2009年9月30日水曜日

更新料無効判決は消費者にも業界にも福音 林田力

賃貸住宅の契約更新時に支払う更新料を消費者契約法10条(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)により無効とする判決が相次いでいる。これは消費者にとっても不動産業界にとっても福音であると考える。
消費者にとって更新料は合理性に欠ける。建物に住むことと家賃の間に対価関係がある。ところが、更新料は契約を更新するための代金であり、そのようなものに金銭を支払うことは他の業種では考えられない。反対に一般の業種ならば長期契約者はサービス提供者にとっては有り難い存在であり、割引してでも囲い込みたい上客である。建物を借り続けると余計な金銭を支払わないところに不動産業界の異常さがある。更新料無効判決は不動産業界の悪弊を消滅させるチャンスである。
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41138
松屋、豚と茄子の辛味噌炒め定食発売
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40760
亀井静香金融相のモラトリアム構想を評価する
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41161
【書評】『猫の町』現実に空想が侵食する恐怖
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40912

谷垣禎一・新総裁は自民党を立て直せるか 林田力

谷垣禎一・新総裁は自民党を立て直せるか 林田力
麻生太郎前首相の後継を決める自由民主党総裁選が2009年9月28日に投開票され、谷垣禎一元財務相が第24代総裁に選出された。谷垣氏、河野太郎元副法相、西村康稔前外務政務官の三つ巴の争いであったが、谷垣氏が国会議員票でも地方票でも過半数を占めた。
谷垣氏の選出によって自民党総裁選におけるリピーターの強さが改めて裏付けられた。谷垣氏は小泉純一郎元首相や麻生氏と同じく、過去に総裁選に出馬し、惨敗経験もある。今回の総裁選候補者の中では最も馴染みのある顔である。この点で自民党はオバマを大統領に押し上げた米国のダイナミズムとは対照的である。
一方で自民党では安易に総裁になると、安倍普三元首相や福田康夫元首相のように安易に政権を放り出す傾向がある。このため、粘り強く再挑戦する人物が選ばれることは必ずしも悪いことではない。
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41133
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628
愛宕神社と将軍梅
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686
市民記者懇談会に参加し、「ご意見板」について考えた
http://www.news.janjan.jp/media/0909/0909260822/1.php

二子玉川ライズ反対短歌俳句

二子玉川ライズ反対短歌俳句
悪東急夕日を隠す醜マンション
悪東急工事騒音詫びもなく
景観と環境壊す悪東急 反対運動起きて当然
反対を無視して建てる悪東急 高層建築 地域に不要
東急リバブル東急不動産は二子玉川ライズのような地域を無視した景観破壊マンション建設や消費者契約法違反訴訟アルス東陽町事件のような騙し売りで悪名高い不動産業者です。「東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った」も出版されました。

2009年9月29日火曜日

RE: 最近

今晩は。自民党総裁選の盛り上がりのなさと谷垣禎一・新総裁の新味のなさについては同感するところ大です。
谷垣禎一・新総裁は自民党を立て直せるか
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41133
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341

林田力「天地人」第38回、ふたつの関ヶ原

戦国武将・直江兼続の生涯を描くNHK大河ドラマ「天地人」第38回「ふたつの関ヶ原」が2009年9月20日に放送された。今回は関が原の合戦と長谷堂城攻めの2つの戦いが並行して展開する。
関が原の合戦は西軍に感情移入できるように描かれていた。結果が分かっているのに「小早川勢が動けば勝てるのに」と思ってしまうほど、ドラマに熱中することができた。関が原の合戦の趨勢を決したのは小早川秀秋(上地雄輔)の裏切りである。
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40903
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628
愛宕神社と将軍梅
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686

住宅ローン破綻急増

住宅ローン破綻急増
住宅ローンの返済に行き詰まり、マンションの競売が増加していると朝日新聞が報道しています。競売の増加はサブプライム・ショック以来の不動産不況で任意売却が困難になったことが背景にあります。
不利益事実を隠して問題物件をだまし売りする東急リバブル東急不動産から不動産を購入することは悲劇です。売ったら売りっぱなしの体質で建設された東急不動産物件の資産価値は全く期待できません。

工藤静香、酒井法子と絶縁

工藤静香、酒井法子と絶縁
工藤静香や森高千里が酒井法子と絶縁していたと報道されました。酒井法子の奇行が原因とされます。不利益事実を隠してアルス東陽町をだまし売りした東急リバブル東急不動産も社会から絶縁されて当然です。

