連の開発で取得を目指しており、グローバルスタンダードの名の下に開発のお墨付きを与えるものにならないか要注意です。

二子玉川ライズLEED NDゴールド認証の滑稽
http://www.hayariki.net/futako/leed.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』

林田力『放射脳カルトと貧困ビジネス』(Amaon Kindle)は自主避難支援詐欺などの放射脳カルトの問題を取り上げる。放射脳カルトの福島や東日本差別はヘイトスピーチである(林田力『放射脳カルトはヘイトスピーチ』Amazon Kindle)。放射脳カルトの致命的な失策は、激しい思いこみから放射能への異常な恐怖を持ち続けたことである。放射脳カルトは自己賛美・自己正当化しかできず、周りが見えてない。
放射脳カルトは表向き「健康や環境を守る」と主張するが、実際は守るものよりも多くのものを傷つけて平気である。放射脳カルトの放つ弾丸は目的と関係のないものを傷つける。放射脳カルトは自己主張のために環境破壊や暴力を正当化しかねない。正しいことをしているから何しても良いという考えである。結果のためには手段を選ばないどころか、結果よりもその過程で得られる金と名声にしか興味がない。その主張する自主避難支援は自主避難者を劣悪なゼロゼロ物件に住まわせ、被災者の生活を破壊するような活動である。
放射脳カルトは卑劣で品性が低い。放射脳カルトは人の醜さを見せつける存在である。人間はどこまで卑小になれるのか。放射脳カルトの危険性は「目的が正当であるならば、どのような手段でも正当化される」と妄信してしまうことである。自分達の屁理屈をルール無用で押しつける点でテロリストと変わらない。放射脳カルトは世間に受け入れられない壁を作っている者が他の人と思っているかもしれないが、一番高い壁を築いている者は放射脳カルト自身である。放射脳カルトは、どうしようもなく病んでいる。放射脳カルトは、終わらせなければならない。
米国人医師ロバート・ピーター・ゲイル氏は「放射能汚染に対し、政府や人々の間に、実害から鑑みて必ずしも合理的ではない、現実的ではない恐怖にかられた反応がある」と指摘する。しかし、「ある程度の範囲内であれば、人は違った放射線量に対して適応できます」(広野彩子「放射線を正しく怖がりましょう 被ばく者救護に携わる米国人医師、ロバート・ピーター・ゲイル氏に聞く」日経ビジネスオンライン2013年12月13日)
http://www.hayariki.net/9/
[asin:B00FDNCZDO:detail
]
[asin:B00FNJFROC:detail]

江東区スポーツ推進計画パブコメ

#江東区 #自転車 #健康 #林田力
江東区スポーツ推進計画(素案)パブコメ
江東区スポーツ推進計画(素案)に対し、以下の内容でパブコメを提出した。
基本目標(4)「気軽にスポーツができる場の確保」施策展開12「場の確保」に、区内の空き家を卓球場などの場所をとらない屋内スポーツを気軽にできる場として活用することを加えて下さい。
希望のまち東京in東部(代表林田力)が江東区議会に提出した「26陳情第 23号 若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定を求める陳情」記載の通り、空き家の増加が社会問題になり、その活用が政治課題になっている。現実に空き家を卓球場に改装した事例がある(つるけんたろう『0円で空き家をもらって東京脱出!』「空き家を利用して、卓球場できちゃいました」)。

施策展開12「場の確保」に、自転車利用促進策として自転車専用レーン整備を追加して下さい。自転車レーンは永代通りのような色分け型ではなく、亀戸駅付近の京葉道路のような完全分離型を求める。
自転車は脚を鍛え、心肺機能を高めるため、体力向上・健康づくりに資する。古くは英国留学中に神経衰弱になった夏目漱石がサイクリングで気分転換した話が有名である。自転車が安心して走る環境のために自転車レーンが必要である。

施策展開12「場の確保」には「2020 年東京オリンピック・パラリンピック大会において、馬術会場となることが予定されている夢の島競技場・野球場の代替措置について、東京都に要望し、実現に向けて連絡調整を行います」とあるが、区民のスポーツの場を維持するために五輪競技場の見直しも選択肢に含めて下さい。

2014年12月14日日曜日

江東区スポーツ推進計画(素案)パブコメ

江東区スポーツ推進計画(素案)に対し、以下の内容でパブコメを提出しました。
http://www.hayariki.net/koto/sport.html
基本目標(4)「気軽にスポーツができる場の確保」施策展開12「場の確保」に、区内の空き家を卓球場などの場所をとらない屋内スポーツを気軽にできる場として活用することを加えて下さい。
希望のまち東京in東部(代表林田力)が江東区議会に提出した「26陳情第 23号 若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定を求める陳情」記載の通り、空き家の増加が社会問題になり、その活用が政治課題になっている。現実に空き家を卓球場に改装した事例がある(つるけんたろう『0円で空き家をもらって東京脱出!』「空き家を利用して、卓球場できちゃいました」)。

施策展開12「場の確保」に、自転車利用促進策として自転車専用レーン整備を追加して下さい。自転車レーンは永代通りのような色分け型ではなく、亀戸駅付近の京葉道路のような完全分離型を求める。
自転車は脚を鍛え、心肺機能を高めるため、体力向上・健康づくりに資する。古くは英国留学中に神経衰弱になった夏目漱石がサイクリングで気分転換した話が有名である。自転車が安心して走る環境のために自転車レーンが必要である。

施策展開12「場の確保」には「2020 年東京オリンピック・パラリンピック大会において、馬術会場となることが予定されている夢の島競技場・野球場の代替措置について、東京都に要望し、実現に向けて連絡調整を行います」とあるが、区民のスポーツの場を維持するために五輪競技場の見直しも選択肢に含めて下さい。
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判28スレからし』

林田力『東急不動産だまし売り裁判28スレからし』は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)を出発点として経済社会の問題を論じる。

東急不動産だまし売り裁判
東急不動産消費者契約法違反訴訟
東急不動産だまし売り裁判と結露
東急不動産だまし売り裁判と敗軍の法則
東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則
タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判
旭化成ホームズ差し止め請求と東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売り妖怪ウォッチ
東急はスレからし
東急不動産だまし売りはスレからし
ブランズ市川真間はスレからし
東急コミュニティー解約記
東急ハンズはスレからし
卑怯な誹謗中傷
東急不動産だまし売り裁判出版記念オフ
ノーベル物理学賞受賞の中村修二氏に複雑な声
中村修二・日亜化学訴訟
http://hayariki.zero-yen.com/tokyu28.html
【書名】東急不動産だまし売り裁判28スレからし/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ニジュウハチ スレカラシ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 28 Shameless
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』
Articles about Election and Politics (Japanese Edition) [Format Kindle]
http://www.amazon.fr/dp/B00P6L27O0

二子玉川ライズ風害検討結果説明会

世田谷区の二子玉川東地区風調査検討プロジェクト専門家会議検討結果説明会のレポートです。

二子玉川ライズ風害検討結果説明会
http://www.hayariki.net/futako/kaze3.html
世田谷区は二子玉川東地区風調査検討プロジェクト専門家会議検討結果説明会を2014年12月1日、世田谷区等々力の玉川区民会館で開催した。説明会は保坂展人世田谷区長の挨拶で始まった。二子玉川再開発について住民と何度か意見交換の場があり、強風の映像も見せてもらった。河川敷で超高層ビルが建設されることは珍しいケースである。専門家会議の調査によって相当な風が発生していることは具体的客観的な事実として裏付けられた。再開発組合にも伝え、スピード感をもって対策を立てていくことと考えている。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部TV第15回

希望のまち東京in東部TV第15回
日時:2014年12月15日(月)午後10時〜10時30分
今回は「選挙に行こうプロジェクト」亀戸と新しいせたがやをめざす会集会の二本立てです。
最初に希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」亀戸十三間通り歩行者天国(江東区)街宣(2014年12月7日)の模様をお送りします(約12分)。反貧困の新田久氏(希望のまち東京in東部顧問)がマイクを握ったところで、候補者本人の宣伝カーが来て、候補者に譲るために中断するところまでです。
続いて、新しいせたがやをめざす会「区政の現状と課題を考える懇談会Part2」(2012年10月27日)の模様をお送りします(約17分)。世田谷区が表明した「施設利用料・保育料の値上げ」「学童クラブ利用料の新設」「高齢者紙おむつ助成の削減」などを議論した集会です。公契約条例制定の要望、区の外郭団体の負担などの質疑部分をお送りします。
http://www.hayariki.net/tobu/index.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