かんぽの宿東急リバブル暴利

かんぽの宿疑惑 東急リバブル暴利
東急リバブルは、かんぽの宿関連施設を千円で取得し、4900万円で転売しました。濡れ手に粟の暴利です。国民の財産を収奪するハイエナです。不利益事実を隠して問題物件をだまし売りした東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町事件と同じです。
先の衆議院選挙は郵政民営化が争点になりましたが、その結果が国民の財産の叩き売りで不明朗な利権が生じました。今度の選挙では郵政民営化を総括すべきです。

2009年9月28日月曜日

(林田力)市民記者懇談会に参加し、「ご意見板」について考えた

 日本インターネット新聞社ニュース編集部主催の市民記者懇談会が2009年9月26日、厚生会館ホテル(東京都千代田区平河町)・紅梅の間で開催された。遠路からの参加者も含め、多数の市民記者が出席し、市民メディアのあり方について話し合った。
 「懇談会」とはいうものの、参加者が多いと一方通行となってしまいがちである。その点では市民記者からの提案で全員が発言できたことは良かった。私は自身の新築マンション購入トラブルがマスメディアにほとんど取り上げられなかったことが市民記者となるきっかけであったと説明し、発言の場に欠ける個人にとってJANJANのような場が意味を持つと主張した。
 懇談会では「ご意見板」(コメント欄)の弊害について意見が集中した。悪意や揚げ足取りに終始するコメントが多いとする。懇談会そのものの報告は主催者からなされると思われるので、本記事では「ご意見板」の問題を分析し、改善案の提言に特化する。
http://www.news.janjan.jp/media/0909/0909260822/1.php
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
愛宕神社と将軍梅
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686
東急東横線で車椅子の女性が転落死
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41073

RE: 円高・即・株価低落の迷信を断ち切れ

林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)です。
記事に賛成します。加えて円高・円安が対ドルの関係でだけ語られがちな点も問題です。
世界的なドル安の結果として対ドルで円高になっているに過ぎない場合も多いです。
この場合、他の通貨との関係では円安であることも往々にしてあります。
多極化する中で、いつまでもアメリカ一辺倒では危険です。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341

遺言書が作成された背景

遺言書が作成された背景
遺言の有効性を判断するためには遺言書が作成された背景に目を向ける必要がある。遺言者が遺言書に署名した時に、それを行うだけの意思能力が存在したか。正気であったかどうか。薬やアルコールの影響を受けていなかったか。他人から強制あるいは不当な威圧を受けていなかったか。
どれほど知的な人間でも、外部要因によって、ある瞬間に一時的な錯覚を起こし、妄想にとらわれ、法的に無能力な状態になりうる。両親が子どもの一人に財産を遺すというケースで、実はその子どもが自分に有利な遺言書を書かなければ老人ホームや甚だしい場合には精神病院に入れると両親を脅かしていたことが分かるケースも少なくない。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628

hayariki.org

hayariki.orgはやりき
東急不動産だまし売り裁判ファンサイトのドメインはハヤリキです。

林田力ファンサイト

速報 林田力ファンサイト
「東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った」の著者で、東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の林田力のファンサイトが開設されました。
ドメインはhayariki.orgです。本格的で洗練されたホームページになっています。東急不動産敗訴判決3周年に向けて喜ばしいニュースです。

三鷹の従軍慰安婦展を右翼が妨害

三鷹の従軍慰安婦展を右翼が妨害
三鷹の従軍慰安婦展を在特会ら右翼が妨害しています。主催者に暴言を浴びせるなど鬼畜ぶりを露わにしています。その行動自体がアジアを侵略し、人民を虐殺した日本軍の未曽有の戦争犯罪を物語るものです。焼け野原から経済大国にしてしまう前に進むことしかできない愚かな民族的発想を捨て、過去の戦争犯罪を記憶することが大切です。