トステムの問題を認識した契機

私がトステムの問題を認識した契機は東急不動産消費者契約法違反訴訟であった。東急不動産の代理人・井口寛二弁護士(井口寛二法律事務所)は、トステムが訴えられた裁判のトステム代理人やトステム建材産業振興財団の評議員になっていた。この井口弁護士は改竄した証拠を提出し、母親の危篤を理由として原告本人尋問を当日になって延期させて証拠収集を行うなど、東急不動産を敗訴させないためだけに悪行の限りを尽くした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

それはブラック士業の本領発揮と言いたくなるものであった。井口寛二は火を吹き消そうとして新たな燃料を供給していた。井口寛二が東急不動産の代理人になったことで、悪意を司る神が原告に禍々しく笑いかけたことは間違いない。それ故にトステムに対する印象は限りなく黒に近い灰色にまで成長した。トステム創業者長女の遺産申告漏れにも納得という感覚になる。
http://hayariki.net/eco/
「トステム創業者長女、遺産110億円申告漏れ 国税指摘」朝日新聞2014年12月8日
「遺産百数十億円申告漏れ=旧トステム創業者長女—60億円超追徴・東京国税局」時事通信2014年12月8日
[asin:B00F17WFEG:detail]
[asin:B00F6UKVBW:detail]

2014年12月13日土曜日

日本海賊TV 金曜8時は、今週の振り返り第3回

日本海賊TV 金曜8時は、今週の振り返り第3回のレポートです。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday3.html
日本海賊テレビは2014年12月13日、「金曜8時は、今週の振り返り」第3回を放送した。今回の話題はトステム創業者長女の遺産申告漏れ、日本国債の格下げ、総選挙終盤情勢である。出演は山内和彦(元川崎市議会議員)、大北三朗(国債救助隊)、須澤秀人(日本海賊党暫定代表)、林田力(希望のまち東京in東部代表)である。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

日本海賊TV金曜8時は

#政治 #政党 #衆院選 #選挙に行こう 日本海賊TVは第3回「金曜8時は今週の振り返り」を放送した。山内元川崎市議、大北氏(国債救助隊)、須澤日本海賊党暫定代表、林田力が出演した。今回の話題はトステム創業者長女の遺産申告漏れ、日本国債の格下げ、総選挙である。
須澤氏は、今回は緑の党の存在感が欠ける、市民派の政治家のネットワークができないかと問題提起した。難しいと回答した。ヨーロッパでは緑の党はマルクス主義とは異なるオルタナティブとして政治的意味がある。しかし、日本では学生運動以来の左翼的なものを克服できていないように見える。
市民派のネットワークも、無所属への思い入れが強い方が多く、政治勢力として成長しにくい。また、全国的なネットワークとなると、どうしても集団的自衛権反対など左翼イデオロギー色が強くなる。それは地域で住民目線で活動している政治家の個性を潰すことになりかねない。全国政党と同じようなことを言うならば市民派政治家の意義が乏しくなる。

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」北千住

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」北千住のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/senju3.html

年末年始の予定です。
希望のまち東京in東部第31回市民カフェ
テーマ:衆議院議員選挙結果、各区の期日前投票制度比較など
日時:2014年12月18日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

希望のまち東京in東部第32回市民カフェ・忘年会
希望のまち東京in東部第32回市民カフェは忘年会を兼ねます。飲食物持込大歓迎です。
日時:2014年12月25日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分

2015年1月1日は市民カフェを休みます。

希望のまち東京in東部第33回市民カフェ
2015年最初の市民カフェです。
日時:2015年1月8日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

希望のまち東京in東部第30回市民カフェ

希望のまち東京in東部は2014年12月11日、第30回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。

アベノミクスの第一の矢の量的緩和は、まともな経済のあり方であるか。貨幣は実体的な価値に裏付けられて成り立つ。それを無視して紙幣を発行すればインフレになる。金の価値が変わる。金が木の葉になる。

民主党政権末期にもデフレ対策として量的緩和が提案されたが、日銀の独立性に阻まれた。安倍政権の人事で日本銀行の独立性が弱まった。但し、政府を批判する側の経済論者もデフレは悪、信用創造は善というスタンスであり、正面からの批判になっていないのではないか。

円安になっているため、外国人にとって日本の株式や不動産を購入することは割安になる。金融はゲームになっている。トレーダーが1億円を取り戻すのに5分かかったと述べていた。ITと金融が結びついた。アベノミクスもアングロサクソンの経済に翻弄されている。アベノミクスを進めても経済の破綻は明らかである。

ヨーロッパでは政権交代が起きている。過去にドイツで社会民主党のシュレーダー氏が政権を担当したが、「我々の社会には怠ける権利はない」など日本で言えば橋下徹氏のような発言もして、新自由主義的な改革も進めた。日本の社民勢力とはギャップがある。

日本は与野党で日米安保の是非などから対立しているが、西欧ではNATO加盟は自明の前提である。日米地位協定は西欧と比べて米軍兵士の犯罪の対処などで従属的である。NATO加盟国は集団的自衛権の担い手として対等の立場で参加している。米国の核兵器もシェアする立場である。日米安保や集団的自衛権、核の傘を前提として米兵の犯罪への主権行使を主張する立場というものが日本には存在しない。

民主党にも、若い人などにちゃんとした人がいる。そのような人が中心になればいい。むしろ徹底的に負けた方がいい。そうならないと再生しない。労組依存の体質からの脱却が必要である。選挙に行かない人の方が「今の野党は駄目」と分かっているのではないか。民主党は組織としてビシッとしていないところがいい。

柿沢未途候補(維新の党)の個人演説会が洲崎神社で開催され、参加した。安倍首相の消費税延期は後で必ず増税するものと批判した。議員報酬削減・定数削減で身を切る改革を断行し、国家公務員の人件費削減により、増税しなくても財源が確保できると主張した。公務員の給与は民間企業と比べているが、その民間企業は大企業である。全ての国家公務員を大企業並みにすることは妥当ではない。地域によっては公務員が一番給与の高い職種になっていると指摘した。

杉並区の円より子候補に山本太郎参議院議員が応援していることが信じられない。応援する方も受け入れる方も信じられない。2012年選挙の落選は誰のせいかという話がある。票が取れれば何でもいいのではないか。

12月は何かあることが多い。原発都民投票の署名集めも12月であった。達成感があった。原発都民投票が否決されたから、おしまいという訳にはいかない。2012年の東京都知事選挙では「猪瀬候補にどれだけ差をつけているのですか」と言われたことがある。内輪だけで盛り上がっていた。あれから自分で立候補する人が増えてきた。商店街などの練り歩きは選挙用語では桃太郎と言う。票を取ることがどれだけ大変なことか。この運動をしてきてしみじみ感じた。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe30.html
議員が所属政党を変更することは許されるか。節操がない。制度的には難しい問題がある。政党の方が変質してしまったという場合もある。そのような場合は離党する方に大義がある。所属政党を変更する場合は議員を辞めろとは必ずしも言えない。

岸信夫候補は安倍晋三首相の実の弟で岸家に養子に入った。自民党が嫌いとなったら、バッシングは大きくなる。アベノミクスが失敗した時の反動は大きくなる。アベノミクスは良くなりようがない。今は皆が民主党嫌いになっている。
[asin:B00EWO3Z7K:detail]
[asin:B00EZ4UMXM:detail]

選挙に行こうプロジェクト

#希望のまち東京イン東部 #足立区 #衆院選 #選挙 希望のまち東京イン東部(林田力共同代表)は「選挙に行こうプロジェクト」を足立区の北千住駅東口、東京電機大学キャンパス前で開催する。
シール投票意見。安倍首相は人の話も国民の話も聞かない。嘘をついた。
政治は福祉など身近なところを変えてほしい。高齢者が安心して住み続けられるなど。
ボーナス分は収入が増えた。
与党と野党が競り合わなければならない。

日本海賊TV

#日本海賊TV #日本海賊党 #海賊党 #選挙 日本海賊TVは第3回「金曜8時は今週の振り返り」を放送した。山内元川崎市議、大北氏(国債救助隊)、須澤日本海賊党暫定代表、林田力が出演した。今回の話題はトステム創業者長女の遺産申告漏れ、日本国債の格下げ、総選挙である。最初に林田力からトステム創業者長女の遺産申告漏れを話題提供した。トステム(リクシル)の株式の巨額の売却益を非上場の資産管理会社の株式に転換する節税対策が認められなかったという話である。

2014年12月12日金曜日

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」亀戸

希望のまち東京in東部は2014年12月7日、「選挙に行こうプロジェクト」宣伝行動を東京都江東区の亀戸十三間通り歩行者天国で実施した。宣伝行動ではシール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」を問いかけ、投票呼びかけチラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)を配布した。今回はパンダの着ぐるみも登場し、賑やかに実施した。反貧困の新田久氏(希望のまち東京in東部顧問)もマイクを握った。