2009年9月27日日曜日

『東急不動産だまし売り裁判』二子玉川通信掲載

『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』が市民団体「にこたまの環境を守る会」の機関紙「二子玉川通信」2009年9月7日号で紹介されました。以下のように紹介されています。
「日照通風眺望を奪われ、騒音に悩まされている著者が「不利益事実」を隠して売った東急不動産のだまし売りを訴え全面勝利した訴訟の記録」
「耐震強度偽装や欠陥施工、東急コミュニティーの杜撰な管理などへの怒りが伝わってきます。」
「にこたまの環境を守る会」は本書106頁でも言及した二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の問題に取り組む団体です。
下記「二子玉川東地区再開発事業を問う住民の会」の下位団体でもあります。
http://www.futakotown.net/
再開発については以下の記事などを御参照ください。
二子玉川再開発差止訴訟は洪水被害が焦点に
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909180387/1.php
以上、ご連絡します。

中傷と戦う北芝健さんを応援します

中傷と戦う北芝健さんを応援します。
インターネット掲示板上での誹謗中傷と戦う北芝健さんを応援します。北芝さんへの中傷が書かれた掲示板では林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)の名前も使われており、北芝さんと怒りを共有します。
北芝さんが主催する空手道場を訪問したことがありますが、年長者を敬う気風がありました。誹謗中傷には老人を蔑視する表現もあり、その点でも北芝さんによとっては許せない内容と思います。
参考「北芝健氏が護身術を伝授」オーマイライフ2009年3月24日
記者(=林田)は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替えなど)を説明されずに新築マンションを購入したため、消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻した(参照「東急不動産の遅過ぎたお詫び」)。
裁判中にはマンション内の各住戸に怪文書をばらまかれ、ブローカーから圧力をかけられるなど不審な事件に遭ったために防犯には関心が高い。この記者の問題意識に応えて、北芝氏は護身術を披露してくれた。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341

愛知県警の執拗な任意出頭要請への抗議賛同

釜ヶ崎医療連絡会議御中
大谷隆夫さんに対する執拗な任意出頭要請への抗議に賛同します。
名前:林田力
肩書き:『東急不動産だまし売り裁判』著者
公開可です。

以下ブログにも転載します。
『東急不動産だまし売り裁判』林田力著
http://hayariki.seesaa.net/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/

>>>> 抗議文
> 愛知県東警察署署長殿
>>> 私たちは、大谷隆夫さんに対する執拗な任意出頭要請に強く抗議します! 2009年9月6日(日)、13日(日)と大谷隆夫さんが、牧師としての働きを続けている日本基督教団摂津富田教会に対し、愛知県東警察署警備課(以下、愛知県警と略す)の警察署員より、執拗な任意出頭要請が電話によって続けられています。任意出頭要請の内容は、「在日特権を許さない市民の会(以下、在特会と略す)が、この5月2日に名古屋市で開催した集会を妨害した件について話しを聞きたい」というものでした。
> 大谷隆夫さんは「そのような内容の任意出頭には到底応じられない」として、愛知県警からの任意出頭要請には、今の所、一切、応じていません。ところが、愛知県警は、9月19日付け配達証明付きの文書で任意出頭要請を行なって来ました。少なくとも、任意出頭の段階で、ここまでやる必要は全くないと私たちは考えます。
> 「朝鮮人は帰れ」等の発言を公然と繰り返す在特会の排外主義剥き出しの行動は放置し、一方でこれに異議を唱える者に対して警察権力を行使するなど許されるものではありません。大谷隆夫さんは、この20年近く、釜ヶ崎で野宿を余儀なくされている労働者や日雇い労働者の生命と人権を守る取り組みを続けています。
>  今回、5月2日、大谷隆夫さんが、在特会の集会に抗議の意志表示を示したのは、在特会によってこの間展開されている在日外国人排斥の動きは、日雇い労働者や野宿労働者等、この日本の社会で弱い立場に置かれている全ての人々に向けられた動きだとも考え、当たり前の行動を行ったに過ぎません。
>  最早、現代は、国境という垣根を取り払って、在日外国人であろうとなかろうと、共に生きて行ける社会の有り様が求められている時代です。こういった時代状況に全く逆行する在特会のこの間の一連の行動は、到底、容認出来るものではありません。
>   大谷隆夫さんに対する執拗な任意出頭要請に改めて厳重に抗議すると共に、これ以上、大谷隆夫さんに対して、任意出頭要請を行なわない事を、強く申し入れます。
>       2009年9月24日(木)   大谷隆夫さんの友人一同
> 【呼びかけ人】>小柳伸顕(日本基督教団牧師)、本田哲郎(カトリックフランシスコ会司祭)