「アベノミクスで収入が増えましたか」の回答結果は以下の通りである(総数89名)。前回の立石と錦糸町の結果も付している。
「増えた」7票(7.8%) 立石9票(16.6%) 錦糸町5票(11.4%)
「変わらない」36票(40.4%) 立石25票(46.2%) 錦糸町15票 (34.1%)
「減った」39票(43.8%) 立石20票(37%) 錦糸町22票(50%)
「その他」7票(7.8%) 立石0票(0%) 錦糸町2票(4.5%)

主な自由意見は以下の通りである。
「先日、南相馬に行ったが、復興が全く進んでいない。被災時から全く変わっていない。まず、復興を進めて欲しい」
「官僚の給料が増えていることは納得できない」
「年金暮らしで、首つるしかない。食費も削っている」
「年金が減った」
「収入がなくても食えればいい」
「収入は増えず、支出だけ増えた」
「儲かっているのは大企業だけ。中小企業から下は変わらない。消費税8%増税で減った」
「日本は食料を輸入に頼っているのに廃棄数が多い。未来がない」
「年金生活だから収入は変わらない」
http://www.hayariki.net/tobu/kameido.html
「望ましい政権」の回答は以下の通り。
「自公政権(安倍首相)」28票(28.8%) 立石19票(34.5%) 錦糸町11票(25%)
「自公政権(安倍首相以外)」8票(8.2%) 立石8票(14.5%)  錦糸町8票(18.2%)
「野党政権」48票(49.4%) 立石18票(32.7%)  錦糸町14票(31.8%)
「その他」13票(13.4%) 立石10票(18%)  錦糸町11票(25%)

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」立石

希望のまち東京in東部は2014年12月6日、「選挙に行こうプロジェクト」宣伝行動を東京都葛飾区の立石駅通り商店街で実施した。
宣伝行動ではシール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」を呼びかけ、投票呼びかけチラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)を配布した。
立石駅通り商店街は京成押上線・京成立石駅南口にある。立石駅通り商店街に隣接して仲見世という商店街もあり、こちらは昭和情緒あふれるディープな商店街である。この日はテレビも取材していた。
昭和30年代にタイムスリップしたかのような、何ともいい雰囲気の商店街である。人二人が肩を並べればいっぱいになってしまう狭い通りを挟んだ両側に、奥行き二間ほどの小さな店が立ち並び、惣菜屋、天ぷら屋、焼き鳥屋、お茶屋、瀬戸物屋、魚屋、肉屋などが軒を連ね、思わず買い物をしてしまう。商店街でのシール投票はこのような思いがけない体験がある。

「アベノミクスで収入が増えましたか」の回答結果は以下の通りである。前回の錦糸町の結果も付している。
「増えた」9票(16.6%) 錦糸町5票(11.4%)
「変わらない」25票(46.2%) 錦糸町15票 (34.1%)
「減った」20票(37%) 錦糸町22票(50%)
「その他」0票(0%) 錦糸町2票(4.5%)

主な自由意見は以下の通りである。「希望のまち東京in 東部」ではシール投票の数も大切であるが、投票を通じて様々な想いをお持ちの人々と話をすることも大切なことと考えている。
「賞与だけ増えた」
「所得は消費税分減った」
「収入は完璧に減った」
「65歳以上では年齢制限で清掃か交通整理の警備員しか仕事がない。非正規で企業の社会保険に入れない。労働者は嫌ならやめろ、となっている。トヨタ自動車などが利益をあげても社員にも回ってこない」
「母の介護施設について役所に相談したが、一覧表を出すだけで自分で探せという。その間に亡くなってしまった」

「望ましい政権」の回答は以下の通り。
「自公政権(安倍首相)」19票(34.5%) 錦糸町11票(25%)
「自公政権(安倍首相以外)」8票(14.5%)  錦糸町8票(18.2%)
「野党政権」18票(32.7%)  14票(31.8%)
「その他」10票(18%)  11票(25%)

主な自由意見は以下の通りである。
「安倍首相以外がやっても変わらない」
「安倍首相は結果を出している。消費税8パーセント増税は民主党が決めたことである。民主党は増税できなければアベノミクスは失敗であるなどと主張しておきながら、選挙になると延期に鞍替えした。民主党が一番信用ならない。他の野党も民主党と一緒になっているものは信用ならない」
「何がなんでも選挙に行かない」
「コンビニで投票するなど投票しやすくして欲しい。投票所が統合され、遠くなった。高齢者は投票所まで歩いて行けず、棄権せざるを得ない。政治家がどうこうという以前に区市町村で改善できることである。選挙に行かせないようにしているのではないか。投票率を上げたいならば、そのようなことを工夫すべきである」
「野党が弱い。このまま(自民党優位で)進んでしまいそう。野党に頑張って欲しい」
「葛飾区は自民党。民主党がもっと頑張ってくれれば良かったが、民主党政権で酷い目に遭った。安倍首相はちょっと。消費税が十パーセントになったら、大変」
http://www.hayariki.net/tobu/tateishi.html
以下は私見である。立石の結果を錦糸町の結果と比べると、アベノミクスで収入が増えた人の割合が増加し、減った人の割合が減少している。商店街で買い物をする人々は景気がいいのだろうか。しかし、「変わらない」「減った」を合わせると83.2%になり、やはり圧倒的である。
「望ましい政権」は「自公政権(安倍首相)」の割合が高まり、相対多数となっている。但し、「野党政権」との差は少なく、拮抗している。やはり「自公政権(安倍首相以外)」を選択する層の動向が注目される。
錦糸町との相違について二つの仮説が可能である。第一に立石は錦糸町よりもアベノミクスで収入が増えた層が多く、アベノミクスを評価する人が多いという仮説である。収入が増えた層の割合以上に安倍政権を望む割合が増えているが、これも自身は増えていなくても、周囲に収入が増えた人が多ければ経済政策としては成功していると評価するかもしれない。また、このままアベノミクスが続けば自分の収入も増えるという期待があるかもしれない。実際、そのように自民党はアピールしている。
第二にバンドワゴン効果(Bandwagon Effect)である。錦糸町と立石の相違には時期的なものもある。錦糸町は自民党優勢と報道される前に実施し、立石は報道された後に実施した。報道によって勝ち馬に乗ろうとする傾向が働いたと考えられる。
[asin:B00EQBLG4S:detail]
[asin:B00ET2QNGU:detail]

2014年12月11日木曜日

日本海賊TV「金曜8時は今週の振り返り」

日本海賊TV「金曜8時は今週の振り返り」第2回のレポートです。
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday2.html
明日12日も8時から放送されます。
話題はトステム創業者長女の遺産申告漏れと解散総選挙です。

トステム創業者長女が遺産申告漏れ
http://www.hayariki.net/eco/

衆院選・東京15区立候補者の情報に菅原琢「国会議員白書」からの情報を追加しました。
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15b.html

--
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

第二回ふくしま遊び場サミット

第二回ふくしま遊び場サミット 〜遊び場・運動場から始まる新しい東北の創造〜

<こんな方にオススメ>
*遊び場・運動場の運営者
*遊び場・運動場の利用者
*子ども支援活動をお行う市民団体 など
※ご自身に当てはまらなくても、興味のありそうな方にご紹介・転送して頂けますと幸いです。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    第二回 ふくしま遊び場サミット
 〜遊び場・運動場から始まる新しい東北の創造〜
…………………………………………………………………
主催  復興庁、NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク
開催日時
 平成26年12月14日(日)13:00〜16:30 (12:30受付開始)
開催場所
 郡山市民文化センター集会室 (〒963-8878 福島県郡山市堤下町1番2号)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2011年3月11日に発生した東日本大震災による影響で、福島は多大な被害を受け続けています。それにともなって生じた、様々な問題を解決することは、一筋縄ではいきません。
その中でも子どもの外遊びの懸念から、「遊び場」が福島県内各所に設置されました。多くの方々が利用する一方で、運営への資金や人材、施設サービスの充実等の側面において、抱える課題も少なくありません。
本サミットでは、「遊び場」の抱えるこれらの課題に対し、「遊び場」運営者・利用者・子ども支援関係者をはじめとする参加者の皆様で一緒に考えます。そして課題の払拭に努め、よりよい遊び場環境の形成、ひいては持続可能な屋内遊び場モデルを考案することを目指していきます。

以下、本企画の概要です。

■開催日時:平成26年12月14日(日)13:00〜16:30 (12:30受付開始)

■開催場所:郡山市民文化センター集会室 (〒963-8878 福島県郡山市堤下町1番2号)

■対象:
*遊び場・運動場の運営者
*遊び場・運動場の利用者
*子ども支援活動を行う市民団体など

■参加費:無料

■主催:復興庁、NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク

■プログラム概要:
パネルディスカッション
 テーマ「プレイリーダー」
 司会:山梨大学大学院教育学研究科・中村和彦氏
 パネラー:東京都足立区立足立小学校・武田千恵子氏
      社会福祉法人葛飾福祉館・堀内亮介氏
      TOKYO PLAY・嶋村仁志氏
      NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク・阿部直樹
https://www.facebook.com/events/555787864565493/

■主催団体 NPO法人郡山ペップ子育てネットワーク
NPO法人郡山ペップ子育てネットワークは、被害市日本大震災後の持続する低線量放射線科で、地域の子どもたちをどのように守り育てていくのかを考え、実践するために2012年5月に発足しました。特に子どもたちが体を使った遊びを通して運動する環境の提供と整備、子どもたちや大人の心のケア、子育てのアドバイス、放射線や関連する健康被害に関する啓発などを中心に活動しています。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

トステム創業者長女が遺産申告漏れ

旧トステム(現LIXILグループ、東京都江東区)の創業者で、2011年4月に84歳で死去した潮田健次郎氏の長女側が東京国税局の税務調査を受け、遺産のうち資産管理会社(非上場)の株式の評価額をめぐり、巨額の申告漏れを指摘された。申告漏れの金額は時事通信によると百数十億円、朝日新聞によると約110億円である。潮田氏の資産約220億円が非上場の不動産管理会社の株式に形を変え、資産の評価額が6割近く少なくなったと判断された。過少申告加算税を含む追徴税額は時事通信によると60億円超、朝日新聞によると約60億円に上る。

トステムは住生活グループを経てLIXIL(リクシル)グループとなった。有価証券報告書や関係者によると、潮田氏は08年3月末時点で、同グループ株を1347万5000株(当時の時価で約200億円)保有する大株主であった。翌09年3月末時点では大株主ではなくなっていた。その間に株式を売却して約220億円を得た。

潮田氏の長女が代表取締役、潮田氏が取締役を務める非上場の不動産管理会社(資産管理会社)は増資を行い、約790株を発行した。この増資は潮田氏が保有していた株式売却資金で購入した金融資産を管理会社に現物出資するなどの方法で行われた。これによって潮田氏が保有した同グループの上場株は、時価がわからない非上場会社の株式に変換された。
http://www.hayariki.net/eco/
潮田氏は2011年4月に死去した。長女は同社株を相続したと申告し、相続税を現金で納付するのは困難として、同社株で物納した。この際、長女側は管理会社株の価値について、国税庁の財産評価基本通達に基づき、事業の種類が似た複数の上場会社の株価を基に約85億円と評価した。

これに対して国税局は、現物出資など一連の行為は税負担軽減を目的とし、経済的に不合理と判断した。長女側の評価は「著しく不適当」と指摘し、評価し直した上で、管理会社株には約2倍の価値があるとして申告漏れを指摘した。長女側は更正処分を受けたが、期限内に異議を申し立てなかった。再評価に伴い、物納済みの管理会社株の価値も上がり、追徴税額の一部は補填された。長女側は残りを現金で納付したとされる。
[asin:B00Q0C1PCE:detail]
[asin:B00QPB0J2C:detail]

希望のまち東京in東部第30回市民カフェ

本日の市民カフェのレポートです。
希望のまち東京in東部第30回市民カフェ
http://www.hayariki.net/tobu/cafe30.html
12月18日は予定通り市民カフェを実施します。

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」は以下の連続街頭活動を実施します。シール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」、投票呼びかけチラシ配りなどを行います。チラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)やシール投票のボードなどは希望のまち東京in東部で用意します。
2014年12月13日午後1時から3時、北千住駅東口
是非お誘い合わせの上、ご参加下さいます様よろしくお願い致します。お時間がありましたら、よろしくご参加ください。少しの時間でも結構です。お気軽に、お立ち寄りください。飛び入り、飛び抜けを歓迎します。全て雨天決行です。雨天時はアーケードなど屋根のある場所で実施します。そして12月14日の衆議院議員選挙に必ず投票に行きましょう。

希望のまち東京in東部第31回市民カフェ
日時:2014年12月18日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年12月10日水曜日

衆院選・東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)政策比較

さよなら原発江東とみんなで決めよう「原発」国民投票の質問への回答を追加しました。
衆院選・東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)原発政策比較
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15a.html

過去の衆院選・東京15区(江東区)の選挙結果です。
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15c.html

選挙公報も追加しました。

衆院選・東京15区立候補者(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html
--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

衆院選・東京15区(江東区)の選挙結果

第41回衆議院議員総選挙(1996年)は柿沢弘治(自民党)が当選した。柿沢弘治は柿沢未途の父親である。東祥三(新進党)が比例東京ブロック単独候補で当選している。
第41回衆議院議員補欠選挙(1999年)は柿沢の都知事選出馬に伴い実施された。木村勉(自民党)が当選した。
第42回衆議院議員総選挙(2000年)は元職・柿沢(無所属)、前職・木村(自民党)、前職・東(自由党)らが出馬した。柿沢と木村の大接戦を柿沢が制した。東は比例復活当選した。
第43回衆議院議員総選挙(2003年11月)は前職・柿沢(無所属の会)、前職・東(民主党)、元職・木村(自由民主党)、はりた敦行(日本共産党)が出馬し、木村が当選する。
木村 69,164票
東  58,616票
柿沢 47,843票
はりた19,610票

第44回衆議院議員総選挙(2005年9月)は前職・木村(自由民主党)、元職・東(民主党)、吉田としお(日本共産党)が出馬し、木村が連続当選した。
木村 123,021票
東   79,621票
吉田  23,659票

第45回衆議院議員総選挙(2009年8月)は元職・東(民主党)、前職・木村(自由民主党)、柿沢未途(みんなの党)、吉田(日本共産党)、いでら英人(無所属)が出馬し、東が当選した。柿沢は比例復活当選した。
東  105,131票
木村  80,054票
柿沢  38,808票
吉田  22,176票
いでら 1,843票
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15c.html
第46回衆議院議員総選挙(2012年12月)は前職・柿沢(みんなの党)、前職・東(日本未来の党)、前職・田中美絵子、前参議院議員・秋元司(自民党)、吉田(日本共産党)が出馬し、柿沢が当選した。東は民主党を離党し、「国民の生活が第一」を経て日本未来の党から出馬した。田中は比例北陸ブロック選出(石川2区からの復活当選)からの国替えである。秋元は比例復活当選した。
柿沢 88,222票
秋元 74,159票
田中 29,355票
東  28,518票
吉田 18,667票
[asin:B00EIQTIUU:detail]
[asin:B00EKJ6LIM:detail]

日本海賊TV「金曜8時は、今週の振り返り」

日本海賊TVは毎週金曜午後8時より「金曜8時は、今週の振り返り」を放送しています。金曜までの1週間に新たに起こった事件や出来事について、出演者らが生放送でフリーディスカッションをしていきます。

「金曜8時は、今週の振り返り」第1回 解散・総選挙
http://akiba.geocities.jp/uchuubaka/friday.html
出演しましたので、レポートを書きました。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

トステム創業者長女過小申告

#リクシル #相続税 #相続 #遺産 トステム(リクシル、東京都江東区)創業者の長女が遺産過小申告。トステム綾部では過労死が起きた。ビバホーム豊洲店のクルー死亡でも会社側の対応が批判された。実は東急不動産だまし売り裁判の東急不動産代理人の井口寛二はトステムと関係の深い弁護士であった。この井口寛二は虚偽証拠を提出し、母の危篤を名目にして尋問を延期させて証拠収集するなどブラック士業と言ってよい人物であった(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。

2014年12月9日火曜日

スレからし

#本 #電子書籍 #不動産 #裁判 林田力『東急不動産だまし売り裁判28スレからし』は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)を出発点として経済社会の問題を論じる。

東急不動産だまし売り裁判
東急不動産消費者契約法違反訴訟
東急不動産だまし売り裁判と結露
東急不動産だまし売り裁判と敗軍の法則
東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則
タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判
旭化成ホームズ差し止め請求と東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売り妖怪ウォッチ
東急はスレからし
東急不動産だまし売りはスレからし
ブランズ市川真間はスレからし
東急コミュニティー解約記
東急ハンズはスレからし
卑怯な誹謗中傷
東急不動産だまし売り裁判出版記念オフ
ノーベル物理学賞受賞の中村修二氏に複雑な声
中村修二・日亜化学訴訟

【書名】東急不動産だまし売り裁判28スレからし/トウキュウフドウサンダマシウリサイバン ニジュウハチ スレカラシ/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 28 Shameless
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』