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341

東急電鉄7駅で車椅子転落の危険性

東急電鉄7駅で車椅子転落の危険性
東急電鉄によると、駅のホームは通常、雨水を排水するため線路に向かって1メートル当たり約1センチ傾斜しているが、多摩川駅の線路は緩い右カーブになっており、線路に合わせてホームを2.5センチ傾斜させていた。現場のホームでは07年9月にも車いすの95歳の女性が、付き添いの家族が離れたすきに線路に転落し足を骨折する事故が起きていた(佐々木洋「東急東横線:傾斜ホームで車いす転落死 2年前にも事故」毎日新聞2009年9月17日)。
この事故を受け、東急電鉄が調査を行った結果、別の7つの駅でも、ホームの傾斜が原因で車椅子が線路に転落する危険があることが分かった。転落の危険があるのは、東横線の新丸子、中目黒、自由が丘、武蔵小杉と田園都市線の渋谷、鷺沼、長津田の各駅。
同社は、ホームにエレベーターがあり、柵などの転落防止策をとっていない54駅を調査。多摩川駅の事故現場はホームから線路への傾斜が1メートル当たり2・5センチだったことから、1メートル当たり2センチ以上の傾斜がある場所を調べた。その結果、7駅のホームに1メートル当たり2センチ以上の傾斜がつけられていたことが判明した(「東急7駅ホーム過傾斜、車いす転落のおそれ」読売新聞2009年9月26日)。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4904350138
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628
愛宕神社と将軍梅
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686

2009年9月26日土曜日

東急不買運動家は優しい人間

東急リバブル東急不動産不買運動家は優しい人間であった。不買運動家は悪徳不動産業者の不誠実さに激しい怒りを抱いていたが、カッとなったり、人に対して無作法な態度をとったり、苛めたりしたところを見たことはない。それどころか不買運動家ほど礼儀正しい人間には出会ったことがなかった。やたらと人の世話を焼きたがったり、身の上話をしたがる懐古趣味の年寄りでもない。いつも笑顔で感謝の言葉を忘れず、常に人に手を貸そうと務めていた。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4904350138
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628
愛宕神社と将軍梅
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686

眞鍋かをり選挙ポスターで困惑

眞鍋かをり選挙ポスターで困惑
眞鍋かをりが選挙ポスターに写真を利用されたことに困惑しています。本人は許可してないと主張しています。タレントにとっては迷惑な話です。根回しをしなければこじれるだけなのは「東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った」でも書かれた通りです。

価格の三面性

価格の三面性
物の価格には3つの要素が考慮される。
� どれほどの費用が投じられたか(費用性)
� どれほどの価格で取引されているか(市場性)
� 利用することによってどれほどの収益(便益)が得られるか(収益性)
市場性が客観的交換価値を意味するのは経済学のフィクションである完全競争市場が成立する場合のみである。完全競争市場に近似した市場が成立するのは上場株式くらいであり、多くの物は不完全競争市場で取引される。不完全競争市場では市場価格は均衡せず、市場性の指標は意味をなさない。これら市場性欠如財産の評価においては、市場の不完全性の状況に応じて、歴史的事実である費用性、及び歴史的事実を踏まえたところの理論的推定値である収益性を比較考量して判断することになる。
「市場が高度な競争状況にない場合は、現実の交換価格を観察することだけでは不十分であり、正常条件に合致した価格を求めることが必要になる。」(小島俊朗「相続税法における時価の概念とその経済学的考察」税大ジャーナル第7号、2008年、65頁)
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628
愛宕神社と将軍梅
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686

2009年9月25日金曜日

「宮下NIKEパーク」撤回を求める共同声明賛同

みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会御中
林田力(『東急不動産だまし売り裁判』著者)と申します。
「宮下NIKEパーク」の命名権契約と改造工事の撤回を求める共同声明に賛同します。
名前:林田力
肩書き(個人の場合):『東急不動産だまし売り裁判』著者
公開可否:可
メールアドレス(非公開):このメールアドレスにお願いします

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.bk1.jp/product/03144206

東急不動産だまし売りアマゾン

東急不動産だまし売り裁判アマゾン
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町事件を描いた「東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った」が一時アマゾンのランキングで7000位台に急上昇しました。

自衛隊員の心の病による自殺

自衛隊員の心の病による自殺
うつ病など心の病で自殺する自衛官が多いと報道されました。米軍ではイラク帰り兵士の心の病が社会問題になっていますが、日本では平時でも非人間的な職場環境なのですね。この点は戦前から進歩していないようです。