2014年12月8日月曜日

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」錦糸町2

希望のまち東京in東部は2014年11月29日、「選挙に行こうプロジェクト」宣伝行動を東京都墨田区の錦糸町駅周辺で実施した。主な自由意見は以下の通りである。
「国そのものが変わらないと変わらない。上だけ変わっても変わらない」
「安倍首相は悪くないが、押しが弱い」
「安倍首相から別の人に変わったならば、また一からやり直しになる」
「現状以外の政権を望むが、具体案は考えていない」
「年金が減った。夫婦で減った。七百億円をかけて選挙するならば福祉に回して欲しい。困っている人は沢山いる」
「安倍首相になってメチャクチャになった」
「民主党政権を望む」
「希望を持てるのは安倍首相のみ。安倍晋三首相は好き。自民党全体には何だかという思いがある。家族は自民党と共産党に分かれた。共産党は、ある程度存在した方がいい。民主党は信じられない。民主党政権は信じていなかった。マニフェストは実現したらいいとは思っていたが、現実性がないと思っていた」
「マスメディアは不公平である。自民党が公平中立な選挙報道を求める要望書を出したことは当然である。松島みどり大臣の「うちわ配布」問題は大きな問題ではないが、マスメディアはバッシングする。それよりも民主党の枝野幸男氏が左翼過激派の革マル派が浸透している団体から献金を受けていたことの方が重大であるが、マスメディアは取り上げない。小学4年生を詐称した安倍政権批判サイトの作成者(注:NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」青木大和代表)も民主党との接点が指摘されている」
「供託金が高額のため、金持ち同士の戦いになる」

宣伝開始時は雨が降っていたために高架下の錦糸町駅南口と北口を連絡する歩道沿いで実施した。後半は晴れたため、北口広場に移動した。やはり晴れた状態の駅前広場の方が反応はいい。足を止める人が増え、対話も弾んだ。南口にも足を伸ばしたが、南口の反応は低調であった。錦糸町は南口と北口で雰囲気が異なる。

今回の工夫は二点ある。第一に「意識調査」のボードを用意したことである。このボードを見て「何だろう」と思って寄ってきてくれた人もいた。このボードは他グループの借用である。次回は「シール投票をやっています」「選挙に行きましょう」のボードを用意する。設置型にして、通行人が自由に貼ってもらう。人がいなくて勝手に貼る方が貼りやすい人もいる。
第二に回答によって貼るシールの色を統一したことである。それによってボードが見やすくなった。但し、「望ましい選挙結果」のボードは順番が「現状の政権」「自公以外の政権」「安倍首相以外の自民党政権」「その他」となっており、分かりにくかった。安倍首相が嫌で政権交代を望む人が「安倍首相以外の自民党政権」を選択しそうになっていた。そのために次回から「自公政権(安倍首相)」「自公政権(安倍首相以外)」「野党政権」「その他」に変更する。
http://hayariki.net/tobu/kinshi.html
希望のまち東京in東部では政治への関心を高め投票率を伸ばすために今後も宣伝行動を続ける。以下の日時・場所の予定である。
2014年12月13日午後1時から3時、北千住駅東口
全て雨天決行である。アーケードなど雨でも活動できる場所がある。短時間の参加でも構わない。是非ご参加ください。
[asin:B00EGDAGEC:detail]
[asin:B00EIK4I4M:detail]

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」錦糸町

希望のまち東京in東部は2014年11月29日、「選挙に行こうプロジェクト」宣伝行動を東京都墨田区の錦糸町駅周辺で実施した。宣伝行動ではシール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」を呼びかけ、投票呼びかけチラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)を配布した。約2時間で44人がシール投票に協力した。

「アベノミクスで収入が増えましたか」の回答結果は以下の通りである。
「増えた」5票(11.4%)
「変わらない」15票 (34.1%)
「減った」22票(50%)
「その他」2票(4.5%)

主な自由意見は以下の通りである。
「株関係に携わっており、収入が増えた。長い目で見て欲しい」
「給料が減った」
「中小企業経営者で経営が苦しい」
「若い人達は多数が非正規で不安定な雇用状態を何とかして欲しい」
「非正規でも良いが給料はもう少しあげて欲しい」
「アベノミクスで収入が増えた人はシール投票なんかやらない」
「トヨタ自動車が利益をあげているのに税金を納めていないのは不公正である」
「消費税が上がったら、やっていけない。しかし、どこが政権をとっても上げざるを得ない」
「消費税増税は早すぎたと思うが、インフレが進めば消費税分は値上がりする」
「その他」は「アベノミクスが分からない」という意見であった。仮に収入が増えた(減った)としてもアベノミクスが原因でないパターンも考えられるため、「その他」の回答選択肢は今後も残す。
http://hayariki.net/tobu/kinshi.html
「望ましい選挙結果」の回答は以下の通り。
「現状の政権」11票(25%)
「安倍首相以外の自民党政権」8票(18.2%)
「自公以外の政権」14票(31.8%)
「その他」11票(25%)
「その他」の回答には「分からない」「共産党政権」などがあった。「共産党政権を望む」回答者は、わざわざ遠くからシールを貼りに来た人や、カメラが回ってないことを確認してから答えた人もいた。
もともと回答選択肢を「自公以外の政権」とした理由は所謂「野党共闘」「野党連合」に含まれない共産党も含める趣旨であった。しかし、共産党政権を望む回答者には、野党共闘を想起する「自公以外の政権」に入れられることに抵抗があり、進んで「その他」を選択した。一方で「分からない」と「共産党政権」を同じカテゴリーに分類することも問題である。次回も共産党政権は「その他」に分類するが、「共」と印を付けることにする。
[asin:B00EDNT7TK:detail]
[asin:B00EFQIB92:detail]

2014年12月7日日曜日

希望のまち東京イン東部テレビ

#希望のまち東京IN東部 #選挙 #政治 #テレビ 希望のまち東京in東部TV第15回
日時:2014年12月8日午後10時〜10時30分
太平洋戦争開始73周年の今回は希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」立石駅通り商店街(葛飾区)街宣(2014年12月6日)の模様をお送りします。

「選挙に行こうプロジェクト」亀戸

林田です。希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」亀戸のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/kameido.html

別件ですが、個人の分析です。
衆院選・東京15区立候補者(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15b.html
衆院選・東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)の政策比較
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html
東京都BRTの中央区と江東区の明暗
http://www.hayariki.net/koto/brt.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年衆院選・野党の選挙協力

2014年衆院選における野党の選挙協力について述べる。左翼教条主義的に偽りの野党はダメだなどと言うつもりはない。左翼教条主義者から見て政策に差違が見えないように思えても、小選挙区で戦うということはガチンコ勝負である。補完勢力に見えたとしても当事者・陣営の対立意識・対抗意識は激しい。そして、どのような政治家でも対立候補が勝てば政権には打撃である。そのリアリズムは認識すべきである。

一方で、東京都知事選挙の細川護煕選挙を端から見て感じた教訓として、一方的な片想いは空しい。野党連合に優れた理想を投影したとして、それに応えてくれるのか。インターネット上の一部市民派の盛り上がりは過去の小沢待望論のように空回りしているのではないか。
http://www.hayariki.net/poli/yatou.html
俗に言う「勝てそうにない候補」を応援することにも意味はある。同じ落選でも一万票で負けるか、三万票で負けるかによって、地域政治へのインパクトが異なる。前回選挙の得票との差は評価の対象になる。但し、候補者ウェブサイトを全く持たないなど、あまりに候補者個人を打ち出さずに、比例集票マシンとして政党の宣伝に特化しているものは感心できない。

「比例票だけ増えればいい」は必ずしも正しい選択ではない。政党への支持は純粋に政党組織に対するものだけでなく、人を通してなされる面もあるためである。この点は統一のために自前の候補者を立てなかった政党にも該当する。
Articles about Election and Politics (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00P6L27O0

選挙に行こうプロジェクト江東区亀戸

#希望のまち東京IN東部 #ブラック資本主義 #江東区 #亀戸 希望のまち東京in東部は「選挙に行こうプロジェクト」を江東区亀戸の亀戸駅北口や歩行者天国で実施する。
シール投票意見。自民党が創価学会とくっついたので、投票しない。民主党政権でいいことはなかった。
年金暮らしで、首つるしかない。食費も削っている。
安倍政権がいい。
自分の収入が増えていないが、今の経済政策がいい。続行させたい。
どこに入れても変わらない。
安倍政権は暴走している。
年金が減った。
収入がなくても食えればいい。
収入は増えず、支出だけ増えた。

タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判

タカタ製エアバッグの欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)は重なる。エアバッグの品質問題では死亡者も出た。米下院エネルギー・商業委員会は2014年12月3日に公聴会を開催し、議員らは相次いでタカタの清水博・品質保証本部シニアバイスプレジデントに厳しい批判をぶつけた(小雲規生「エアバッグ、リコール拡大 「まるで散弾銃」米下院公聴会で厳しい批判噴出」産経新聞2014年12月5日)。

タカタ問題も東急不動産だまし売り裁判も対応の悪さが批判を増幅された。情報の小出しや隠蔽疑惑はトヨタ自動車のリコール問題でも批判された。タカタ問題や東急不動産だまし売り裁判には構造的な要因が潜んでいる。

タカタの理屈は「消費者に説明し対応すべきは、最終的に製品を販売した完成品メーカーの役割」である。「だが、実際にリスクに直面している顧客から見れば、そんなことは「ムラの論理」に過ぎない。完成品メーカーと部品メーカーが責任に関する応酬を続けている間に、問題の原因や解決策などへの説明が置き去りにされる。顧客はリスクに曝され続けるだけだ」(広岡延隆「タカタがソニーとトヨタから学べなかったこと 「ムラの論理」が品質問題を炎上させる」日経ビジネスオンライン2014年11月25日)。

これも東急不動産だまし売り裁判と重なる。東急不動産だまし売り裁判では販売代理の東急リバブルと事業主の東急不動産の間で、たらい回しにされ、消費者は置き去りにされた。東急不動産マンションのアスベスト使用問題では施工のピーエス三菱と事業主の東急不動産の間で、たらい回しにされ、消費者は置き去りにされた。東急不動産の言動は隠蔽を思わせるものであった。隠蔽を試みた者が誰であるか、浮かぶ社名は一つしかない。

東急不動産は自社の失敗への痛切な反省に欠けている。東急不動産には解決すべき問題が山積している。東急不動産だまし売り裁判では現場のチェック体制が機能していない実態が明らかになった。イージーミスが重なり、ほんの少しの注意を怠った時に大きな災難が舞い降りる。東急不動産だまし売り裁判の背後には、東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りによって苦しめられる消費者の姿がある。東急不動産だまし売り裁判原告だけではない。もっと大勢のマンション購入者が同様の目に遭っているはずである。
http://homepage2.nifty.com/tokyufubai/index.htm
東急不動産だまし売り裁判原告の憤慨たるや、言葉に尽くしがたい。その頭は怒りを通り越した激情のせいで、その心とは逆に冷えていた。東急不動産だまし売り裁判原告は「どうして東急不動産は、これほどネガティブ思考なのか」と感じずにいられなかった。考えるだけで頭痛がする。このままではあまりに悔しい。東急リバブル東急不動産への批判は高まる一方である。

林田力は東急不動産だまし売り被害者であっても誇りを失ってはいない。強大な東急リバブル東急不動産を相手にしても屈せぬ誇りがある。一寸の虫にも五分の魂。一消費者にも、どうしても譲れぬ一線はある。東急リバブル東急不動産は、それを踏み越えた。正しき行いには正しく報いるべきである。『東急不動産だまし売り裁判』には夜空の星を砕いて取りだした光が宿る。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産を覆う靄を払拭し、真相を辿る糸になる。

旭化成ホームズ差し止め請求と東急不動産だまし売り裁判

適格消費者団体の消費者機構日本は2014年11月27日、大手住宅会社の旭化成ホームズに対し、消費者契約法に照らして不当と見られる契約約款条項の差し止めを請求したと公表した。東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)が切り開いた住宅分野での消費者契約法適用の進展を期待する。

問題の発端は消費者からの相談である。「旭化成ホームズ株式会社と建築請負契約を締結した消費者の方から、工事着工前の契約解除にもかかわらず、契約手付金の返金がされないという相談情報が複数寄せられました」(消費者機構日本「旭化成ホームズ株式会社との建築請負契約の解除において契約手付金が返金されないなどのトラブルに関する件」2014年11月27日)。東急不動産だまし売り裁判も消費者被害が発端である。

旭化成ホームズの問題の約款は第21条(契約手付金などの扱い)などである。「甲(消費者)の申し出によりこの契約が解除された場合、乙(旭化成ホームズ)は、請負代金のうち契約手付金の全額と、諸費用のうち乙が既に支出または実施した金額の合計額を、違約金として収受し、残金は無利息で甲に返還します」

この条項に対し、消費者機構日本は以下のように申し入れた。「注文者が契約を解除する際の賠償額について、事業者に生じる平均的な損害の額を超えて定めていると考えられます。よって、消費者契約法第9条1号に該当し、無効であり削除を求めます」

消費者契約法第9条第1号は以下の消費者契約の条項を無効と定めている。「当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの」

旭化成ホームズは当初、削除に応じられないと回答したが、消費者機構日本が差止請求書を送付したところ、現在改定に向けての協議を行っているという。「大手住宅会社が適格消費者団体から差し止め請求を受けたのはこれが初めてで、不当だと見なされた条項の扱いが今後、全国の住宅会社に波及する可能性がある」(池谷和浩「旭化成ホームズへ「不当約款」の差し止め請求」ケンプラッツ2014/12/02)。

消費者機構日本は住宅分野ではゼロゼロ物件業者のシンエイ及びシンエイエステート(共に立川市)の貸室賃貸借契約書・短期一時使用契約書に是正申入れをしている(消費者機構日本「<シンエイ・シンエイエステート(不動産事業者)> 貸室賃貸借契約書・短期一時使用契約書に対して是正申入れを行いました!」2010年10月5日)。シンエイエステートはグリーンウッド(吉野敏和)と共に宅建業法違反で東京都から業務停止処分も受けている。
http://www.hayariki.net/home/asahi.html
住宅分野の消費者契約法違反のリーディングケースとして東急不動産だまし売り裁判がある。東急不動産(販売代理:東急リバブル)が隣地建て替えという不利益事実を隠して東京都江東区東陽の新築マンションをだまし売りした問題である。消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づいて売買契約が取り消された(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

旭化成ホームズは家事ハラの悪用でも批判された。元々の家事ハラは女性の家事労働を蔑視・軽視・排除する社会システムによる嫌がらせであった。それを旭化成ホームズは「夫の家事協力に対する妻のダメ出し行為」と逆の意味で使用した(「「プロ彼女」「家事ハラ」「負け犬」なぜみんな逆の意味になってしまうのか?」LITERA 2014年12月2日)。
[asin:B00EAL6CNO:detail]
[asin:B00EBTG370:detail]

東京都BRTの中央区と江東区の明暗

東京都が進める東京都心部と臨海副都心を結ぶ公共交通は、中央区と江東区で明暗が分かれそうである。山崎孝明・江東区長が東京都に要望した湾岸ロープウェイは実現しそうにもない。認識が甘すぎたと言えるだろう。

東京都は2014年8月に都心と臨海部を結ぶ公共交通機関を整備する計画を発表した。「都心と臨海副都心とを結ぶ公共交通に関する基本指針」はBRT(バス高速輸送システムBus Rapid Transit)を念頭に置いており、この時点で江東区長のロープウェイ構想は分が悪かった。中央区の「基幹的交通システム」構想では将来的にはLRT(次世代路面電車)の可能性も入れつつ、当面はBRTを想定していた。

東京都は導入する交通システムやルートなどの検討を行う「事業協力者」を募集し、7件の応募があった。提案内容は全てBRTだった。基本指針発表の時点で江東区側はBRTに決定した訳ではないと説明していたが、ロープウェイは事業者にとっても現実性ある計画ではなかったことになる。

東京都と中央区は蜜月ぶりをアピールする。中央区環境政策課側が「これまでも都の協力はあったが、より実現に近づいた」と期待すれば、東京都都市整備局交通企画課側も「中央区のニーズにも対応できるルートが出てくると思っている」と話す(小佐野カゲトシ「BRTはどこから? 新拠点相次ぐ東京バス新時代」ケンプラッツ2014/11/28)。
http://www.hayariki.net/koto/brt.html
その結果、江東区が割を食うことにならないか懸念される。交通機関の整備はロープウェイ構想の敗北、BRT採用で終わる話ではない。どのルートを通るかなど江東区民と中央区民で利害が対立する問題もある。その際に当初からBRTを検討していた中央区と、ロープウェイという明後日の方向を見ている江東区の何れの意見が重視されるか。最初からロープウェイ構想にはニーズや実現性などが疑問視されていたが、そのような構想が区から公式に提起されたことは今後の江東区の発言権を弱め、区民に無形の損失を及ぼしかねない。
[asin:B00E4UD2QG:detail]
[asin:B00E7KPI5Q:detail]

2014年12月6日土曜日

選挙に行こうプロジェクト・葛飾区立石

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」立石のレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/tateishi.html
錦糸町シール投票の分析(私見)部分を独立させ、追記しました。
http://www.hayariki.net/tobu/kinshi.html