芥川賞は磯崎憲一郎

小説として一番構築されている。言葉を考えている。どうかという意見もあった。インテリジェンスだけで押している。ここまでやるならもっとやってほしい。時間軸を考えた小説らしい小説。エピソードだけでなく、自分で培ってきた小説でしかあり得ない言葉がある。
昨年の候補作「眼と太陽」の方がタイトルもいいし、印象も強烈。自分の世界を創っていったことを評価。過去をもっと出すべきではないかとの意見もあったが、試みがあったという点を評価した。
本谷有希子は読んでいて面白い。小説でやる必要があるか。
戌井昭人「まずいスープ」はもう一冊読んでみたい。エンタメ的な面白さがある。冗漫。完成されていない。
候補者の年齢を選考委員は知らない。外国人であることは話題にもならなかった。作品本位で決めた。
シリン・ネザマフィ「白い紙」ヤンインはインパクトがある。今回はそこに至っていない。芥川賞は国がどうとか

東京都議選で民主圧勝

東京都議選で民主圧勝
東京都議選で民主党が第一党になりました。自民党と公明党を合わせても過半数割れです。
麻生首相は退陣ではなく、ヤケクソ解散の意向と報道されています。自民党には人がおらず、末期的な様相です。

東急裁判本タイトル決定

東急裁判本タイトル決定
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町事件の書籍タイトルが決まりました。「東急不動産騙し売り裁判 こうして勝った」です。

東急不動産だまし売り続々配本

東急不動産だまし売り裁判続々配本
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町事件を描いたノンフィクション「東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った」がネット書店に続々配本しています。ジュンク堂だけでなく、アマゾンやビーケーワンにあります。

愛宕神社と将軍梅

東京の愛宕神社は標高26メートルの山であり、急な石段を登って参拝する。この石段は「出世の石段」と呼ばれている。寛永三馬術の一人・曲垣平九郎が騎馬で石段を登り、山上の梅を手折り、そのまま馬で石段を降りて徳川家光に献上した故事に因む。ここは男坂とも呼ばれており、脇には緩やかな女坂もある。
愛宕山を登ると平九郎が手折りしたという「将軍梅」がある。江戸時代は山頂から江戸八百八町を見渡せた。戊辰戦争時に勝海舟は西郷隆盛に愛宕山からの景色を見せ、戦火で失われることの無益さを説き、江戸無血開城を決意させたという。現在は高層ビルに遮られて見る影もなく、愛宕山だけが貴重な都会のオアシスとなっている。(林田力)
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40686
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628

【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ

【映画】『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』ともだちの悲しみ
作品世界の一般の人々の多くも内心では「ともだち」支配のおかしさを認識している。ユキジ(常盤貴子)が地球防衛軍を説得するシーンが印象的である。地球防衛軍のバイザーを上げて素顔を晒させることで、組織の犬から良心ある個人への転換を象徴する。『20世紀少年』にはカルト的な宗教団体が社会を支配する点で現実社会に警鐘を鳴らす社会派的側面があるが、一般の人々の良心に基づく行動によって社会を変えられるとのメッセージを感じた。
映画オリジナルのラストの10分は試写会でも放映しないことで注目を集めた。このラスト10分が大作の最終章を見事に締めている。過去を水に流す日本人は自らの美しくない過去を直視することを避ける傾向がある。その結果、フィクションでも悪を倒して大団円とし、終わりよければ全て良しとなってしまう作品が多い。その意味で作品の質を高めたラスト10分であった。(林田力)
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40628
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
Blogger: ユーザーのプロフィール: hayariki
http://www.blogger.com/profile/16403442980243818523
『権力に抗った薩摩人』の感想
http://www.book.janjan.jp/0909/0909200495/1.php

2009年9月24日木曜日

温室効果ガス削減

温室効果ガス削減
鳩山由紀夫内閣の温室効果ガス削減を支持します。東急リバブルが僅か千円で取得した運動場を約五千万円で転売するような「かんぽの宿」疑惑追求にも期待します。

『東急不動産だまし売り裁判』と二子玉川

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』が「二子玉川通信」(にこたまの環境を守る会、2009年9月7日)で紹介された。「日照通風眺望を奪われ、騒音に悩まされている著者が「不利益事実」を隠して売った東急不動産のだまし売りを訴え全面勝利した訴訟の記録」「耐震強度偽装や欠陥施工、東急コミュニティーの杜撰な管理などへの怒りが伝わってきます」。『東急不動産だまし売り裁判』でも住環境を破壊する二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)に言及している(106頁)。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090923
『権力に抗った薩摩人』の感想
http://www.book.janjan.jp/0909/0909200495/1.php
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4904350138

成果主義は何故嫌われるのか?