以降の予定です。
2014年12月7日午後1時から3時、亀戸十三間通り歩行者天国(亀戸駅北口)
2014年12月13日午後1時から3時、北千住駅東口
是非お誘い合わせの上、ご参加下さいます様よろしくお願い致します。お時間がありましたら、よろしくご参加ください。少しの時間でも結構です。お気軽に、お立ち寄りください。

希望のまち東京in東部TV第15回
日時:2014年12月8日午後10時〜10時30分
太平洋戦争開始73周年の今回は希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」立石駅通り商店街(葛飾区)街宣の模様をお送りします。

希望のまち東京in東部第30回市民カフェ
早いもので師走になりました。そろそろ希望のまち東京in東部の1年を振り返り、来年の目標を立てようと考えております。内容は「選挙に行こうプロジェクト」準備などです。
日時:2014年12月11日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/index.html

ついでに紹介です。
【ニコ生】「金曜8時は、今週の振り返り」第2回 
【2014.12.05 日本海賊TV 本日の番組】
今週も解散、総選挙を中心に出演者らがフリーディスカッションをします。
ニコ生とUstream,Twitcastingで同時中継します。

出演: 山内和彦(元川崎市議会議員、日本海賊党サポート会員)
    林田力(希望のまち東京in東部代表、日本海賊党サポート会員)
    天野統康(作家・政治経済評論家)
    須澤秀人(日本海賊党暫定代表)
上記番組のアーカイブです。
Ustream:: http://www.ustream.tv/recorded/56148924
ニコ生: http://live.nicovideo.jp/watch/lv202367334
ツイキャス: http://twitcasting.tv/japanpiratetv/movie/122443235

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

99%のための政治を

99%のための政治を
前回総選挙前(2012年7-9月)から2014年7-9月に
正規雇用者数 22万人減
非正規労働者数 123万人増
ワーキングプア(年収200万円以下) 29万人増
雇用者報酬 4320億円減
個人消費 2兆円減
貯蓄なし世帯 4.4%増
→99%の私たち
大企業経常利益 4兆円増
富裕層(約1億円以上の資産保有者) 9万1000人増
→1%の強者
『12・14 選挙で変えよう!』
http://www.hayariki.net/tobu/kinshi.html

東急不動産だまし売り裁判

#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 #ブラック資本主義 東急リバブル東急不動産だまし売りはブラック資本主義の一形態である。東急リバブル東急不動産は事実を無視して悪あがきを続けている。東急リバブル東急不動産は、あまりにも醜悪である。東急不動産だまし売り裁判を人類の進歩につなげる闘いとしたい。

秘密保護法違憲・東京訴訟 第4回口頭弁論

秘密保護法違憲・東京訴訟 第4回口頭弁論
2015年1月15日(木)午後3時30分
東京地裁103号法廷
秘密保護法施行後、初の口頭弁論になります。原告団は秘密保護法の廃止をあきらめません。裁判終了後は、裁判所の東隣、日比谷公園に面した弁護士会館で報告集会を開催します。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/
立正佼成会附属佼成病院裁判・第2回口頭弁論
事件番号:平成26年(ワ)第25447号
日時:2015年1月15日10時
場所:東京地方裁判所610法廷
被告(立正佼成会)がカルテを証拠として提出する予定です。被告(長男夫婦)は入院中の母親の点滴(経管栄養)の注入速度を速め、延命治療を拒否しました。医師記録には「現在Div.(注:点滴Drip Infusion into Vein)で維持しているのも好ましく思っていないようである」とまで書かれています。大きな社会問題にもなっている高齢者虐待にも通じる裁判です。
立正佼成会附属佼成病院裁判への御注目をお願いします。是非とも傍聴をお願いします。一人でも多くの方に傍聴支援をお願いします。どなたでも傍聴することができます。転送・転載も歓迎ですので、是非とも拡散お願いいたします。

東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)アベノミクス評価

アベノミクス解散に相応しく与野党でアベノミクスに対する評価が綺麗に分かれた。
あきもと司「金融政策、財政政策、成長戦略それぞれ一定の効果があり、特にマインドの変化をもたらせました。後は中小零細企業、エネルギー高騰対策を含めた地域経済対策を行う事により、日本全体の経済再生を行っていく決意です」
猪野隆「政府や日銀がジャブジャブ流した大量のお金は、株式投資やドル買いに回っただけで、給料アップという形でみなさんのふところに回ってきたわけではありません。年金暮らしの方々にいたっては、給料というものがないので、収入が増えることはありません。むしろ、年金は減る一方です。数字ばかり見て成果を強調するのは、われわれ有権者の暮らしぶりを実感として理解していないからではないでしょうか」
柿沢未途「円安になれば製造業の輸出が増えて実体経済も上向きになるというシナリオでしたが、期待に反して輸出は増えず、むしろ円安による輸入物価の上昇で今年度上期は4.4兆円もの巨額の貿易赤字となってしまいました。……
安倍政権になって公共事業費を大幅に積み増し、補正予算を入れると前政権時代の倍の10兆円規模の公共事業をばらまいています。確かに経済の下支え効果はあったかもしれませんが、ところが今や大量発注で資材も職人も足りなくなり、建設コストは上昇、入札不調が相次ぎ、計上した予算を使い切れなくなっています」(「「アベノミクス後の日本」へ 柿沢未途が日本の政策作りを担う」310PRESS Vol.18 2014年11月)
吉田としお「国会で多数を占めた安倍自公政権が強行した消費税増税と、国民おきざりの物価のつりあげ政策に悲鳴があがっています」
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html
毎日新聞ボートマッチ「安倍政権の経済政策「アベノミクス」を評価しますか」
あきもと司「評価する」
猪野隆「評価しない」
柿沢未途「評価しない」
吉田としお「評価しない」
[asin:B00E0MR5QQ:detail]
[asin:B00E2UMOW6:detail]

江東区亀戸で選挙に行こう

#希望のまち東京IN東部 #葛飾区 #江東区 #亀戸 希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」は以下の連続街頭活動を実施します。シール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」、投票呼びかけチラシ配りなどを行います。チラシ(「子どもたちにも分かる選択を」「99%のための政治を」)やシール投票のボードなどは希望のまち東京in東部で用意します。
2014年12月6日午後1時から3時、京成押上線・京成立石駅南口(亀有駅から変更になりました)
2014年12月7日午後1時から3時、亀戸十三間通り歩行者天国(亀戸駅北口)
2014年12月13日午後1時から3時、北千住駅東口
お時間がありましたら、よろしくご参加ください。少しの時間でも結構です。飛び入り、飛び抜けを歓迎します。全て雨天決行です。雨天時はアーケードなど屋根のある場所で実施します。そして12月14日の衆議院議員選挙に必ず投票に行きましょう。

2014年12月5日金曜日

危険ドラッグ問題

#危険ドラッグ #脱法ハーブ #薬物 #脱法ドラッグ 危険ドラッグの原料を中国から輸入したとして吉野健太郎が薬事法違反で逮捕された。危険ドラッグは社会問題になっている(林田力『脱法ハーブにNO』Amazonキンドル)。
危険ドラッグ対策が強く求められる。そこでは規制や取り締まりの強化という強権的なアプローチが第一に考えられる。一方で危険ドラッグ対策には検査体制や依存症治療体制の強化、より根本的には貧困問題の解決など建設的なアプローチも求められる。
後者の立場からは現在の警察の「取り締まっています」的な取り組みを批判したくなる気持ちは理解できる。しかし、前者と後者をトレードオフの関係と位置付け、前者ではなく後者を求める主張は市民的な理解を得られないだろう。市民は脱法ハーブの蔓延に怒っている。

2014年12月4日木曜日

東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)選挙ポスター

東京15区の立候補者は秋元司(あきもと司、自由民主党)、猪野隆(無所属)、柿沢未途(維新の党)、吉田年男(吉田としお、日本共産党)の四名である(五十音順)。全員が前回総選挙の立候補者である。秋元氏、柿沢氏、吉田氏は東京15区、猪野氏は東京11区(板橋区)から立候補した。前回は、柿沢氏は「みんなの党」、猪野氏は「日本維新の会」公認候補であった。

安倍首相は今回の解散をアベノミクス解散と名付けた。秋元氏の「日本を元気に」と吉田氏の「いのちとくらしを守る政治へ」はアベノミクスに対する各々の姿勢が表現されている。これらに対して柿沢氏と猪野氏のコピーは政治家としての姿勢を表したものである。

興味深い点は前回「江東区を愛しています」を前面に押し出した柿沢氏が政策作成能力を前面に出すようになったことである。逆に秋元氏が「江東区から、日本を元気に」とコピーに江東区を含めている。江東区アピールの入れ替わりがどのように機能するか。