サブプライム・ショックによりアングロサクソン型資本主義が破綻し、成果主義的な雇用制度も見直されている。この動きを単なる一過性の揺り戻しとせず、教訓を引き出すためには成果主義の問題点を認識する必要がある。
成果主義の問題点として、売上げなど利益に直接結びつく仕事に走り、利益には直接結びつかないが、会社を支える仕事が疎かにされると批判される。しかし、これは成果主義の本質的な欠点にならない。
ある仕事が会社にとって必要であり、重要であるならば、その成果を評価するのが成果主義の考え方である。重要な仕事であるにもかかわらず、評価されないならば、成果を正しく評価できていないことになる。これは成果主義の欠陥ではない。(林田力)
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955
「麻生首相の失言と特殊日本的精神論」ツカサネット新聞2008年11月29日
http://netnews.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/29373
http://www12.atpages.jp/~hayariki/ulstoyo/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』林田力
http://hayariki.blogspot.com/
Blogger: ユーザーのプロフィール: hayariki
http://www.blogger.com/profile/16403442980243818523

2009年9月23日水曜日

バイオインフォマティクスを教えて下さい 10

いつのまにか消えていたので立ててみました。
1 名前:みなしごEST 投稿日:2001/05/05(土) 10:47
色々と教えてください。
669 名前:名無しゲノムのクローンさん メェル:sage 投稿日:03/06/23 22:38
(前略)
それなりに異質な分野なせいなのか、断続的に新しい読者が来て、そのたびに
「今まで誰も語っていないようだが(と本人は思っている)、バイオインフォ
とやらに物申す!」みたいになるのは理系専門板的には正直つらいっす。
過去スレ、テンプレートは下記
http://tokyufubai.exblog.jp/9003941/
バイオインフォマティクスを教えて下さい 6
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1060124095/
バイオインフォマティクスを教えて下さい 7
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/life/1101069123/
バイオインフォマティクスを教えて下さい 8
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1119353198/
バイオインフォマティクスを教えて下さい 9
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1150724036/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341

『権力に抗った薩摩人』の感想

 第2に単なる過去の事実として歴史を見るのではなく、現代的意義を問い直す姿勢
を有していることである。無力な民衆が信仰を守りぬいたことを本書では「日本精神
史上の光輝ある存在」と評価する。政治権力による個人の内面への干渉は、日の丸・
君が代強制に見られるように決して過去の問題ではない。それ故に封建社会に権力に
抗った薩摩人の存在を積極的に取り上げられるべきとの本書の主張(72ページ)に
共感する。
 同時に「かくれ念佛」のような抵抗精神が脈打っていたにもかかわらず、明治維新
という支配階級の権力闘争によって近代化が進められたところに日本の不幸がある。
現代日本でも真の意味で民主主義や国民主権が根付いていないとは指摘されるが、民
衆から乖離したところで歴史が語られてきたことも一因と考える。その意味で、無名
の民衆の抵抗を掘り起こした本書の試みを高く評価する。(林田力)
http://www.book.janjan.jp/0909/0909200495/1.php
「麻生首相の失言と特殊日本的精神論」ツカサネット新聞2008年11月29日
http://netnews.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/29373
http://www12.atpages.jp/~hayariki/ulstoyo/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』林田力
http://hayariki.blogspot.com/
成果主義は何故嫌われるのか?
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40955

『東急不動産だまし売り裁判』11頁への指摘

林田です。
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』読者から指摘を受けましたので連絡
します。
本書11頁のコラムでは東急不動産が4大不動産会社の中で市場価値が低いことを説明
しています。
そこでは指標の1つとして株価を利用しています。
執筆当時はサブプライム・ショックの直後で東急不動産の暴落幅が大きかった時期で
あったために株価に注目していました。
これに対して、1株の株価よりも時価総額の方が企業の市場価値の指標としては利用
されていると指摘されました。
2009/9/18の時価総額は以下の通りです(単位:百万円)
三井不動産 1,504,592
三菱地所 2,152,335
住友不動産 865,048
東急不動産 217,605
時価総額からも東急不動産の企業価値が著しく低いことが裏付けられます。
http://books.livedoor.com/item/3434926
http://hayariki.org/tsukasa.html