私のような新住民は感銘を受けないが、江東区の立候補者はプロフィールで「江東区立某小学校卒」と記載するなど地元で生まれ育ったことをアピールする傾向がある。実際、猪野氏はウェブサイトで「江東区で育ち45年」とアピールしている。秋元氏は「本籍:江東区」「秋元家は江戸時代より昭和中期まで現在の江東区毛利に居を構えていた」とやや強引なアピールをしている。吉田氏は福島県で生まれ育った。福島第一原発事故による福島産農産物の風評被害や帰還できない避難者の苦しみなどを語っている。
あきもと司「江東区から、日本を元気に」
猪野隆「群れない」
柿沢未途「3つ星議員、日本の政策作りを担う」
吉田としお「いのちとくらしを守る政治へ」
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html
Amazon.com: Articles of Koto City 2 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00Q0C1PCE
[asin:B00DY7796O:detail
]
[asin:B00DZQRVDK:detail]

希望のまち東京in東部第29回市民カフェ

希望のまち東京in東部第29回市民カフェのレポートです。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe29.html

次回以降の希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」は以下です。
2014年12月6日午後1時から3時、京成押上線・京成立石駅南口(亀有駅から変更になりました)
2014年12月7日午後1時から3時、亀戸十三間通り歩行者天国(亀戸駅北口)
2014年12月13日午後1時から3時、北千住駅東口

希望のまち東京in東部第30回市民カフェ
内容は「選挙に行こうプロジェクト」準備などです。
日時:2014年12月11日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

危険ドラッグ書評

#レビュー #電子書籍 #麻薬 #依存症 『危険ドラッグはなぜ危険なのか』は薬物依存症を治療する著者が、危険ドラッグの問題を明らかにした電子書籍である。危険ドラッグは特殊日本的な現象である。海外ならば薬物を求める人は違法薬物を入手する。脱法ドラッグ(脱法ハーブ)、合法ドラッグ(合法ハーブ)は形式的な遵法精神のある日本人ならではの需要である。しかし、その形式的な合法性だけを追求した危険ドラッグが違法薬物よりも危険なもので、即死亡や入院となるから皮肉である。この日本人の形式的な遵法精神は、宅建業法の賃借人保護を無視するゼロゼロ物件や脱法ハウス、法の抜け穴を指南するブラック士業にも表れている。危険ドラッグは貧困ビジネスやブラック企業と重なる社会問題である。現実に貧困ビジネスと批判されたゼロゼロ物件業者・吉野敏和の息子の吉野健太郎は脱法ハーブをアングラサイトで宣伝していた。

衆院選・東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)の政策比較4

衆院選・東京15区(あきもと司、柿沢未途、吉田としお)の政策比較
【議員定数削減】秋元氏と柿沢氏が推進、吉田氏が反対と賛否が分かれる。
あきもと司「議員定数削減を断行し、歳出削減にも努めます」
猪野隆「今の政治家はその財源不足の責任を明らかにせず、そのつけを国民におしつけるばかりで、議員定数削減さえしません」
柿沢未途「国会議員の定数削減(480議席→300議席)も優先です。増税の前にまずは議員が身を切る改革をしなくてはいけません」
日本共産党「「身を削る」というなら民意を締め出す議員定数削減ではなく、税金分け取りの政党助成金を廃止するのが筋です」(「「政党助成金」まだもらい続けているのか」赤旗2014年4月29日)
毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「衆議院の定数削減について、あなたは次のどれが望ましいと思いますか」
あきもと司「比例代表を削減」
猪野隆「小選挙区、比例代表の両方を削減」
柿沢未途「非該当」
吉田としお「削減する必要はない」

【政権の枠組】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「衆院選後、どのような政権が望ましいと思いますか」
あきもと司「自民党中心の政権」
猪野隆「第3極など民主、自民以外の政党中心の政権」
柿沢未途「第3極など民主、自民以外の政党中心の政権」
吉田としお「第3極など民主、自民以外の政党中心の政権」

【所属政党変更】全員が所属政党の変更を問題としている。みんなの党から結いの党、維新の党へと変遷した柿沢氏も問題と回答していることは興味深い。
毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「当選した議員が選挙後に所属政党を変えることは問題だと思いますか」
あきもと司「問題だ」
猪野隆「問題だ」
柿沢未途「問題だ」
吉田としお「問題だ」

【献金】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「政党への企業・団体献金を全面的に禁止すべきだと思いますか」
あきもと司「禁止する必要はない」
猪野隆「禁止すべきだ」
柿沢未途「禁止すべきだ」
吉田としお「禁止すべきだ」

【政権公約】毎日新聞2012衆院選候補者アンケート「政権公約(マニフェスト)通りに政策を実行しないことをどう思いますか」
あきもと司「必ず守るべきだ」
猪野隆「柔軟に対応すべきだ」
柿沢未途「必ず守るべきだ」
吉田としお「必ず守るべきだ」
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html
【地下鉄8号線】実現を目指す点で共通する。
あきもと司「地下鉄8号線の実現」(公選葉書)
柿沢未途「「地下鉄8号線」の実現は、メトロと都営の経営統合で」「同じ都内の地下鉄なのに、二重の経営、二重の人員、二重の運賃。乗客がその費用を払わされています。都営地下鉄も黒字経営となり、毎年、大幅な黒字を出している東京メトロとの経営統合の好機です。両者の経常利益(800億円)と東京メトロの剰余金(2,000億円)を原資とすれば、「地下鉄8号線(豊洲〜東陽町〜住吉)」建設も可能になります」
吉田としお氏は東京地下鉄への「地下鉄8号線の建設を国や都と協力して進めて頂きたい」との要請に同行している。「江東区は、南北方面の地下鉄がなく人口が急増している豊洲など南部方面と既成市街地を結ぶ地下鉄8号線(豊洲〜住吉)の建設は、江東区のまちづくりと東西線の混雑緩和からも重要であり区民の悲願となっています」(日本共産党江東区議団・地下鉄利用者の住民有志「地下鉄東西線の混雑緩和と各駅の改善を求める要望書」1998年7月25日)。
[asin:B00DLC2PDE:detail]
[asin:B00DXMMA6Y:detail]

2014年12月3日水曜日

危険ドラッグはなぜ危険なのか

『危険ドラッグはなぜ危険なのか』は、危険ドラッグの問題を明らかにした電子書籍である。本書は危険ドラッグは薬物ではなく、毒物と言い切る。危険ドラッグは社会問題になっている。規制の強化は国民的課題であるが、本書は規制一辺倒では解決せず、ドラッグに手を出してしまう若者達の生き辛さを理解する必要があると主張する。
危険ドラッグの売人は容赦がないと指摘する。覚醒剤の売人には重度依存症や女子どもには売らないなどのポリシーを持つ傾向があるが、危険ドラッグの売人は依存症患者の回復施設の前で販売するなど容赦がない。「このビジネスは長く続けられないため、規制の前に売り抜けすると」という嫌らしさがあるという。

衆院選・東京15区立候補者の政策比較

衆院選・東京15区立候補者の政策比較

東京15区(江東区)は4人が立候補しました。
前回板橋区から出馬した次点候補が今回は無所属で出馬しています。
それに合わせて追記しました。
http://www.hayariki.net/koto/tokyo15.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

2014年12月2日火曜日

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」はチラシをフリー素材として公開します。
PDF版とWORD版をアップロードしました。
以下からダウンロードしてご利用ください。
http://hayariki.net/tobu/kinshi.html

希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」は以下の連続街頭活動を実施します。
2014年12月6日午後1時から3時、立石駅(亀有駅から変更になりました)
2014年12月7日午後1時から3時、亀戸十三間通り歩行者天国(亀戸駅北口)
2014年12月13日午後1時から3時、北千住駅東口

希望のまち東京in東部第29回市民カフェ
内容は「選挙に行こうプロジェクト」準備、空き家活用報告(葛飾区議会請願審査、松戸市議選候補者の訴え)などです。
日時:2014年12月4日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:無料。カンパ大歓迎。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

僕たちの疑問に答えて

僕たちの疑問に答えて
ケンカはダメなのに、戦争はいいの(集団的自衛権)?
火遊びすると怒られるのに、原発を動かしてもいいの?
どうしてお金のない僕たちから税金(消費税)をとるの?
隠し事はよくないのに大人はなんでも秘密にするの(秘密保護法)?
みんなの意見で政治をするのが民主主義って習ったけど、どうして沖縄の人たちの声を無視するの?
12・14 子どもたちにも分かる選択を
希望のまち東京in東部 「選挙に行こうプロジェクト」
http://www.hayariki.net/tobu/kinshi.html