二子玉川ライズは魅力喪失

二子玉川ライズは魅力喪失
二子玉川ライズが営利中心の再開発であり、二子玉川の魅力を喪失させるものである
ことはマスメディアでも認識されている。
「日本初のショッピングセンターが発散するおしゃれな雰囲気と、昔ながらのひなび
た風情。東京都世田谷区の二子玉川駅周辺、通称ニコタマの魅力は、外来者と地元住
民が織り成す『モザイク』にある。都心から離れた多摩川べりの人気エリアが1,000
億円を投じる巨大開発の波に洗われるとき、何が失われ、何が残るのだろうか」
玉川高島屋SCのリニュアルにかかわった建築家の彦坂裕氏は以下のように語る。「こ
こは都心から離れた、いわば『離宮』。一般的な経済原理ではなく、時間軸が違う何
かが求められる。山手線の駅前のような、ごく普通の開発になってしまえば、ニコタ
マのクォリティーは保てない」(「二子玉川−「離宮」に寄せる波」日経マガジン
2009年4月19日)。
http://hayariki.tumblr.com/
http://tokyufubai.blog.drecom.jp/archive/517
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
「麻生首相の失言と特殊日本的精神論」ツカサネット新聞2008年11月29日
http://netnews.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/29373
http://www12.atpages.jp/~hayariki/ulstoyo/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』林田力
http://hayariki.blogspot.com/
Blogger: ユーザーのプロフィール: hayariki
http://www.blogger.com/profile/16403442980243818523

2009年9月22日火曜日

東急不動産だまし売り工作員調査

東急不動産だまし売り被害者を誹謗中傷する工作員について情報収集した。東急不動
産だまし売り被害者は東急不動産から数々の陰湿な攻撃を受けている。東急不動産は
被害者にアフターサービス提供を一方的に拒否し、東急不動産代理人の井口寛二弁護
士は公開法廷で争点とは無関係な被害者の年収を暴露した。
また、マンション建設地を地上げし、東急不動産のために近隣対策を行った地上げブ
ローカー(井田真介)は東急リバブル・東急不動産でなければ知り得ない個人情報を
握り、嫌がらせを行った。そしてインターネット上では被害者を住宅ローン破産者と
する事実無根の誹謗中傷が繰り返された。
だまし売り被害者は誹謗中傷を書き込んだプロバイダーがイーモバイルであることか
ら工作員を絞り込み、工作員を知る人と接触した。ノックをするとドアを開け、だま
し売り被害者を通すと、すぐに鍵をかけた。
鍵を回しながら、部屋の四方八方を注意深く見回し、部屋の中を忙しく突っ切ると、
換気口まで点検する。まるで探偵がアタフタと探し回っているような様子である。そ
れだけ東急リバブル東急不動産のダークサイドを告発することは慎重さが必要である
ことを示している。窓の鍵が全部閉まっていることを確認するとだまし売り被害者に
警告した。
「奴とはできるだけ話をしないように。胸糞の悪くなるような奴ですよ」
「彼は何をしているのですか」
「ろくなことをしません。どこにでも首を突っ込みます。どこでもクンクン嗅ぎ回
る。まったく、奴とは一言も話さないことです」
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090921
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10348292290.html
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
http://tokyufubai.bravehost.com/
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 著:林田力 - livedoor BOOKS
http://books.livedoor.com/item/3434926
「麻生首相の失言と特殊日本的精神論」ツカサネット新聞2008年11月29日
http://netnews.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/29373
http://www12.atpages.jp/~hayariki/ulstoyo/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』林田力
http://hayariki.blogspot.com/

『東急不動産だまし売り裁判』出版挨拶

このたび東京都江東区を舞台としたマンション問題に関する書籍を刊行致しました。その御挨拶でメール致します。林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904350138/http://www.bk1.jp/product/03144206東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)で売買代金を取り戻した闘いの記録。裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。東急不動産のために働いた地上げ屋(近隣対策屋)が暗躍し、住環境を破壊する高層マンション建築紛争と共通するマンション建設の闇に触れる。http://sky.geocities.jp/hayariki4/東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口http://www.mynewsjapan.com/reports/1101今後とも、よろしくお願い申し上げます。